私の家では 英語。 「私の家」は”my house”じゃない??

「私の家で」と英語でいうときat my houseかin my houseかat my homeか

私の家では 英語

こんにちは! の mio です。 「私の家によっていく?」 なんて、友達との会話で話すこと、ありませんか? こんな風に自然な会話を 英語でしてみたいものですよね。 「正しい英語」であることと「自然な英語」であることは違います。 英語で自然な会話をするには、教科書通りの表現ばかりではいけないケースもあるのです。 もしあなたが 「話せる英語力」をつけたいのであれば、文法通りに話すことも大切ですが、 「自然な英語」を身につけることはもっと大切です。 今回は、英語で 「私の家」と言いたいときの自然な表現についてお話していきます! こちらもオススメ: 正しい表現 vs 自然な表現 「正しい表現」と 「自然な表現」の違いは、日本語で考えてみれば良くわかります。 例えば、以下の文章を、友達と口頭で話していると想像してみてください。 「ここで靴を脱がなければいけない。 「ここで靴を脱がないと。 」 一つ目の文章は、文法的にはどこも間違えていない「正しい日本語」ですが、 普段の私たちの日本語の会話により近いのは、二つ目の方ですよね。 「~しなければいけない」は、文法的に「正しい日本語」でも、普通の人は「~しないと」とか「~しなきゃ」などという風に話します。 日本語を学んでいる外国人は、1と2の、どちらの日本語を身につけるべきでしょうか? 少なくとも、「話せる」ようになることが目的なのであれば、誰もが「自然な話し方」を身に付けたいはずです。 ところが、何も問題のない文章でも、ネイティブが本当に自然に話す英語とは少し異なります。 「じゃあ、my home? 」 と、とっさに思った人もいると思いますが、そうではありません。 直訳すると、 「私の場所」ですね。 この「私の場所」で、「私の家」とカジュアルに表現しています。 では、どのように使うのでしょうか? 例文を見てみましょう。 A: Do you want to drop by my place after work? B: That is a good idea. A:仕事の後 私の家に寄る? B:それいいね。 B: You can always come and stay at my place. 友人:今夜泊まる場所がないの。 あなた:いつでも うちに来て泊まっていいよ。 このような感じですね。 「誰々の家」 では、「誰々の家」を表現する時はどうでしょうか? これも、「私の家」の時と同じルールを当てはめられます。 」 こんな感じです。 definitelyって、なんか発音しづらい・・・。 ネイティブは多くの表現を、出来るだけ省略する傾向にあります。 日本語でもそうですね。 「太郎の家」ではなく「太郎んち」と言ったりします。 以下の例文を見てみましょう。 」 合わせて読みたい• しかし、このような「自然な英語のボキャブラリー」は、残念ながら教科書には載ってはいませんし、英会話スクールなどでも教えてくれるケースは稀でしょう。 ではどうやって学べばいいのでしょうか? 唯一の方法は、 ネイティブと実際に会話をする中で覚えることです。 それも、英会話スクールなどから学ぶのではなく、 などのサービスを利用するのがオススメです。 Lanculでは、まるでネイティブの友達とコーヒーを飲みながら雑談しているかのようなスタイルで英語を学ぶことができます。 教科書通りではない、自然な英語を身につけるには絶好の方法です。 こういったサービスはどんどん使って行きましょう。

次の

「House」と「Home」の違い

私の家では 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 52• 研究社 新和英中辞典 41• Weblio Email例文集 1295• Weblio英語基本例文集 25• 浜島書店 Catch a Wave 50• Eゲイト英和辞典 81• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 6• 日本語WordNet 57• EDR日英対訳辞書 9• Tanaka Corpus 584• 日本法令外国語訳データベースシステム 19• Gentoo Linux 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 242• 京大-NICT 日英中基本文データ 6• 官公庁発表資料• 金融庁 130• 財務省 4• 特許庁 4• 特許庁 6• 経済産業省 7• 厚生労働省 6• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 1• Translation by Robert E. Smith『マルチン・ルターの小信仰問答書』 1• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 2• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 8• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 2• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 2• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 15• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 1• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 2• James Joyce『エヴリン 「ダブリンの人々」より』 1• Conan Doyle『黄色な顔』 32• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 20• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 6• Ambrose Bierce『不完全火災』 2• James Joyce『姉妹』 1• James Joyce『恩寵』 1• James Joyce『死者たち』 4• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 12• John Stuart Mill『自由について』 6• Thorstein Veblen『所有権の起源』 1• Edgar Allan Poe『約束』 1• Plato『クリトン』 1• Melville Davisson Post『罪体』 2• This applies worldwide. Copyright C 2002 高木 健 本翻訳は、この版権表示を残す限り、訳者および著者にたいして許可をとったり使用料を支払ったりすること一切なしに、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用・複製が認められます。 原文(James Joyce "Dubliners"全文).

次の

僕の家は駅から歩いて3分くらいって英語でなんて言うの?

私の家では 英語

連載「オンラインで英語観光」では、通訳案内士で気象予報士でもある鹿目雅子(かのめもとこ)さんが、日本の観光地の英語オンラインツアーなど、家にいながら英語で観光を楽しめるサービスをご紹介します。 今回は斬新なデザインで外国人観光客に人気の「中銀カプセルタワー」のオンラインツアーです。 日本発の英語オンラインツアー 新型コロナウィルスので、外国人観光客が日本を訪れるのはまだなりそうです。 そんな中、日本から世界に発信するオンラインツアーが少しずつ増えてきています。 この連載では、私が体験したおすすめのオンラインツアーをご紹介します。 日本に来たいけれど来られないという海外の友人がいたら、教えてあげると喜ばれるかもしれません。 また 連載で紹介するツアーは日本人の参加もOKです。 意外と知らない日本のことや英語を学ぶよい機会になると思います。 都会の異空間にバーチャル潜入 1回目は、「中銀カプセルタワー」のオンラインツアーです。 東京のビルの中でもひと際目を引く「中銀カプセルタワー」。 建築家の故・黒川紀章氏の代表作で、1972年に建てられた世界初のカプセル型マンションです。 海外でも人気があり、多くの外国人が訪れる観光スポットになっています。 その「中銀カプセルタワー」の英語によるオンラインツアーが2020年5月に誕生しました。 手掛けているのは、Showcase Tokyo Toursさん。 建築に長けた15人の通訳案内士が都内を中心に建築ツアーを行っています。 コロナのでオンラインツアーを始めたところ、国内外から続々と予約が入り、以上の反響だそうです。 早速参加してきましたので、ネタバレしないように簡単にご紹介します。 インタラクティブなコミュニケーションが魅力 当日案内してくださったのは、代表の吉田優香さん。 参加者は私を含めて3人(うち1人はガイドで今回アシスタントの坂井眞理さん)です。 初対面なので軽く自己紹介をし、和やかな雰囲気の中、ツアーが始まりました。 カプセルの中へバーチャルトリップ! まずはタワー全体の話を聞いて、その後カプセルの中へバーチャルトリップ!吉田さんがクイズを交えながら、設備を一つ一つ説明してくれます。 一体型収納にまとめられた当時最先端のソニー製テレビやテープレコーダー、ユニットバスのドアに付いている宇宙船のような丸い窓・・・。 A room functionality and a of fun 機能性と遊び心を兼ね備えた部屋 上記のような部屋になるよう、デザインされたそうです。 一度は泊まってみたいと夢が膨らみます。 一方で、窓が開かないとか、お湯が出ないとか、ちょっとびっくりすることを聞いて写真のような表情に。 当然、「暑くないのか?」「みんな、銭湯に行くのか?」とあれこれ質問。 こういうインタラクティブなコミュニケーションはZoomを使ったオンラインツアーならではの魅力です。 こちらのツアーでは、参加者同士のコミュニケーションを大事にしているそうです。 建築専門の通訳案内士に学ぶ 見て楽しむだけではないのが、中銀カプセルタワーのオンラインツアー。 多くの学びがあるんです。 例えば、 metabolism(メタボリズム)。 ここではおなか回りのメタボではなく、 1960年代から70年代に日本から発信された建築運動のこと。 生物の新陳代謝(metabolism)のように、建物や都市も有機的に変化すべきだという考え方が基になっています。 説明するとこんな感じです。 カプセルを生物の細胞に見立てているんですね。 なんとも斬新。 でも、どうやって?その気になる交換方法や 実際は交換されなかった理由、タワーの保存へのなどは、ツアーの中で詳しく教えてもらえます。 今回のオンラインツアーは、吉田さんの楽しいガイディングであっという間の1時間でした。 オンラインツアーは気軽に参加可能! ツアーに参加するのに、建築の知識が必要?英語レベルはどれくらいあった方がいい?と気になるかもしれません。 吉田さんに伺ったところ、次のようにおっしゃっていました。

次の