タフ ワイド ドーム iv 300。 夫婦でColemanタフワイドドーム4/300 は大きすぎ?いえ、快適すぎです。

キャンプテント 簡単でおすすめのコールマン タフワイドドーム買ってみた!

タフ ワイド ドーム iv 300

キャンプをする上で一番大事なテント。 定番的なのがドーム型テントです。 コールマンでも定番的なドーム型テントがいくつかリリースされています。 テントを選ぶ際にまず考えるのは使用人数(広さ)。 家族4人(大人2人、子供2人)だった場合、テントの定員が3~4人と表示されているものは 実際に使用してみると荷物の置き場に困ったり、窮屈に感じることが多いと思います。 定員が4~5人もしくは4~6人用と表記されている物を選ぶと窮屈に感じることも無く良いかと思います。 では現時点で家族4人用でリリースされているものを見てみましょう。 5cmとなり子供が小さなうちは良いですが、小学校に入る頃にはもう窮屈でゆっくり寝ることができない広さでしょう。 ****************************************** <スポンサーリンク> スペックから比較してみましょう。 「ポールの太さ=強度が強い」でしょうが、タフドーム3025でもメインポールで12. 8㎜で、スノーピークの「アメニティドームM」とほぼ同じですので十分な強度かと思います。 リッジポールの取付位置はフライシート天井のベンチレーション部分に左右に渡し、ベンチレーションをしっかりと固定する働きがあります。 空気循環は良いでしょうが、悪天候時には雨風が全室に吹き込む恐れがあります。 まとめ どちらも家族4人で使用するには十分な広さとスペックのテントです。 これからのキャンプスタイルや使用頻度などにより選んでみてはいかがでしょう。 例えば 年に数回、夏にキャンプをするという方なら【タフドーム3025】。 という感じなども良いかと思います。 どちらもスクリーンタープをプラスしリビングスペースを確保するなど拡張性もありますし秋冬キャンプでも十分使用できます。 特に【タフドーム3025】はハーフキャノピーを採用していますので、スクリーンタープと組み合わせて使用すると前室への雨、風の吹き込みが解消されるのでおススメです。

次の

【楽天市場】コールマン タフワイドドーム IV 300 2000017860

タフ ワイド ドーム iv 300

キャンプをする上で一番大事なテント。 定番的なのがドーム型テントです。 コールマンでも定番的なドーム型テントがいくつかリリースされています。 テントを選ぶ際にまず考えるのは使用人数(広さ)。 家族4人(大人2人、子供2人)だった場合、テントの定員が3~4人と表示されているものは 実際に使用してみると荷物の置き場に困ったり、窮屈に感じることが多いと思います。 定員が4~5人もしくは4~6人用と表記されている物を選ぶと窮屈に感じることも無く良いかと思います。 では現時点で家族4人用でリリースされているものを見てみましょう。 5cmとなり子供が小さなうちは良いですが、小学校に入る頃にはもう窮屈でゆっくり寝ることができない広さでしょう。 ****************************************** <スポンサーリンク> スペックから比較してみましょう。 「ポールの太さ=強度が強い」でしょうが、タフドーム3025でもメインポールで12. 8㎜で、スノーピークの「アメニティドームM」とほぼ同じですので十分な強度かと思います。 リッジポールの取付位置はフライシート天井のベンチレーション部分に左右に渡し、ベンチレーションをしっかりと固定する働きがあります。 空気循環は良いでしょうが、悪天候時には雨風が全室に吹き込む恐れがあります。 まとめ どちらも家族4人で使用するには十分な広さとスペックのテントです。 これからのキャンプスタイルや使用頻度などにより選んでみてはいかがでしょう。 例えば 年に数回、夏にキャンプをするという方なら【タフドーム3025】。 という感じなども良いかと思います。 どちらもスクリーンタープをプラスしリビングスペースを確保するなど拡張性もありますし秋冬キャンプでも十分使用できます。 特に【タフドーム3025】はハーフキャノピーを採用していますので、スクリーンタープと組み合わせて使用すると前室への雨、風の吹き込みが解消されるのでおススメです。

次の

安心のコールマン!タフワイドドームでファミキャンデビュー!

タフ ワイド ドーム iv 300

商品説明• サークルベンチレーション搭載、居住性抜群のタフワイドドームテント• サークルベンチレーションシステム• 広い居住空間• アルミ素材のメインポール• より簡単な取り付けが可能になった新型ポールフック• ジッパー位置に迷わない2ラインジッパーのDドア 商品詳細• 5mm、 フロント FRP約直径13mm、 リアバイザー FRP約直径8. 7mm、 リッジ FRP約直径7mm• 重量:約10. 6kg• 定員:4~6人用• 付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ• 原産国:ベトナム• 2014年コールマン新商品 バイヤーオススメコメント コールマンの 売れ数No. また、 「サークルベンチレーション」 空気循環 や、 「ストームガードシステム」 安定性の向上、結露の軽減 と、 機能面でも納得のいくスペック。 『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。

次の