鯛 あら汁 うろこ。 鯛のあらは活用すべき。鯛あら汁│おっさんひとりめし

天然真鯛のあら炊き・頭の塩焼き・鯛皮ポン酢レシピ

鯛 あら汁 うろこ

広告 骨周りのアラは出汁が一番出るのですが、 同時に臭みも多く含んでいる部分です。 嫌な臭みの原因になるのは、 取り残したウロコ、血合い、ヌメリなど・・・ 下処理の湯霜をすれば解決できます。 90度くらいの熱湯にアラを入れ、 表面が白くなったらサッと引き上げて冷水で冷まします。 冷まさないで熱いままだと、 次の工程で身が崩れてしまいますので注意してください。 アラを指やスプーンなどを使って、 残っているウロコ、血合い、ヌメリなどを取り除いて洗い流します。 これが、 魚料理の煮付けや汁物などには欠かせない下処理の霜降りです。 アラの霜降りを終えたら、 水か出汁に日本酒を鍋に注いでアラを入れてから火にかけてアクを取ります。 火力が強すぎると汁が濁るので、 アクを取った後は弱火~中火にしてください。 霜降りをしておけば、 アクも少ししか出ませんし汁も濁りません。 アラ汁の味噌は最後に入れる!? 今回は味噌仕立てのアラ汁にしてみました。 味噌を使う場合は、 味噌を入れた後に沸騰させないようにしてください! 他の具材に火が通ったら味噌を最後に入れて濃さだけを調整します。 グラグラと沸騰させてしまうと味噌本来の風味が損なわれるので、 火を消してから味噌を入れて温め直すようにすると慌てる必要もありません。 捨ててしまいがちなアジのアラですけど、 味噌、醤油、塩などのアラ汁にすれば美味しくいただけます。 命あるもの、 無駄なく使いましょう!.

次の

鯛あらの味噌汁、魚はあらまで使ってお得!

鯛 あら汁 うろこ

鯛のうろこ取りと霜降り 今回は鯛の頭1尾分350gほどのものを使いました。 家庭で割る場合でも、包丁の入れ方などの専門的な知識も必要なので、 専門書や詳しいサイトなどを見ながらお試しください。 この料理の下ごしらえでいちばん大切なことは 『うろこを丁寧に取ること』です。 取りやすいところはもちろん、腹びれの裏側や鯛のほほの部分など、うろこ取りや包丁を使ってうろこを丁寧に取り除きましょう。 うろこを取った後は、霜降りをして水を差し、ため水の中で残ったうろこや血合いなどをきれいに洗い落します。 あとは生姜を薄切りにしておき、仕上がりをきれいにする場合だけ、 腹びれを短く斜めに切り落としておきます(これは必須ではないのでお好みで)。 もしちょうどよい鍋がなければ小さめのフライパンでもOKです。 生姜の薄切りと酒100ml、水150〜200mlを入れて中火にかけ、沸いてきたらまずアクをすくい取ります。 鯛の高さの半分ほど煮汁が入ればOKです。 落し蓋をすればそのくらいでも煮汁がまわり、きちんと火が通ります。 アクを除いたら火を少しだけ弱め、落し蓋をします。 煮汁が鍋肌からぶくぶくと煮立つ火加減を保って10分ほど煮ます。 10分たったころには鯛の目玉も白くなって、ある程度火が通っています。 ここでAの調味料をすべて加えます。 火加減はそのまま、 10〜15分ほどぐつぐつ煮詰めていきます。 煮汁が少なくなってきたらスプーンやお玉を使って、煮汁を鯛に何度も回しかけていきます。 煮汁に軽くとろみが出てくるくらいまで煮詰めれば完成。 好みで針しょうがや木の芽などを一緒に盛っても香りよくいただけます。

次の

【みんなが作ってる】 鯛 あら みそ汁のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

鯛 あら汁 うろこ

広告 骨周りのアラは出汁が一番出るのですが、 同時に臭みも多く含んでいる部分です。 嫌な臭みの原因になるのは、 取り残したウロコ、血合い、ヌメリなど・・・ 下処理の湯霜をすれば解決できます。 90度くらいの熱湯にアラを入れ、 表面が白くなったらサッと引き上げて冷水で冷まします。 冷まさないで熱いままだと、 次の工程で身が崩れてしまいますので注意してください。 アラを指やスプーンなどを使って、 残っているウロコ、血合い、ヌメリなどを取り除いて洗い流します。 これが、 魚料理の煮付けや汁物などには欠かせない下処理の霜降りです。 アラの霜降りを終えたら、 水か出汁に日本酒を鍋に注いでアラを入れてから火にかけてアクを取ります。 火力が強すぎると汁が濁るので、 アクを取った後は弱火~中火にしてください。 霜降りをしておけば、 アクも少ししか出ませんし汁も濁りません。 アラ汁の味噌は最後に入れる!? 今回は味噌仕立てのアラ汁にしてみました。 味噌を使う場合は、 味噌を入れた後に沸騰させないようにしてください! 他の具材に火が通ったら味噌を最後に入れて濃さだけを調整します。 グラグラと沸騰させてしまうと味噌本来の風味が損なわれるので、 火を消してから味噌を入れて温め直すようにすると慌てる必要もありません。 捨ててしまいがちなアジのアラですけど、 味噌、醤油、塩などのアラ汁にすれば美味しくいただけます。 命あるもの、 無駄なく使いましょう!.

次の