ショール レンタル。 振袖のファーってどこで買えるの?編集部オススメのお店を教えちゃいます!

振袖にショールは必要?ファーじゃないとダメ?

ショール レンタル

振袖にショールを合わせるスタイル。 成人式では定番ですよね。 振袖を着られない男性の方や、もうすでに社会人となっていくつも年を重ねた方からも、振袖にショールを合わせたスタイルを「殺生丸」と呼ぶほど、世間的にも定番となっています。 しかし、このショール。 「成人式ではつけない」というお嬢様もいらっしゃいます。 ショールをレンタルするかどうか、悩まれる方も多いです。 ここでは、ショールをレンタルするか、しないか悩まれているお嬢様のため、「ショールの役割」について書かせていただきます。 ショールをレンタルする人、しない人の思い ショールと言っても、振袖に合わせるショールは、普段、お洋服に合わせるショールとはまた異なります。 成人式の振袖に合わせるショールは「ファーショール」。 色は白やグレーなどありますが、一番よく見かけるショールは白のファーショールです。 そのショールを振袖レンタルと共に、レンタルする派としない派がいらっしゃいます。 ショールをつけることが定番だったひと昔前を思うと、「えっみんなつけるものじゃないのっ?」と驚いてしまいますね。 私自身もショールって「定番」だと思っていたので、当たり前に全員ショールをレンタルするものだと思っていました。 ショールをつける派の思い• 当たり前に、振袖にはショールを合わせると思っていた• みんなつけているし、成人式でしかつけられないから憧れもある ショールをつける派の思いは、やはり「定番」に対するこだわりが垣間見れます。 定番だから、当たり前の装いだから、みんなつけているから。 さらには「ここでしか着れない」というプレミアム感もあります。 確かに、成人式の振袖で見かけるショールって、他でつけるタイミングをなかなか見ませんよね。 それを思うと、今ここでしか着れないスタイルというのに憧れが湧いてきます。 ショールをつけない派の思い• みんなと同じすぎて個性がなくなるから• 邪魔だし、外すと荷物になるから• ショールが大きくて、肩がいかつく見えるし、スタイルが悪いように思えるから ショールをつけない派でもっとも多い思いは、自分のスタイルをよく見せたいという思いです。 成人式という大切な日に、振袖を着るとなったとき。 一生に一度のことですから、やはり綺麗にかわいく着飾りたいです。 そんなとき、肩を大きく覆うショールだと、思ったスタイルにならないと懸念されるお嬢様がいらっしゃいます。 確かに、そのご意見も一理あるかと思います。 さらに、単純に荷物になるからというお話も見受けます。 ショールは移動中にはつけますが、式の最中までつけているものではありません。 お食事の際も外すものですから、荷物になるのも頷けます。 そもそも、ショールの役割とはどんなものなのか? 冬の防寒具と言えば、マフラーやコート、手袋が思い浮かびます。 その内のマフラーが、振袖になるとショールになるというわけです。 そう、ショールというのは、ただのオシャレや、定番だからつけるもの、というわけではなく、防寒対策のためのアイテムなのです。 言われてみればそうですよね。 成人式が行われるのは通常1月上旬。 地域によっては雪が降ったり、積もっていたり、雨が降ったりと、非常に冷え込む季節です。 そんな中、いくら振袖でいつもよりあったかいとは言え、首元はまったく防寒対策になっていません。 となると、どうするのか。 振袖用にマフラーをつけるのか。 でもそれってお着物に合ったマフラーなの? 防寒しようにもなにが振袖に合うのかわからない! そんなお嬢様は多く、行きつく先はやはり「ショール」になります。 成人式で振袖を着用されるお嬢様たちが、みな一様に白いファーショールをつけられるのは、防寒対策として必要なアイテムだからです。 実際、防寒度合いはどんなもの?ショールをつけてみた感想 正直な話、胴回りに関して言えば、振袖だけでも結構あったかいです。 振袖は、まず肌着を身に着けて、補正用のタオルをウエスト回りに着け、さらに長襦袢を着付け、それを腰紐や伊達締めで締めて、その上で振袖を着付けて、さらにそこからまた帯を締めます。 私自身、それを知っていましたから、肌着の下にヒートテックを着るべきか着ないべきかで悩んだほど。 だって暑いんですよね。 特段私自身が暑がりというわけではなく、むしろヒートテックを着ても発汗作用が著しく低下しているのか全然ヒートテックがヒートしてくれないありさまなんですけども。 それでも、振袖を着るとなったとき、ヒートテックは着るべきかどうか悩むものです。 もしも、肌着代わりにヒートテックを着るという話なら、必須アイテムとして着用します。 防寒対策もありますし、なにより、長襦袢を汗や皮脂などで汚すわけにはいきません。 正直な話、振袖自体で結構な防寒にはなっています。 これは冬は気温以上に体感温度が寒すぎる京都の1月の話。 床冷えする京都の冬に、ヒートテックを着るかどうか悩むくらいのあたたかさです。 では、首元の寒さはどうなのか?ショールの必要性を考えてみた 首元はやっぱりどうしても寒いです。 振袖で、胴回りの防寒は十分できたとしても、成人式当日はおよそほとんどの方がヘアスタイルをアップスタイルにされます。 普段はダウンスタイルで隠しているうなじも綺麗に現れ、空気に晒されることになります。 そのとき、やっぱりどうしても寒くなるのは首元と足元。 足元に関しては、スパッツやレギンスで防寒対策ができますが、首元はなにか覆うものがなければ防寒にはなりません。 そこで出てくるのが「ショール」です。 やはり防寒対策という面で、ショールは外せないアイテムになります。 ショールのデザインは一定なのか?こだわりを出したいショールの種類 ショールと言って、思い浮かぶのは、やはり白いファーショールです。 それが定番で、一番見慣れたものとなっているから。 ですが、振袖に似合うショールって、なにもそれだけではありません。 同じファーショールでも、白ではなくグレーのものもありますし、通販などでよく見かけるポンポンつきのラビットファーも似合います。 ストールなら、袋帯が大きく背中にありますから、それを崩さず、きちんと覆ってくれるものでなければなりません。 その場合は、振袖に合わせて、綿素材の大判なストールがオススメです。 まとめ ショールをつける派の意見は「定番だから」という思いが多く、つけない派の意見は「スタイルが悪く見えそう」という思いが多いです。 しかし、成人式の振袖において、ショールの持つ役割というのは「首元の防寒対策」です。 1月上旬の成人式で、ヘアスタイルをアップスタイルにして、うなじを出すとなったとき。 寒さに耐えられるかと言えば、結構厳しいものです。 振袖に似合うショールはなにも定番でよく見慣れている白のファーショールだけではありません。 グレーのものもあれば、ポンポンつきのラビットファーもおすすめ。 スタイルが悪くなりそうとお困りなら、袋帯まで崩さず覆うほどの大判のストールがオススメです。 成人式の振袖+ショールスタイルに合わせたい!ヘアセットに関する記事一覧• レンタルプラン・商品情報・金額などに関しては年度ごとに異なる可能性があり、記事内には取り扱いのないサービスが含まれていることがございます。 京都さがの館 京都四条本店• 京都さがの館 大阪梅田店• 京都さがの館 なんば店• 京都さがの館 神戸三宮店• 京都さがの館 茨木店• 京都さがの館 新宿店• 京都さがの館 関大前店• 京都さがの館 枚方店• 京都さがの館 天王寺店• 京都さがの館 河原町OPA店• 京都さがの館 御茶ノ水店• 京都さがの館 名古屋栄店• 京都さがの館 池袋店• 京都さがの館 横浜店• 京都さがの館 京都四条本店• 京都さがの館 大阪梅田店• 京都さがの館 なんば店• 京都さがの館 神戸三宮店• 京都さがの館 茨木店• 京都さがの館 天王寺店• 京都さがの館 池袋店• 京都さがの館 横浜店• 和婚 SALON -KYOTO-• Paris Marry -shinsaibashi-• 京あるき 四条本店 TEL:075-213-7171• 京あるき 清水高台寺店 TEL:075-541-7761• 京あるき 大阪梅田店 TEL:06-6374-5589• 京あるき なんば店 TEL:06-6633-2150• PHOTO GALLERY ART• PHOTO STUDIO NAMBA• PHOTO STUDIO KOBE• PHOTO STUDIO IBARAKI• PHOTO STUDIO YOKOHAMA.

次の

人気順 レンタルボレロ・ジャケットを選ぶ

ショール レンタル

ショールの選び方3つのコツ 結婚式やパーティーでよく見かけるのが、ショールをあわせたドレスコーデ。 ふわりとした柔らかいシルエットは、女性らしくてかわいいですね。 でもいざ自分で選ぼうとするとカラーやデザインで迷いませんか? 「素敵なコーデになるのは、どのショール?」そんな風に悩む女性は少なくありません。 ここではショールの上手な選び方についてご紹介します。 思わず当日がもっと待ち遠しくなるような、お気に入りのショールを選びましょう! 1. ネイビーやボルドー、ブラックなど定番カラーのドレスには、ゴールドやシルバー、シャンパンカラーのストールがオススメです。 淡いピンクや、ベージュなどパステル調のドレスには、ネイビーや黒のショールがピッタリ。 ドレスとショールを同系色で合わせることもありますが、コーディネートによっては、華やかさに欠けた印象になったり膨張して見えたりすることも。 基本はドレスの色とショール、そのほか小物類を合わせたときに3色程度になるようにすると、バランスの良いコーディネートになります。 デザイン ラメ入りやレース、フラワーモチーフなどショールにもいろいろなデザインのものがありますよね。 ドレスのデザインにあわせてショールを選べると、ワンランク上のオシャレなコーデになります。 シンプルなドレスにはフラワーモチーフなどポイントとなるようなデザイン性の高いショールをチョイス。 ショールでコーデに足し引きすると、全体のバランスがとれて素敵な印象に仕上がりますよ。 季節にあわせる 季節にあわせた素材選びも、オシャレ上手に見せるコツ。 夏にはシフォン素材やオーガンジー素材など、涼しげな印象の素材がピッタリです。 ベロア素材やファーは冬らしさ満点です。 ただ、お呼ばれ結婚式でのファー素材は「殺生」をイメージさせることからNGとされています。 冬の結婚式では透け感が少なく厚手の素材を選んでみてくださいね。 ショールを使った着やせテクニック 気になるお腹周りや二の腕。 オシャレしながら上手に隠せたら嬉しいですよね。 ショールの選び方で、気になるあの部分もこっそりカバーできます。 内側に袖がついているタイプのショールなら、着崩れの心配なく肩~二の腕をふわりとカバー。 女性らしい印象になります。 細長い長方形のストールタイプのショールは、前方で結ぶとお腹周りをさりげなく隠せます。 縦長のラインがつくられるので、スラッとしたエレガントな印象も。 ショールの良いところって? 「ボレロとショールどっちがいい?」 結婚式やパーティーでどっちを着るか、悩む方もいますよね。 ひざ掛けとしても使えたらうれしい• きちんと感よりも女性らしい柔らかな印象のコーデにしたい• 二の腕や肩周り、お腹周りの体型カバーを重視したい このような方にはボレロよりショールがオススメです。 またタイトなラインのドレスを選んだ方は、ぜひショールをあわせてみてください。 ボリュームのバランスを上下でとれて、ますます素敵なコーデになります。 ボレロはきちんと感をしっかり演出できたり、動いても着崩れしないなどのメリットがあります。 どんな雰囲気のコーデにしたいか当日の動きをイメージしながら、ピッタリの羽織ものをを選んでくださいね。

次の

人気順 レンタルショールを選ぶ

ショール レンタル

白も黒もOK!結婚式のショールマナー 気になる結婚式でのショール・ストールの着こなしマナー。 ドレスや靴のマナーはよく聞きますが、ショール・ストールの着こなしマナーはシンプルです。 ショール単独のカラーであれば、花嫁の色である白もOK!もちろん、黒もOKです。 ただし、ドレスが白の場合に白いショールを合わせて「全身白」スタイルや黒ドレスに黒ショールを合わせて「全身黒」スタイルはNGです。 防寒として活躍するファーも、受付でコートと合わせてクロークに預ければ問題ありません。 ただ挙式や披露宴にコーディネートとして取り入れたまま入場することは控えましょう。 こんなにおしゃれ!今どきのショールデザイン デザインによっては「ちょっと古いスタイル…?」となってしまうショールのコーディネートですが、スタイリングによって印象ががらりと変わります。 両端がダラッとしてみっともない、という場合は、肘辺りから腕の内側を通して後ろへ持って行きましょう。 ストールでラフに袖のデザインがつくられ、防寒と腕のカバーにもなりますよ。 ショールにはどんな素材がある? 秋冬ならラメニット系や大判のデザインが活躍しますし、春夏にはオーガンジー、レースといった透け感のある素材が似合います。 ファー素材は結婚式シーンには適していませんが、謝恩会やカジュアルなパーティーシーンではとても人気です。 結婚式でファーを着ていきたい場合は、そでありのドレスと合わせるのがおすすめ。 防寒として着る分には問題ありませんので、着てきた際はクロークへ預けましょう。 また、リング留めやホック留めなどの留め具デザインでもショールの形が変わり、スタイリングの違いを楽しめます。 季節や好みに合わせてセレクトしてみましょう。 アレンジ自在なショールの巻き方、結び方 悩んでしまいがちなショール・ストールの巻き方、結び方についてご紹介していきます! 首から掛けて垂らす シンプルに、首から掛けて垂らすスタイル。 抜け感が出て、ラフでこなれた印象を与えてくれる着こなしです。 最近ではこちらのスタイルがスタンダードなようです。 前結び これまでの結婚式でもよく見かける結び方が、前結びです。 結び目が華やかな印象になるため、パーティーシーンにはぴったり。 首にかけて垂らすスタイルでは着くずれが心配、という方にもおすすめです。 後ろ結び 首から垂らしたショールの両端を 後ろに持って行き、背中で結ぶことでスッキリとしたスタイリングに。 キチキチと結ばず、少しゆとりを持たせると今っぽいスタイルになります。 目に見えるショールの面積が狭いため、コンパクトで着痩せ効果もあります。 ドレスのデザインを邪魔しない所もメリットですね。 ピン留め お好みのデザインのピンで留めることで、コーディネートのアクセントとして使うことも。 防寒で用いることが多いスタイルです。 大判のストールならデザインの幅が広がります。 ドレスのカラー別ショールコーデ では実際に、ドレスのカラーに合わせたおすすめのショールコーデを見ていきましょう。 透け感のバランスがよくファッショナブルなスタイルです。 王道なハズさないスタイルです。 二の腕の露出が気になる方にもおすすめな組み合わせです。 モノトーンのエレガントな装いは、レセプションパーティーやビジネスパーティーにもぴったりです。 シャネルのミニバッグを合わせれば、どこかレトロなモノトーンスタイリングの完成です。 ダーク系でまとめつつも異素材ミックスでオシャレ度UPです。 サテンリボンとのコントラストも映えます。 丈が長めのドレスでは羽織りをコンパクトにまとめるとバランス良く仕上がります。 気になる方は後ろ結びもできます。 グレイッシュな組み合わせは爽やかながらも大人っぽい雰囲気に。 コットンベースの柔らかな ストール 生地は、外の風が気持ち良いガーデンパーティーにもぴったりです。 両端を結ばずに垂らしたスタイルでも素敵です。 ダーク系カラーのドレスにも軽やかに、相性が良く合わせられます。 ビーズが散りばめられたニュアンスあるオーガンジーストールを羽織れば、エレガントさがさらにアップします。 グレーネイビーの総レースドレスは実は上下が分かれたレットアップ。 イレギュラーヘムの裾やウエストリボンを生かすため、ラビットフリルストールは後ろでピンで留めコーディネートするのがおすすめです。 上質で柔らかなファーはもたつき感もなく今っぽいドレスアップになりますよ。 謝恩会にもおすすめです。 コンパクトなサイズなので上品なエレガントさと可愛らしさを兼ね備えたスタイルになります。 イエローベースにネイビーの花柄刺繍が美しいドレスは、特別な日に着たい一着。 ひときわエレガントなドレスアップになります。 サテンを重ねた上品なレースです。 ブラックで重い印象にしたくない場合は前を結ばず垂らしても。 フレッシュなグリーンがとても映えます。 合わせるのは、形の綺麗なオーガンジーストール。 最初から絞りの入ったラインで、前留めのフックでスタイルが完成するので難しくありません。 それぞれのシルエットが引き立つコーディネートです。 濃いめのイエローカラーにはブラックが相性ぴったり!結び目を作らないリングタイプなスタイリッシュな雰囲気です。 エナメルパンプスにも相性が良さそうですね。 ショール・ストールよりジャケット派はこちら ショール・ストールとボレロ・ジャケットで悩んでいる方は、こちらの記事もチェックしてみてください。 コーディネートも満載です!.

次の