東方ロストワード 絵札 おわかれ。 【東方ロストワード】絵札のおわかれ非推奨対象まとめ【東ロワ】

初心者が最初に覚えるべきこと

東方ロストワード 絵札 おわかれ

絵札とは 絵札とは、各キャラが持つスペカに装備することができるアイテムです。 装備することで以下の効果が得られます。 この特性が強力であれば強力であるほど、一般的に強い絵札とされます。 絵札の基本情報 続いて絵札に書かれている情報を解説します。 それぞれのマークと対応する華片の種類は以下の通りです。 ・菊 ・蘭 ・梅 ・竹 昇格に必要な華片が足りないときは、このマークを参考に絵札をおわかれするといいでしょう。 限界突破の回数ではないので注意してください。 絵札の強化についての詳細は後述します。 ここの数値を上げるには、絵札を強化する必要があります。 ロックされている絵札は限界突破の素材やおわかれに選ぶことができなくなります。 特性 絵札を装備した スペカを使ったときに発動する効果です。 「解説」の隣にある「特性」をタップすると見ることができます。 限界突破が4まで進むと、 一番上の特性が強化されます(画像の赤い四角で囲っているところ)。 まったく新しい効果が増えるわけではないので、注意してください。 絵札の強化 続いて、絵札の強化について説明します。 絵札は、華片と賽銭を使って強化をすることができます。 強化に必要なアイテムは、イラストの下にある絵札強化をタップすると見ることができます。 強化することで、能力の上昇値が増加します。 なお、次に紹介する限界突破をすることで、強化できる回数が増えていきます。 強化に使う華片は、キャラを昇格させる際にも使用します。 個人的には、絵札の強化よりキャラの昇格を優先させた方がいいと思っています。 絵札の限界突破 絵札は、同じ絵札と賽銭を使うことで限界突破をすることができます。 限界突破によって得られる効果には、以下のものがあります。 限界突破の効果1. 強化できる回数が増える 先ほども書きましたが、限界突破をすることで強化できる回数が増えていきます。 最初に強化できる回数は6回ですが、最終的には10回まで強化できるようになります。 限界突破の効果2. 見れる解説が多くなる 限界突破をするごとに、読める解説が増えていきます。 この解説がかなり書き込まれており、読んでいるだけで東方にかなり詳しくなれます。 一度解放した解説は図鑑から何度も読むことができるので、どの絵札も一回は上限まで限界突破させておきたいものです。 限界突破の効果3. 特性がより強力になる 限界突破は最大4回行えるのですが、4回行った時点で特性が強化されます。 内容としては、特性の1段目に書かれている効果がより強力になるというものです。 たとえば、特性の一番上の効果が「陰攻を2段階アップ」の場合、最後まで限界突破すると「陰攻を3段階アップ」に強化されます。 限界突破の注意点 限界突破の注意点として、強力な絵札は限界突破させるより 複数枚持っていた方がいい場合がある、ということを覚えておきましょう。 スペカやキャラごとに装備できる絵札の制限がないので、強力な絵札は何枚も装備することになります。 そのため、実用的な絵札が被った場合は、できるだけ限界突破させないほうがお得です。 複数枚持っておきたい実用的な絵札は、以下のページで紹介しているので参考にしてください。 参照: 絵札のおわかれ いらなくなった絵札は、おわかれすることで他のアイテムと交換できます。 おわかれで得られるアイテムの種類は以下の通り。 割符 割符は、 キャラを覚醒するときに使用するアイテムです。 今のところ、絵札かキャラとおわかれすることでしか手に入りません。 キャラを最大まで覚醒させるには、割符が190枚必要になります。 5枚以上被っていて、あまり実用性のない絵札は積極的におわかれして、キャラの強化に充てるのがおすすめです。 華片 華片は絵札の強化にも使いますが、キャラを昇格させるのにも使います。 探索でも華片を集めることはできますが、現状、銀以上はなかなか手に入らないため、絵札でも稼ぎたいところです。 おわかれ時に得られる華片の種類は、右上のアイコンで確認できます。 アイコンがどの華片に対応しているかは、上述の通りです。 強化、限界突破した絵札とのおわかれについて 強化をした絵札とおわかれする場合、 強化に使った華片はすべて戻ってきます。 また、限界突破をした絵札とおわかれする場合は、 素材に使った絵札分の割符や華片も手に入ります。 ただし、強化、限界突破に使用する賽銭だけは戻ってきませんのでご注意ください。 この仕様を利用して、絵札強化課題を華片の消費なしで行うこともできます。 (参照:) おすすめの絵札 最後にどのような絵札がおすすめかを紹介して、絵札解説を終わりたいと思います。 現状、おすすめの絵札は以下の特性を持つ絵札です。 逆に、これらの特性を持たない絵札に関しては、現状だとまったく出番がありません。 今後のアップデートで必要になる可能性もありますが、積極的にお別れしてキャラの強化に力を入れるのも一つの手です。 上記の特性を持つ絵札の解説は、以下のページに詳しく載っています。 参照: まとめ 以上、絵札についての解説でした。 個人的には、絵札の強化は後回しにして、キャラの強化を優先することをおすすめします。 実用的な絵札は複数枚持っておいた方がいいですし、強化するのに使う素材がかなり貴重だからです。 絵札や素材が余って仕方がないな、と思えるぐらいになってから、初めて強化を考えるぐらいでちょうどいいと思います。

次の

【東方ロストワード】『絵札』について。おすすめの絵札や使い方など|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

東方ロストワード 絵札 おわかれ

絵札とは 絵札とは、各キャラが持つスペカに装備することができるアイテムです。 装備することで以下の効果が得られます。 この特性が強力であれば強力であるほど、一般的に強い絵札とされます。 絵札の基本情報 続いて絵札に書かれている情報を解説します。 それぞれのマークと対応する華片の種類は以下の通りです。 ・菊 ・蘭 ・梅 ・竹 昇格に必要な華片が足りないときは、このマークを参考に絵札をおわかれするといいでしょう。 限界突破の回数ではないので注意してください。 絵札の強化についての詳細は後述します。 ここの数値を上げるには、絵札を強化する必要があります。 ロックされている絵札は限界突破の素材やおわかれに選ぶことができなくなります。 特性 絵札を装備した スペカを使ったときに発動する効果です。 「解説」の隣にある「特性」をタップすると見ることができます。 限界突破が4まで進むと、 一番上の特性が強化されます(画像の赤い四角で囲っているところ)。 まったく新しい効果が増えるわけではないので、注意してください。 絵札の強化 続いて、絵札の強化について説明します。 絵札は、華片と賽銭を使って強化をすることができます。 強化に必要なアイテムは、イラストの下にある絵札強化をタップすると見ることができます。 強化することで、能力の上昇値が増加します。 なお、次に紹介する限界突破をすることで、強化できる回数が増えていきます。 強化に使う華片は、キャラを昇格させる際にも使用します。 個人的には、絵札の強化よりキャラの昇格を優先させた方がいいと思っています。 絵札の限界突破 絵札は、同じ絵札と賽銭を使うことで限界突破をすることができます。 限界突破によって得られる効果には、以下のものがあります。 限界突破の効果1. 強化できる回数が増える 先ほども書きましたが、限界突破をすることで強化できる回数が増えていきます。 最初に強化できる回数は6回ですが、最終的には10回まで強化できるようになります。 限界突破の効果2. 見れる解説が多くなる 限界突破をするごとに、読める解説が増えていきます。 この解説がかなり書き込まれており、読んでいるだけで東方にかなり詳しくなれます。 一度解放した解説は図鑑から何度も読むことができるので、どの絵札も一回は上限まで限界突破させておきたいものです。 限界突破の効果3. 特性がより強力になる 限界突破は最大4回行えるのですが、4回行った時点で特性が強化されます。 内容としては、特性の1段目に書かれている効果がより強力になるというものです。 たとえば、特性の一番上の効果が「陰攻を2段階アップ」の場合、最後まで限界突破すると「陰攻を3段階アップ」に強化されます。 限界突破の注意点 限界突破の注意点として、強力な絵札は限界突破させるより 複数枚持っていた方がいい場合がある、ということを覚えておきましょう。 スペカやキャラごとに装備できる絵札の制限がないので、強力な絵札は何枚も装備することになります。 そのため、実用的な絵札が被った場合は、できるだけ限界突破させないほうがお得です。 複数枚持っておきたい実用的な絵札は、以下のページで紹介しているので参考にしてください。 参照: 絵札のおわかれ いらなくなった絵札は、おわかれすることで他のアイテムと交換できます。 おわかれで得られるアイテムの種類は以下の通り。 割符 割符は、 キャラを覚醒するときに使用するアイテムです。 今のところ、絵札かキャラとおわかれすることでしか手に入りません。 キャラを最大まで覚醒させるには、割符が190枚必要になります。 5枚以上被っていて、あまり実用性のない絵札は積極的におわかれして、キャラの強化に充てるのがおすすめです。 華片 華片は絵札の強化にも使いますが、キャラを昇格させるのにも使います。 探索でも華片を集めることはできますが、現状、銀以上はなかなか手に入らないため、絵札でも稼ぎたいところです。 おわかれ時に得られる華片の種類は、右上のアイコンで確認できます。 アイコンがどの華片に対応しているかは、上述の通りです。 強化、限界突破した絵札とのおわかれについて 強化をした絵札とおわかれする場合、 強化に使った華片はすべて戻ってきます。 また、限界突破をした絵札とおわかれする場合は、 素材に使った絵札分の割符や華片も手に入ります。 ただし、強化、限界突破に使用する賽銭だけは戻ってきませんのでご注意ください。 この仕様を利用して、絵札強化課題を華片の消費なしで行うこともできます。 (参照:) おすすめの絵札 最後にどのような絵札がおすすめかを紹介して、絵札解説を終わりたいと思います。 現状、おすすめの絵札は以下の特性を持つ絵札です。 逆に、これらの特性を持たない絵札に関しては、現状だとまったく出番がありません。 今後のアップデートで必要になる可能性もありますが、積極的にお別れしてキャラの強化に力を入れるのも一つの手です。 上記の特性を持つ絵札の解説は、以下のページに詳しく載っています。 参照: まとめ 以上、絵札についての解説でした。 個人的には、絵札の強化は後回しにして、キャラの強化を優先することをおすすめします。 実用的な絵札は複数枚持っておいた方がいいですし、強化するのに使う素材がかなり貴重だからです。 絵札や素材が余って仕方がないな、と思えるぐらいになってから、初めて強化を考えるぐらいでちょうどいいと思います。

次の

【東ロワ】序盤の進め方や連携方法を解説します。小技テクあり。初心者必見!東方ロストワード

東方ロストワード 絵札 おわかれ

・霊力を1 1. 5 上昇 1T• 【使い所】• ・ザコ戦の無い高難易度探索で霊力UP可能• ・霊力を1 1. 5 上昇 1T• 【使い所】• ・ザコ戦の無い高難易度探索で霊力UP可能• ・結界を1枚増加 1T• 【使い所】• ・結界を増やせて耐久の確保が可能• ・命中を1段階 2段階 UP 2T• 【使い所】• ・命中UPでトータルダメージ増加• ・命中を2段階 3段階 UP 2T• 【使い所】• ・命中UPでトータルダメージ増加 星4の「深夜の紅茶」「春ですよ~!」「幸運の兎」「ケロケロハット」と星3の「大切な商売道具」は、星5絵札でも持たない優秀な特性を持ち、ボス戦など高難易度の探索で有用なため、おわかれすべきではありません。 「深夜の紅茶」と「春ですよ~!」は、ザコ戦の無い高難易度の探索で霊力を上げるのに役立ち、「幸運の兎」は強力な攻撃に備えるための結界を増やせて耐久の確保が可能です。 「ケロケロハット」と「大切な商売道具」は、スペカ使用時に命中を1段階上げるため、回避されにくくなり、よりスペカによるダメージを与えやすくします。 ・CRI攻撃を1段階 2段階 UP 2T• 【使い所】• ・ブースト使用までの時間短縮可能• 【使い所】• ・汎用性が高く多くのキャラに装備可能• 【使い所】• ・汎用性が高く多くのキャラに装備可能• ・CRI攻撃を2段階 3段階 UP 2T• 【使い所】• ・アタック連携を発動後に大ダメージを狙える 「あたいったら最強ね」「いつもの放課後」「閑古鳥」は汎用性が高い絵札なので、おわかれはおすすめしません。 特に、無課金でプレイしたい初心者の方は、引けるガチャの回数に限りがあるので、汎用性の高い絵札を残しておきましょう。 「打ち出の小槌」はアタック連携を発動後に使用すると大ダメージを狙えます。 また、CRI攻撃を3段階UPという性能は今後登場するスキルなどとの組み合わせで化ける可能性があるので残しておきましょう。 星5絵札も「おわかれ」非推奨 星5絵札は、現時点で最高レア度であり、補正ステータスや特性効果が高いため、効果を最大限発揮できない絵札であってもおわかれ非推奨です。 基本的に星4以下絵札は「おわかれ」OK 星4以下の絵札は、基本的におわかれしても問題ありません。 強力な特性を持つ絵札や、汎用性の高い絵札のみ、おわかれせずに残しておきましょう。 絵札以外での霊力の上げ方 特定キャラのチェンジ効果で上げる チェンジで霊力を上昇できるキャラ 「パチュリー」「茨木華扇」「アリス」などは、チェンジ効果で味方の霊力を上昇可能です。 1度目のチェンジはいつでもできるため、1ターン目に使用すれば最初から火力を出せる状況を作れます。 「パチュリー」「茨木華扇」「アリス」はサポートキャラとしての運用も可能なため、所持している場合は育成しておきましょう。 攻撃によって上げる 霊力は、ショットやスペカによる攻撃でPアイテムを集めると上がります。 攻撃の中で最も霊力を上げられるのは「拡散ショット」ですが、1ターンで霊力を1以上得るのは難しいです。

次の