ジャンピング ババア。 第24話 跳婆転爺

『ターボじじいとジャンピングババアを捜索せよ!怪奇探訪日本ふしぎ発見 in愛知!』

ジャンピング ババア

高校2年生になった一条太郎。 彼は普通の高校生。 しかし幼なじみで社長令嬢でもある秋月萌が彼の普通の高校生活を破壊する!• ノンジャンル[ノンジャンル] 連載:全133部分• コメディ 恋愛 高校生 幼馴染 現代(モダン)• 読了時間:約1,707分(853,369文字)• 都市伝説のジャンピングババア。 そんなババアの一つの物語。 注:「百キロババアの勝手な言い分」の続きではありませんが、つながりはなくもありません。 ノンジャンル[ノンジャンル] 短編• 妖怪 コメディ 現代 モダン• 読了時間:約5分(2,312文字)• ランラン家の王女、マリリアント・クォリンガルル・ランラン。 彼女は未来の旦那様を捜している。 しかしそこには悪友、執事との戦いが待っていた。 早く言ってしまえばただの内輪モメ。 注!全て王女がしゃべっています。 ノンジャンル[ノンジャンル] 完結済:全22部分• 姫 パラレル コメディ 貴族• 読了時間:約112分(55,896文字)• 友人であるレベッカの父親が経営するカフェで働くアスリーン・バルドー。 夫とは死別しているが、一人娘のブリジッドと共に暮らしている。 そんなとき、殺人事件が発生し、捜査の協力を要請される。 彼女は透視という能力を持っていた。 ノンジャンル[ノンジャンル] 完結済:全16部分• シリアス ミステリ 殺人 犯罪者 現代 モダン• 読了時間:約104分(51,961文字)• 透視能力を持つアスリーン・バルドー。 ここ最近彼女は事件の捜査協力の依頼もなく、カフェで楽しく働いていた。 そんなとき、ある一本の電話で急展開する。 ノンジャンル[ノンジャンル] 完結済:全18部分• シリアス ミステリ 殺人 刑事 犯罪者 現代 モダン• 読了時間:約80分(39,865文字)• 都市伝説の百キロババア。 そんなババアの一つの昔話。 ノンジャンル[ノンジャンル] 短編• 妖怪 コメディ 現代 モダン• 読了時間:約4分(1,536文字).

次の

ジャンピングババアの身勝手な試み

ジャンピング ババア

ある日ある時あるところで『回らない寿司なんてジャンピングババアのようなものです』らしき書き込みに遭遇。 ・・・・・ ジャンピングババアって何? ババアっていえば、わたしもそうだったり…で、ジャンピングだから…飛んでるわたし?いや、飛んでるババア?って?あり得ないことだったり? で、調べてみると、でについての記事を発見!記事によると、どうやら名古屋で、まだインターネットなど無かった時代に完全な口コミで広まった話なんだとか。 似たところで、という話も。 ということで、結局のところ、はじめの『回らない寿司なんてジャンピングババアのようなもの』っていうのはどういうことなんだろう?昔でいうところの『クリープのないコーヒーみたい』な感じ?で、結局やっぱり、あり得ないってこと?だったり? というか、でも、コーヒーの場合、わたし的にはクリープを入れたコーヒーの方があり得ない感じではあるけど。 続き ジャンピングババアは、によると、頭がおばあさんで体が鹿の物体で、これがビョンビョン跳ねて来るのだとか。 で、車の後ろの窓にくっついてニタァと笑い、車の中に入ってくるんだそうだ。 そのジャンプ力は桁違いで推定で50mを超えるほどの跳躍を繰り返していました。 恐怖にかられたドライバーは百キロ近いスピードを上げてババアを振り切ろうとしましたが、振り切ることができません。 恐怖と絶望感に襲われトンネル(新伊勢神トンネル)に差し掛かるとそのジャンピングババアは消えていました。 様々な話があるが、共通している点は一つ、老婆が走っている車やバイクを追い抜くほどの物凄い速さで走り抜いていくという事。 物凄い形相で走っていたり、抜かれて呆気に取られていると事故にあったり、車道を逆走してたり、様々なパターンがある。 ババアほどメジャーではないが、同じようなジジイも居るようだ。 近いものにジャンピングババアが居る。 (より)•

次の

【閲覧注意】絶対に行ってはいけない愛知県の心霊スポットまとめ11選

ジャンピング ババア

ある日ある時あるところで『回らない寿司なんてジャンピングババアのようなものです』らしき書き込みに遭遇。 ・・・・・ ジャンピングババアって何? ババアっていえば、わたしもそうだったり…で、ジャンピングだから…飛んでるわたし?いや、飛んでるババア?って?あり得ないことだったり? で、調べてみると、でについての記事を発見!記事によると、どうやら名古屋で、まだインターネットなど無かった時代に完全な口コミで広まった話なんだとか。 似たところで、という話も。 ということで、結局のところ、はじめの『回らない寿司なんてジャンピングババアのようなもの』っていうのはどういうことなんだろう?昔でいうところの『クリープのないコーヒーみたい』な感じ?で、結局やっぱり、あり得ないってこと?だったり? というか、でも、コーヒーの場合、わたし的にはクリープを入れたコーヒーの方があり得ない感じではあるけど。 続き ジャンピングババアは、によると、頭がおばあさんで体が鹿の物体で、これがビョンビョン跳ねて来るのだとか。 で、車の後ろの窓にくっついてニタァと笑い、車の中に入ってくるんだそうだ。 そのジャンプ力は桁違いで推定で50mを超えるほどの跳躍を繰り返していました。 恐怖にかられたドライバーは百キロ近いスピードを上げてババアを振り切ろうとしましたが、振り切ることができません。 恐怖と絶望感に襲われトンネル(新伊勢神トンネル)に差し掛かるとそのジャンピングババアは消えていました。 様々な話があるが、共通している点は一つ、老婆が走っている車やバイクを追い抜くほどの物凄い速さで走り抜いていくという事。 物凄い形相で走っていたり、抜かれて呆気に取られていると事故にあったり、車道を逆走してたり、様々なパターンがある。 ババアほどメジャーではないが、同じようなジジイも居るようだ。 近いものにジャンピングババアが居る。 (より)•

次の