ステーキ ソース クックパッド。 「絶対に失敗しないホワイトソース」でクリーム料理の達人になる【急に料理が得意になる方法 vol.5】

クックパッドニュース:「絶対に失敗しないホワイトソース」でクリーム料理の達人になる[急に料理が得意になる方法 vol.5]

ステーキ ソース クックパッド

具材の上に小麦粉をまぶすように炒めるとダマにならない ホワイトソースは、別のフライパンでソースのみを作るのが一般的ですが、ひとつのフライパンで具材を炒めた上にホワイトソースを作る方法をおすすめします。 こうしたほうがダマにならず、手間も短縮できて一石二鳥です。 まず、バターで食材を炒めます。 火をいったんとめてから、 その上に小麦粉を振り、食材にまぶすようにします。 これが重要で、ダマになりません。 そして、上から牛乳と塩を入れて煮込むだけ。 「ホワイトソースは面倒くさい」と思っている人もいると思いますが、この作り方なら普段の料理の延長で気軽にできます。 あらゆる具材の応用がきくので、肉や魚はもちろん、野菜など、いろんなクリーム料理ができるようになりますよ。 グラタンは、フライパンひとつで作れる ホワイトソース料理の代表格、グラタンの作り方をご紹介します。 グラタンの手順は、フライパンでホワイトソースと混ざった具材を作ったあと、チーズをかけてオーブンで焼き色をつけること。 中身にはすでに火がとおっているので、オーブンの役目は、焼き色をつけることだけ、と覚えておきましょう。 そして、1人前のホワイトソースの分量は、ぜひ丸暗記しましょう。 作っているときにラクです。 バターはひとり10g、牛乳はひとり1カップ(200ml)、小麦粉は大さじ1、洋風スープの素は小さじ1です。 洋風スープの素はキューブなら半個です。 具材全体の目安は、グラタン皿1人分に入るくらいです。 まず、オーブンを200度に予熱しておきます。 マカロニを入れたいときは、マカロニもゆでておきましょう(これだけは別の小鍋が必要です)。 鶏もも肉は一口大に、玉ねぎは薄切りに、しめじは食べやすいサイズに分けます。 フライパンにバターを入れて温め、切った鶏肉と玉ねぎ、しめじをしっかり炒めます。 具材に火が通ったら火をとめて小麦粉をまぶします。 しっかりと全体に粉がからむようにしましょう。 火をとめてから小麦粉をまぶし、全体に行き渡らせます 牛乳と洋風スープの素を入れて、弱火でゆっくりととろみがつくまで混ぜましょう。 そして、ゆでたマカロニを加えて混ぜ、グラタン皿に入れてスライスしたチーズか粉チーズを乗せます。 オーブンで10分ほど焼きます。 グラタンはすでに火がとおっているので、オーブンをとめる判断は「焼き色がついたかどうか」だけです。 オーブンではなくオーブントースターで焼き色をつけてもかまいません。 好みの色がついたところでとめてください。 あとは1〜2度この方法で作れば、レシピなしでグラタンがすっかりマスターできるようになるはずです。 ホワイトソースをわざわざ買わなくても小麦粉があれば作れます 材料(2人分) マカロニ(ゆでる)...... 60g程度(お好みで) 玉ねぎ(薄切り)...... 1/2個 鶏もも肉(一口大に切る)...... 1/2枚 しめじ(石づきを取ってほぐす)...... 1パック バター...... 20g 小麦粉...... 大さじ2 牛乳...... 400ml 洋風スープの素...... 小さじ2(キューブなら1個) チーズ...... 適量 作り方 1 フライパンにバターを熱し、玉ねぎ、鶏もも肉、しめじをしっかり炒める。 2 火をとめ、小麦粉をまぶしてからめる。 3 牛乳と洋風スープの素を加え、火にかけてとろみがつくまでよく混ぜる。 4 マカロニを加えて混ぜ、グラタン皿に入れてチーズをのせる。 5 200度に予熱したオーブンで、10分ほど焼く。 肉や魚、野菜も、クリーム煮にして味を変えられる クリーム煮を紹介します。 クリーム煮こそ、ぜひ覚えていただきたい料理で、これさえできれば、料理の幅がとても広がります。 白菜とベーコンのクリーム煮やタラやサーモンなど、魚のクリーム煮、かぼちゃのクリーム煮など、野菜、肉、魚といろんな食材でできます。 作り方は、グラタンから小麦粉が抜けるだけです。 小麦粉をからめるプロセスがないことでとろみがなくなり、さらっとしたクリームスープのような感じになります。 牛乳を入れる場合は長く煮込むと分離してしまうので、そこだけ気をつけてください。 白菜やほうれん草やきのこなどの葉物なら気にせず作れますが、根菜ならば先にしっかり火を通してから牛乳を入れましょう。 魚なら、タラや鮭の切り身をバターで焼いて、野菜を加えてさらに炒め、牛乳を加えて弱火で煮込みます。 バターの風味が濃厚すぎるなと思ったら、バター10gをオリーブオイル大さじ1にかえるとあっさりします。 さらに牛乳を豆乳にかえるとヘルシーです。 最後にレモンを絞ってレモンクリームにしてもおいしいです。 ほうれん草もクリーム煮にするとごちそうになる クリーム煮の代表として、クリームドスピナッチをご紹介します。 おしゃれなので、私もお客さんを呼んだときやクリスマスなどによく作っていますが、ただのほうれん草が特別感のある華やかな料理に早変わり。 ほうれん草といえばごま和えくらい、という方、ぜひ試してみてください。 ハワイのステーキ屋さんのつけあわせでも大人気ですね。 ステーキやハンバーグなどと一緒に出すと海外っぽいごちそうになります。 ほうれん草1束は洗ってフライパンでゆでます。 あとから炒めるので、2分ほどゆでて全体に色がかわったくらいで引き上げるくらいで大丈夫です。 冷水にとりましょう。 そうすることでアクがとれます。 そのあと、手でぎゅっとつかむようにして水気をしぼり出します。 そのあと2センチくらいに切ります。 フライパンにバターを熱し、中火でほうれん草を軽く炒めます。 さっと炒めたら、 牛乳または生クリームを200ml加えて弱火で混ぜ合わせます。 これも、分離しないように、沸騰させないことに注意しましょう。 塩、こしょうを振り、味を調えます。 好みで粉チーズをかけてもいいです。 牛乳で作るとあっさりし、生クリームで作るとかなり食べ応えのあるつけ合わせに なります。 このくらいとろみがついたら火をとめます 材料(2人分) ほうれん草(ゆでて水気を切る)...... 1束 バター...... 10g 牛乳(または生クリーム)...... 200ml 塩、こしょう...... 適量 作り方 1 フライパンにバターを熱し、中火でほうれん草を軽く炒める。 2 牛乳(または生クリーム)を加えてとろみがつくまで弱火で混ぜ合わせる。 沸騰すると分離するので注意。 3 塩、こしょうを振り、味を調える。 (撮影:深澤慎平) 読むと「料理が得意」になる本! そう思ったことはないでしょうか? この本は、全編文章で「あなたが料理が得意になる」ために、さまざまな方法をお伝えします。 クックパッドの立ち上げメンバーで、現在は編集本部長を務める著者は、これまでクックパッドの320万に及ぶ膨大なレシピを見て、たくさんのシェフに会い、そして日々の自分の料理をする中で「ここは手を抜いてもいい」「ここはこだわった方がおいしい」のラインを仕組み化してきました。 この本では、その方法と全68品のオリジナルレシピを紹介しています。 1972年、石川県金沢市生まれ。 関西学院大学社会学部卒業。 株式会社博報堂アイ・スタジオを経て、2004年に有限会社コイン(後のクックパッド株式会社)入社。 編集部門長を経て執行役に就任し、2009年に『日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010』を受賞。 2012年、同社退社。 2016年4月から再びクックパッド株式会社に復帰、現職。 現在、クックパッドニュースにて『』、ForbesJAPANにて『』を連載中。 また、フードエディターとして個人でも活動を行っている。

次の

【みんなが作ってる】 ステーキソースのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ステーキ ソース クックパッド

具材の上に小麦粉をまぶすように炒めるとダマにならない ホワイトソースは、別のフライパンでソースのみを作るのが一般的ですが、ひとつのフライパンで具材を炒めた上にホワイトソースを作る方法をおすすめします。 こうしたほうがダマにならず、手間も短縮できて一石二鳥です。 まず、バターで食材を炒めます。 火をいったんとめてから、その上に小麦粉を振り、食材にまぶすようにします。 これが重要で、ダマになりません。 そして、上から牛乳と塩を入れて煮込むだけ。 「ホワイトソースは面倒くさい」と思っている人もいると思いますが、この作り方なら普段の料理の延長で気軽にできます。 あらゆる具材の応用がきくので、肉や魚はもちろん、野菜など、いろんなクリーム料理ができるようになりますよ。 グラタンは、フライパンひとつで作れる ホワイトソース料理の代表格、グラタンの作り方をご紹介します。 グラタンの手順は、フライパンでホワイトソースと混ざった具材を作ったあと、チーズをかけてオーブンで焼き色をつけること。 中身にはすでに火がとおっているので、オーブンの役目は、焼き色をつけることだけ、と覚えておきましょう。 そして、1人前のホワイトソースの分量は、ぜひ丸暗記しましょう。 作っているときにラクです。 バターはひとり10g、牛乳はひとり1カップ(200ml)、小麦粉は大さじ1、洋風スープの素は小さじ1です。 洋風スープの素はキューブなら半個です。 具材全体の目安は、グラタン皿1人分に入るくらいです。 まず、オーブンを200度に予熱しておきます。 マカロニを入れたいときは、マカロニもゆでておきましょう(これだけは別の小鍋が必要です)。 鶏もも肉は一口大に、玉ねぎは薄切りに、しめじは食べやすいサイズに分けます。 フライパンにバターを入れて温め、切った鶏肉と玉ねぎ、しめじをしっかり炒めます。 具材に火が通ったら火をとめて小麦粉をまぶします。 しっかりと全体に粉がからむようにしましょう。 火をとめてから小麦粉をまぶし、全体に行き渡らせます 牛乳と洋風スープの素を入れて、弱火でゆっくりととろみがつくまで混ぜましょう。 そして、ゆでたマカロニを加えて混ぜ、グラタン皿に入れてスライスしたチーズか粉チーズを乗せます。 オーブンで10分ほど焼きます。 グラタンはすでに火がとおっているので、オーブンをとめる判断は「焼き色がついたかどうか」だけです。 オーブンではなくオーブントースターで焼き色をつけてもかまいません。 好みの色がついたところでとめてください。 あとは1〜2度この方法で作れば、レシピなしでグラタンがすっかりマスターできるようになるはずです。 ホワイトソースをわざわざ買わなくても小麦粉があれば作れます 材料(2人分) マカロニ(ゆでる)...... 60g程度(お好みで) 玉ねぎ(薄切り)...... 1/2個 鶏もも肉(一口大に切る)...... 1/2枚 しめじ(石づきを取ってほぐす)...... 1パック バター...... 20g 小麦粉...... 大さじ2 牛乳...... 400ml 洋風スープの素...... 小さじ2(キューブなら1個) チーズ...... 適量 作り方 1 フライパンにバターを熱し、玉ねぎ、鶏もも肉、しめじをしっかり炒める。 2 火をとめ、小麦粉をまぶしてからめる。 3 牛乳と洋風スープの素を加え、火にかけてとろみがつくまでよく混ぜる。 4 マカロニを加えて混ぜ、グラタン皿に入れてチーズをのせる。 5 200度に予熱したオーブンで、10分ほど焼く。 肉や魚、野菜も、クリーム煮にして味を変えられる クリーム煮を紹介します。 クリーム煮こそ、ぜひ覚えていただきたい料理で、これさえできれば、料理の幅がとても広がります。 白菜とベーコンのクリーム煮やタラやサーモンなど、魚のクリーム煮、かぼちゃのクリーム煮など、野菜、肉、魚といろんな食材でできます。 作り方は、グラタンから小麦粉が抜けるだけです。 小麦粉をからめるプロセスがないことでとろみがなくなり、さらっとしたクリームスープのような感じになります。 牛乳を入れる場合は長く煮込むと分離してしまうので、そこだけ気をつけてください。 白菜やほうれん草やきのこなどの葉物なら気にせず作れますが、根菜ならば先にしっかり火を通してから牛乳を入れましょう。 魚なら、タラや鮭の切り身をバターで焼いて、野菜を加えてさらに炒め、牛乳を加えて弱火で煮込みます。 バターの風味が濃厚すぎるなと思ったら、バター10gをオリーブオイル大さじ1にかえるとあっさりします。 さらに牛乳を豆乳にかえるとヘルシーです。 最後にレモンを絞ってレモンクリームにしてもおいしいです。 ほうれん草もクリーム煮にするとごちそうになる クリーム煮の代表として、クリームドスピナッチをご紹介します。 おしゃれなので、私もお客さんを呼んだときやクリスマスなどによく作っていますが、ただのほうれん草が特別感のある華やかな料理に早変わり。 ほうれん草といえばごま和えくらい、という方、ぜひ試してみてください。 ハワイのステーキ屋さんのつけあわせでも大人気ですね。 ステーキやハンバーグなどと一緒に出すと海外っぽいごちそうになります。 ほうれん草1束は洗ってフライパンでゆでます。 あとから炒めるので、2分ほどゆでて全体に色がかわったくらいで引き上げるくらいで大丈夫です。 冷水にとりましょう。 そうすることでアクがとれます。 そのあと、手でぎゅっとつかむようにして水気をしぼり出します。 そのあと2センチくらいに切ります。 フライパンにバターを熱し、中火でほうれん草を軽く炒めます。 さっと炒めたら、牛乳または生クリームを200ml加えて弱火で混ぜ合わせます。 これも、分離しないように、沸騰させないことに注意しましょう。 塩、こしょうを振り、味を調えます。 好みで粉チーズをかけてもいいです。 牛乳で作るとあっさりし、生クリームで作るとかなり食べ応えのあるつけ合わせに なります。 このくらいとろみがついたら火をとめます 材料(2人分) ほうれん草(ゆでて水気を切る)...... 1束 バター...... 10g 牛乳(または生クリーム)...... 200ml 塩、こしょう...... 適量 作り方 1 フライパンにバターを熱し、中火でほうれん草を軽く炒める。 2 牛乳(または生クリーム)を加えてとろみがつくまで弱火で混ぜ合わせる。 沸騰すると分離するので注意。 3 塩、こしょうを振り、味を調える。 クリームドスピナッチ by スタッフたかこ ほうれん草もクリーム煮にするとごちそうになります。 (撮影:深澤慎平) 読むと「料理が得意」になる本! そう思ったことはないでしょうか? この本は、全編文章で「あなたが料理が得意になる」ために、さまざまな方法をお伝えします。 クックパッドの立ち上げメンバーで、現在は編集本部長を務める著者は、これまでクックパッドの320万に及ぶ膨大なレシピを見て、たくさんのシェフに会い、そして日々の自分の料理をする中で「ここは手を抜いてもいい」「ここはこだわった方がおいしい」のラインを仕組み化してきました。 この本では、その方法と全68品のオリジナルレシピを紹介しています。 1972年、石川県金沢市生まれ。 関西学院大学社会学部卒業。 株式会社博報堂アイ・スタジオを経て、2004年に有限会社コイン(後のクックパッド株式会社)入社。 編集部門長を経て執行役に就任し、2009年に『日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010』を受賞。 2012年、同社退社。 2016年4月から再びクックパッド株式会社に復帰、現職。 現在、クックパッドニュースにて『おいしい思い出』、ForbesJAPANにて『それ、「食」で解決できます!』を連載中。 また、フードエディターとして個人でも活動を行っている。

次の

バルサミコソースとは?どんなお料理に合う?

ステーキ ソース クックパッド

バルサミコソースとは バルサミコソースとはバルサミコ酢を煮詰めて作ったソースです。 バルサミコ酢からの酸味と甘みのある濃い茶褐色をしたソースです。 お肉料理のソースによく使われます。 そもそもバルサミコ酢とは バルサミコソースの主原料のバルサミコ酢とは原料がぶどうの果汁を熟成させた果実酢です。 ブドウからの酸味と甘みがあり、濃い茶色をしています。 イタリア料理の味や香付け、隠し味に使われることが多いです。 オリーブオイルなどと一緒にサラダに使ったり、アイスクリームや果物にかけて食べることもあるそうです。 ・ ・ バルサミコソースの味は? バルサミコソースの味の基本はバルサミコ酢の味。 酸味と程よい甘味が特徴ですが、バルサミコ酢に加える赤ワインや調味料によって、その味にバラエティーのあるソースです。 たとえばバルサミコ酢と赤ワインと醤油を加えて煮詰めたソースは酸味と甘しょっぱさがある味わいで、バルサミコ酢にハチミツを加えて煮詰めたソースは、バルサミコ酢の酸味とハチミツの甘さそしてとろみについたソースになります。 バルサミコ酢を煮詰めたソースはお肉料理との相性がいいと言われます。 特に牛、ラム、鹿などの赤身肉との相性がいいようです。 フォアグラなどにもよく合います。 バルサミコソースの作り方 バルサミコソースの基本の材料はバルサミコ酢です。 オーソドックスなバルサミコソースは、バルサミコ酢に赤ワイン、砂糖、バターで作ったソースです。 これに醤油などの調味料を加えて煮詰めるソースもあれば、バルサミコ酢にハチミツだけを加えて作る一風変わったソースもあるんですよ。 これはコクのあるオーソドックスなバルサミコソースとなります。 ひと手間かけたバルサミコソース バルサミコ酢大さじ3 赤ワイン大さじ1 醤油大さじ1 みりん大さじ1 砂糖小さじ2 葡萄or苺などのベリー系のジャム小さじ2 バター10g 塩・こしょう少々 にんにく・ひとかけら <作り方> 温めたフライパンで砂糖を軽く炒り、砂糖を温めたら潰したにんにくを入れて香りつけします。 そこにバター以外の材料を全部入れ中火にかけ、ふつふつしてくるまで混ぜながら煮詰めます。 とろりと煮詰まってきたら一度火から外してバターを加え、最後に強火にかけて一気に沸騰させてカラメル状にさせて出来上がりです。 ジャムの甘味と濃度の付いたこのソースは、家庭でも高級感のある味を感じるソースとなり、ラムチャップや鹿肉、ヒレステーキによく合います。 バルサミソースの応用編 バルサミコ酢にハチミツを加えて煮詰めるバルサミコソースは甘みが強いソースになり、黒糖を使って煮詰めるとコクがでるソースになります。 それぞれ分量はお好みで構いませんが、おおよそバルサミコ酢9に対して1割ぐらいの分量を目安にするといいでしょう。 バルサミコソースの使い方 バルサミコソースはバルサミコ酢をただ単純に煮詰めたものからワインやジャム、ハチミツなどを加えて煮詰めて風味やコクを楽しめるバラエティーに富んだソースです。 もともとバルサミコ酢がお肉に合う果実酢なので、お肉との相性がいいとわれ、バルサミコソースもお肉のソースに使われることが多いですが、食材に合わせて調味料を変えるとまたそれはおいしいバルサミコソースになります。 バルサミコソースの使い方は、煮詰める時に加える調味料でソースの風味やコクも変わり、幅広い食材に使えるソースとして使えます。 食材によって好みの味を楽しめるソースです。 バルサミコソースの使い方:牛ヒレステーキの場合 牛ヒレステーキには、バルサミコ酢に赤ワインを加え煮詰めたソースに、最後、バターを加えてコクを出したシンプルなバルサミコソースがよく合うようです。 バルサミコソースの使い方:サラダの場合 バルサミコソースをドレッシング代わりに使うのも美味しい使い方です。 たとえばバルサミコ酢に砂糖と水少量加えて煮詰めたバルサミコソースは、甘みのある美味しいドレッシング代わりのソースになります。 バルサミコソースの使い方:アイスクリームなどデザートに使う場合 バルサミコソースをデザートに使う場合は、バルサミコ酢にハチミツを加えて煮詰めるとアイスクリームやフルーツによく合うソースになります。 この時はソースを十分に詰めて濃度を高めトロリとさせると美味しいようです。 バルサミコソースで家庭でも美味しくお肉料理を食べよう! バルサミコ酢を煮詰めて作るバルサミコソースは、加える調味料でバラエティーに富んだ使い方ができるソースなんですね。 調味料によって甘くしたりコクを加えたりと、バルサミコソースは食材に合わせて味わいをつけられるソースです。 バルサミコソースを上手に使い、ご家庭でもレストラン顔負けの味をどうぞ楽しんでみてください。

次の