ヨークベニマル 取手 戸頭 店。 ヨークベニマル/茨城に「取手戸頭店」オープン、目標年商18億円

ヨークベニマル/茨城に「取手戸頭店」オープン、目標年商18億円

ヨークベニマル 取手 戸頭 店

にある取手戸頭店。 取手戸頭店、元々はイオン取手店 取手店。 2019年7月12日にオープンしたに本拠をもつスーパーマーケット、取手戸頭店。 日本一のスーパーは、しかないというひとがいるほど、生真面目なスーパーマーケット。 南砂店跡にイオンスタイル南砂ということはありましたが、まさかのが出店で、VSとなりそうです。 39番目の出店の。 スは冷えています演出が最高レベル、インストアサラダ、焼酎の量り売り、炙り刺身コーナー、かつ重は、メガサイズも品揃え、最新のレジシステムなど。 セブンカフェでまずは、一服。 場所は、からタクシーで2500円。 昼間のバスは皆無で、からのほうがまだ近い。 紫のエリア、酒売場が特徴的。 広々とした売場をみせる右側のエリアは、ベニマル流。 導線がわからなくなるマジック。 のたい焼き。 と同じように思いましたがうまい。 昭和の時代、買い物のあとにたこ焼きやたい焼き。 たかがたい焼きと思うかもしれないが、庶民のごちそうである。 たい焼きを食べてほっとした時代はたしかにありました。 たこ焼きは、銀だこのように、機械で焼いてました。 フォークや皿は、使い捨て。 まだなにかできる予感。 イオン取手店の最終日にきたこともあり、ブログでアップしたことがありましたが、になった世界。 専門店のところが空白です。 対のテナントは、なにか? 今年の夏もあと少し、まだまだ残暑、最新の、取手にあり。 戸頭1118-1 ヨークタウン取手 取手戸頭店 syougyoushisetsu.

次の

ヨークベニマルnews|748坪・年商18億円目指す取手戸頭店7/12出店

ヨークベニマル 取手 戸頭 店

ヨークベニマルは7月12日、茨城県取手市に「ヨークベニマル取手戸頭店」をオープンする。 <ヨークベニマルのホームページ> 取手市は、茨城県の最南部に位置する人口約10万7000人の都市。 千葉県県境まで車で3分の場所に位置し、利根川を挟んで柏市・我孫子市と隣接しており、首都圏からの玄関口として栄えてきた。 取手市と千葉県柏市を結ぶ大利根橋は、2010年に通行が無料化されて以降、交通量が急増し利便性の高い生活道路となり、茨城県と千葉県の往来がに多くなっている。 同店から1km圏内の人口は8714人、世帯数3350世帯、世帯人数は約2. 6人で、小中学生の10代を中心としたファミリー層や60代の居住が多い。 また、持ち家比率が高く、一戸建ての住宅より、マンションに居住されている方の比率が高い地域となっている。 同店は、高齢者、単身者が多い地域であることから、惣菜・寿司・ベーカリーの各売場で「出来たて・作りたて」商品、調理時間を短縮し、ひと手間でおいしい食卓メニューとなる商品など、簡便・即食商品の提案に注力。 目標年商は18億円と設定している。 鮮魚売場は、特にマグロにこだわり、旬の産地から、切りたて・作りたての刺身をそろえた。 要望に応じて調理、量目の変更も対応する。 精肉売場では、ごちそうメニューとしてステーキ、ハンバーグや、お酒のおつまみとしてローストビーフなどを積極的に提案。 地元、茨城県の「ひぬま黒牛」を取り揃えるなど、安心・安全で品質の良い商品を用意した。 青果売場は、地元農産物の仕入れを強化し、近隣の契約農家の新鮮な旬の野菜、店内加工のカットフルーツ・サラダにもこだわり豊富な品揃えを目指す。 各コーナーで、少人数の家族でも無駄なく買物できるよう、少量・使いきりサイズのさまざまな商品をそろえた。 取手市へは初出店となり、店舗数は、福島県77店舗、宮城県60店舗、山形県21店舗、栃木県30店舗、茨城県39店舗の合計227店舗(実質稼動は224店舗)となる。 年商見込:18億円 取扱品目:ヨークベニマル:食料品、酒、住居関連品 テナント:惣菜、寿司、ベーカリー クリーニング、ATM1台(セブン銀行) 従業員数:110人(正社員20人、地元採用者90人).

次の

週刊スーパーマーケットニュース ヨークベニマル取手戸頭店オープン _小売・物流業界で働く人の情報サイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

ヨークベニマル 取手 戸頭 店

ヨークベニマルは7月12日、茨城県取手市に「ヨークベニマル取手戸頭店」をオープンする。 <ヨークベニマルのホームページ> 取手市は、茨城県の最南部に位置する人口約10万7000人の都市。 千葉県県境まで車で3分の場所に位置し、利根川を挟んで柏市・我孫子市と隣接しており、首都圏からの玄関口として栄えてきた。 取手市と千葉県柏市を結ぶ大利根橋は、2010年に通行が無料化されて以降、交通量が急増し利便性の高い生活道路となり、茨城県と千葉県の往来がに多くなっている。 同店から1km圏内の人口は8714人、世帯数3350世帯、世帯人数は約2. 6人で、小中学生の10代を中心としたファミリー層や60代の居住が多い。 また、持ち家比率が高く、一戸建ての住宅より、マンションに居住されている方の比率が高い地域となっている。 同店は、高齢者、単身者が多い地域であることから、惣菜・寿司・ベーカリーの各売場で「出来たて・作りたて」商品、調理時間を短縮し、ひと手間でおいしい食卓メニューとなる商品など、簡便・即食商品の提案に注力。 目標年商は18億円と設定している。 鮮魚売場は、特にマグロにこだわり、旬の産地から、切りたて・作りたての刺身をそろえた。 要望に応じて調理、量目の変更も対応する。 精肉売場では、ごちそうメニューとしてステーキ、ハンバーグや、お酒のおつまみとしてローストビーフなどを積極的に提案。 地元、茨城県の「ひぬま黒牛」を取り揃えるなど、安心・安全で品質の良い商品を用意した。 青果売場は、地元農産物の仕入れを強化し、近隣の契約農家の新鮮な旬の野菜、店内加工のカットフルーツ・サラダにもこだわり豊富な品揃えを目指す。 各コーナーで、少人数の家族でも無駄なく買物できるよう、少量・使いきりサイズのさまざまな商品をそろえた。 取手市へは初出店となり、店舗数は、福島県77店舗、宮城県60店舗、山形県21店舗、栃木県30店舗、茨城県39店舗の合計227店舗(実質稼動は224店舗)となる。 年商見込:18億円 取扱品目:ヨークベニマル:食料品、酒、住居関連品 テナント:惣菜、寿司、ベーカリー クリーニング、ATM1台(セブン銀行) 従業員数:110人(正社員20人、地元採用者90人).

次の