ホンダ フィット 新型。 欠点はここ!ホンダ新型フィット/ハイブリッドの口コミ評価・評判

新型フィットはなぜ「RS」をなくした? 追加発売&1Lターボ搭載あるのか??

ホンダ フィット 新型

2020年2月発売決定! 新型フィットからスポーツグレード「RS」が廃止。 シビックの系譜を引く名グレードはなぜ消滅? 復活の可能性はあるか!? ホンダの人気コンパクト、フィットが間もなくモデルチェンジで通算4代目となる新型に刷新。 同月に発売されるトヨタの新型ヤリスとともに2020年の大物新車として注目が集まっている。 そんな新型フィットだが、実は現行モデルに設定されている「RS」が廃止されることが明らかになっている。 「RS」は1974年に初代シビックに初めて設定されたスポーツグレード。 当初、新型フィットに搭載が見込まれていた1Lターボエンジンが搭載されなかった理由とともに、RSが廃止された理由と今後の可能性を追った! 文:遠藤徹 写真:HONDA、編集部 競合ヤリスは「GR」設定! 新型フィットに「RS」ない理由は? 2020年2月発売の新型フィット。 4グレード構成で「RS」はラインナップされないことが明らかとなっている スポーツモデルは走りを重視してクルマを購入したい若い層中心のユーザーにとっては楽しみだし、メーカーや販売店は量販戦略モデルにとってイメージリーダーモデルにもなるからきわめて大切な存在であることは間違いない。 今回の新型フィットに存在していない理由は、 「従来モデルに比べて大幅なコンセプト変更を行っている。 幅広いユーザーに浸透させるために、特徴づけたグレード構成としている。 まずこれまでと大きく路線変更していることをアピールすることが第1と考えてこれまでの延長線上にあったRSを除いたラインアップ構成にしたのではないか」(首都圏ホンダカーズ営業担当者) と分析する。 ということは、現行新ラインアップを浸透させ、これが一段落した時点で次のステップとしてどうするか考えるということであろう。 トヨタはスポーツ色の強いカスタマーズモデルとして、「GRスポーツ」を各モデルに展開している。 フィットのライバル車である「ヤリス」もしかりである。 ヤリスは、新型フィットとほぼ同じ時期の2月10日に発売するが、GRスポーツは半年後の8月頃に投入する予定である。 「RS」追加設定の可能性 有力な搭載エンジンは? 現行型フィットRS。 5Lエンジンを搭載し、エアロパーツなどの外観だけでなく足回りも専用セッティングを施したスポーティグレード 「フィット RS」も同じような考え方で追加設定する可能性がある。 今回の新型フィットは大幅な路線変更であるから、浸透するまで相当の時間がかかると予想できる。 1年後の一部改良、あるいは2年後のマイナーチェンジあたりになると予想される。 搭載するパワーユニットはどうなるか。 現行モデルでは1. 5LガソリンNAエンジンで6MTとCVTのラインアップとなっている。 次期型はさらなるポテンシャルアップが期待できる。 5LのNAでは物足りないはずだ。 標準モデルの1. 5ハイブリッドが、従来の1モーター2クラッチから2モーターに変更になることで、ひとつのモーターがアシストによってトルクアップに使えるぶん、走りのポテンシャルアップが図られる。 そうなると1. 5L・NAガソリンではスポーツバージョンとしての走りの実現に不満が残る。 これをカバーし新世代フィット RSを構築するにはターボによる武装が必要になるはずである。 3か1. 5Lのターボエンジンを積むことで仕立てる可能性がある。 5Lはすでにヴェゼルやステップワゴンに搭載しているので、これをアレンジすればコスト的に助かるという考え方も成り立つだろう。 噂の1Lターボエンジン搭載はあるか? 2013年の「ホンダミーティング」で公開された1Lターボエンジン搭載のシビック試作車。 後に欧州では市販されており、最高出力126ps、最大トルク200Nmというスペック 一方、噂された1リッターターボはどうだろうか。 50%のパワーアップとダウンサイジングによる低燃費、税制での節約が可能というメリットがある。 従来の1. 3&1. 5L・NAをカバーできる狙いがある。 こちらも開発しているのはほぼ確実と思われる(編注:1Lターボエンジンは欧州シビックで実用化済)。 現行ラインナップに加わらなかったのは先行して搭載する1. 3L・NAエンジンのマーケット評価を見定めてからといった戦略を考慮しているためと思われる。 5L・NAを新型で除いたのは近い将来、1Lターボを追加するのでオープンポイントにしておく必要があったともいえる。 こちらが投入されるとすればいつになるか。 3年後の2023年にはビッグマイナーチェンジの時期になるので、これにタイミングを合わせるのが有力といえる。 フルモデルチェンジしてから6年経過しないと次期型にバトンタッチできないので、その間に商品ラインアップを絶えず強化したいため、さまざまなテコ入れが必要になっている。 RSや1Lターボエンジンの設定はその一環としての戦略といえる。 ワインディングでも走りが楽しめるフィットRS。 トランスミッションもCVTだけでなく6MTを選ぶこともできた 【証言1:首都圏ホンダカーズ営業関係者】 新型フィットは投入時期が3ヵ月も延期されたが、モデルそのものは好評で3ヵ月待ちの状況となっている。 RSの設定はないのかといった問い合わせは今のところほとんどない。 5ハイブリッドが、かなり高性能に振っているのでユーザーへの満足度は高いに違いない。 ただ、RSでマニュアル車を希望するユーザーは今回設定していないので、不満が残るかもしれない。 こちらについてはいずれ発売になるはずだからもうしばらく待って欲しいと説明するようにしている。 【証言2:首都圏ホンダカーズ営業担当者】 1Lターボエンジンは比較的有力な噂だったので、てっきりラインナップに加わると予想していた。 ラインアップに加わらなかったのは、まず初採用の1. 5ハイブリッドの2モーターを目玉として先行させたかったからだろう。 同時に1Lターボ車を発売してしまうとホンダとしては初採用になり、こちらの方が注目されて1. 5ハイブリッドの2モーターの影が薄くなってしまうと考えたからだろう。 いずれにしろ2~3年後には別バージョン車として投入されることを期待している。 専用色のサンセットオレンジが、かつてのシビックを思わせるフィット RS。 リアのバッジがその証。 象徴グレードとして復活を期待したい.

次の

タイプ一覧|タイプ・価格・装備|フィット|Honda公式サイト

ホンダ フィット 新型

ホンダ車はもとより、初代から各世代モデルにアイテムを用意してきたように、ノブレッセはフィットに思い入れがあるようです。 だからフィット4を導入し、パーツ開発に乗り出すのは自然な流れだったのかもしれませんね。 そんなノブレッセですが、シャチョーのイチローさん、購入したフィットとは別のフィットの前に立っています。 コレ、ガソリン車のLUXE(リュクス)なんだとか。 今回は、このLUXEの紹介ですよ! イチローさん、「グレードが高いヤツ」とLUXEを説明。 ではまず、ノブレッセのフィット(e:HEVのHOME)と比べてみましょう。 HOMEではバンパー下側が樹脂なのに対し、コチラは黒の塗装仕上げ。 しかも両サイドにはフォグランプまであります。 ホイールも鉄チンではありません。 艶消しブラックで、16インチ。 「社外ホイールみたいだよね」とイチローさん。 ayaちゃんも「お洒落なデザイン」と印象を語ります。 ドアミラー部分にアルミ風の仕上げがなされています。 「オシャレッティだねぇ」とイチローさん。 前後にオプションのマッドガードが着いていて、後ろから見るとすぼまり感がなくなり、「ワイド感がある」とイチローさんはコメント。 ayaちゃんも「イメージ変わるかも」と。 まあオプションパーツならば、このグレード特有の部分ではないのでしょうけどね。 ただしマッドガードがあるとエアロは着かない。 「(エアロを着けることを考えて)これからフィットを買うという人は、マッドガードは着けない方がイイです」とイチローさんはアドバイス。 エンジンルームを見てみます。 ハイブリッドにはオレンジの線があるのですが、コチラにはありません。 「普通」とayaちゃん。 「ほぼほぼフィット3と一緒」とイチローさん。 丸っきりエンジンだけです。 当たり前ですが、モーターはありません。 エンジンマウント、エアクリーナーのことをayaちゃんに説明します。 エアフィルターの場所を示し、試しに外してみたり。 「ハイブリッドにもコレは着いている」とイチローさん。 ハイブリッドにもエンジンは載っていますからね。 次は内装です。 LUXEは本革シートで、「高級感がある」とイチローさんは言います。 「シートは見るからに違いますね」とayaちゃん。 白のHOMEとは違う、黒内装なトコも目につきますね。 シートヒーターもありますよ! 「メッチャ欲しい!」とayaちゃん。 ステアリングヒーターにも興味津々の様子です。 メーターを見てみます。 やはりハイブリッドとは違います。 最大の違いはタコメーターがあることですね。 youtube. youtube. 走らせてみます。 排気量は1300ccなんだけど「1. 5くらいに思える」「1. 3とは思えない」とイチローさん。 パワー感に驚いていますよ。 静かで、パワフル。 ハイブリッドのHOMEの時も絶賛でしたが、コチラも悪いコメントが出てきません。 燃費はハイブリッドに比べてリッターあたり10km劣るようですが(カタログ数値)、「それを除けば目茶苦茶高級車だし、ほんとスゴイいいクルマだと思う」というのがイチローさんの結論。 椅子の感じは、「個人的にはHOMEの方が好きかな」とイチローさん。 「だいぶ雰囲気が違いますよね。 こっちの方がしっかりして高級感がある」とayaちゃん。 「ガソリンも結構いいなあ」とイチローさん。 でもイチローさんのコメントからは、どちらを選んでも間違いはないっぽいですね。 完全にEVになる瞬間のあるハイブリッドには、明らかに静かというメリットはあるようですが。 LUXEの内装は高級。 カワイイ外観なんだけど、内装は……。

次の

〈ホンダ・新型フィット〉「LUXE」も細かくチェック! こっちもいいぞ「グレードが高いヤツ」|ノブレッセ|ハッチバック|MotorFan[モーターファン]

ホンダ フィット 新型

ホンダが、コンパクトカー「フィット」の新モデル発売を予定しています。 新モデルにより魅力をアップするホンダ新型フィットについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 新型フィットモデューロXは、東京オートサロン2020でプロトタイプが公開されており、専用のエアロやホイールを採用することでベースモデルと差別化したデザインを採用。 スポーツサスペンションなどにより走行性能を強化し、キビキビとした走りを楽しむことができるモデルに仕上げられます。 新型フィットモデューロXの販売は、2020年12月の発売を予定。 価格は他のモデューロX同様、ベースとなるパワートレインの最上位グレードから50万円ほどのアップが見込まれています。 専用フロントグリル• 専用フロントエアロバンパー• 専用サスペンション• 専用15インチアルミホイール• 専用ドアミラー• 専用リアエンブレム(Modulo X)• 専用サイドロアスカート• リアスポイラー インテリア• 専用本革ステアリングホイール• 専用コンビシート• 外装デザインに「BASIC」「HOME」「CROSSTAR」「LUXE」「NESS」の5タイプを設定し、各モデル専用のインテリアを採用• 5L2モーター式ハイブリッドシステム「e:HEV」を新搭載• 先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に、フロントワイドビューカメラを新採用し、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、Hondaとして初めて近距離衝突軽減ブレーキを追加し、全タイプで標準装備• Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初設定。 スマートフォンによるリモート操作やトラブルサポート、Honda ALSOK駆けつけサービスなどを提供する「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータル ケア プレミアム)」を展開• ハイブリッドモデルの「e:HEV NESS」「e:HEV CROSSTAR」「e:HEV LUXE」の2WD車に「VGR(可変ステアリングギヤレシオ)」を標準装備し、走行スピードなどに応じてタイヤの舵角を最適化することで、取りまわしのよさと高速道路などでの安定感を両立 ホンダ・フィットは、ブランドの主力コンパクトカーとしてラインナップされ、海外では「ジャズ」のモデル名で販売されるグローバルモデルとして位置づけられています。 2020年2月にフルモデルチェンジした新型フィットは、「フィット4」として4代目になり、最新のパワートレインにより走行性能を大幅にアップするなど新世代の性能を追求。 新モデルとして、悪路走破性能を高めタフなイメージとしたクロスオーバーモデルの新型「フィットクロスター」など、多彩なデザインが設定されています。 3Lガソリン (4WD車は19万8000円高、LUXEのみ20万9000円高)• BASIC:1,557,600円 ホンダセンシング非装着車:1,486,100円• HOME:1,718,200円• NESS:1,877,700円• CROSSTAR:1,938,200円• 5Lハイブリッド (4WD車は19万8000円高、LUXEのみ20万9000円高)• e:HEV BASIC:1,997,600円 ホンダセンシング非装着車:1,926,100円• e:HEV HOME:2,068,000円• e:HEV NESS:2,227,500円• e:HEV CROSSTAR:2,288,000円• e:HEV LUXE:2,327,600円 ホンダ新型フィット4のスタート価格は155万7600円から、安全システム「ホンダセンシング」非装着車は148万6100円からに設定されています。 この価格を前モデルと比較すると、安全システム非装着車で3万円ほどのアップ、ホンダセンシング装着車は1. 3Lガソリン車で12万円ほどのダウンとなっており、人気の安全装備を手に入れやすくなっています。 3Lガソリン:1,455,300円~ (ホンダセンシング付:1,684,100円~)• 5Lガソリン:1,887,600円~(ホンダセンシング標準装備)• 5Lハイブリッド:1,731,400円~ (ホンダセンシング付:2,117,500円~) 評判は?ホンダ新型フィット4を試乗動画でチェック! ホンダ新型フィット4は、注目度の高さから多くの試乗動画が公開されています。 新世代となりあがった質感が評価されています。 「BASIC(ベーシック)」は、デザイン性と快適性を備えた基本のタイプとして、やわらかな表情をつくるフロントフェイス、シームレスで流れるようなフォルムなど、親しみを感じさせるシンプルなデザインを採用。 優雅で心地よい時間が過ごせる空間を目指し、質感や手触りのよさを追求した専用の本革シートを標準装備。 ドライブをよりいっそう楽しめるよう、フィットネススポーツのような、軽快でファッショナブルなタイプに仕上げ。 インテリアには、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用するなど、コンパクトでありながらタフなイメージになっています。 また、ホンダアクセスから多彩なアクセサリーパーツが設定され、用途にあわせてカスタマイズが可能になっています。 前モデルでは主力コンパクトカーとして力強さが重要視されていましたが、新型フィットでは軽快さが感じられるデザインが採用されました。 プレミアムサンライトホワイト・パール• プレミアムクリスタルレッド・メタリック• プラチナホワイト・パール• ルナシルバー・メタリック• シャイニンググレー・メタリック• エアーライトブルー・メタリック(CROSSTAR以外に設定)• ミッドナイトブルービーム・メタリック• クリスタルブラック・パール• プレミアムグラマラスブロンズ・パール(CROSSTAR以外に設定)• サーフブルー(CROSSTAR専用) ホンダ新型フィットのボディカラーには、モノトーンが全10色設定されています。 「BASIC」「HOME」「NESS」「LUXE」の4グレードではモノトーンカラーのラインナップが共通となり全9色、「CROSSTAR」のみ専用カラーのサーフブルーが設定され全8色を用意。 「BASIC」と「LUXE」のボディカラーは、モノトーンのみとなります。 ホイールベース:2530mm• 最低地上高:135mm(CROSSTAR:155mm)• 車重:1070kg(ハイブリッド:1180kg)• 室内空間はこれまでより開放感のあるつくりとすることで、使い勝手がアップされました。 クロスオーバーモデルとなる新型フィットCROSSTARは全幅を拡大することで3ナンバーボディとなり、最低地上高をベースモデルからアップすることで悪路走破性能を向上します。 その他、新型フィット4では、ボディ骨格に使用するハイテン材(高張力鋼)の中でもとくに強度が高い980MPa級以上の部材の適用比率を、前モデルの10%から18%まで拡大することで軽量化。 加えて、前後サスペンションのダンパー取り付け点で重量増を抑えつつ、ボディの曲げ剛性を6%、ねじり剛性を13%アップ。 サスペンションは、フロントでスプリングの材料に高応力タイプを使用し、前モデルから大幅に寝かせた角度で配置可能として横力のキャンセル量を拡大し、応答性を向上。 リアサスペンションでは、従来から採用している「入力分離ダンパーマウント」の構造を変更し、ロッド同軸1点締結からアルミダイキャスト製ブラケットを介する2点締結に改良。 さらにマウントラバーの受圧面積を1. 3倍に拡大することで、ロードノイズも低減されています。 加えて、レジャーでの使用をイメージした「NESS」と「CROSSTAR」には汚れに強い撥水シート表皮、質感を高めた「LUXE」では本革シートが採用されています。 フロントピラーは従来と異なる断面構造にするとともに、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用することで、十分な衝突安全性能とワイドで優れた視認性を両立。 またインテリアパネルは水平・直線基調のデザインにするとともに、車内からはワイパーを見えにくくすることで、運転時の心地よい視界を実現。 LUXE専用の「アームレスト付センターコンソールボックス+ワイヤレス充電」をメーカーオプション設定するほか、マルチコンソールやコンソールティッシュボックストレイなど、さまざまなディーラーオプションを用意。 また、「e:HEV HOME」以外のハイブリッドモデルには、後席向けの充電用USBジャックが設定されています。 メーターには、ホンダのコンパクトカー初となる7インチフルカラー液晶を全車で標準装備。 表面の反射防止加工と設置角度の最適化でバイザーレス化を実現し、シンプルなインパネデザインに仕上げ。 メーターでは車速を数字で大きく表示するほか、ACC(アダプティブクルーズコントロール)の作動設定やハイブリッドシステムのエネルギーフローなどがわかりやすく表示されます。 フロントシートは座り心地を追求し、上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用。 身体をしっかり保持する面支持構造とすることで、長時間のドライブでも疲れにくく。 あわせて、座面のパッド厚をフロントで30mm以上、リアで24mm拡大することで、柔らかな座り心地が実現されています。 その他、新型フィットでは、ボディ各所の剛性向上により振動を抑制し、騒音の発生を低減。 ドア周辺からノイズが浸入しないようシール性を高め、AピラーとBピラーにフィットとして初めてスプレー式発泡ウレタンフォーム充填を実施。 エンジンの音が車内に侵入しないよう、ダッシュボードインシュレーターの遮音層を拡大し、インパネインシュレーターも面積アップ。 ハイブリッドモデルでは3つのエンジンマウントをすべて樹脂製としてエンジン振動を効果的に抑制するとともに、液封タイプのサイドマウントは液室容量を拡大することで、エンジン振動伝達が低減されています。 初設定!「Honda CONNECT」とは? ホンダ新型フィット4には、Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」が日本初設定されています。 「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」は、NESS、CROSSTAR、LUXEに標準装備、BASIC、HOMEにオプション設定。 「ホンダコネクト」は、カーライフサポートサービス「Honda Total Care」をホンダコネクトの技術を活用して拡充。 サービスでは、事故などでエアバッグが展開した場合にオペレーターに自動通報される「エアバッグ展開時自動通報」、緊急時にルーフに用意されたボタンを押すだけでオペレーターと音声対話できる「緊急通報ボタン」、車両状況を把握して的確にサポートを提案する「トラブルサポートボタン」など3種類をセットにした「緊急サポートセンター」を設定。 基本パックの初回申込から12か月間無料)として、駐車している車両に異常が検知された場合にスマホに通知を行なうほか、緊急サポートセンターを通じてALSOK(綜合警備保障)のガードマンが現場に急行する「ホンダ ALSOK 駆けつけサービス」も用意されています。 【ガソリン車】 直列3気筒1. 0kgm• 【フィットハイブリッド】 直列4気筒1. 8kgm• 駆動方式:FF or 4WD ホンダ新型フィットのパワートレインには、新たに2モーター式ハイブリッド「e:HEV」が搭載されています。 直列4気筒1. 1kgm• 直列4気筒1. 8kgm• 直列4気筒1. 7kgm ・モーター出力:29. 3kgm フィットハイブリッドは前モデルで、1. 5Lエンジンと1つの電気モーター、デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたシステムが搭載されていました。 しかし、新型フィットハイブリッドでは、先に「インサイト」に採用されていた2モーター式に変更。 以前はオデッセイやステップワゴンなどで2Lエンジンと組み合わせられていましたが、小型化しながらも大きなトルクを発生させることが可能となる新型モーターの採用により、新たにフィットハイブリッドにも搭載可能な1. 5Lエンジンモデルが用意されました。 ハイブリッドシステムは、駆動用バッテリーや制御用ECU、冷却システムなどを組み合わせたIPU(インテリジェントパワーユニット)も一新し、新型リチウムイオンバッテリーは最高出力を62%高め、IPU全体の重量と容積を約25%削減。 従来はラゲッジスペースの床下に配置していたPCU(パワーコントロールユニット)も小型化と高効率化を追求しエンジンルーム内に移設。 エンジンよりも高出力なモーターを搭載することにより、高速道路のクルージング走行時のようなシーンを除き、日常走行のほとんどをモーターにより走行するようにしたことで、燃費性能も高められています。 ガソリンエンジン車では前モデルに設定されていた1. 5Lエンジンが廃止され、大型電動オイルポンプを使う「サーボ油圧システム」を搭載する新開発CVTと1. 3Lエンジンを組み合わせることで燃費を向上。 駆動システムは、積雪路や未舗装路などの広い路面状況で安定した駆動力を発揮するビスカスカップリング式4WDを全モデルに設定。 2モーターハイブリッドシステムとビスカスカップリング式4WDの組み合わせはホンダ車初となっています。 加えて、ハイブリッドモデルの「e:HEV NESS」「e:HEV CROSSTAR」「e:HEV LUXE」の2WD車には「VGR(可変ステアリングギヤレシオ)」が標準装備され、走行スピードなどに応じてタイヤの舵角を最適化することで、取りまわしのよさと高速道路などでの安定感が両立されています。 3Lガソリン WLTCモード:20. 5Lハイブリッド WLTCモード:29. 前モデルでは、前期型でJC08モード値36. 新型フィットでは、最新ハイブリッドシステムによりJC08モードの値を更新するとともに、より実燃費に近いWLTCモード値も優れたものとなっています。 3Lエンジン FF:24. 5Lエンジン FF:22. 5Lハイブリッド FF:37. 搭載されるホンダセンシングは、近距離の隣接車線まで視野に入る約100度の有効水平画角を備えた「フロントワイドビューカメラ」を採用。 最新の高速処理チップを組み合わせることで、これまでミリ波レーダーで行なってきた対象物との距離測定を単眼カメラで実現できるように。 前モデルから用意されている8種類の機能と合わせ、全11種類の技術で安全運転をアシストすることができるようになっています。 ホンダ新型フィット4の発売日は? フルモデルチェンジしたホンダ新型フィット4は2020年2月14日に発売、追加設定される「モデューロX」は2020年12月の発売が予定されています。 ホンダは今後、同様のシステムを搭載するSUVのヴェゼルの発表も予定しており、コンパクトモデルを新世代にすることでユーザーにアピールしていきたい考えです。 英語表記は初代が「Fit」となっていましたが、2代目以降はすべて大文字の「FIT」に変更されており、海外では「ジャズ(Jazz)」のモデル名で販売されています。 ホンダ「ロゴ」の後継車として製作され、現在では軽自動車の「Nシリーズ」にも採用されている燃料タンクを薄型樹脂製にし前席下に配置する「センタータンクレイアウト」とすることで、後部座席やラゲッジスペースを拡大。 広い室内空間を持っていたことで、人気モデルになりました。 2013年に登場した前モデルの3代目は、グローバル市場でもホンダの最量販車となることを目標にボディサイズを拡大しましたが、全幅を維持することで日本の5ナンバーサイズを保ちました。 基礎やパワートレインを共有するSUVの「ヴェゼル」、セダンの「グレイス」、コンパクトミニバンの「フリード」、ワゴンの「シャトル」も販売されています。 新型ホンダ・フィットについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の