ナレーター 有名。 外国人ナレーター|外国人モデル事務所・外国語ナレーション GAIKEI

有名なナレーター

ナレーター 有名

ジャパン 筑紫哲也 News 23 マスターズ・ゴルフ 学校へいこう 一秒の世界 TBS開局55周年記念番組 古代エジプト大冒険 どうぶつ奇想天外! 【フジテレビ】 かくし芸大会2003 F1GP HEY! HEY! HEY! ミュージックチャンプ F1モデル うまなで みんなのウマ倶楽部 たけしの日本教育白書 VS嵐 【テレビ朝日】 リングの魂 ブレイクアウト 戦うお正月 ナイナイナ パパパパパフィー 虎ノ門 マシューズBest Hit TV 堂本剛の正直しんどい 1978年劇団「発見の会」入団。 1982年『俗物図鑑』で映画デビュー。 1985年に演劇集団「劇団健康」を結成し、1992年に解散。 僕のパパが仲良かったという。 演劇部 その一方、エロ劇画家、ライター、イラストレーターなどで生計を立てていた(本名の田口智朗名義)。 現在でも「初期エロ劇画家時代の彼にも眼を見張るものがあった」という意見は多い。 が、彼本人は「技術がないのが自分でもわかってしまって、飽きてやめた」と言っている。 1983年に代々木公園で見たじゃがたらのライブに影響され、パンクバンド「ガガーリン」を結成。 アンダーグラウンド・ロック集会「天国注射の昼」にも出演していたそうだが、植木等の映画の曲を演奏したため、版権の関係でビデオには収録されていない。 その後、1984年にばちかぶりを結成。 俳優としては、以前より数々のピンク映画やアダルトビデオに出演していたが、1989年12月31日に放映された実話ドラマ『シャボン玉の消えた日』 日本テレビ で、自らも尊敬する植木等役に抜擢され演じたのを皮切りに、同時期に主演した塚本晋也監督の劇場映画『鉄男』が話題を集め世間から注目されだした。

次の

ナレーターの有名な人・人気のブログ・インスタ【2020年版】

ナレーター 有名

有名な に求められるもの ナレーターは学歴や経歴にかかわらず、どんな人にでもなれるチャンスがある仕事です。 人々を魅了する声を持っていることは大きな武器となりますが、それだけでは有名なナレーターにはなれません。 などが作成した台本を元に、どのように表現したらよいのかを瞬時に判断する必要があります。 また、多くのスタッフたちと打ち合わせなどを行うため、コミュニケーション能力も求められます。 ここでは、日本で活躍する有名なナレーターの紹介と、インスタやブログで発信されている情報を紹介します。 ナレーターの有名な人 テレビやラジオなどのメディアで活躍する、有名なナレーターを6人紹介します。 ナレーターは などとは違い、人々の前に出ることが少ないため、有名な人であっても顔が思い浮かばないことが多くあります。 しかし、声を聞けば「ああ、あの人!」とわかるのが有名ナレーターの証です。 有名なナレーターの経歴や代表的な仕事をみていきましょう。 銀河 万丈(ぎんが ばんじょう) 銀河万丈さんは、1948年生まれ・山梨県出身の有名なナレーター& &俳優です。 大学では放送研究会に入部し、将来の仕事にもつながるだろうと、ラジオドラマ制作を手がけていました。 卒業後は劇団での俳優業を経て、現在所属する青二プロダクションにボイステープを持ち込んだことを契機に声優の仕事を得ました。 1970年代後半のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』のギレン・ザビ役や『北斗の拳』のサウザー役など、アクの強い役柄が得意です。 『プレバト!! 』や『明石家さんちゃんねる』などのバラエティ番組のほか、NHK教育テレビなど固い番組でもナレーターを務めています。 <主な実績> ・『開運!! なんでも鑑定団』(TX) ・ゲームアプリ『ファイアーエムブレム ヒーローズ』(ドーマの声) ・『JNN報道特集』(TBS系列) ほか多数 立木文彦さんは、1961年生まれ・長崎県出身の有名なナレーター&声優です。 1980年代前半にテレビアニメの声優としてデビュー以降、海外映画の吹き替え、テレビ番組のナレーション、ライブ活動などを行っています。 テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ役と聞けば、立木さんの声を思い出す人もいるかもしれません。 総合格闘技イベント『PRIDE』や『世界の果てまでイッテQ! 』などのナレーションを担当し、広くその声を知られるようになりました。 トルバドール音楽事務所を経て、現在は株式会社大沢事務所に所属して、数多くの仕事を担っています。 <主な実績> ・『銀魂』(長谷川泰三、ナレーション)4シリーズ ・『テルマエ・ロマエII』(アケボニウスの声) ・『仮面ライダージオウ』(ガイアメモリの声) ほか多数 垂木 勉(たれき つとむ) 畑中ふうさんは、1959年生まれ・大阪府出身の有名なナレーターです。 『M-1グランプリ』のナレーターとして有名で、関西のテレビやラジオ番組を中心に、DJやトークイベントなどを精力的に務めています。 大学では放送局に入部し、先輩から声を褒められたことが心に残っていたそうです。 卒業後は、「実況のできる営業」という不思議な職種で広告会社に就職したものの、4年でサラリーマンを辞めて上京。 紆余曲折を経て大阪に帰郷し、大手芸能事務所でMCや結婚式の司会などを2年間務めたとのこと。 その後、ナレーション1本で食べていく決意を固め、独立しました。 今後は、地域や社会貢献できるラジオを作り、ライフワークにしていきたいそうです。 <主な実績> ・テレビCM『ゴン太のほねっこ』ゴン太の声 ・『たかじんの胸いっぱい』(関西テレビ放送) ・『みんなの甲子園』(MBCテレビ) ほか多数 クリス・ペプラー クリス・ペプラーさんは、1957年生まれ・東京都出身の有名なナレーター&声優&俳優です。 ドイツ系アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、インターナショナルスクールを卒業後はカリフォルニアで過ごします。 帰国後の1988年、開局したばかりの『FMラジオ局J-WAVE』のナビゲーターとして抜擢されました。 以降、得意分野の音楽や映画、スポーツ番組などのナレーション、CM出演、海外セレブの来日記者会見など多方面で活躍中です。 3人のナレーターのブログを紹介するので、どのような情報を発信すればよいのかなどを参考にしてください。 ナレーター・声優 西原さおりオフィシャルブログ「小さなシアワセ」 アメーバブログ「その他職業ジャンル」で人気のナレーター、西原さおりさんのブログです。 NHK Eテレ『日曜フォーラム』のナレーションや、資生堂、味の素など大手企業のCMナレーションなど、多くの依頼を受けている実力派ナレーターです。 ブログには、ナレーターのためのワークショップに参加した際にブルブルするほど緊張したことや、大好きな宝塚の話などが盛りだくさん。 夢は、宝塚関連のナレーションをすることだそうです。 現在は東京在住の西原さんですが、ブログによると故郷は福岡だそうで、帰省した際に食べた美味しそうな「ゴボ天ザル」の写真がアップされていました。 ブログへの投稿写真に絡めて自身の情報をPRするのは、自分を知ってもらうことにつながります。 ブログのプロフィール欄には、仕事依頼用にボイスサンプルが聞けるホームページアドレスが掲載されており、受注の取りこぼしを防ぐためにも見習いたいポイントです。 Rachel Chan's BLOG アメーバブログ「その他職業ジャンル」で人気のナレーター、レイチェル・チャンさんのブログです。 また、東急プラザや東京サマーランドなどの館内放送を日本語と英語で届ける仕事など、多数受注しています。 ブログでは、ナレーターの仕事を受注する際の基本選考や面接で活かせるヒントとして、気負わずに楽しむこと、諦めないことなどが、プロになったあとでも大切だと伝えています。 ほかにも、ナレーターの商売道具でもある喉をいたわるグッズ紹介などもあり、将来ナレーターを目指す人に参考になる記事が満載です。 服部佳代子のはじめの一歩 アメーバブログ「起業・ビジネスジャンル」で人気のナレーター、服部佳代子さんのブログです。 ブログには、ナレーターの基本でもある正しい読み方が崩れている傾向にあることや、カメラに映る際の衣装選びの難しさなど、日々感じることが綴られています。 また、ブログのタイトルにあるように、初めてトライする習い事の話などが数多く掲載されており、自分磨きを心がけていることがわかります。 - 2020年 1月月12日午前12時21分PST バラエティやドキュメンタリー番組だけでなく、NHK放送技術研究所『技研公開2018』でナレーターを務めた、片岡晟さんのインスタです。 顔面の筋肉を大げさに動かして喋ることから、「顔面マイク破壊系ナレーター」と自称しています。 インスタの上部には、片岡さんの顔の動かし方がわかる動画や宅録風景があるので、ぜひ確認してみてください。 片岡さんのようにインスタに動画を投稿することは、仕事の依頼主に声を知ってもらえるメリットがあります。 投稿された書「挑」に加え、「先輩ナレーターとしてたくさん稼ぎ、挑戦する次世代ナレーターに投資したい」と熱い決意を記すなど、片岡さんの人柄が伝わるようなインスタです。 日焼けした顔にマッチョな体格、渋い声が特徴的な伊津野さんは、サーフィンやロードレースなどアウトドアスポーツが趣味なのだそう。 1990年にナレーター事務所を設立し、後輩たちの育成にも力を注いでいます。 インスタによると、2019年からはナレーターやDJなどのセミナー・スクールを開講し、一般からプロまでを指導しているとのこと。 オシャレな普段着姿や絶叫実況中の写真、お子さんを抱っこした写真などバラエティに富んだ写真が盛りだくさんで、芸歴30年越えの伊津野さんの魅力が満載です。 ここまで、有名なナレーターの活動やブログ、インスタを紹介してきました。 どのナレーターも素敵な声の持ち主ですが、自分磨きを怠らない姿勢も持っています。 みなさんも、表現力の土台ともなる人生経験を積むと同時に、ナレーター養成専門学校や通信教育のナレーター養成講座などで基礎を身につけ、有名なナレーターになれるよう頑張りましょう。

次の

今は亡き名ナレーターたち: 時遊人SUZUのひとり言

ナレーター 有名

以前、当ブログで「私の好きなナレーター(男性編)」をお送りしましたが、惜しまれながら亡くなられている方も少なくない。 しかも前回は男性編しかお伝え出来なかったため、今回は女性を含めた、かつて聞き覚えがあるであろう有名なナレーター(故人)を取り上げ、彼らの生前の活躍を偲び、懐かしみたいと思い、このテーマを設定した。 来宮良子(きのみやりょうこ) 1931年7月10日 - 2013年11月25日 1950年代後半から上映用『毎日ニュース』や、資生堂のCMのナレーションなど多数出演し、また数々の洋画吹き替えでも活躍、特にモーリン・オハラやフェイ・ダナウェイなどのクール・ビューティーな女優を多く担当した。 他のナレーションでは、『演歌の花道』や、フジテレビ水曜20時台の大映ドラマなどで聴かせたドラマティックな節回しが話題を呼び、「来宮節」として高い人気を誇っていた。 <印象に残る代表作>• スケバン刑事シリーズ(東映・フジテレビ系) スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説(1985年11月 - 1986年10月) スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇(1986年10月 - 1987年10月)• 大映ドラマ 各作品(大映テレビ・フジテレビ系)• ヤヌスの鏡(1985年12月 - 1986年4月)• 花嫁衣裳は誰が着る(1986年4月 - 10月)• このこ誰の子? (1986年10月 - 1987年3月)• アリエスの乙女たち(1987年4月 - 9月)• プロゴルファー祈子(1987年10月 - 1988年4月) 演歌の花道 広川太一郎 1939年2月15日 - 2008年3月3日 俳優、声優、CM&番組ナレーター、テレビ司会者、ラジオDJなど幅広く活躍した。 ビートルズの映画ではジョン・レノン、また他にはトニー・カーティス、ロジャー・ムーア、マイケル・ホイなどの吹き替え、『宇宙戦艦ヤマト』の古代守、『ムーミン』のスノーク、『名探偵ホームズ』のホームズなどで知られる。 テレビ朝日『おはようテレビ朝日』、フジテレビ『競馬中継』の司会など数多くのテレビ番組の司会やラジオ番組のディスクジョッキーなどのタレント活動も行っていた。 1990年代後半からはナレーター業を仕事の中心に活動していた。 滝口順平 1931年4月17日 - 2011年8月29日。 ナレーションを多数手がける。 日本初の吹き替え放送を担った人物で、民間放送初の声優でもある。 アニメ声優としては、『ヤッターマン』でのドクロベエ役をはじめとした「タイムボカンシリーズ」が代表作に挙げられることが多く、「おしおきだべ」の台詞が知られている。 『ぶらり途中下車の旅』などのナレーターを務める。 大塚周夫 1929年7月5日 - 2015年1月15日 『ルパン三世』の石川五エ門、『ガンバの冒険』のノロイ、『美味しんぼ』の海原雄山といった重厚な演技、『ピーターパンの冒険』のフック船長、『ソニックシリーズ』のDr. エッグマン、『名探偵ホームズ』のモリアーティ教授、そして後述にある代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男 や『チキチキマシン猛レース』、『スカイキッドブラック魔王』のブラック魔王といった、悪役に分類されるがコミカルな面から憎めないキャラクターたちの二つがある。 一方で、『機動戦士ガンダム0083』のエイパー・シナプス艦長のような頭の切れるキャラクターや、『忍たま乱太郎』の山田伝蔵先生のような柔和な面をあわせ持つキャラクターまで演じ分けられる。 『タイガーマスク二世』ではヒーロー物作品によくある、主人公の隣のギャグキャラと、悪の幹部を一人二役で演じた。 吹き替えではウィドマークをはじめ、チャールズ・ブロンソン、ジャック・パランス、ピーター・セラーズなどを持ち役とする。 芥川隆行 1919年3月6日 - 1990年10月2日 1951年10月にTBS(ラジオ東京)にアナウンサー第1期生として入社。 1959年12月にTBS(ラジオ東京)を退社。 1960年1月にフリーとなり芥川企画を設立し司会者・ナレーターとしても活躍した。 TBS系土曜21時台の歴代ドラマでは、 多数の作品で芥川隆行がナレーターを務めていた。 水戸黄門やスクールウォーズの名ナレーションで一世を風靡した。 他にもサザエさんの波平の声を担当された永井雄一郎さん、初代ジャイアンの声を担当された半田雅和さん、クリントイーストウッドの吹き替えを行った野沢那智さん、ルパン三世の山田康雄さんなどが偲ばれる。 また、今も現役バリバリで活躍されているベテランナレーターには久米明さん、森本レオさん、柳生博さんなどがいる。 さて、今日の記事はいかがでしたか?この仕事は日の目を浴びない裏方に徹するため、顔や名前を知らないケースがほとんどだ。 しかし、その声を聴けば一発でわかるから凄い。 発声が美しく、視聴者が聞き取りやすいし、ナレーターの一言一言が番組に臨場感を与えるし、雰囲気を作り、情景が浮かぶ。 言ってみれば番組作りには欠かせない水先案内人なのだ。 往年のナレーターたちが惜しまれながら天国に旅立っている中で、私たちはこうした声を忘れてしまいがちになる。 彼らの残した番組に思いを馳せとともに、彼らの功績を振り返って懐かしみたいと思う。 記事作成:9月17日(木).

次の