花の歌楽譜。 滝廉太郎の童謡「花」(春のうららの隅田川)の歌詞、楽譜、midiやmp3試聴と無料ダウンロード

ベイビー・ブー 花が咲く日は 歌詞&動画視聴

花の歌楽譜

他の国の伝統曲は、 をご覧ください。 動画には、カラオケ用の歌詞と音程バーが表示されます。 「花」は、滝廉太郎が作曲した春のうららかな隅田川の情景を歌った有名な曲で、文化庁が選定した「」に選ばれている曲の1つです。 同じ滝廉太郎の「」の重々しい雰囲気とは対照的に、明るい曲調が特徴的です。 この曲は組曲「四季」の第1曲として作曲されました。 歌のメロディは、同じものを単純に3番まで繰り返すのではなく、部分的に少しちがって繰り返されます。 たとえば、一番の「すみだがわ」は昇っていく感じのメロディですが、二番の「つゆあびて」は上昇のあと下降します。 作詞は武島羽衣です。 歌詞を見ると分かりますが、「花」というタイトルにもかかわらず、春の花のことを歌っているわけではなく、隅田川の情景を歌ったものです。 花は、水のしずくをたとえるための言葉として使われています。 (歌詞の著作権保護期間は、2017年ごろに終了したようです。 ) 歌詞には古い言葉が使われているため、すこし分かりにくくなっています。 「青柳」は苗字でしか聞かないような言葉ですが、「やなぎ」のことを指しています。 「桜木」も駅の名前でしか聞きませんが、単純に「桜の木」のことです。 「見ずや」は、「見てごらん」という意味です。 「げに」は「本当に」という意味です。 「おぼろ月」は春の夜に月が霞んでいる様子を指す言葉だそうです。 瀧廉太郎の作曲した有名な曲には他に、「 」、「 」などがあります。 同じ「花」というタイトルの曲に、 やなどがあります。 下記の「無料ダウンロード」からサンバ風、オルゴール曲風の編曲など、様々な音楽スタイルのファイルをダウンロードすることができます。 各ファイルは、 のオートアレンジ機能を使用して伴奏を作成しています。 「他の音楽スタイル」を選択すると、クラシックやポップス、ジャズ、民族音楽など様々な音楽ジャンルの中から、弦楽四重奏やワルツ、ポルカ、ミュゼット、ブルースをはじめ、ギターやピアノ、ハーモニカなどのソロ演奏など、様々な音楽スタイルを選択するページが表示され、指定した音楽スタイルでダウンロード・ファイルを取得することができます。 「ボーカロイド歌入り」は、 を利用して録音した 鏡音リンの歌声入り動画ファイル です。 他の曲も聞きたい人は、 のコーナーに用意しています。 歌詞 春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂のしずくも 花と散る ながめを何に たとうべき 見ずやあけぼの 露あびて われにもの言う 桜木を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳を 錦おりなす 長堤に 暮るればのぼる おぼろ月 げに一刻も 千金の ながめを何に たとうべき ひらがな歌詞 はるのうららの すみだがわ のぼりくだりの ふなびとが かいのしずくも はなとちる ながめをなにに たとうべき みずやあけぼの つゆあびて われにものいう さくらぎを みずやゆうぐれ てをのべて われさしまねく あおやぎを にしきおりなす ちょうていに くるればのぼる おぼろづき げにいっこくも せんきんの ながめをなにに たとうべき 無料でご利用いただける高齢者向けに字を大きくしたA4サイズの歌詞カードです。 デイサービス、グループホームなどの介護施設や地域のサロンでのレクレーションの時間にご使用ください。 大きな字の歌詞を用意している曲のリストは、にあります。 この曲の楽譜の表示や印刷を行いたい方は左のボタンをクリックしてください。 この曲のメロディと歌詞、コード進行が示された楽譜が表示されます。 どの調で表示・印刷するかを指定することができます。 無料ですが、表示までに多少時間がかかることがあります。 無料でご利用いただける幼稚園、小学校、介護施設のレクレーションや音楽療法向けの、歌とピアノやギター伴奏のための楽譜です。 歌に入りやすいように、イントロや間奏は簡略化しています。 歌詞は著作権保護期間中ですので掲載していません。 は別ページで販売しています。 箏の縦譜、横譜、十三線譜を表示したい人は、左のボタンをクリックしてください。 無料ですが、表示までに多少時間がかかることがあります。 この曲の楽譜を 編集したい人は、をダウンロードしてください。 表示、印刷、演奏などを行える無料ソフトです。 このページで紹介している曲をはじめ、各国の伝統曲、童謡・唱歌1500曲以上が用意されてます。 のデータは、採点機能付きの 無料のPCカラオケソフトで使用することができす。 はこの曲が収録されている楽譜集です。 というCDの組曲「四季」でこの曲を聴くことができます。

次の

「花の歌」の楽譜一覧

花の歌楽譜

春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂(かい)のしづくも 花と散る ながめを何に たとふべき 見ずやあけぼの 露(つゆ)浴びて われにもの言ふ 桜木(さくらぎ)を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳(あおやぎ)を 錦おりなす 長堤(ちょうてい)に くるればのぼる おぼろ月 げに一刻も 千金の ながめを何に たとふべき 一番の歌詞の意味 「うらら」とは、空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。 うららか(麗らか)。 「櫂(かい)」は、船を漕ぐ道具。 オール。 「花と散る」は、花びらのように散る。 ここでは「花」は桜か。 「何にたとふべき」は、何にたとえたらいいだろうか、といった意味。 源氏物語「胡蝶」の和歌 一番の歌詞は、源氏物語「胡蝶」の巻で詠まれた次のような和歌が元になっている。 春の日の うららにさして 行く船は 棹のしづくも 花ぞちりける <紫式部> 和歌の意味:春の陽がうららかに射す中、棹をさして(掛詞)行く舟は、そのしずくも花が散る様のようだ。 二番の歌詞の意味 「見ずや」は、「(こんな素晴らしい眺めを)見ないでいられようか」といった反語。 結果として、「見よ、ご覧なさい」といった意味で使われる。 「あけぼの」は夜明け、明け方。 が有名。 「露(つゆ)」は朝露(あさつゆ)。 「われにもの言ふ」は、私に語り掛けるような。 「夕ぐれ」は、における「秋は夕暮れ」を意識したものか。 もちろんここでは春の夕暮れ。 「さしまねく」の「さし」は、語調を整えたり強めたりする接頭語(意味はない)。 「まねく」は「招く」。 三番の歌詞の意味 「錦おりなす長堤」は、美しく織られた錦のように花に彩られた川の長い堤防・土手。 「おぼろ月」とは、もやで霞んだ春頃の月。 参考:『』 「げに」は、本当に、いかにも、まちがいなく。 「一刻も千金の」とは、ほんの少しの時間でも千金に値する、価値の高い様子。 漢詩『春夜』の一節に由来している。 元ネタの故事成語「春宵一刻値千金」 「一刻も千金の」のくだりは、中国北宋時代の詩人・蘇軾(そしょく)の詩『春夜』に登場する次のような一節に由来している。 春宵一刻直千金 花有清香月有陰 意味:春の夜はわずかな時間でも千金の値打ちがある。 花は清らかな香りを放ち、月はおぼろに霞んでいる。 関連ページ 『荒城の月』、『花(春のうららの隅田川)』、『箱根八里』など、明治時代に活躍した瀧 廉太郎(たき れんたろう)の有名な曲 解説と視聴まとめ 「春のうららの隅田川」でも歌われる中国の詩文 春夏秋冬それぞれの季節における趣深い情景や風物詩 『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ 菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし.

次の

滝廉太郎の童謡「花」(春のうららの隅田川)の歌詞、楽譜、midiやmp3試聴と無料ダウンロード

花の歌楽譜

Tsai 江河水. 這-個-地-方 要像. 花那-樣 繽紛綻放. 美麗-花-蕊 眼淚像. 在-這-地-方 要像. 花那-樣 受人歡迎. 美麗-花-蕊 花嬌豔. 而姿態. 人卻為. 運-行-不-變 就讓我們. 的心田 花綻放. 到永遠 緊握住. 美麗-花-蕊• 感謝 Gypsy. Tsai 修正歌詞.

次の