挨拶 メール。 挨拶メールのポイントって?初めての相手に送るメール文例を徹底解説

「挨拶のメール」文例集・書き方・文章・書式・文例・例文・例・雛形・見本

挨拶 メール

社内メールの宛名では、役職付きの上司に対して「様」などの敬称表記は付けないのが基本的マナーです。 部署全体に送る同報メールの場合は、「営業部各位」「営業二課各位」など、社内メールが送られている範囲がわかるように宛名を記入するのがマナーです。 挨拶・書き出し 社内メールの冒頭には「お疲れ様です」と書くのが暗黙のルールのようになっていますが、実は「お疲れ様ですは不要」と考えている人も結構多いです。 相手や状況に関わらず「お疲れ様です」を使用すると、違和感や不快感を覚える人もいるので、使わない方が無難です。 「お疲れ様です」や「いつもお世話になっております」という挨拶がなくても、決して失礼には当たりません。 何十通もメールをチェックしなければならないときに、「お疲れ様です」から始まる社内メールが続くとイライラしてしまう人もいます。 「お疲れ様です。 いつもお世話になっています。 最近寒くなりましたが風邪などひいていませんか。 うちの部では風邪が流行っていて、休む人が多くて大変なんですよ。 「おはようございます。 社内メールに労いの言葉を入れるのは間違いではありませんが、メールを読み、返信する時間を減らしてあげるのも同僚への思いやりです。 締め メールの最後に挨拶がないと、中途半端で無愛想な印象を与えてしまいます。 よいコミュニケーションを図るため、社内メールの最後には簡単な締めの挨拶を入れましょう。 <締めの挨拶 一般的な例> ・どうぞよろしくお願いいたします。 ・今後ともよろしくお願いいたします。 <締めの挨拶 不明点があれば連絡が欲しいとき> ・お手数ですが、ご確認いただき、不明な点がございましたらご連絡いただけますでしょうか。 ・ご不明な点がありましたら、ご連絡ください。 <締めの挨拶 返信不要の場合> ・ご確認いただければ、ご返信は無用です。 ・何か不都合がございましたら、お知らせください。 ・取り急ぎ、ご報告まで。 <締めの挨拶 メールの返事が欲しい場合> ・お手数おかけしますが、ご返答ください。 ・ご返事お待ちしております。 ・早急にご対応いただけますようお願いします。 <締めの挨拶 お詫びや断りを入れる場合> ・お詫び申し上げます。 ・ご期待に沿えず、申し訳ありませんでした。 取り急ぎ、ご報告があります。 大事な打ち合わせでしたので、もう少し早く会社を出れば 遅刻することはなかったと反省しています。 部長には、もしかして先方様からなんらかのご注意があるなどで ご迷惑をおかけする可能性がありますので、取り急ぎ、ご報告申し上げます。 誠に申し訳ございませんでした。 お知らせ.

次の

ビジネスの挨拶メールの基本|初めての挨拶・締め文の例文付き

挨拶 メール

定年退職時に送る挨拶メールの文例について、まずは紹介していきますが、どういった挨拶メールにするといいのでしょうか?そこで、会社を定年退職する時に送る挨拶メールの文例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 定年退職時に"社外"宛へ送る挨拶メールの文例 以下、例文(文例)です。 早速ではございますが、この三月をもちまして、定年退職の日を迎えることになりました。 ここに至るまで様々なことがございましたが、こうして無事大過なく勤め終えることができますのも、皆様のお力添えのおかげと心より御礼申し上げます。 本来であれば、お伺いしご挨拶をすべきところではございますが、ままならず、メールにて失礼を申し上げます。 貴社のご発展と皆様のご活躍をお祈り申し上げ退職のご挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。 定年退職時に"社内"宛へ送る挨拶メールの文例 以下、例文(文例)です。 在職中はひとかたならぬお世話になり、本当にありがとうございました。 いつも無理難題をもちかけ、ご迷惑をお掛けしてしまったにもかかわらず、毎回助けていただきましたことを心よりお礼申し上げます。 この会社で皆様に教えていただいたこと、育てていただいたことは私にとって生涯忘れられない宝物となりました。 本来であれば、直接お伺いしご挨拶すべきところですが、メールにて失礼申し上げます。 最後になりましたが、皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 本当にありがとうございました。 定年退職者から届いた挨拶メールへの返信<ポイントと文例> 定年退職者の挨拶メールの文例を上記では紹介しましたが、続いて、定年退職者から届いた退職挨拶メールへの返信メールのポイントと文例をご紹介します。 文例の利用と同時に自分なりの言葉でお礼の気持ちを表す内容で送りましょう。 定年退職者は前もって退職することを把握しておけるはずですので、前もってメール文を作成しておくのも良いでしょう。 定年退職者への返信では、労う言葉とお礼を具体的に 定年退職する人からの挨拶メールが届いた際の返信メールで気を付けたいことは、以下4点です。 1、長い間のお勤めを労う言葉を掛ける 2、一緒に仕事が出来て、よかったこと、ありがたかったことを具体的に書き、自分の言葉でお礼を述べる 3、定年退職した後も関係を維持したい相手なら、退職後も引き続きお付き合いください、とお願いする文面を入れる 4、相手の健康や定年退職後の幸福を祈る文面で締める では、実際のこの4点を踏まえた返信メールの文例を見ていきましょう。 ご丁寧な御挨拶をいただきまして、ありがとうございました。 定年で退職されるというお話は、以前より承っておりました。 最初に伺った時は大変寂しさを感じ、ご挨拶をいただいた今も、その寂しさは変わりません。 本当に長い間お疲れ様でした。 毎度毎度、急ぎのご相談ばかりで、ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、いつも助けていただきましたことを心から感謝しております。 挨拶メールに対する返信も、例文を参考にしてきちんとしたものを送りましょう。 定年退職の挨拶メールでは心を込めて!返信は文例を参考に労いとお礼の言葉を述べよう! 定年退職するときのメール挨拶とそれに対しての返信の文例について、今回紹介してきました。 定年退職の際の挨拶メールは、最後の仕事と言えるかもしれませんね。 これまで長くお世話になった方々へ向けて、心を込めて感謝の気持ちを伝えましょう。 また、定年退職の挨拶メールへの返信もまた、長年の勤務に対する労いとお礼の気持ちを具体的なエピソードを交えて伝えるのがポイントです。 定年退職するときのメール挨拶とそれに対しての返信の文例を参考にして、相手に喜ばれる挨拶メールを完成させてくださいね。

次の

ビジネスメール「挨拶」の書き方!状況別や季節の挨拶文も紹介

挨拶 メール

相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。 社内の人からの退職の挨拶メールは、知らない人からも一斉メールで届くことがあります。 このような場合は、返信した方がよいのか悩むところです。 基本的には、 社内の人から個人宛に退職の挨拶メールが届いた場合は必ず返信します。 そのほか、 個人的に親しくしている人や、お世話になった人には返信するのがよいでしょう。 取引先の人から個人宛に届いた場合も、必ず返信します。 また、今後も企業間の関係が続く場合は、返信した方がよいでしょう。 退職の挨拶メール2:出来るだけ早く返信する 社内の人の場合は、退職する日に挨拶メールを送ることも多いため、退職後に届いたメールは当然読まれない恐れがあります。 退職の挨拶メールが届いたら、すぐに返信するよう心がけましょう。 社外の人からは、多少の余裕を持って挨拶メールを送ってくる場合が多いですが、引継ぎなどで忙しくしている可能性もあります。 相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。 退職の挨拶メール3:「退職理由」「転職先」はむやみに聞かない 人によって退職理由には、聞かれたくないことや詮索されたくないことがあります。 差出人が、退職の理由や次の所属先を記載していなかった場合は、むやみに聞き出すことは控えた方が無難です。 退職理由が気になる場合でも、相手のプライベートなことには触れず今後を気遣う言葉で気持ちを伝えましょう。 このたびはご丁寧に退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 長きにわたり弊社にご尽力いただいたこと、感謝申し上げます。 くれぐれもお体に気をつけてください。 退職の挨拶メールが届いたら、返信のポイントと文例を参考に、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えてみてください。 【関連記事】•

次の