オメガモン プラモ。 デジモンリブート オメガモン レビュー

オメガモン マーシフルモードとは?強さや技、設定を考察【ネタバレあり】

オメガモン プラモ

概要 [ ] のゲーム『』でガルルグレイモンという名前で初登場。 劇場版アニメ『』(にて公開)のために新規に制作されたデジモンであり、とのパートナーデジモンであるとが合体したデジモン。 肩の盾、ブレイブシールドに刻まれた紋章は『』の作中で登場した勇気の紋章である。 胸には勇気の紋章と友情の紋章を半分ずつ合わせた紋章が付いているが、『』などの一部のオメガモン(登場人物として登場する場合は殆ど)には付いていない。 グレイソードにはデジ文字の日本語で「オール(All Delete)」と刻まれている。 登場して数年は「正義のヒーロー」という一面が強調されていたが、『』以降から「」としての活躍も多くなってきている。 人気が非常に高いデジモンであり、アニメ作品では本編・劇場版の両方を含むと『』以外の全作品で皆勤賞である。 時として人気ナンバーワンのデジモンとして扱われるが、での人気投票において1位こそ取っているものの、モード形態を含めた得票数の数ではやに敗北し、その人気は後続のデジモン達に抜かれ始めている面もある。 だが、それでも1位を譲らない点は根強い人気の証と言える。 なお、数多くのデジモンのやを手掛けたのはオメガモンとデュークモンを「 ロイヤルナイツの両翼」と位置づけている。 種族としてのオメガモン [ ] 遥か昔のデジタルクライシス時、ウィルスバスターズであるとが、善と平和を望む人々の強い意志と思いと願いによって融合し誕生したロイヤルナイツの一員である究極体の型デジモン。 『』などの一部媒体では超究極体であるとされている。 左腕にはウォーグレイモンの形をした『グレイソード』と肩の『ブレイブシールド』が、右腕にはメタルガルルモンの形をした『ガルルキャノン』とが装備され、その意匠を強く残している。 背中のは、敵の攻撃を避ける時や飛行の際に自動的に装備される。 二体のデジモンの特徴を合わせ持ち、優れたトータルバランスを誇る、如何なる状況でも遺憾なくその力を発揮できるハイレベルのオールラウンダーである。 基本データ [ ]• 通常技の『ダブルトレント』は両腕を使って地を這う氷と炎を交互に放つ。 X抗体版 [ ] 全体が機械的なデザインに変化。 未来を先読みする究極の力『オメガインフォース』を得た事によって、無敵の強さを手に入れた(しかしどんな敵にも勝てるというわけではない)。 では黒い波動を放ち、辺り一体を全て飲み込み消し去った。 関連種・亜種・その他 [ ]• オメガモンズワルト• オメガモンズワルトD(ディフィート)• オメガモンAlter-B• オメガモンAlter-S• オメガモン マーシフルモード 登場人物としてのオメガモン [ ] デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! [ ] 大量増殖したに一斉攻撃され、瀕死のウォーグレイモン・メタルガルルモンのもとに太一・ヤマトが寄り添い、同時に世界中から送られた無数の応援メールが巨大な光のデジタマの様にウォーグレイモン達を包み、腕へと変化したウォーグレイモン・メタルガルルモンの中央に世界中の人々からの願いが集まり、ボディを形成したことでオメガモンが誕生した。 圧倒的パワーで無数に分裂したディアボロモンをガルルキャノンで核ミサイルのタイマーを持った1体を残して全て一掃し、最後のその1体をグレイソードで倒した。 後述の「ディアボロモンの逆襲」に登場するオメガモンと同一の個体であるが、台詞はない。 デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲 [ ] 声優はと。 再び現れたディアボロモンを倒すべく、太一・ヤマトと共に向かう・がオメガモンの一部へとワープ進化後に合体し、誕生する。 そして・の協力のもと、ディアボロモンを倒すがそれは罠であり、倒すと同時に無数のクラモンが発動する。 現実世界へ出現したの大群が東京湾にてへと進化し、これを倒すべくオメガモンも東京湾に向かう。 しかしアーマゲモンに敗北、両腕が千切れ落ち、瞳の光が消えてしまう。 次いで、アーマゲモンと戦うに千切れ落ちた腕であるアグモンとガブモンの意思がオメガモンのボディをホーリーリングへと変化させ、太一達の希望の詰まったホーリーリングから生まれたオメガブレードを託し、千切れ落ちた腕はアグモン・ガブモンへと戻る。 ガルルキャノンの砲撃の色は紫色。 デジモンテイマーズ 冒険者たちの戦い [ ] 声優はと。 無印・02の世界のオメガモンと同一の存在だが、一人称は「私」となっている。 かつて倒されたのデータの残骸から生まれたと戦うが、別世界に逃げられてしまう。 自分は別世界に干渉できないため、その世界のテイマーであるルキ、ジェンをタカトの元へ送り、メフィスモン撃退を託す。 デジモンアドベンチャーVテイマー01 [ ] エイリアスIIIの一人藤本秀人が育てたウォーグレイモンのオーグとメタルガルルモンのメルーガのジョグレス体として登場。 最初は強大な敵として立ちはだかったが戦いを経て和解、強力な味方となる。 基本的に人格はオメガモンとして統一されているが、ジョグレス中もオーグとメルーガの人格は存在し、絆を見せていた。 デジモンクロニクル [ ] ホストコンピュータ・からの刺客として旧デジタルワールドから脱出し、NEWデジタルワールドに来たX抗体を持つデジモン達を異分子と見なし粛清していた。 と戦いその強さに圧倒されるが、忠義のために自ら異分子となることを知りつつもX抗体を取り込み、オメガモンXとなりドルゴラモンを倒す。 しかしドルゴラモンは死のX進化でと化し、さらにそこから生体データが飛ばされへと変貌してしまう。 スクルドターミナルへ出現したデクスモンと戦うが、オメガインフォースやオールデリートさえもデクスモンには通用しなかった。 その後、それでもデジモン粛清を断行しようとし、それを止めようとするアルファモンと戦う。 DIGITAL MONSTER X-evolution [ ] 声優は。 を表の主人公とするならば、裏の主人公と呼ぶべきデジモン。 ロイヤルナイツの一員としてイグドラシルの命令、PROJECT ARKを実行。 全デジモンの消去に乗り出す。 イグドラシルの命令に忠実な動きをとっていたがの行動やの言葉に心を動かされ、イグドラシルへの不信感を抱き、真意を知るためにアルファモンと共にイグドラシルのもとへ。 最後にはアルファモンからX抗体を譲り受け、オメガモンXへとX進化 ゼヴォリューション。 オールデリートの力を以てイグドラシルを抹消する。 ガルルキャノンの砲撃の色は水色で、エネルギーの放出を続けて敵を複数抹消したりもした。 デジモンセイバーズ [ ] 声優は。 ロイヤルナイツの一人として現れる。 前述の『X-evolution』を除くとテレビアニメでは初登場となる。 最後にイグドラシルに反発して、イグドラシルの攻撃から大たちを守った。 声優の高橋は『』から『』までにも敵や脇役として出演している。 デジモンクロスウォーズ [ ] 声優は。 元々は、デジタルワールドの正義の意志を守護する騎士団の一員だったが、デジタルワールドの分裂を防ぎきれず、仲間と共にデジメモリとなって散らばってしまい、唯一人間界に落ち、そこでデジモン達のメロディを聞き取れる資質のある者を探し続け、主人公・工藤タイキと出会い、彼にクロスローダーを託し、デジタルワールドへと導いた。 なお、前述の「騎士団」とはデジメモリのデジモン達のことであり、ロイヤルナイツのことを言っているのではない。 また、3期の終盤には別の世界の過去から八神太一と石田ヤマトが客演し、ウォーグレイモンとメタルガルルモンを合体させて上記の『ウォーゲーム』及び『ディアボロモンの逆襲』と同一個体のオメガモンが登場。 台詞は無かったが、と共闘しグレイソードでを瞬殺するなど圧倒的な強さを見せた。 なお、ファンの間では長らく、「オメガモンはジョグレス進化なのでは?」という意見もあったが、今作でに、「あれはただの合体」と解説された。 デジモンアドベンチャー: [ ] 八神太一のグレイモンと石田ヤマトのガルルモンがアルゴモン(究極体)の攻撃を受けた時に、グレイモンとガルルモンが合体し登場。 アルゴモンを倒すことに成功し、アルゴモンが現実世界に放ったミサイルの起動を変えた後に太一達が現実世界に戻されたために別れるが、太一がデジタルワールドに行った際アグモンに退化していた。 脚注 [ ].

次の

【レビュー】ウォーグレイモン(AMPLIFIED)

オメガモン プラモ

ガチャを初め食玩やその他カテゴリのもの。 ランナー。 3色に別れています。 外箱を開くと説明書があります。 その他付属品。 今回も付属シールは使わないパチ組みです。 組み立て後。 ガルダモン。 腕や腿のデジ文字等細かく再現されています。 可動部は腕の付け根くらいで他はほぼ固定。 翼がちょっとあっさりしているかな? 一応ボールジョイント風の接続です。 と言う事でこれにてデジモンキット第一弾はコンプリート。 どれもなかなか良い出来です。 割と可動フィギュアと並べても良いサイズだと思うので、そう言う意味でもうれしい立体物。 デジモンキットはテイマーズくらいまでちょこちょことシリーズ化されていたと思うので、また見つけたら確保したいと思います。 デジモンキットのナンバー3。 300円食玩キットのアトラーカブテリモン。 ランナーは3色です。 箱を開くと組み立て説明書。 内容物 冊子・シール・ラムネ入り。 食玩キットと言えばディテールをシールでフォローするものが多いですが、アトラーカブテリモンの場合はたった4か所のみ。 パチ組みでこうなります。 カブトムシモチーフの元デザインが相性良いのかかなり良い感じ。 シールで補う部分も少ないので素組みでも割と自然に見えますね。 角が半ばで分割されているのがちょっと目立つかな。 そう言う意図では無いのでしょうか捻るとくるくる回ります。 手足に加えて顎も可動。 ただそれ程可動範囲が広い訳ではありません。 殆ど素立ち固定。 何となくアトラーカブテリモンのこのサイズの立体物は新鮮ですね。 ただがっつり作るとなると、甲羅の裏のスペースとか埋めるのが大変そうな気もします。 そう言う意味では作りがいのあるキットかも・・・? パッケージ。 300円の食玩キットです。 ランナー。 カラフルだったメタルグレイモンに比べて2色と大分控えめ。 なんか大人の事情が見え隠れしそうな配分。 その他封入物。 冊子はメタルグレイモンの紹介時にスキャンしたものと同じです。 キットの他には懐かしのラムネ菓子が・・・!10年もののラムネ菓子ですぞ・・・!! 今回も付属シールは未仕様のパチ組み状態で紹介していきます。 パケスキャン。 裏面は全種共通です。 箱を開くと説明書。 シンプルな分割なのでパチ組みするだけなら簡単に組み上がります。 ワーガルルモン。 各部はほぼシールで色分けする形になりますが、しっかりとモールドが彫られている為塗装派の人も安心。 ただ抜きの関係か正面口元が不自然に抉れている様な気がしないでも無いです。 足裏は結構肉抜きされてますなー。 色数が少なくて寂しいですが、その分出来は良いです。 モールドが細かく掘られてます。 腕腰は付根で可動。 パチ組み状態では物足りない感じもありますが、全塗装でかなり化けそうなキットでした。 1999年発売のラムネ菓子入り食玩キット。 全4種300円。 食玩デジモンキットはシリーズ化されており結構種類があります。 これはその第一弾。 もう13年も前の食玩と言う事で貴重なので箱をスキャンしてみました。 開いて裏返すとお馴染みの説明書。 またキャンペーン・カタログ小冊子がはいっています。 食玩タグと紋章欲しいですなー。 このキャンペーンはクリア版超進化メタルグレイモンが当たるあれですね。 では中身のキットの方に・・・。 300円食玩ですが4色ランナーでかなり豪華。 色数はこの弾ではメタルグレイモンが一番多いです。 さすが主役完全体。 勿論補完としてシールが付属しますが、確実に剥がれてくるので今回は使用しません。 組み立て自体は実に簡単。 パケ裏を見ながらはめ込んで行くだけですぐ完成。 10年以上前の食玩と言う事で少し勿体無い気もしますが、容赦無く組み立てていきます・・・! 食玩版メタルグレイモン! 関節可動ですが結構ギチギチに詰まってるのでほぼ可動域無しと見て良いです。 再現度も高く格好良いです。 おしり。 これでハッチが開けば完璧でしたがギミックは特に無し。 食玩キットの歴史。 とは言えデジモンキットシリーズもかなり出来が良く、最新のものに引けを取らない格好良さです。 しかし当時こんなのお菓子売り場で見た事無かったなぁ〜。 デジモンの玩具ってかなり売れてた筈ですが、田舎なのでなかなか出会えず入手する機会が限られていたのでした・・・。 今は何でも通販で箱買い出来るから良い時代です。 500円の簡単組み立てプラモ。 組み立てるだけでカラフルに仕上がる!とのことで一部彩色済みで、勿論接着剤等も不要。 中身はこんな感じ。 殆ど形は出来あがっていて数パーツだけランナーから切り離すだけ。 ディテールアップのシールも付いていますが今回は未使用です。 02 マッハガオガモン 本当に簡単に組み上がります。 なかなか良い出来かとー。 ベルトが独立したパーツで体に巻きつける様になっているのがちょっと面白い感じ。 腕はボールジョイントで接続されており若干の可動が可。 腰も回りますが足はほぼ一体成型なので動きません・・・ちょっと残念。 01 ライズグレイモン こちらは当時組み立てたものなので箱は無し。 結構適当に扱っていたけど破損等も無く・・・翼の接続とかかなり細いので無事だったのが奇跡。 せなか。 こちらも上半身のみ可動。 またリボルバー部分は別パーツなので回転します。 並べて。 簡単キットとしてはなかなか良い感じなのでは無いでしょうか。 食玩の延長って感じですね。 無限大な夢の後の遣る瀬無い世の中に一筋の光が!!! 完全にスルー予定で予約もしていなかったのですが、まさかの店頭買いをしてしまいました・・・・。 デジモンアドベンチャーのロゴはずるいぜー。 このデジモンリブートは旧作のデジモンをロボットっぽくアレンジして行くと言うプラモシリーズ。 まさか10年経ってオメガモンのプラモが発売されるとはね・・・。 早速組んでみた。 膝立ちも出来ちゃう。 僕プラモの趣味は偏っていて、HMMゾイドorバルキリーって感じなので、箱を開けた瞬間まずパーツ少な!とか思ってしまいました。 正直組み立てるの面倒だなーと思っていたけど、これはサクサク組めてお手軽な感じです。 これなら全部買っても良いかなーと思いました。 基本パチ組みで、スミイレだけしています。 やっぱりボディが真っ白なんで、スミイレだけはしないと情報量少なく見えてしまうかも。 差し替えでグレイソード! ここはまさかの全シールで残念であるよ。 銀メッキに、中央の黒&デジ文字だけシールと言うのが望ましかった。 正直な所、結構お高い割に詰めが甘い感じも多々あります。 勿論ガルルキャノンも再現! こちらは収納状態の小ガルルキャノンと展開状態の大ガルルキャノン両方付いてるので好みで選ぶ感じ。 組み終わった後も簡単に差し替え出来るのが良い。 これは全塗装したら超絶格好良くなりそうだなぁ・・・。 オメガモンと言ったらやはり劇場版ぼくらのウォーゲームな訳ですが、 個人的にはVテイマー01 6巻の、「ネオ、おまえの野望はオレが砕く!!! 」のコマが忘れられない格好良さ。 未だに時々脳内再生されます。 リブートアレンジで一番大きい変更点がマント。 完全にウィングになっとります。 でも説明書にはマントって書いてあるんだなーこれが。 個人的にお顔が格好悪くなったなぁーと発売前は思っていたのですが、組んでみると意外と気になりませんでした。 やっぱり作ってるうちに愛着が沸いてきて、これもアリかな。 むしろアリだろ、みたくなってしまうのだ。 あとオマケでクロスアリーナで使えるARコードが付属します。 パッケージに印刷されてるだけとか言うのが多い中、これはプレートにシールを貼る仕様でなかなか良いサービス。 構成的にはそうでも無いのですが、腕とマントのお陰で大ボリュームに見える。 と言う訳でリブートオメガモンでした。 期待値低かったせいかもしれませんが、大満足であります。 D-ARTSで可動フィギュアも出るし、次は超合金オメガモンを期待したいなー。 お菓子はいつものガムであります。 パケ 横。 キャンペーンのポイントが 裏 なんか箱小さい?って思って開けたらびっくり。 殆ど完成品。 ドルルモンさんに至ってはニッパーすら使わせない隙の無さ。 しかも一部塗装済み。 300円で半完成・塗装済みって・・・設計に関しても、トイ版をそのまま縮小した感じでもう完全に廉価版トイって感じ。 ギミックの違いと言えば、食玩ではシャウトモンにマイクを持たせられない位。 まぁ分離状態では同じくらいかな。 大きさは下のプラ箱で比べてもらえば判るかと思います。 ただ箱裏に説明が無いので何となく合体です。 ドルルキャノンはハンドルが省略されてます。 これは良いね。 あとミニプラに準じていてシールで隠れる所にもモールドがあるので塗装の時はこれをガイドにしたら良い感じ。 両方同一パーツなので、シャウトモンを買い足してスターソードをどんどん延長する事も可能。 結構動きます。 けどすげー動くぜ!って感じでは無いかなー。 皆食玩版で十分じゃんって言うけれども、まぁ値段相応の出来だと個人的には思います。 両方買ったらええよ! ソフビ・食玩・トイ版 股関節が開く分食玩のシルエットが一番見栄えが良いのは確か。 でもやっぱり全体の作りは大味だし、おにくぬきぬきされてる。 食玩のスターソードをクロスフィギュアに持たせる事も出来ます。 次はブルーフレア。 パケ 横 メイルバードラモンさんは完成品・・・・!ニッパーを持つ手が虚しく下がる。 もうシール貼るだけである。 グレイモンは縞模様が足りない感じ。 メイルバードラモンさんは明らかにデザインの勝利。 もともとあんまり色無い上に赤い部分は塗装なので豪華に見える。 この2体は結構なボリューム感です。 新潮文庫読んだら貰えるヨンダパンダマグカップと同じくらいの大きさである。 2体が合体してメタルグレイモンに! 残念ながらメタルグレイモンはそんなに動く所が無いんだよなー。 もう親子ほど違います。 戦わせてみたり。 全部集めても1500円・・・クロスフィギュア1個分くらいでお得な感じ。 半完成品で低価格と言う事で、やはり低年齢層を意識しての展開なのかなーと思いました。 今後もどんどん続けてほしいですなー。

次の

オメガモン

オメガモン プラモ

テレビアニメ『デジモンアドベンチャー:』(毎週日曜 9:00)の第2話「ウォー・ゲーム」が12日、フジテレビ系で放送された。 サブタイトルの「ウォー・ゲーム」は、アニメ映画『サマーウォーズ』(2009年)などで知られる細田守監督作品の映画『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(00年)のタイトルにも使われているもので、ファンの間で特別な意味を持つ。 そのため第2話放送前から「胸アツ!」「今、令和だよな?」「公式、わかってる!」などと注目されていた。 その第2話は、制御不能な米軍のシステムによるミサイル直撃の危機が東京に迫っており、主人公・八神太一とパートナーデジモン・グレイモン、そして仲間の石田ヤマトとガルルモンはそれを止めるべく、システムに影響を与えている敵・デジモンと戦うストーリーが展開。 しかし、太一たちの奮闘むなしくミサイルが発射されてしまい、さらに敵デジモンも進化して絶体絶命のピンチになってしまった瞬間、同映画で初登場した「オメガモン」が登場した。 同映画も、凶悪なデジモンがアメリカ国防省のコンピュータに侵入して、日本に向けて核ミサイルを発射する内容で、今回の第2話と似ていることもあり、ファンは「内容めっちゃ、僕らのウォーゲームを思い出させる」「タイトルからしてウォーゲームだったから、ミサイルくらいは発射されるだろうと予想はしてた」と回顧。 人気デジモン・オメガモンはウォーグレイモンとメタルガルルモンが合体した究極体なため、今回、第2話で早々に登場したことから「まさか2話からオメガモン出てくるとは思わなかったが(笑)」「2話でオメガモンの登場はさすがに予想してなかったよ」「僕らのウォーゲームを思い出させる内容だったけど…オメガモンまで出てくるなんて思わないじゃん!」「第2話でもう、クライマックスかよ」「オメガモン早くない? まだ2話だよ…困惑…」「タイトルとオメガモンとか…やりすぎ」などと驚き。 放送終了後、更新されたデジモン公式ツイッターでは「2話目にして挑戦的なサブタイトル。 それに見合うクライシスとハラハラする展開を用意したつもりです。 グレイモンとガルルモンの共闘カッコよかったです」と説明し、「さて次回、さらなる胸熱展開、そして新キャラ登場!また見てね」と呼びかけた。 『デジモンアドベンチャー』は、1997年6月に発売し累計800万個以上販売した携帯ゲーム「デジタルモンスター」を発祥としたアニメ。 当時としては珍しい、インターネットやデジタル世界を舞台にした設定が話題となった。 99年3月からフジテレビにてシリーズ1作目となる同作が放送開始すると、その後、タイトルを変えながら放送。 今回の新作アニメは、ネットワークが人間の生活に欠かせないものになった西暦2020年を舞台に、首都圏を中心に大規模なネットワーク障害が発生。

次の