大原櫻子 濡れ場。 ミュージカル 女優 大原櫻子 映画「あの日のオルガン」無料フル動画は?DVD発売日は?

大原櫻子、大胆なベッドシーン&キスシーン披露

大原櫻子 濡れ場

2014年現在、20歳と言う若手です。 2009年に「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH! マン」を受けて31514名の中から見事受賞をしました! これが吉沢亮さんのデビューになります。 その後、2011年に仮面ライダーフォーゼで『仮面ライダー メテオ』の役を演じ一気に知名度を上げます。 話題の福士蒼汰さんも仮面ライダーフォーゼから有名になりましたよね。 さらに同年に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で人気爆発! 2014年には『水球ヤンキース』、『地獄先生ぬ~べ~』に出演とどんどん出番が増えています。 そのイケメンっぷりにやられたファンも急増しているようですね。 これからの活躍に期待が集まる俳優さんです! 大原櫻子 大原櫻子さんは藤賀事務所所属の女優、歌手です。 2014年現在18歳と言うこれまた若手ですね! 実は大原さんがスカウトされたのは中学2年生の時 2010年くらい とかなりはやいです。 しかししばらくは下積みをしていたようですね。 本格的なデビューは映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でした。 この映画のヒロイン役として抜擢されましたが、その理由として「歌唱力」があります。 ヒロインは劇中でバンドのヴォーカルをしているので歌唱力が必要だったんですね。 大原櫻子さんは子どものころからクラシック音楽を習っていて、 さらに高校1年の時にボイストレーニングをしていました。 そこにカノジョは嘘を愛しすぎてるのオーディションの話が・・・。 おまけと言うと失礼かもしれませんが本職としてしているわけではありません。 (マッシュ・アンド・コー) カノジョは嘘を愛しすぎてるは2013年12月に放映されました。 この映画で有名になった大原櫻子さんはまさに売出し中!と言う感じです。 はやくも人気が出ていて、 ドラマ「死神くん」や「水球ヤンキース」、 話題の人がよく出演する「世にも奇妙な物語」に出演しています。 これからどんどんテレビに映ることが多くなると思われる女優さんの一人ですね! (ファンクラブも作られたそうですよ^^) Sponsored Link 吉沢亮と大原櫻子の共演は? 調べてみたところ、お二人が共演しているのは• カノジョは嘘を愛しすぎてる• 水球ヤンキース この二つだけでした。 二つだけと言ってもまだ出演数の多くない大原櫻子さんにとっては二つと言うのはかなりの割合になります。 むしろフォーゼで共演して、 超人気俳優になっている福士蒼汰さんの方が気になっている可能性の方が高そうです。

次の

大原櫻子の父親は超有名なナレーターだった!?モンペすぎてやばい?

大原櫻子 濡れ場

大原櫻子の父は超有名なナレーターだった!? 女優や歌手として活躍する大原櫻子さん。 歌手、女優の両方で多くのファンを獲得していますが、その父が超有名なナレーターである事は意外に知られていないようです。 今回は大原櫻子さんの父・林田尚親さんについて詳しくまとめます。 まずは大原櫻子さんのプロフィールから見ていきましょう。 大原櫻子のプロフィール• 生年月日:1996年1月10日• 出身地:東京都• 身長:158cm• 血液型:A型 大原櫻子さんは、2013年公開の映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」のヒロイン役に5000人のオーディション応募者の中から抜擢され、スクリーンとCD同時という鮮烈デビューを飾りました。 デビュー以来、歌手と女優両方の道で活躍を続け高い人気を誇っています。 女優としては、ドラマや映画に出演する他、その抜群の歌唱力と表現力でミュージカルの舞台でも人気を集めています。 2019年7月から放送されている連続ドラマ「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」でテレビドラマ初主演も果たし、主題歌も自ら歌うなど、今後の活躍に期待が高まっています。 大原櫻子の父親は、有名番組のナレーター林田尚親! 大原櫻子さんの父親は超有名ナレータの林田尚親さんです。 「行列のできる法律相談所」「ザ!世界仰天ニュース」「嵐にしやがれ」など、数々の超人気バラエティ番組でナレーションを担当されています。 俳優や声優としても活躍した経験を持ち、現在は舞台の構成や演出なども手がけられています。 苗字が違うのは芸名だから?大原櫻子の本名は? 大原櫻子さんは父親と苗字が違いますが両親が離婚しているなどの理由ではなく「大原櫻子」というのは実は芸名で、本名は「林田さくらこ」さんと言うそうです。 林田尚親のプロフィールを紹介 林田尚親さんは、ナレーションの他にも俳優や声優、舞台など様々な分野で幅広く活躍されています。 上の動画は林田尚親さんがパフォーマーパーツさんとコラボした舞台「蜘蛛の糸」で、こうした一流アーティストによる舞台表現とのコラボレーションにも積極的に挑戦されています。 俳優としては、市川崑監督の1988年公開映画「会社物語」や劇団に所属して舞台俳優としても活躍されていました。 声優としてはアニメ名探偵コナンの桜庭祐司役などで知られています。 テレビ番組で親子共演が実現! 大原櫻子さんの父・林田尚親さんは人気バラエティ番組「行列のできる法律相談所」のナレーターを務めている事は紹介しました。 実は2013年12月1日放送の「行列のできる法律相談所」に大原櫻子さんがゲスト出演しており、親子共演として話題になりました。 大原櫻子に早くも劣化の噂が!父親のせい? 2019年8月現在大原櫻子さんは23歳を迎えていますが、一部からは「早くも劣化した?」という声が出ているようです。 10代でデビューし、透明感のある少女っぽい雰囲気で人気となった大原櫻子さんでしたが、現在はかつてのキュートな雰囲気がなくなり、メイクや服装でも大人の女性なイメージをかなり前面に出しています。 大原櫻子さんに詳しい音楽ライターによれば、これは父の林田尚親さんが大原櫻子さんの方向性に口を出しているためで、今後は大人な雰囲気の本格女優路線に方向転換しようとしているのでは?という事でした。 大原櫻子の家族構成は?兄弟はいるの? 大原櫻子さんの父林田尚親さん以外の家族構成についても調べていきます。 大原櫻子さんの母は一般の方だそうですが、ネット上にある情報としてはかなり歌が上手いというものが見つかりました。 大原櫻子さんの兄弟についてですが、どうやら3歳年上のお姉さんがいるようです。 大原櫻子さんは双子との噂もあったようですが、こちらはガセネタだったようです。 関連する記事はこちら 大原櫻子と父・林田尚親の関係は?モンペすぎてヤバイ!? ここからは、大原櫻子さんと父・林田尚親さんの親子関係について詳しく見てみましょう。 一部では林田尚親さんがモンペすぎるとの噂も出ているようなのでそちらについてもみていきます。 大原櫻子の夢は女優?父親の影響? 大原櫻子さんは小学生の頃から女優になる夢を持っていたそうです。 父の林田尚親さんが俳優の経歴を持つ事も影響しているのかもしれませんが、本人のコメントによればハリウッド女優のダコタ・ファニングへの憧れやミュージカル「アニー」の影響を受けているとの事です。 小学2年生の頃に映画版の「アニー」を観て主人公の少女の表現力に感動し、自分もミュージカルの世界を目指したいと強く思うきっかけとなったという事でした。 大原櫻子の映画デビューは父親のコネだった? ここまでも紹介したように、大原櫻子さんの父・林田尚親さんはナレーターとしてはかなりの大御所であり、俳優としても長いキャリアを持つなど、かなり芸能界に深いパイプを持つ人物です。 そうした背景もあってか、大原櫻子さんの映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」での女優と歌手の同時デビューは父のコネの力だったのでは?との噂も出ているようです。 ただ、大原櫻子さんの歌唱力についてはデビュー時から定評があり、女優としても新人賞を獲得するなど好評価を受けている事から、親の七光りだけで芸能界入りしたというわけではないでしょう。 林田尚親はステージパパ?モンペ過ぎてヤバイ? なにやら大原櫻子さんの父・林田尚親さんはモンスターペアレント、いわゆる「モンペ」ではないか?との噂があるようです。 噂によれば、林田尚親さんは娘・大原櫻子さんのステージパパのような立場を取り、色々と細かく口出ししているとの事で、業界関係者の間では「使いづらい」というネガティブな意見も出ているようです。 次の項からは、噂として流れている林田尚親さんのモンペぶりを示すエピソードをいくつか紹介します。 父親のせいで日本武道館のコンサートは中止に!? 映画も白紙? 2019年1月10日、大原櫻子さんの誕生日に日本武道館を会場にした記念コンサートが予定されていたのですが中止になりました。 これは林田尚親さんが法外なギャラを要求したためでは?との噂があるのです。 さらに、大原櫻子さんの出世作とも言える映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の続編の話も林田尚親さんが「娘にもう胸キュン路線はいらない」と断って白紙になったとの噂が出ているのです。 こうした林田尚親さんの「モンペ」エピソードはあくまでも噂であり、大原櫻子さんの個人事務所は「事実ではない」と否定しています。 ただ、芸能関係者の口からこうした具体的な噂が囁かれているのでした。 大原櫻子の事務所退所は父親が原因? 大原櫻子さんは2018年末、それまでに所属していた事務所との契約満了を機に個人事務所を設立しています。 突然の独立には驚きの声が上がりましたが、これに父の林田尚親さんが絡んでいるとの噂があります。 噂によれば、林田尚親さんは娘大原櫻子さんの前所属事務所との契約更新の際に口出ししてギャラの取り分を増やすように要求、それで話がまとまらなくなり、大原櫻子さんは独立する事になったというのです。 大原櫻子が父・林田尚親から受けた教えは? 「モンペ」という悪い噂が流れる一方で、父・林田尚親さんの素晴らしい人間性が伺えるエピソードも存在します。 大原櫻子さんが父林田尚親さんに弱音を吐いてしまった時、林田尚親さんは大原櫻子さんに「地球のどこかでは戦争している国もある、明日歌えるだけで幸せだと思いなさい」と声をかけたのだそうです。 大原櫻子さんはこの言葉に勇気を得て前に進む事が出来たのだそうです。 こうした言葉を娘にかけられる人が子供の仕事に口を出して法外なギャラを請求する事はないのではないか?との印象を受けます。 今後は父親と同じ道へ?女優へ転身? 大原櫻子さんは父・林田尚親さんの影響を強く受けているとされ、今後は父と同じように女優の道へ本格的に進むのでは?との見方もあるようです。 元々、ミュージカルの世界に憧れて芸能界入りしたという大原櫻子さんなので、今後はアーティスト活動ではなくミュージカル女優の道を本格的に進むのではないか?とも言われています。 このドラマの売りは何と言っても大原櫻子さんの「ぬれ場」です。 しかし、ぬれ場はぬれ場でもセクシーシーンという意味での「濡れ場」ではありません。 本作はヒロイン水野羽衣は水に濡れる事で過去にタイムリープできるという設定です。 そのため、本作では毎回大原櫻子さんがずぶ濡れになります。 一般的な濡れ場ではないとはいえ、ずぶ濡れになる大原櫻子さんがセクシーである事には変わりなく、ファンにとってはお宝映像満載のドラマなのです。 大原櫻子の父は大物ナレーター・林田尚親だった! 今回は歌手で女優の大原櫻子さんの父についてまとめました。 大原櫻子さんは超大物ナレーターの林田尚親さんで、過去にはバラエティ番組で親子共演なども果たしていました。 林田尚親さんは「モンペ」で大原櫻子さんの仕事に口出し、結果大原櫻子さんの仕事がいくつか白紙になっているという悪い噂もあるようですが、実際には娘思いの良い父親だという事です。 現在の大原櫻子さんは歌手活動よりも女優業に力を入れているようで、これは俳優の経歴も持つ父・林田尚親さんの影響もあるのでは?とも言われています。 今後の親子共演にも期待したいですね! 関連する記事はこちら あなたにオススメ.

次の

大原櫻子、大胆なベッドシーン&キスシーン披露

大原櫻子 濡れ場

1944年、東京の戸越保育所では主任保母・板倉楓(戸田恵梨香)たちが疎開先を模索していた。 ようやく埼玉の荒れ寺が見つかって疎開生活が始まるが、毎日のように様々な問題が降りかかる。 みっちゃん先生(大原櫻子)ら若い保母たちが子どもたちと向き合い、奮闘する日々を送っていた45年3月10日、東京で大きな空襲があったという知らせが届く。 脚本のせりふの裏側にある感情まで想像して 「女優になりたい」。 高校生の頃、大原さんが父親にそう言うと、すぐに「本を読みなさい」と返された。 「脚本に書かれているせりふを深く理解して、その裏側にある感情まで想像するには、普段から本を読んでいないと難しい。 だから、女優は本が読めないとダメだって言われました」。 その言葉はデビュー5周年を迎えた今も心の奥にある。 映画の原作『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(久保つぎこ著)は撮影前に読んだ。 1982年に刊行されたノンフィクションを今回の映画化に合わせて改題、加筆修整した作品で、「学校では習わなかった戦争」が克明に描かれていた。 「疎開保育園があったことすら知りませんでした。 保母さんの言葉一つひとつに、今の恵まれた環境にいる私たちにはない強さを感じ、『そんな女性たちがいたことを伝えないと』っていう責任感が湧いてきました。 こうした先輩たちがいたからこそ、私たちが生きているんですよね」 大原さんが演じたみっちゃん先生は、子どもたちと遊ぶことが大好きな新米保母。 時々、主任保母の楓先生(戸田恵梨香)に怒られながらも、親元を離れて疎開生活を送る園児たちを得意のオルガンで勇気づける。 「天真らんまんなみっちゃん先生を演じるのは難しかったですね。 能天気に見えてもいけないし。 でも、こんな戦争のさなかに他人の子どもを預かるって、ただ子どもが好きなだけじゃ出来ないと思うんです。 「全然じっとしてくれないんです。 でも、『ちゃんとしなさい!』って怒ったところで、子どもたちにとって怖い先生になっちゃって、みっちゃん先生を演じるのに支障をきたすなって。 だから、ゲームをすることにして、私が撮影の立ち位置を指しながら『あそこまで5秒で行けた人、良い子ですよ~! 3、2、1……』って言うと、ちゃんと位置についてくれるんです。 子どもたちは『良い子』とか『1番』っていう言葉が好きみたい。 あと少しで終わるっていう時に『トイレ~』って言い出す子がいたり、カットがかかった瞬間に抱っこをせがまれたり。 大変な現場だったけど、子どもたちの笑顔を見ると何でも許せちゃうんですよね」 女優だけでなく歌手としても活躍し、紅白歌合戦にも出場を果たした大原さん。 ピアノは5歳から続けていて、今作では約90年前に製造された木製足踏みオルガンを完璧に弾きこなしている。 しかし、本人は相当のプレッシャーを感じていたという。 「家ではキーボードで練習していたんですが、いざ現場に入って、足踏みしながらだと全然違って、うまく弾けなくなっちゃうんです。 タイトルが『あの日のオルガン』なのに、弾けなかったらどうしようって。 でも、たくさん練習したお陰で、間違えることはなかったんじゃないかな」。 演奏したのは、「お猿のかごや」「ふるさと」「雀の学校」など、平松恵美子監督がこだわりをもって選定した童謡の数々。 大原さんはカメラが回っていない時もオルガンを弾き、子どもたちの歌声が撮影現場に響き渡っていた。 女優に、歌手に、忙しく過ごす毎日でも、父親の教えを守って読書は続けている。 4歳年上の姉が出版社で働いているので、本の話で盛り上がることも多い。 「小さいころ、毎晩のように父が読み聞かせをしてくれたので、自然と本が好きになっていました。 お気に入りの1冊をあげるとしたら、悩みますね。 姉から教えてもらった児童書なんですけど、『イグアナくんのおじゃまな毎日』(作・佐藤多佳子、絵・はらだたけひで)は学生時代からのお気に入りです。 イグアナをプレゼントされた女の子と家族の話なんですけど、だんだん大きくなっていくイグアナに振り回される様子が面白くって。 いろんな本を読んで想像力を膨らませることは、演技の仕事にもつながっていると感じています。 父の言っていた通りですね」.

次の