時候 の 挨拶 3 月 上旬。 【時候の挨拶】3月 ビジネス文例と結び!上旬・中旬・下旬の例文

3月の上旬、中旬、下旬の時候の挨拶 ビジネスや学校、PTA、お礼状、招待状での使い方は?

時候 の 挨拶 3 月 上旬

手紙を書く上で大切な3月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 3月の上旬は、まだ春というより冬と呼びたい気候ですが、下旬ともなれば桜も開花し春本番を迎えます。 そのため 3月でも 上旬と中旬では 時候の挨拶は全く異なってきます。 さらに、手紙では体で感じる季節の以外にも二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を使うことが多くみられます。 3月上旬の季節感 3月の上旬は、まだ寒さが残る早春。 ひな祭りもありますので、春の陽気を楽しみに待つという挨拶が中心です。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 3月は、日に日に 春の陽気が増す月。 梅や桃・桜の開花といった自然にちなんだ挨拶がよく使われます。 時候のあいさつの後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使わないようにします。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 3月は、ひな祭り、卒業、そして北上する桜前線など。 黄砂や花粉の飛散も、3月ならではの時候の挨拶として使えますね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの3月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、3月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 3月上旬の時候の挨拶 3月の上旬は、コートが手放さない寒さが残る中にも、 春本番を心待ちにする時期。 時候の挨拶でも、 本格的な春の陽気を楽しみに待つ気持ちをを伝えていきましょう。 行事としても桃の節句・ひな祭りがありますし、昔の季節の区分である二十四節気では、 3月6日前後に「啓蟄」を迎えます。 「啓蟄」とは、地中で冬を過ごした虫や動物が地上に再び姿を現すこと。 春の訪れを象徴する節気です。 3月上旬の季節を表わすキーワードとしては、啓蟄、早春、浅春、雪解け、ひな祭りなどですが、手紙のTPO別では次のようになります。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 啓蟄の候、折、みぎり• 浅春の候、折、みぎり• 早春の候、折、みぎり• 春和の候、折、みぎり• 弥生の候、折、みぎり• 春寒しだいにゆるむ折から• 春まだ浅く• 水ぬるみ季節• 寒さもようやく薄れ• 雪解けの季節• 朝夕肌寒いですが• 桃の節句も過ぎ• 初節句、 桃のつぼみなど では、3月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 3月上旬の時候の挨拶の例文• 春寒しだいにゆるむ折から、ご一同様には、ますますご壮健のことと存じます。 春まだ浅く、風邪に冷たさが感じられる今日この頃、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 日増しに春めいてまいりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 春一番が吹き、急に暖かくなってきましまいりました。 ほのかに漂う沈丁花の香りに早くも春の到来を感じております。 桃の節句も過ぎ、ようやくすごしやすい季節となりました。 梅も散り、桃のつぼみがふくらんで参りましたが、皆さまお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 弥生の空が美しく晴れ渡り、空気も暖かくなってまいりました。 淡雪も春の訪れを告げているようです。 寒さもようやく薄れ、少しずつ暖かさを感じる季節となりました。 早春の息吹身に染む今日この頃、皆々様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 寒緋桜が目に鮮やかなこの頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 3月中旬の時候の挨拶 3月の中旬は、一気に春めいてきます。 街に出れば、卒業式に向かう袴姿の女性を見かける時期でもありますね。 春を告げる東大寺のお水取りがあるのも3月中旬です。 こうした行事は、時期が決まっていますが、花などの自然に関しては季節の進み方は毎年違うものです。 使える時期が定まっている決まり文句以外は、実際の季節と相談しながら時候の挨拶を選びましょう。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 軽暖の候、折、みぎり• 萌芽の候、折、みぎり• 陽春の候、折、みぎり• 麗日の候、折、みぎり• 春霞ただよう季節• 春風の吹く季節• 春の光もうららかな季節• 春を告げるお水取り• 春一番が吹き• 待ちに待った春• 袴姿の女性、 花粉の飛散など では、3月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 3月中旬の時候の挨拶の例文• お水取りも済み、いよいよ春を感じる季節です。 花粉の飛散の季節がやってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 愚息もとうとう卒業を迎えます。 在学中はひとかたならぬご厚情をたまわりありがとうございました。 街を行き交う桍姿の女性を見るにつけ、春の訪れを感じる今日この頃です。 お嬢様もこの春高校をご卒業を迎えられおめでとうございます。 すっかり娘さんらしくなられたことでしょう。 春一番が吹き、さすがに暖かくなってきました。 春を告げる東大寺のお水取りも済みましたが、時折冬に逆戻りしたような寒い日がございます。 少しずつコートも不要な季節となってきましたが、お変わりございませんか。 待ちに待った春がやってきました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 昨晩からの強風で、洗ったばかりの車が黄砂にまみれです。 こればかりは嬉しくない春の風物詩ですね• 街もすっかり春色の装いとなり、心浮き立つ思いです。 桜花の便りが聞こえてくる時節となりました。 皆様には、その後お変わりなくご過ごしのことと存じます。 桜のつぼみも膨らんで春の訪れを告げていますが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 桜前線北上中の今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 暑さ寒さも彼岸までと申しますように過ごしやすい季節となりました。 初蝶の姿に、本格的な春の到来を嬉しく感じております。 桜のつぼみもふっくらと、春色の深まりを感じる頃となってまいりました。 柔らかな春雨に草木がいっせいに背伸びを楽しんでいるようです。 心浮き立つ季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

次の

3月の時候の挨拶|例文あり

時候 の 挨拶 3 月 上旬

日本語の美しさを再認識する3月の時候の挨拶文例集 お礼状や案内状、ビジネス文書などを書く際に、知らないと困る時候の挨拶。 日本の季節の移ろいや、日本人の感性、そして日本語の美しさを再確認する大切な文化です。 なかなか普段はそうした手紙を出す機会がない方は馴染みのない方も多いかもしれませんね。 ですが社会人のたしなみとして知っていると差がつくポイントなので、是非この機会に学んでみましょう。 3月の時候の挨拶に使える季語 3月はいよいよ冬も終わり、本格的に春の訪れを感じる時期ですね。 ですから、暖かくなってきたことを喜ぶ季語や、冬の寒さを乗り越えて芽を出す新緑や、にぎわいだす花や虫たちについての言葉も多いのが特徴です。 そして私たちの生活において3月は別れの季節でもあります。 卒業や異動、引っ越しなどに伴う手紙を出す際には、 お世話になったことへの感謝、離れてしまう寂しさ、これまでと変わらぬ活躍を願う言葉を伝えるのが一般的です。 3月の時候の挨拶の際に特に気を付ける点としては、二十四節気の「啓蟄」けいちつ(3月5日~6日)は冬ごもりの虫たちが這い出るの意、「春分」(3月20日~21日)がご存知の方も多いと思いますが、昼と夜の長さがほぼ同一になる日のことで、共に春を示す季語となります。 また、お彼岸は春分を中日とした前後合わせて7日間のことを指します。 一般的に3月において使える季語は以下になります。 「啓蟄」「向春」「解氷」「孟春」「春寒」「浅春」 「初春」「早春」「春暖」「春陽」「春分」「仲春」• 寒さも緩み• 春寒しだいに緩み• 春暖快適の候• 春の彼岸の頃• 春色とみに濃く• 春寒料峭のみぎり• 日増しに暖かさを増し• 小川の水もぬるみ• つぼみも膨らむころ• 桃の蕾もふくらみ• 日増しに暖かくなり• 急に春めいて• 木々の緑日ごとに色めく季節• 若草萌ゆる候• 一雨ごとの暖かさ• 日毎にのどかになり• 菜の花は今が盛り 少し肌寒い3月上旬の時候の挨拶 3月上旬のイベントとして、雛祭り(3月3日)や二十四節気の啓蟄があります。 上旬では、 まだ肌寒い日もありながら、暖かさを感じる日も増えてくるので、そうしたことを盛り込むと良いですね。 啓蟄の候• 向春の候• 孟春のみぎり• 解氷のみぎり• 春寒の折• 寒かったり暖かかったりの毎日ですが• 寒さもさすがにゆるみ• 今年も雛祭り• 春まだ浅く、風に冷たさが感じられる今日この頃• ひと雨ごとに春の色が濃さを増すこのごろ• 冬の名残のまだ去りやらぬ時候• 春眠あかつきを覚えずの快い季節• 桃の節句も過ぎて• 仲春のみぎり• 日差しのうららかさに• 芳しい沈丁花の香りに• 春一番が吹き• 日ごとに暖かくなり• 風はまだ寒く• お嬢様の桃の節句はご家族でお祝いなさったことと存じます• 桜の開花も待ち遠しいこの頃ですが• 店先の菜の花に春を感じるこの頃です• 桃の蕾もふくらみ始め 卒業を迎える3月中旬の時候の挨拶 一般的に3月10日~20日ほどを3月中旬といいます。 3月中旬のイベントとしては、ホワイトデーやお彼岸などがあります。 また、卒業式を迎える学校も多くなります。 中旬を表す季語として相応しいのは早春、浅春、初春など。 軽暖の候• 早春の候• 春暖の候• 春色なごやかな季節• 卒業式シーズンを迎えられ、何かと忙しい日々と存じます• 余寒も和らぎ、外出が嬉しい季節となりました• パステルカラーに目が留まる、心弾む季節です• 暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、まだ肌寒い季節です• めっきり春めいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか• 野山の雪も解けて、ようやくこちらでも春の到来です• 春一番が吹き、ようやく春も本番です 春らしさを感じさせる3月下旬の時候の挨拶 3月20日くらいから月末までを一般的に3月下旬といいます。 ですが厳密に決まっているわけではないので、あくまでも目安として考えましょう。 3月下旬を表す季語としては、春分、春暖、春陽、仲春など。 春分は3月20日~21日頃を表し、次の二十四節気である「清明」の前日、4月4日ごろまでという意味もあります。 そのためこれらの季語は4月上旬でも使うことができます。 下旬に限らず3月の年度末には異動や引っ越しなどがありますね。 ビジネスにおいては人事異動やそれに伴う転勤、昇格などがあります。 親しい相手への手紙であれば、オリジナルの文言を添えるのも良いですが、ビジネスにおいては定型文を意識するほうが無難です。 昇進祝いなどの手紙であれば、あまり私情を挟まずにシンプルにお祝いの気持ちを伝える方が良いでしょう。 転任通知などは、新しい赴任先への着任後すみやかに出します。 薫風の候• 一雨ごとに春の陽気を増してまいります。 桜前線も次第に北上してまいりました• 梅も散り、桜の蕾もふくらんできました• 春めいたうららかな日が続いております• 心地よい春風が吹く陽気となりました• コートのいらない暖かな日が続いています• 草木が一斉に芽吹き、ようやく本格的な春到来です• 爽やかな風が頬をなでる、気持ちの良い気候になりました• 以下に示した書き方などの挨拶が一般的ですね。 早春の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 春分の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 啓蟄の候、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 薫風の候、皆様風邪を召されずにお過ごしでしょうか。 3月の時候の挨拶の結びの文例 結びの挨拶については、送る相手や手紙の内容によって変わってきます。 結びの挨拶の例文を見ていきましょう。 お礼状や案内状・ビジネス文書の結びの挨拶例• まだ肌寒い日もありますので、くれぐれもお身体ご自愛ください。 これからもご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いします。 今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 ご多忙中のところ大変恐縮ですが、ご返事賜りたくお待ちしております。 まずは略儀ながら書中をもってお祝い申し上げます。 まずは謹んでお悔やみ申し上げます。 新年度迎えましても、変わらぬお付き合いの程よろしく申し上げます。 幸多き春の門出となりますよう、心よりお祈り申し上げます。 親族・親しい友人などの手紙の結びの挨拶例• 寒暖定まらぬ時期ですので、どうぞお身体を大切に。 花冷えの候、体調を崩されることのないようくれぐれもご自愛下さい• 実り多い新生活となるよう心よりお祈りいたします。 何かと忙しい季節の変わり目ですが、風邪など引かれませんように• 新しい環境で心機一転、皆様のご多幸をお祈りしております。 取り急ぎ書中をもってお見舞まで。 末筆ながら皆様に、くれぐれもよろしくお伝えください。 桜の便りが待ち遠しいこの頃、皆様のますますのご活躍を願っています。 暖かくなりましたら、是非また皆でお会いしましょう。 3月は別れと出会いが入り混じる区切りの月だからこその挨拶を心がけよう 3月は冬の寒さから一気に暖かな春へと向かう季節です。 ですから上旬と下旬では使う言葉の雰囲気もがらりと変わります。 上旬ではまだ残雪残るところも、日がたつにつれて野山の雪が消え、暖かな日が多くなってきます。 こたつや暖房器具などをつける日も少なくなり、コートを脱いで装いも軽やかになるとともに、気持ちも弾んでくる季節です。 また、新緑が芽吹き、桃の花や菜の花もつぼみが膨らみ、開花をしていく中で、爽やかな気持ちになりますね。 3月は卒業や引っ越し、異動などで別れのシーズンでもありますが、そうした色とりどりの花や緑に包まれて、 また新たに頑張ろうという気持ちが湧く、言わば一年の区切りであって始まりでもある月と言えるのではないでしょうか。 時候の挨拶というと、苦手に思う方も少なくありませんが、そうした季節の移ろいを肌で感じることで、より場面に適した文章を組み立てることができるようになりますよ。

次の

3月に使える時候の挨拶は?上旬・中旬・下旬の使い分けは?

時候 の 挨拶 3 月 上旬

日本人が手紙を書く際に欠かせないのが、時候の挨拶です。 時候の挨拶とは、手紙で頭語(拝啓など)の後に書く、季節に触れた挨拶の言葉です。 日本にははっきりとした四季があり、日本人は昔から四季を見つめ、生活に取り入れながら暮らしてきました。 手紙でも季節に触れるのは日本人の古くからの習わしとなっています。 また時候の挨拶には、相手の健康や様子を気遣う意味もあります。 これも気遣いを良しとする日本ならではの伝統です。 時候の挨拶には慣用句もありますが、季節感を取り入れながら相手に気持ちを伝えるよう自分なりの表現を交えると、相手の心により伝わりやすくなりますよ! 3月は春の兆しが見え、桃や梅、桜などの花が咲き始める美しいシーズンなので、時候の挨拶には植物の様子を入れると良いでしょう。 また、季節の変わり目でもあり、太陽の光などに変化を感じやすい時期です。 日頃忙しい生活を送っていても、少しだけ立ち止まって季節に目と耳を傾け、あなたなりの時候の挨拶を考えましょう。 3月の主な時候の挨拶 改まった感じの漢語調の挨拶 陽春の候、萌芽の砌、若草萌ゆる折、余寒の候、啓蟄の候、春燈の折、浅春の候、花見の砌、春分の候、弥生の候、陽炎の候、孟春の候、水温む候、山笑う候、春色の候 比較的やわらかい言葉を使った挨拶 寒さも緩み、雛祭も過ぎ、紅梅が目に鮮やかな、桃の香りが麗しく、桜の蕾も膨らみ始め、土筆がようやく顔を出し、春眠暁を覚えずと言いますが、春一番が吹き 3月の季語について 季語とは、俳句の中で用いられる「季節を表す言葉」です。 手紙を書く場合の時候の挨拶には、この季語を取り入れて季節感を出す場合が多いです。 また、桃の節句(3月3日)、啓蟄(3月6日頃)、彼岸の入り(3月18日頃)、春分の日(3月21日)など、3月の暦に基づいた季語を使うのもおすすめです。 3月の主な季語 暦・行事 仲春、弥生、早春、浅春、余寒、春寒、春めく、陽春、啓蟄、春分、彼岸、三月尽、雛祭、伊勢参り、孟春 天気・地理 春の空、朧月、春光、春風、春一番、春疾風、春雨、霞、陽炎、春陰、春の山、水温む、春潮、春田、残雪、雪解、山笑う 生き物 きじ、蛇、蛙、赤貝、桜貝、百千鳥、うぐいす、雲雀、燕、春いわし、白魚、はまぐり、あさり、しじみ、蝶、蜂、春の鹿、猫の恋 植物 沈丁花、つつじ、木蓮、木の芽、春林、春の草、双葉、つくし、梅、紅梅、初花、春蘭、桜、椿、すみれ、彼岸桜、枝垂れ桜、花、牡丹の芽、いよ柑、たんぽぽわらび、せり 生活 雪割、春衣、春燈、卒業、春愁、春袷、春眠、花見、梅見、初筏、種まき、春の炉 3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、改まった表現のものをご紹介します。 取引先や上司、恩師など、特に礼儀正しい印象を与えたい相手に手紙を書くときに使いましょう。 3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出し例(改まった表現)• 早春の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 春寒の折、御社の皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。 次に、3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、親しい人に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 ぜひ参考にしてくださいね。 3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出し例(親しい人へ送るときの表現)• 春とはいえまだまだ冷え込む日も少なくありませんが、風邪など引いていませんか。 桃の節句も過ぎ、近づく春を感じる嬉しい季節となりました。 桜の蕾がふくらみ始めた今日この頃、皆様お変わりありませんか。 【上旬】3月の時候の挨拶を使った手紙の結び 3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、改まった表現のものをご紹介します。 結びの文章の組み合わせは「季節を感じさせる言葉」+「相手を気遣う言葉」が基本です。 3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の結び例(改まった表現)• 啓蟄の砌、皆様のますますのご健勝をお祈り申し上げます。 浅春の折、貴社のさらなるご発展を心より祈念いたしております。 春の訪れとともに、皆様にも幸福が訪れることをお祈りいたしております。 次に、3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、親しい人に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 気持ちを込めながら書きましょう。 3月上旬の時候の挨拶を使った手紙の結び例(親しい人へ送るときの表現)• まだ寒さが残っておりますが、お元気でお過ごしくださいね。 寒かったり暖かかったりの日々ですが、健康には十分気を付けてください。 桜の花が咲く頃に会えるのを楽しみにしています。 【中旬編】3月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 【中旬】3月の季語 3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、改まった表現のものをご紹介します。 前述したように、季語に「候」「折」「砌」を付け加えると、漢語的で改まった時候の挨拶になります。 いろいろ組み合わせてみてください。 3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出し例(改まった表現)• 季春の折、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 早春の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 次に、3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、親しい人に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 春の気配がだんだん強くなってくるこの頃なら、いろいろな言い回しを使うことができます。 3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出し例(親しい人へ送るときの表現)• 寒さが次第に和らいできましたが、いかがお過ごしですか。 桜の花が待ち遠しい毎日ですが、お元気ですか。 寒さの中にも春の訪れを感じる今日この頃 【中旬】3月の時候の挨拶を使った手紙の結び 3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、改まった表現のものをご紹介します。 相手の健康や繁栄を祈る際に季節を取り入れた一言を添えると良いでしょう。 3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の結び例(改まった表現)• 季春の折、皆様のご清祥とご活躍をお祈り申し上げます。 春暖快適の候、皆様のご健勝を心よりお祈りいたしております。 軽暖の砌、何卒ご自愛ください。 次に、3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、親しい人に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 この時期は季節の変わり目で体調を崩しがちです。 相手の健康を気遣う一言が喜ばれるはずです。 3月中旬の時候の挨拶を使った手紙の結び例(親しい人へ送るときの表現)• まだ寒さが残るこの時期、お元気でお過ごしください。 彼岸が過ぎ暖かくなったら、また元気にお会いしましょう。 朝晩はまだ冷え込みます。 お身体には気を付けてくださいね。 【下旬編】3月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 3月下旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、改まった表現のものをご紹介します。 手紙を受け取った相手が、もう目の前に来ている春を感じることができるような言葉を選びましょう。 3月下旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出し例(改まった表現)• 日永の砌、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。 春暁の折、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 花時の候、御社におかれましてはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 次に、3月下旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、親しい人に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 場所や年によっては、もう桜の開花が始まっている頃ですね。 相手の地域に合わせた季語を選んで、気が利いた時候の挨拶を書きましょう。 3月下旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出し例(親しい人へ送るときの表現)• 麗らかな春の光を感じる頃となりましたが、お元気ですか。 暑さ寒さも彼岸までと言われるように、過ごしやすい季節となりました。 桜の開花が待たれる今日この頃、お元気でお過ごしでしょうか。 【下旬】3月の時候の挨拶を使った手紙の結び 3月下旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、改まった表現のものをご紹介します。 企業にとって3月下旬は年度末の大変忙しい時期であり、また担当者の転勤など変化の時期でもあります。 手紙を書くときは、そういった相手の変化を心に留めながら、結びの文章を綴ると良いでしょう。 3月下旬の時候の挨拶を使った手紙の結び例(改まった表現)• 年度末のお忙しい時期とは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 新年度も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、心よりよろしくお願いいたします。 春風の折、新天地でのご活躍を祈念いたしております。 3月下旬の時候の挨拶を使った手紙の結び例(親しい人へ送るときの表現)• 春の雨で風邪など引かぬよう、お体をご自愛くださいね。 年度末でお忙しいとは存じますが、無理しないように。 卒業後、新しい環境でも頑張ってくださいね。 3月に書く手紙には春を思わせる時候の挨拶を書こう! 時候の挨拶は、「季節を感じさせる言葉」と「相手を気遣う言葉」を組み合わせで成り立ちます。 本記事では3月上旬、中旬、下旬に分けて季語や時候の挨拶をご紹介しましたが、この時期にこの挨拶を使わなければならないという決まりはありません。 手紙を送る相手が住む地域の気候に合わせて臨機応変に使い分けましょう。 3月は草花や動物、太陽の光などの変化で春の訪れを感じるようになる季節です。 暗くて長く感じた冬が終わりに近づき、次第に明るく暖かな春の気配が色濃くなる美しいこの時期、ぜひその変化を肌で感じ、言葉にしてみてください。 きっとあなたなりの素敵な季節の挨拶が思い浮かぶはずです!•

次の