バーレスク リオン。 バーレスク東京での予算やリオンってなに?ダンサーのお給料はいくら?

バーレスク東京の予約・料金は?場所・口コミも調査!マツコ会議11月30日

バーレスク リオン

話題のお店という事で取材に行ってきた。 けど、結論から言うとこの場で紹介するようなお店なのかは微妙である。 まぁ、でもせっかく取材(自腹)してきちゃったのでレポートすることに。 その名も。 ちなみに旧店名は「新感覚エンターテイメントシアターバーレスク六本木」とのこと。 シンプルになって六本木がTOKYOになっただけかも。 名前の由来となったと思われる言葉を調べてみた。 ああそう言う感じねと察して欲しい。 バーレスク(英語および仏語: Burlesque)とは、第一義的には、シェイクスピア等先行する文芸作品をパロディ化した茶番であり、一般的には、性的な笑い(艶笑、軽い下ネタの類い)のコントや、完全なヌードに至らない女性のお色気を強調した踊りを含めたショーのこと。 場所はミッドタウンの前。 今回はグループ会社のおっさん4名体制で出撃した。 このメンツで飲みにいく事自体、初めてなのだが大丈夫かこの店のチョイス。 店内にはステージがあり所謂ショーパブスタイルである。 簡単に言うとのロボットがないやつとでも言おうか。 だが、サービスはそのロボレスとは違う。 ダンサーさんが踊っていない時に接客してくれるからである。 そういう意味では的なスタイルに近いとも言える。 ただし、チップが必要なのがフーターズとは大きく異なる。 1,000円で10枚のチケットを購入し、適宜このチップを利用することになるのであった。 胸の谷間にチップを挟んだりできるみたいである。 でもこんなサービスないぞ。 ステージにはポールが立っていて、ポール系ダンサーさんもいる模様。 ダンサーさん達がで「いいね!」せよと迫ってくる。 いいねしてなかった人がいいねすると、なんかプレゼントが抽選でもらえるようなキャンペーン実施中であった。 つぅか、僕は既にいいね済みなんで、何も貰えないし・・・。 なんか納得いかないなぁ。 このチップ制というのは以外と残酷なもので、僕らの前にいたチップを大量に保有する大富豪がモテモテになるシステムであった。 資本主義なことよ。 数万円分以上かってんじゃねーの?というチップ・・・。 今晩で使い切れるんだろうかと他人事ながら心配になる。 このショーパブが話題になっている最大の理由は、店内にお風呂があるということである。 意味がわからん・・・。 お風呂を囲んで酒が飲めるぞー。 酒が飲めるぞー。 僕は取材だし下戸だしでウーロン茶しか飲んでないけどな。 念のため補足しておくと、お客さんはお風呂には入れない。 ダンサーさんのみが入浴可能。 さらに念のため補足すると、水着とか着てますのでそこは誤解なきようお願いしたい。 なお、お風呂はノボせるので40分交代制となっているそうだ。 今回は食事は頼まずドリンク飲み放題コースだったのだが、おつまみを持ってきてくれる。 というか、このダンサーさん、さんだ!・・・なんで知ってるかというと、のダンサーだったから。 移籍してたんだ〜と少し話が盛り上がったりして。 唐揚げア〜ンみたいな。 メイド喫茶的な・・・。 たまに注射器で変な物を飲まされたりもする。 飲まされてる同僚・・・楽しそうだな。 ショーが始まる。 大音量の音楽とともにダンサー様達がステージに登場。 ひゃっはー。 見事なポールダンス。 腕痛くないのかな・・・。 団扇を貰ったのでこれ振り回しながら盛り上がる。 みな席を立って大盛り上がりである。 カオスな一体感がフロアを包み込む。 なんか楽しくなるなこれ。 突如同僚がステージに登壇・・・で、踊る。 え?!意味がわかんないんですけど。 っていうか、なんで踊れんだよw それにしてもN村氏の華麗なステップ、ダンスに一同唖然としつつ、今日一番インパクトのある出来事すぎて、他のショーの内容忘れちゃったじゃねーか。 ということでやたらと盛り上がったショータイムが終わり、我々取材班は店を出たのであった。 お店の入り口には記念撮影のボードもあるよ。 万が一行きたくなった人は、料金システムの説明が面倒なのでをチェックして欲しい。 我々は一人だいたい1万円ちょっとであった。 1時間飲みながら、1時間ショーって感じの2時間で。 安いのか高いのかはよくわからない。 良い席を確保したい方は事前予約をおすすめする。 んじゃ。 当社ではバーレスクTOKYOに興味があったりなかったりするしております。

次の

セクシー美女がアニソンで踊り舞う 新バーレスク東京がヤバすぎて思わず胸元チップイン

バーレスク リオン

「ウヒョー」 詳細はにあるので割愛しますが、結果…… わたし、中馬さりの( )が賞金および地元で豪遊する権利を 手にした 手にしたんだ けれど も わたしの地元って、いちおう東京なんですけどこんな感じなんですね。 誇れるものは横に広い イトーヨーカドーと野生のタヌキくらいなんです。 どうしよう……編集部は地元を紹介しろってうるさいし…… とか とか とかのが、ぜえぇぇっっったいに楽しいのに…… そんなとき、わたしの中に潜むマリーアントワネットが声をあげました。 「地元がつまらないなら、東京っぽい豪遊スポットを地元といいはればいいじゃない」 たしかに。 女の子の質がとんでもなく高いらしい• 色っぽいだけじゃない圧倒的パフォーマンスが見られるらしい• お客さんによるSNSへの投稿がオールOK 上記のような 私利私欲がメインです。 だって……、代表の方に聞いたところバーレスク東京には 毎月70名以上の女の子達から「働きたい!」というオファーがあるんですって! その中から、 や る気があること&容姿が綺麗であることをポイントに選ばれたのがバーレスク東京のダンサー達。 これは、さぞかし素敵な女性たちのパフォーマンスが観れそうじゃないですか……! バーレスク東京は地下2階。 緊張の面持ちで1歩1歩すすんでいくたび、ダンサーさん達のまぶしい笑顔が目に飛びこんできます。 入り口の前で受付を済ませ、いざ来店! 百聞は一見に如かずです。 まずは雰囲気をご覧ください。 扉を開けるとキラキラあふれる映画の世界 やっばい、超キラキラしてる……!こーーーれは、東京っぽいんじゃない?!! 今回は このバーレスク東京で、編集長兼カメラマンのやましゅーさん(童貞)と豪遊したいと思います! (…………えっ……) バーレスク東京の料金設定は意外とお財布に優しい すでに満喫しはじめていますが、 ここでお伝えしておきたい料金の話! バーレスク東京のお値段は意外とリーズナブルなんです。 今回、わたし達はステージ真ん前の席がもらえる 「ド迫力プラン」を事前予約しました。 ド迫力プランに含まれるのは以下の4つ!• ステージ真ん前の席代• ドリンク1杯• 光る棒(ペンライトみたいなやつ)• RION(リオン)10枚分 初めて行く人も、とりあえずこのド迫力プランの予約がおすすめです。 当日だと税込8,580円ですが、前日までにwebで予約すると6,480円で楽しめますよ! ちなみに、 RION(リオン)というのは バーレスク東京内で使えるチップのこと。 応援したいダンサーさんにプレゼントします。 1000円で10枚組。 追加購入は基本的にいつでもOK。 ド迫力プランにはもともと1000円分のRIONが含まれてますよ~! プラン内のドリンクは、タイミングをみてカウンターへもらいにいきましょう! シャンパンなどボトルの飲み物は追加料金。 豪遊するなら飲んでもいいかもですね! 他にも、女性のグループ向けにはもうすこし安い「女子会プラン」があったり、聞こえてくる音楽オンリーで楽しむ「音席」があったり。 バリエーションがあるので、場合によってはもっとリーズナブルにショーを楽しむこともできるかも! 「えらい。 そしてバーレスク東京がすごい。 豪遊とか言ってますけど、ロカフレはずっと財政難ですからね」 いよいよショー開始……! そんな感じであたりを物色していると、あっという間にショーの開始時間となりました。 バーレスク東京では1日に3回ショータイムを行っています。 1st 18:30入場 19:20開演 2nd 21:00入場 21:20開演 3rd 23:00入場 23:20開演 今回は1番はやい1st Show timeに参加してきました。 スタッフの方に聞いたところ、比較的すいていて狙い目なのは1st Show timeだそう。 2nd show timeからはお仕事おわりの方も来店されるため、より賑やかな雰囲気になるんだとか。 わくわくしながら待っていると、黒髪なびかせた美人がさっそうと現れました。 いや、美人って言っちゃうとそれまでなんですけど、 超美人です。 そして、 筋肉がすごい。 悲しいことにね。 でも、バーレスク東京のダンサーさんがやると違うんです。 あふれでる、色気。 フェロモンって 出過ぎるとかっこいいんですね。 さらに棒を使って舞ってくださるんです、ご覧ください。  すごくないですか?!!!! 恥ずかしながらポールダンスというものを初めて生で見たわたし。 ダンサーさんの脚が自分の頭の上をしなやか~~~に通過……もはや口をあけて見守るしかありませんでした。 感極まった中馬が思わず「RION(リオン)を……!」というと、ダンサーのKumiさんは「ふふふ」と微笑みながら腰をむけてくれました。 ここまで刺青にきゅんときたのは初めて……! Kumiさんはバーレスク東京に入ってポールダンスを始め、今年で約4年になるんだとか。 そりゃあ筋肉ついた素敵な体されてるわけだよ。 代表が「経験よりやる気で採用」って言ってたけどこのレベルのやる気ね、ゆるゆるフリーライターには厳しいね。 さらにショーは続く Kumiさんの素敵さを堪能していると、どこからともなく煙幕が……! ついにバーレスク東京の夜が! はじまる……!!! バーレスク東京のショーは2つの雰囲気で楽しめる バーレスク東京のショーは、可愛いイメージとかっこいいイメージの演目が交互に出てくるよう構成されているそうです。 人それぞれ恋に落ちるタイミングってあると思うんですけど、笑顔は人をコロッといかせますわ。 こんな可愛いダンサーさんが、こんな至近距離でニコッて。 コロッ…… バーレスク東京のおかげで、「彼女の笑顔が好き」という惚気に100%の理解を示せるようになりました。 しかも、ダンサーさん達はカメラ目線がうまい!!!! これで お客さん達も写真撮影OK、SNS投稿もフリーって嬉しすぎる。 余裕そうに笑顔を振りまいてくれているダンサーさん達。 じつは、 曲目が3ヶ月ほどでドンドン変わっていくため各々ほぼ毎日のように練習されているそう。 そりゃあ体も鍛え上げられてるはず。 華やかな笑顔は努力の上になりたっているんですね……。 努力をすれば、こんな色気も、 出せるように なるのかな……。 フィナーレではダンサーさん達が客席に降りてきてくれます がっつりショーを堪能したところで、最後はフィナーレ! RION(リオン)を使うときがきました……! ダンサーさん達がひとりひとりお辞儀をしてから、客席に降りてきてくれます。 RIONをお渡しすることで、一緒に写真を撮ったりお話ししてもらうことができますよ。 お人形さんばりに顔が小さい~~~~! 中馬は一途なので、最初にポールダンスを披露してくれたKumiさんにつぎこみました。 本当にかっこいい……! せっかくなので、やましゅーさんにもRIONをわたしてみました。 童貞さん……じゃなかった、やましゅーさんどこみてるんだろう…… でも、楽しそうでよかった…… バーレスク東京で誕生日のお祝い ちなみに、誕生日のお客さんは壇上にあがって写真を撮ってもらうこともできます。 曲ももちろんなんですが、やっぱり MVの高クオリティもバーレスク東京ならではだと思います。 例えば、このバーレスク東京の千本桜とかかっこよくないですか? 「ロカフレやってて1番楽しかった!!!」 やましゅーさんをはじめ男性陣がもりあがっていたのは言わずもがな。 個人的に嬉しかったのは、女性のお客さんも沢山いて楽しんでいたこと。 可愛い女の子がキラキラがんばっている様子で勇気をもらうのは、わたしだけじゃないんですね……! あれだけ無駄毛もニキビもない全身を維持するのって、相当な努力とお金が絶対に必要。 ダンサーさん達の振る舞いや表情、場の雰囲気をふくめ、 圧倒的なプロ意識が輝く素晴らしいショーでした。 もうね、興味がある方は1回で良いから観てとしかいえない……いや、興味のある方だけでいいから……お願いだから…… 以上、あなたのイメージする東京に新しい場所が追加されるよう祈りながら、地元豪遊を終えることにします。 ありがとうございました! ・ ・ ・ 【追記】記事公開後の好評につきまして 終わったと見せかけてすみません。 ライターの中馬です。 今回の記事ですが、 「女性だけど行ってみたくなった!」 「お酒が飲めない自分でも楽しめそう」 などなど拡散していただいた皆様のおかげで、想像以上に暖かい反応をいただくことができました。 ライター冥利につきる~~!思わず祝杯をあげるレベルです。 さらにバーレスク東京のダンサーさん達からはこんなメッセージが。 ほら~~~、このウェルカムな雰囲気ですよ~~~。 バーレスク東京の何がいいって、玄人も楽しめるクオリティなのに初心者でも行きやすいダンサーさん達の優しさですよ~~~。

次の

バーレスク東京レポート2020① 褌

バーレスク リオン

概要 [ ] 1日3回おこなわれる公演で女性ダンサーたちがポール・ダンスなどのパフォーマンスを披露する。 「歌とダンスで世界を変える、歌とダンスで魔法にかける」をモットーに掲げている。 店内全体にLEDビジョンが設置されている。 ショー演出家の内藤良太がプロデューサー 、ディレクターを務めている。 2017年に店舗を移転し、リニューアルされた。 RION リオン というバーレスク東京内で内で使えるチップがある。 なお特定のダンサーに200RION リオン ・300RION リオン を渡す場合はボーイにお願いすると専用のバケツで提供され、 500RION リオン を渡す場合は500RION リオン が入ったバルーンをステージ上で割る。 ショーのシステム [ ] 公演は下記の時間に実施される。 3部の入れ替え制となっている。 ダンサーは正面のステージ・ポール・ランウェイ・中央の回るステージ等でダンスや歌を披露する。 選曲はJ-POP・アイドルソング・洋楽等多岐に渡る。 ショーが終わると、ダンサーたちは客席をまわり、会話や写真撮影が楽しめる。 この時にRIONを渡すお客さんが多い。 関連作品 [ ] ここでは、作品内容がバーレスク東京と関連するものを挙げる。 わたしをひとりじめ・・・ (、TSDS-42364) その他 [ ]• バーレスク東京が入っているビルのB1Fには姉妹店のが入居している。 脚注 [ ] []• ザテレビジョン 2017年10月31日. 2019年1月26日閲覧。 産経ニュース 2016年1月22日. 2019年1月26日閲覧。 Qetic 2018年8月30日. 2019年1月26日閲覧。 Qetic 2015年11月25日. 2019年1月26日閲覧。 モデルプレス 2017年12月4日. 2019年1月26日閲覧。 リアルサウンド 2018年7月14日. 2019年1月26日閲覧。 ZAKZAK 2013年12月27日. 2019年1月26日閲覧。 東京スポーツ 2018年6月1日. 2019年1月26日閲覧。 サイゾーpremium 2018年9月28日. 2019年1月26日閲覧。 ロカフレ 2017年10月17日. 2020年5月10日閲覧。 oDori(オドリ) 2019年12月10日. 2020年5月10日閲覧。 モデルプレス 2017年12月4日. 2020年5月10日閲覧。 外部リンク [ ]• burlesque. tokyo -.

次の