進撃 の 巨人 ネタバレ 127。 進撃の巨人127話、ネタバレ注意感想所 : 進撃の巨人ちゃんねる

進撃の巨人129話ネタバレ最新確定速報と感想!ライナーとアニをファルコが助けガビがフロックを倒す!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

進撃 の 巨人 ネタバレ 127

355. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 03:49 今回一番良かったのは顔潰されたライナーくんかばって負傷したガビちゃんが萌袖さらしてるところだと思うのでホームに設定した 天使とか持ち上げるのは好きでなかったけどこれが天使かって思った ここまでされたらやっぱガビはヒロインだわ ここのガビの台詞は少し自虐が過ぎてるかなと思えるけど、この子供裁判みたいな、学級会の糾弾みたいなののあげく暴力で解決するようなのは駄目だと思うんで、やっぱジャン嫌い。 アルコール中毒に気を付けた方がいい マガトが手を差し出すのを止めたのは、やっぱガビに対して自分の手を出すのは気が引けたんだと思う。 自分は戦争の道具にした当のマーレ人だからね まあ最初のジャンの出世ライフの妄想から爆笑して読んでたけどライナーがこんな状況に置かれて残念だ 皆が茶碗持って避けてるのも爆笑して見てたけど、歯が飛ぶほど殴るのはバット持って店内に襲撃に入るやからと同じだよ。 ライナーはいつの間に茶碗持ったんだろうな ライナーくんどんどん追い込まれて疲れてほんと自殺しそう• 421. 名無しのお前らが進撃してくる!• 本当はぶん殴りたい気持ち抑えまくって「もういい…」って折角ジャンが言ってくれてんのにライナーと来たら「許さないでくれ」の一点張り。 ただの甘えだろこんなの。 殴られる事で責任から逃げてるだけ。 こっちの方が全然ダメだろ。 何故そっちの自己満にジャン達が付き合わされなきゃならんのだ。 殴ってくれただけジャンはまだ優しい方。 蹴ったガビにもちゃんと謝ってるし。 あそこで話し合いだけで解決したらそっちの方が幻滅するわ。 ただアルコールに気をつけて欲しいのだけは共感する。 453. 名無しのお前らが進撃してくる!• エレンの時の一方的な態度といい ああやってライナーが、加害者としていつまでも暴力を受け続けることを肯定してるように感じるから気持ち悪いんだよ ガビは強いよ。 メンタルが死んでない でもあの場で加害者として被害者から直接責められるライナーとガビはこの物語で一番弱いと思うんだよ 結局、打たれ強いキャラが叩かれて弱いキャラが守られてるように見えるんだよねえ• 497. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 11:43 ハンジ、たしかにいいやつだよ 場を和ませようとしたり、リヴァいいを必死に守ろうとしたり、団長なのに直々にシチュー作ったりしてさ でも政治的軍事的に見たらダメダメだよね 数年後、全滅と恐れがあるのに「虐殺はダメだ!」「止めたとしてそのあとの策は?」「ない!」はなあ…たしかに虐殺はダメだけど 敵国の軍事施設踏み潰したら地ならし終わらせるようエレンに伝え、敵の軍事力を弱らせてる間にこちらの軍事力を上げる、とかなんとかなかったのか?と思ってしまう そして易々と団長が敵に手料理振る舞うな 以前リヴァイがハンジに言った「舐められるだろうが」ってやつだよ• 545. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 13:20 エルヴィンはちゃんと選んでたからな、ミケいたらミケだったと思うがハンジ途中まではきちんとしてたしだいたい消去法でハンジくらいしかいないし、リヴァイはもともと部外者だし序列以外から選ぶとしめしつかんから論外、ハンジはマーレで暴走しだしたのはモブリットがいないからがでかいだろうな、モブリットいたら事ある事にちゃんと止めてくれるだろうし、アルミンやジャンやリヴァイや新聞社は助けてくれるわけではない、ついに本人はマーレのおニャン子に頼りまくってた、エルヴィンいたらハンジの疲労見てさっさと切り替えて途中から休ませてフォローして他さっさと立ててあげてるだろうが、エルヴィンとモブリットいた頃が一番楽しそうで良かったなハンジは• 603. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 16:47 ライナーが話を蒸し返したことは悪いことなの?国家間でも対話がなくて友達としても話してこれなくてやっとほころびが出たらボコられてさ ジャンは綺麗事で済まされてライナーは残酷定期で当然とか言われるのおかしいよ しかもやっぱ誰かが先にやり出すと同調した読者が乗っかってヒステリックになるんだよな そりゃ誰かみたいに有無を言わせず巨人に放り込まれたりしなかったからね。 ライナーは生きてるだけで誰かと違って守られてて罪だって思いたくなるだろうけど 敵はライナー、って10巻頃から決めつけてずっとただ戦うだけでエレンて主人公は何なんだ?• 630. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 18:21 最後の晩餐の話が出てきたけど、人数違うからそれはないと思いつつ、今の展開と照らし合わせると 生き残りであり晩餐を振る舞ったのはヨハネで、ヨハネの女性名がヨハンナ、そしてヨハンナの相性がハンジ。 彼女の苗字ゾエはイヴのギリシャ語形に由来するらしい。 そんでキリストの誕生日が12月25日、リヴァイと一緒。 彼が戦線に復活したらキリストの復活? アッカーマンは農夫という意味だけど、アダムは楽園を追放され生きるために農業を営んだ。 キリストはアダムとイヴの最後の子孫。 そしてユダが8月1日、ライナーと一緒。 座ってる位置も同っぽい。 聖書はサラッとしか知らないし違うところもあるだろうし、どこまで聖書や北欧神話と絡めてくるかわからないけど、意味深ではあるよね。 最後にキヨミも出てきたし、日本神話も絡めてくるのかな?• 666. 名無しのお前らが進撃してくる!• 815. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1107. 名無しのお前らが進撃してくる!• 敗戦国だからって一方的に戦争責任押し付けられて多額の賠償で苦しめられる祖国救うために立ち上がった 途中まではそれほど悪くなかったが、ユダヤ人ホロコーストなんて戦争関係ない無差別殺人やりだしたから完全悪になったんだろうが• 1247. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月12日 00:23 今回出てきた飛空艇が壊されても、氷爆石が燃料で動かす予定の飛行機が別にあるけどな。 まだ試運転もしてないけど。 マーレだけ攻撃したらいいと言ってる人はマーレ編を一から読み直す事を勧める。 ビリータイバーがマーレへの諸外国のヘイトをパラディにすり替えて団結させた時点で、アルミンの言う連合軍だけ叩く案は無駄。 50年で諸国に追いつける保証もないし、世界全て敵に回せば、例え世界最先端の国になっても負ける。 ビリーの演説前に中東連合と組んでマーレを奇襲する手もあるが、資源があり地ならしのスイッチを有する島をいつまでも世界がほっとくわけない。 追いつかれる前に叩かれる可能性がある。 不戦の契りの事もマーレにバレてるし。 バレてなくて、単独でいつでも始祖が地ならしを起せるなら抑止力十分だが。 それだと、始祖の継承放棄すれば誰が始祖に生まれて地ならしおこすか分からなくなるから、島も含めてエルディア人が迫害を受けるのも防げる。 1251. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月12日 01:07 <1107 当初の計画は実験だけだぞ? レベリオのリベンジのためにマーレにマーレに集まった世界連合軍に攻撃 というのはレベリオ襲撃の後にアルミンが語った考え。 一部実験で地ならしして、その様子を公開して抑止力とする。 氷爆石を燃料にして飛行機を飛ばすという取り決めをザックレーとキヨミ様がしてた。 エレンに共感できない、という人はフリーダみたいに島民が全滅した方が人数的に犠牲者が少ないからいいという考え? ジークみたいに、末期に老人だらけになり食糧生産やインフラも保てず餓死や病死、内戦でエルディア人が絶えるのがベターという考え? それとも、地ならし発動後に世界から移民目的で軍隊が殺到して島を巡って戦争になり、人類滅亡ENDになるという懸念? 何も考えず虐殺NG派? エレンがやり過ぎという人はハンジやガビと同じで先の事を考えてない。 銀河系中の異星人か地球人、世界人類か日本人、町民と自分の家族。 片方だけしか生き残れないなら絶対皆後者を選ぶはず。 むしろ共感を得やすい主人公だと思うけど? 圧倒的な力に抗い自由を求める主人公なのは一貫してる。 不自由を感じてなかった主人公に世界の多様性と壁の中の不自由さを教えてやったのがアルミンで、エレンが島民の生存の自由を得るために、アルミンの欲する世界の多様性をぶっ壊す事になる因果がおもしろい。 1254. 名無しのお前らが進撃してくる!• 本当の自由とはいっていう話じゃないか、お前は何を読んでたんだ? それにエレンは力を手にいれたから邪魔な奴をコロしてるんじゃなくて この辺りは本当の思惑があるかもしれないが 、少なくとも「お前ら大事だからだ」ってセリフと「俺は生まれた時から、他人から自由を奪われるくらいなら、俺はソイツから自由を奪う」ってセリフから、力を手にしたからって邪魔者をコロしてるわけじゃないだろ。 海の時だってアルミンは海を見たかっただけだが、エレンは海を見れば自由があると思っていたからで物語を一貫して自由になりたいという思いがあるんだ。 今の行動がそれに基づいているのかは分からないが、自分のためにしろ仲間のためにしろ、力を手にしたからってわけじゃないだろ。 エレンは巨人化能力なんか無くたって自由を求め続ける奴だぞ、まあ巨人化能力無かったら詰んでるが。 1272. 名無しのお前らが進撃してくる!• この世界は残酷だから 世界を捨てて民族を選んだところで恐らくバッドエンドになる仕組みだろう 記憶改ざんできない者が少なからず残ってしまう設定なだけに 現実と違ってフィクションなんだから、世界を救って民族も捨てない別のルートへの手がかりを次回以降登場人物達が模索する流れになるんじゃないかと個人的に思ってる ある程度虐殺は行われるとは思うが。 そこが進撃の残酷さ トルコ帽の少年との触れ合いは世界滅亡ルートは辿らない伏線になるはず• 1328. 名無しのお前らが進撃してくる!• ラスト「エンドゲーム」の前の作で、ヴィランは半分の人類を捨てるかわりに半分の人類を救うって選択をして、ヒーロー達はそのヴィランに負けてしまった。 だから一時期世間では「ヴィランこそがヒーローだ!」っ騒がれた時もあったらしいけど。 でも「エンドゲーム」ではそれを完全否定する。 半分生き残った人類は結局その選択をしても平和にはならなかったから。 最後にはヴィラン自身も「あの選択は間違いだった」と否定してる。 その荒廃してしまった世界をなんとかするため、ヒーロー達は再び立ち上がり、勝利。 って話• 1355. 名無しのお前らが進撃してくる!• 仮に巨神兵が精密操作可能でマーレの拠点だけぶっ潰しても、とばっちりの恐慌で地均し並みの死者出たりして 、 他でもないマーレが、パラディ引っ張り出して国際デビューさせちゃったからな… 段々話しそれたけど結局、 娯楽のはずの漫画でまでそんな悲惨な話見たくない!現実だけで十分!虐殺阻止される話がいい! ってことが言いたいはずだと思うんだけど、なんでその言葉が出ないんだろうか まあ、進撃以外にも漫画あるんだから、そっちを読むといいよ、としか返せないんだけどね ところで君がどこの誰か知らないけど、私をひきこもりと罵る性格な人のは覚えた• 1401. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1413. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1415. 名無しのお前らが進撃してくる!• でもこの場合はそう間違ってはないと思うし、そう思いたいわ 「この島だけに自由をもたらせればそれでいいじゃん!島外の人間なんか死ねばいいんだよ」 死んだ仲間の中に迷いなく当然のようにそう言う人がいたらちょっと引くわ。 てか、いてほしくない それが選択肢に上がってて「本当にこれでいいんだろうか?」とか悩みまくって罪悪感感じつつも実行したり別の解決策を出すとかは普通にあるだろう。 でも 「この島だけに自由をもたらせればそれでいい」と考えるキャラは、ハンジが思い浮かべた中にはいないんじゃないかな。 自分的にはそんなクソな奴いてほしくないからいなくていい• 1445. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月14日 00:02 前から思ってたんだが、クルーガーの「ミカサやアルミン、皆を救いたいなら使命を全うしろ」ってセリフはエレンがクルーガーの記憶に入って言ったのか?でも記憶に入るにはジークの力が不可欠。 120話121話にはそのシーンがなかったとすればもう一度あの記憶を辿る? シーンがあるのか? それにあの時「まだ親父が俺に喰われる所を見てないぞ」って言ってたし…、わざわざそれを言わせるということはエレンが望む未来へ行く道と少しずれている、もしくはこれからそのシーンがあり、そのシーンに重要な発言があるのか? でも過去の記憶の話でそんなに重要な話が出るか?と思ってしまうんだが、諫山先生が意味もなくあんなセリフを言わせるとも思えない。 普通に考えるとお前ら 104期 が大事だから外の世界の奴ら皆殺しにするわってなるんだが、どうにもこの辺りが引っ掛かって……進撃の終わらせ方ってどんな考察者でも予想できないんじゃねえかほんと…• 1512. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月14日 09:36 ハンジ叩いてる人らはエルヴィン好きなのか? ハンジの作なし行動に腹立つのは分かる。 でも執拗に叩き内容が個人的な恨みと思っちゃう エルヴィンがいたら解決した厨はあからさまだが、そうでなくても遠回しに嫉妬してんのかなぁと思う。 エルヴィンを死なせる選択したのはリヴァイで結果生き残ったのはアルミンでハンジは恨み買う理由ないんだが、今の原作での目立ちぶりが羨ましいのかしらん 誰が団長やっても今の原作につながるように描かれるだろうからエルヴィンがいても同じだと思うが。 もし生きていたらエルヴィンがリヴァイを守り川へ逃げて草むらに隠し追手を倒し顔面の縫合手術し文字通りの命の恩人となり2人の宿主の絆は証明されたわって喜べたのにね リヴァイだけのファンは助けてくれてありがとうな気がするので今はハンジ叩いてなさそう• 1600. 名無しのお前らが進撃してくる!• さっきからなにに怒ってるの君は。 「ずっと隠れろって」なんの話してるんだ?別に今は地ならしを止めるって目的はあるけど、それとヒストリアはなにも関係ないだろ。 誰かが「地ならしを止めてヒストリアを犠牲にしよう!」みたいな話をしてるか? 1552とか1572と同じ人か知らないけど、「兵団がいたら地ならし出来ない」って言ったり、兵団が地ならしするつもりはあるって言われたら「ヒストリアを犠牲にして?」って言ったり…。 どっちかにしなよ…。 兵団だってヒストリアを犠牲にせずかつ島を守れる方法があるならそうするよ、その為に方法は探ってたわけだし。 でも「尊重出来る命は限られる」ってずっと作品内では言ってたわけだし• 1613. 名無しのお前らが進撃してくる!• 「人が見てたらみんなを犠牲救うけれども、見てなかったらなにもしない。 責任感じるのが嫌だから」とか「問題が後々大きいのは大勢犠牲になる方だよな」とか、それで「その人の考え方を探る」って内容があって面白かったんで。 あと「仲のいい友達のうちの一人」だから、その中であまり仲良くない人だったら、かわりに犠牲にするかも、と考える人もいるだろうし。 延々続くのは答えなんてないからでしょ。 その時の状況、その時の心理、その人の性格、救う対象はどんな人か…、とか多種多様過ぎる• 1692. 名無しのお前らが進撃してくる!• それに、なんでそれを兵団のせいみたいに言うんだ?みんな別の方法探ってたけど、エレンが急にテロして、それしか方法なくなったんだろ。 みんなだって本心ではやりたくないよそんなこと だから、なんか見方がヒストリアに偏ってるんだよな。 「自由の為にと命を散らしてきた」それを知っててなにを疑問に思ってるんだ?その「自由」の為に兵士みんなに不自由を強いてしまったり、犠牲を強いてしまってきただろ。 エレン一人を助ける為に大半の調査兵団を死なせたり、女型一人捕らえる為に100人を犠牲にしたり。 みんなそれぞれ辛いし、悲しいし、思うところはあっても、「自由」の為にと側から見たら「異常」とか「ひどい」って言われることをやって来た。 だから、人類を守るって名目の前にはみんな平等に扱かわないとそれこそ不公平だし、犠牲者になった人達を想えば、理由もなくそんな勝手は出来ないよ。 それに、ヒストリア一人が犠牲者になるわけじゃない。 少なくとも巨人を継承するヒストリアの家系含めて3人には犠牲者になってもらわないといけない。 でも、それを「ひどい」とか「かわいそう」ってみんな思ってても反対材料になんて出来ない。 じゃあ、今まで死んだ人はかわいそうじゃないのか?ってことになる。 今まで人類の為にみんなに犠牲を強いてきて、色んな悲しみを我慢してついて来てもらってきたのに。 ヒストリアの犠牲には、「島を守れる」って明確な利点が存在してしまう。 それを覆すには、それ以外の島を守る方法や、もしくは公的に見て島にとって「損」と言えるものがないと無理。 なにも理由もないのにそんな贔屓なんて出来るわけないし、「非情」って言われても「今まで漫画見てきて今更?」って思う。 みんながそれを「別に平気だ」と思ってやってるわけじゃないのはわかるだろ• 1727. 名無しのお前らが進撃してくる!• 「身内と話し出来るか」ってことと「敵方との話し合い」は、元々「身内」と「敵方」で主張が真っ二つに違うんだから、身内の都合を聞いてたら敵と話し合いなんて出来ないから。 そもそも他の人も言ってたけど、ジャンの話は最後まで聞かなくてもジャンの言うデメリットくらいはわかる。 感情的になったのはそのためもあるだろうし、ただ上部だけでハンジが話を聞かない人と決めつけて主張するのもどうかと思う。 それをわかってても、それでも虐殺は認められないってのがハンジの意見なんだし。 ジャンもそのデメリットを理解してても、ハンジに乗ったんだし。 それはハンジの主張と自分の気持ちと通じるものがあったからでしょ。 なら、反対する身内の気持ちを動かすことだって出来た。 敵にもなにか伝わるかもしれない• 1810. 名無しのお前らが進撃してくる!• いらん情報だとしてもやはり何があったんですかとか、何があってそんな大怪我負ったんですか、って疑問投げ掛けられるのは極々自然なやり取りだと思う。 その場面は省略されたのかもしれないが、自分はひとこまでもいいから入れてほしかったな。 あんなに強い人に一体何が!?って問い詰める場面あった方が、あぁみんなリヴァイ最強でやられるわけないと思ってたんだなあと実感できるから。 それに何も無しでスルーだと全く興味ない風に見えてしまって、それもさみしい• 1815. 名無しのお前らが進撃してくる!• 新規リヴァイ班メンバーはリヴァイを人間扱いして接してるみたいなこと書いてあったの思い出した はじめから等身大の人間扱いしてたなら、大怪我の理由聞いてもそんなに評価落ちないか。 めっちゃ強いちっこいおっさんが俺たちの上官だけど、どうもミスって大怪我したみたいだ、何か気の毒だし触れないでおいてやろうぜ……みたいな評価で一致団結してる可能性もあるのか…その優しさ、逆に辛い….

次の

【進撃の巨人】128話ネタバレ!仲間を裏切りイェーガー派との全面戦争へ

進撃 の 巨人 ネタバレ 127

2020年1月9日 木 発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌125話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 進撃の巨人の前話124話では、ジャンとコニーがファルコを連れ去り、だれに食べさせて巨人の力を継承するか言い争いが始まりました。 誰がいいか争っているうちに巨人が襲ってきて、ファルコはコニーの手へ…。 また、話の終盤にはアニの復活も描かれていました。 コニーはファルコを母親に食べさせるのでしょうか? 復活したアニのことも気になりますね。 またハンジとリヴァイの今後も気になります。 今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ125話最新話確定速報】アニが復活しハンジとリヴァイの生存確定!」と題し紹介していきます。 現在進撃の巨人は125話となっていますが、これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 進撃の巨人最新話125話ネタバレ確定速報 進撃の巨人 125話みました。 基本的には地ならし後の混乱が描かれる回。 とりあえずリヴァイの生存確定ももはや廃人状態。 まさかリヴァイ、車力になる??? — Livaeal Livaeal0 進撃の巨人125話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 アニの復活と明かされる過去 壁の崩壊で瓦礫の下になった住民たちを助けるヒッチ。 住民たちの間で衝突が起きることを危惧した憲兵の一人が、ヒッチに新兵を呼び、武器をもってくるように指示を出します。 指示通り本部へ行き、建物へ入ったヒッチは不審な水の跡があることに気づきました。 その水が続く部屋へ入ると、その中には復活したアニが! アニによって口をふさがれたヒッチですが、逆にアニを床へたたきつけます。 また四年前のように街を破壊されることを心配して助けを呼ぶヒッチですが、結局アニに従うことに。 ヒッチはアニを後ろに乗せ、馬を走らせます。 そこで、アニの過去を聞くことに。 アニはもともと身寄りがなく、引き取られた父親に格闘術を叩き込まれ、父親にとって自分は戦士になるかどうかの価値しかなかったこと。 しかし、父親はアニを本当の娘だと思い、その父親から地位も称号もいらないから帰ってきてほしいと懇願され、それ以来父親のもとへ帰ることがすべてになったと告白します。 父親のもとへ帰るためならまた同じことをやるというアニに対し、ヒッチは「それが聞けて良かった…」と答えます。 窮地のアルミン ラガコ村へ向かったコニーを追いかけようとするアルミンですが、ミカサはそれを止めようとします。 部屋を出ようとするアルミンに、ミカサが自分はどうしたらいいか、エレンはどうするのかと問いかけた瞬間、アルミンは激怒します。 ハンジとリヴァイの安否、アニの復活、ヒストリアのこと、義勇兵、いろいろなことを考えなければいけない今、エレンのことは考える余裕がないと言い放ちます。 しかし、ミカサの顔を見た後冷静になり、自分は生き残るべきじゃなかったと言い残し、部屋を去るアルミン。 残されたミカサは、マフラーがないことに気づきます。 義勇兵を撃ち殺すフロック 義勇兵の一人の指を撃ち、威圧するフロック。 エレンからジークを利用して始祖の力を掌握する計画を聞いたというフロックに、ジャンは驚きます。 義勇兵は指導者・兵団を失い、地ならしの発動により故郷の復活もかなわなくなった、それでもエルディアのために力を貸すのであればエルディア人として迎えると言い出すロック。 指を撃たれた義勇兵が反発しますが、フロックによって撃ち殺されてしまいます。 残りの義勇兵はそのまま地下牢へ連れていかれました。 そこへミカサが合流。 エレンの代弁者だというフロックに対し、ミカサがリヴァイとハンジの安否を尋ねます。 フロックは立ち上がり、残念ながらジークに殺されたと答えました。 ラガコ村を目指すコニーとファルコ ファルコを連れ、ラガコ村を目指すコニー。 コニーはファルコに、危険な南から離れ、病院へ送り届けると説明しますが、実はラガコ村で巨人化した母親にファルコを食べさせるためことが目的だったのです。 コニーのことは信用しているが、ガビたちと合流しなければと考えるファルコ。 また、コニーをどこかで見たことあるように感じるファルコですが、いまいち確信が持てないでいるようです。 ハンジとリヴァイの生存確定! 車力の巨人から体半分出した状態でマガトと話をするピーク。 そこへ声をかけてきたのは、安否不明だったハンジでした。 さらに、その後ろには顔の半分が隠れているリヴァイの姿が確認できます。 進撃の巨人最新話125話の感想ツイート 125話のこの辺好き 進撃の巨人最新話ネタバレ注意 — シェリングフォード難民 リディ少尉 OREWARiddheDA 以下が進撃の巨人125話を読んでの感想ツイートの一部です。 ついに4年もの眠りから目覚めたアニ。 長期間の伏線だったからどんな秘密が!?と思ったけど、引っ張った割には大したことはなかった。 髪や爪が伸びていないのでたぶん成長していない。 見た目は4年前のまま変わらず。 取り残された存在であるアニにまだ重要な役割があるのか? — くらさん kurasan0909 対ジーク特攻の時に生き残ったフロックが仲間に牙をむきそうで怖い。 母にファルコを食わせようと村に向かうコニー、目覚めたアニの動向。 これからどうなるのか先が読めない。 嬉しいと言っていいのか… 死に損なったリヴァイ… ヒッチとの再開…そしてアニとお父さんとの話辛すぎる…どうかお父さん生きてて…。 そしてコニー…気持ちわかるけど…わかるけど…。 ファルコは顎のユミルの記憶を見たってことでOK? — らっこ kumamimi3771 兵長、生きている以上は役割がある ・巨人化して早期復活? ・数ヶ月後みたいにどこかで話が飛ぶ? ・人質など兵長の意図しない形で扱われる? 何にしても、あの状態のリヴァイがいながら(いるからこそ?)面が割れてる車力に話しかけるとは、ハンジさんさすがだ。 — はむ sekaiwiwo.

次の

【進撃の巨人127話】128話以降キヨミ様が敵に!?【ネタバレ考察】

進撃 の 巨人 ネタバレ 127

スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新127話「ミカサたちが合流?」 ミカサが進撃の巨人世界をループしてる説、幼少エレンがミカサを救うシーンの窓の数が怪しい — MARS. TV【テラフォーマーズ研究所】YouTube垢🌏ゴキブリ駆除 l2H2md74QS3RjID 森の中からイェーガー派兵士を撃っていた人は、生き残ったハンジでした。 なんとか、追手がいなくなったのを確認して、草むらに横たわるリヴァイに話しかけています。 ただ、話しかけられた傷だらけのリヴァイは返事をすることはありません。 ハンジは自分たちじゃジークを止められないと感じており、アルミンやピクシスに任せるのか? これまで、正しいことをしてきた自負はあるものの、時代が終われば牢屋行きだと感じてるようで、ハンジはこれからのことを悲観しています。 悩んでいたハンジにエレンの声が聞こえてきます。 意識を取り戻すリヴァイ エレンの声をリヴァイも聴いたのではないかと思ってハンジが振り向くと、リヴァイの意識の戻っていました! ハンジはリヴァイに何があったのかと尋ねると、自分の失態でジークを取り逃してしまったと言います。 そして、リヴァイの目的はジークを殺すことだとリヴァイは言って、ハンジと共に行動することになります。 お互いの利害が一致するということで、ハンジはリヴァイと協力しすべきだと言います。 マガトはというと、リヴァイとハンジに何か裏があるのでは?と警戒しています・・・ しかし、リヴァイのケガ具合を見たマガトは、ハンジとリヴァイが捨て身の覚悟でこの場にいるのだとを感じます。 そして、ハンジは大きくて太刀打ち出来そうもない始祖の巨人に立ち向かうためには、みんなで力を合わせるしかないと。 コニーの葛藤 コニーはというと、母親にファルコを食べさせるにはどうしたらよいか悩んでいます。 そもそも、自分を信じてくれている、こんないい子を食べさせていいだろうか・・・ サシャであればこの葛藤を理解してくれるだろうと、コニーとファルコはラガコ村へ向かっていました。 ファルコはコニーの独り言を聞いていて、ここがラガコ村であることや、コニーがサシャの友人であることも知っているようです。 コニーが面白いものを見せてやるといって、ファルコを母親のもとへ誘導し、巨人の歯磨きを手伝うことになります。 コニーとしては、歯を磨かせる隙にファルコを母親の口の中に落とす算段のようです。 そこに到着したアルミンとガビは、何とかコニーを止めようと説得しています。 アルミンは正論ばかり言っており、バカの考えることはわからないだろうと。 さらにファルコは、顎の巨人の力を継承していることを知らなかったようです。 その時、アルミンはコニーの母親のもとへ行って自分を食べさせようとします! 何とか、危機一髪のところでアルミンはコニーによってなんとか助けられ、ガビとファルコが再会に涙する場所から少し離れると、言葉少なに会話するコニーとアルミン。 コニーは母親に「立派な兵士になれ」と言われていたにも関わらず、子供や友人を殺すところだったと後悔していました。 アルミンも、自分は団長のようにはなれないと落ち込んでいるようです。 こうしてコニーは改めて「自分は立派な兵士になりたい、そのために困っている人を助けに行こう」と決意し、その目にはもう迷いや葛藤はありませんでした。 アニとの再会 ミカサは病院にいるルイーゼのもとへ向かうと、マフラーはやはりルイーゼが持っていました。 ルイーゼは自分の腹には雷槍の破片が入り込んでもう取り出せないと言い、エレンの作る自由な世界に生きることが出来ないと落胆しています。 そして、このマフラーはエレンに捨ててほしいと言われたと。 ルイーゼは捨てるくらいならと言いますが、ミカサはルイーゼの言葉を遮ってマフラーを取り返します。 ライナーのもとへ急いでいたのは、アルミン、コニー、ガビ、ファルコ。 アルミンとコニーは、アニの硬質化がとけたかもしれないと話していると、フードを被った横にいる女性が盛大に吹き出します。 なんと、そこにいたのはパイを貪り食うアニだったのです 笑 まさかの再会と、4年ぶりのパイを貪り食うアニの姿を見たコニーは笑っています。 パイを取りに行っていたヒッチがテーブルに戻る頃には、そこにはアニの姿はありませんでした。 同期の決意とは? 世界を収めるフロッグ。 エレンの意思を継いで、イェーガー派がパラディン島を統治することになったようです。 そして、イェレナとオニャンポコンの罪状を読み上げて、今まさに処刑されようとしています。 すでにイェレナは諦めているのか、罪状に対して何も言い返しませんでした。 オニャンポコンだけは、この罪状に反論しています。 反論しようとオニャンポコンが後ろを向いたその時、後ろにいたジャンの手元が狂って2人を撃ち損ねます・・・ フロッグは「何のつもりだ!」とジャンに尋ねていると、民衆の後方から車力の巨人が現れジャン、イェレナ、オニャンポコンの3人は車力の巨人の口の中へ飲み込まれてしまったのです! フロッグはすぐにミカサを呼びますが姿はありません。 3人は車力の巨人によって食べられたと思いましたが、実はジャンがハンジ、リヴァイ、ピーク、マガトと協力していたようです。 オニャンポコンは、イェーガー派にいればそれなりの地位約束されていただろうと言います。 しかし、ジャンとしては自分でもそうしていたかったが、それだと自分で自分が許せなくなるのだと言います。 どうやら、4年前のマルコの死を今でも気にしているようですね。 そして、イェレナはどうして自分まで助かったのか気になっていましたが、どうやらイェレナを生きたまま引き渡すことが、車力の巨人の力を借りるための条件だったようです。 その条件を強く望んだのは他ならぬマガトだったのです。 アニは眠っているライナーを蹴り上げます! 起き上がるとその周りにはコニー、アルミン、ミカサ、ガビ、ファルコが勢ぞろいです。 ガビとファルコは、みんな味方だから安心しろと言いますが寝起きのライナーはこの状況を理解できていません。 コニーは冷たい目でライナーを見ながら、時間がないから早くしろと。 やはりコニーとしては、まだライナーのことを許していませんでした。 ライナーはどこに行くのかと尋ねますが、コニーは世界を救いに行くだけ言います スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新127話「物語は一気に展開する?」 寝不足長とスッキリ長。 アルミンと一緒に困っている人を助けようと決意したようです! これからの展開はかなりスピード感を感じられるような展開になっていきそうですね。 主要キャラクターが勢ぞろい? ハンジと協力したピークは車力の力を借りることによって、ジャンとイェレナ、オニャンコポンを連れ去りました。 マガドはイェレナを連れ去って欲しいと条件を出しますが、イェレナに何の用事があるのでしょうか? アルミン達は無事ライナーと合流し世界を救いに行くようですが、コニーが中心になっていくのでしょうか? アニ、リヴァイ、ハンジとこれまで離脱していた、主要キャラも物語に本格的に合流してきたので、一気に展開していくことでしょう! エレンは止められない? エレンを止めるには、エレンを倒すかジークを奪うしかないと思います。 追いつく方法については、超大型巨人の列を立体機動装置を使う方法が一番でしょうね。 エレンに追いついたところで、首の後ろを雷槍で爆破するのが一番だと思います。 ただ、そうすんなり上手くは行かないでしょう・・・ スポンサーリンク 「進撃の巨人 ネタバレ 最新 確定」まとめ 進撃の巨人 -126- 『 このまま逃げ隠れて 何が残る.. 』 かろうじて 生き延びたリヴァイ 人差し指と中指を失い 刃を握れる 力は到底残っていない ライナーを継承させるとかして もう1回リヴァイの戦闘を見たいな.. 人類最強の兵士としての 次回が楽しみすぎる。

次の