イヴヴァルレーヌ booth。 6300人が同時に聞いたカウントダウン バーチャルサキュバスのイヴ・ヴァルレーヌさんのご紹介

EvE

イヴヴァルレーヌ booth

イヴ・ヴァルレーヌと同じバーチャルYouTuber系ユーチューバー キズナアイ(Kizuna AI)は、3DCGによるアニメーションのキャラクターで世界初のバーチャルYouTuber(VTuber)と称されている。 人工知能を自称している。 2016年から活動を開始。 訪日促進アンバサダー就任。 ゲーム実況や音楽のアーティスト活動の動画を投稿している。 「バーチャルYouTuber四天王」とされる。 GamesはバーチャルYouTuberのキズナアイによるゲーム実況専用のサブチャンネル。 輝夜月(かぐやるな、Kaguya Luna)はバーチャルYouTuber(VTuber)。 製作した動画は「観るストロングゼロ」、「首を絞められたハム太郎」などともいわれる。 Mika Pikazo氏デザイン。 コメディ動画のほかライブ活動もしているほか、パーカーなどアパレルブランドもある。 「バーチャルYouTuber四天王」とされる。 :10月30日生まれ ミライアカリはバーチャルYouTuber(VTuber)。 初音ミクのデザイナーKEI氏によるデザイン。 ゲーム実況やコメディなどの動画を投稿している。 記憶喪失だという。 「バーチャルYouTuber四天王」とされる。 電脳少女シロはバーチャルYouTuber(VTuber)。 武道館で「バーチャル界のアイドル」としてライヴを行うことを目指し、ゲーム実況やコメディ、踊ってみたなどの動画を投稿している。 英語が堪能で、イルカの鳴き声のような笑い声が特徴。 「バーチャルYouTuber四天王」とされる。 googoo888はボカロ(ボーカロイド)のYouTubeチャンネル。 初音ミク -Project DIVA-をはじめバーチャルYouTuber(ユーチューバー)キャラクターの楽曲動画を投稿している。 誰でも歌えるよう日本語と英語のローマ字字幕で載せている。 猫宮ひなたはバーチャルYouTuber(VTuber)。 PUBGなどFPS・TPSにおいてプロ並みのトップゲーマークラスの実力を持っている。 服装は大きなシャツを着ており、胸元が非常に緩い。 喋り口調はいわゆる脱力系のボクっ娘。 声は声優が担当していると言われている。 田中ヒメ 鈴木ヒナは田中工務店によるハイテンションなバーチャルYouTuber(VTuber)。 ゲーム実況、お笑い系、声真似、やや下ネタ、フォロワーのお悩み相談などの動画を投稿している。 ゲラ(笑い上戸)が特徴。 ヨメミはアニメ娘エイレーンによって生み出された世界初「バーチャル彼女」を称するバーチャルYouTuber(VTuber)。 自動学習式の対話型AIであり、高度な人工知能のような振る舞いを見せている。 フォートナイトなどのゲーム実況の動画を投稿している。 月ノ美兎はいちから株式会社が提供する「にじさんじ」というアプリの公式バーチャルライバー1期生。 バーチャルYouTuber(VTuber)の女子高生。 学校では学級委員。 キャラクターデザインはねづみどし。 「月ノ美兎の放課後ラジオ」やゲーム実況などを生配信している。 :9月24日生まれ 株式会社バーチャルユーチューバーによるプロジェクト。 「ゲーム部」部長の夢咲楓はポケモンUSUM・シャドウバースが得意なバーチャルYouTuber(VTuber)。 メンバーは風見涼・桜樹みりあ・道明寺晴翔。 ゲーム実況などの動画を投稿している。 :9月18日生まれ 道明寺ここあはバーチャルYouTuber(VTuber)。 ゲーム部プロジェクトの兄・道明寺晴翔の妹で中学生。 歌ってみたをメインに活動している。 歌唱力の高さに定評がある。 :9月20日生まれ バーチャルYouTuber(VTuber)・YuNi(ユニ)は(自称)世界初のバーチャルシンガー(Vsinger)。 主に「歌ってみた」などの動画を投稿している。 プライベートレーベルyunion. waveを立ち上げオリジナルソングを発表している。 キャラクターデザインは桜木蓮。 :10月1日生まれ 夏実萌恵(なつみもえ)は日本初の英語特化バーチャルYouTuber(VTuber)。 アメリカ合衆国に在住の大学生。 全編英語で話すが、日本語の字幕も入れられている。 青髪のツインテールでで抜群のスタイルを持っている。 ときのそらはカバー株式会社が運営するバーチャルYouTuber(VTuber)女子高生。 生放送 ライブ配信 を中心に活動している。 ロングの茶髪に青い制服を着た容姿をしている。 :2000年5月15日生まれ 出身地:東京都 富士葵(ふじあおい)はバーチャルYouTuber(VTuber)。 17歳の女子高生で歌が得意。 コメディ、ゲーム実況の動画を投稿している。 :6月18日生まれ 静凛(しずかりん)はバーチャルライバーのYouTuber(ユーチューバー)(Vtuber)。 高校三年生17歳の女子高生。 ときどき23歳になる。 学園モノのキャラクター達の先輩的なポジション。 性格は穏やかで後輩を優しく指導する皆から頼られるお姉さん。 ゲーム実況がメイン。 血液型:A型 「Japanese HANJO! TV」はアイデアクラウドと中京テレビによるプロジェクト。 日本と世界の、文化とビジネスを繋ぐバイリンガル バーチャルYouTuber(VTuber)のキミノミヤが、アニメを中心とした日本のサブカルチャーを英語圏に向けて紹介する動画を投稿している。 ストーリーアニメ、あるあるネタなどの動画を投稿している。 キャラクターデザインはぺんたごん。 アニメ娘エイレーンの姉であるベイレーンのチャンネル。 レナナという女子高生バーチャルYouTuberも登場する。 ベイレーンは二次元バーチャルYouTuber(VTuber)。 アニメ娘エイレーンの姉。 一人称は「おいら」でやる男口調。

次の

EvE

イヴヴァルレーヌ booth

当記事は 18歳未満の方は見られないVTuberの紹介記事になります。 この記事自体は年齢制限はありませんが、内容に少々卑猥な表現が含まれ、またご紹介するVTuberさんの年齢制限のある動画も引用していますので、そういったものが苦手な方は戻るを推奨いたします。 全年齢の作品もあるが、主にR-18作品がメインとなっている。 こちらがイヴさんが出演された音声作品になります。 クリックで販売ページに移動します(R-18作品ですのでご注意ください) イヴ・ヴァルレーヌさんとは イヴさんのTwitter カウントダウンもします 「3……2……1……ゼロ……ゼロ……ゼロ……!」 VTuberを追ってる方々なら、このゼロをいっぱい言うカウントダウンを聞いたことがあるのではないでしょうか? これはもともと 『R18要素のある音声作品で男性がアレを迎えるタイミング』として知らせる合図でした。 ゼロをいっぱい言うのもそういうことだったりします。 元ネタを知らないと『ちょっと変わったカウントダウン』にしか見えないため、エッチなリスナーがVTuberにリクエストする定番のセリフとして広まり、ネタとして定着しました。 しかし、イヴさんの動画では本来の意味で……いえ、イヴさんの動画でも、ちょっと変わったカウントダウンとして使われています。 こちらも『手を前後に動かしてながらカウントダウンしているだけ』の健全の動画です。 すこし真面目な話:YouTubeでR-18ってOKなの? YouTubeのヘルプにはこのように書かれています。 YouTubeヘルプ:ヌードや性的なコンテンツ ポルノなどの露骨な性的コンテンツは許可されません。 フェティッシュを含む動画は、問題となる行為の過激度に応じて削除されるか、年齢制限を設けられます。 ほとんどの場合、暴力的、生々しい、侮辱的なフェティッシュは YouTube では許可されません。 より 過激さの基準として、YouTubeでは以前からR-18な音声作品のサンプルなどが削除されていないことから、音声の表現に対しては許容されやすいと言われています。 初めてのライブ配信 9月27日、イヴさんはチャンネル登録者数4万人を記念として初となるライブ配信を行いました。 注目が集まるのは『ライブ配信でどこまで攻めるのか?』という点です。 事前にはリスナーの総称を決めるとだけ告知されていました。 世界初のダブルパンチ ライブ配信が始まり、まず 「2018年10月28日の音楽作品同人イベント『M3』に参加する」という告知がされます。 バーチャルキャストを利用してホワイトボードで告知をするイヴさん。 動画だとトコトコ動いててかわいいです。 収録予定の作品です。 タイトルも書き起こすのを躊躇してしまうほどエッチなものとなっております。 協力してくれるサークルさんも、その道では有名な方々とのこと。 こちらも世界初の事例となり、世界初から世界初へのダブルパンチ告知です。 クリエイター支援を目的にしていると思われる。 音声作品は値段は一つ1000円と少々高値になっていますが、イベント後にまとめた物を安く販売する予定とも発表されました。 これが冒頭にも記述したDLsiteで販売された作品になります。 DLsiteのページ 🎀イヴのBOOTH🎀 すこし真面目な話:年齢制限のあるVTuberの収益化について VTuberが活動を続ける上で収益化は重要なものです。 しかし、YouTubeで収益化をするにはGoogle Adsenseの条件を満たさなければならないのですが、Google Adsenseは成人向けコンテンツを許可されていません。 AdSenseヘルプ:アダルト コンテンツ ポルノ、アダルト、成人向けコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可されていません。 より 収益化が認めなければスパチャも解禁されないため、年齢制限のあるコンテンツを投稿するVTuberは、 YouTubeからは収益化の手段がないことなります その中で、YouTubeを宣伝の場として活用し、DLsite・BOOTHの作品販売で収益化を行うという今回の一件は、VTuberの可能性を広げたモデルケースになります。 配信中にBOOTHで先行販売をするというのは、スパチャ(投げ銭)に当たるものとも言えますし、購入することで反応が貰えるのは対面販売の要素もあります。 今回の方法は、非常に面白い試みだと思いました。 6300人が同時に聞いたカウントダウン 爆速のコメント欄 告知が終わった後は当初の予定通り、リスナーの総称を決める流れになります。 候補にあがった総称 ・イヴナー ・下僕(しもべ) ・食料、餌、ご飯 ・勇者くん、勇者様 ・お友達 ・おもちゃ 候補にあがったリスナーの総称を耳元で囁いてくれるイヴさん。 これを聞いた上でどの呼び方がいいかをリスナーが決めることになります。 白熱したアンケートの結果、『勇者くん』と『下僕』の二択まで絞られます。 ものすごい勢いで「勇者くん」と「下僕」の文字列なコメント欄を流れていきます。 その結果、「下僕」が勝利採用されますが、シチュエーションに応じて「勇者くん」も使い分けるというスイッチ案が採用されました。 リスナーの総称が決まった後は…… 「ん~? 耳舐めじゃないよ~? 耳舐めはダメなんだよ~? ちょ~っとだけ、お耳をくちゅくちゅ~ってして、ぐちゃぐちゃにするだけだよ~?」 とのことで、イヴさんはリスナーの耳元で 「お耳をくちゅくちゅってして、ぐちゃぐちゃにする音」を出してくれます。 けっして耳舐め音ではありません。 先程とは打って変わって、コメントの速度が明らかに遅くなっています。 ただでさえ遅くなっていたコメント欄がさらなる減速を見せました。 みんな何をやってたんですかね……! この時のリスナー人数は約6300人。 もう、世界初がなん個飛び出たかが分からない伝説の配信でした。 最後は 「まだまだ未熟なバーチャルサキュバスのイヴなんですけど、これからみなさんよろしくおねがいします」と、イヴさんの丁寧な挨拶で配信終了となりました。 VTuberという流行と既存の文化のミックス 以上がバーチャルサキュバス見習いイヴ・ヴァルレーヌさんのご紹介となります。 どうしてもR-18の要素に注目してしまいがちですが、『DLsiteの音声作品の文化に流行のVTuberをミックスさせる』という試みは挑戦的であり、それを実際に可能にした計画性と実行力の高さはお見事という他ありません。 特に、YouTubeでスパチャと広告の収益化が不可能な中、BOOTH・DLsiteなどを用いた収益化の方法は、今後のVTuberの発展において重要なモデルケースになると思われます。 今回のご紹介で興味を持たれた 18歳以上の方は、イヴさんの活動を追ってみてはいかがでしょうか? イヴさんの活動は世界初だらけであり、今後もVTuberの可能性を広げていく方だと思っております。

次の

6300人が同時に聞いたカウントダウン バーチャルサキュバスのイヴ・ヴァルレーヌさんのご紹介

イヴヴァルレーヌ booth

当記事は 18歳未満の方は見られないVTuberの紹介記事になります。 この記事自体は年齢制限はありませんが、内容に少々卑猥な表現が含まれ、またご紹介するVTuberさんの年齢制限のある動画も引用していますので、そういったものが苦手な方は戻るを推奨いたします。 全年齢の作品もあるが、主にR-18作品がメインとなっている。 こちらがイヴさんが出演された音声作品になります。 クリックで販売ページに移動します(R-18作品ですのでご注意ください) イヴ・ヴァルレーヌさんとは イヴさんのTwitter カウントダウンもします 「3……2……1……ゼロ……ゼロ……ゼロ……!」 VTuberを追ってる方々なら、このゼロをいっぱい言うカウントダウンを聞いたことがあるのではないでしょうか? これはもともと 『R18要素のある音声作品で男性がアレを迎えるタイミング』として知らせる合図でした。 ゼロをいっぱい言うのもそういうことだったりします。 元ネタを知らないと『ちょっと変わったカウントダウン』にしか見えないため、エッチなリスナーがVTuberにリクエストする定番のセリフとして広まり、ネタとして定着しました。 しかし、イヴさんの動画では本来の意味で……いえ、イヴさんの動画でも、ちょっと変わったカウントダウンとして使われています。 こちらも『手を前後に動かしてながらカウントダウンしているだけ』の健全の動画です。 すこし真面目な話:YouTubeでR-18ってOKなの? YouTubeのヘルプにはこのように書かれています。 YouTubeヘルプ:ヌードや性的なコンテンツ ポルノなどの露骨な性的コンテンツは許可されません。 フェティッシュを含む動画は、問題となる行為の過激度に応じて削除されるか、年齢制限を設けられます。 ほとんどの場合、暴力的、生々しい、侮辱的なフェティッシュは YouTube では許可されません。 より 過激さの基準として、YouTubeでは以前からR-18な音声作品のサンプルなどが削除されていないことから、音声の表現に対しては許容されやすいと言われています。 初めてのライブ配信 9月27日、イヴさんはチャンネル登録者数4万人を記念として初となるライブ配信を行いました。 注目が集まるのは『ライブ配信でどこまで攻めるのか?』という点です。 事前にはリスナーの総称を決めるとだけ告知されていました。 世界初のダブルパンチ ライブ配信が始まり、まず 「2018年10月28日の音楽作品同人イベント『M3』に参加する」という告知がされます。 バーチャルキャストを利用してホワイトボードで告知をするイヴさん。 動画だとトコトコ動いててかわいいです。 収録予定の作品です。 タイトルも書き起こすのを躊躇してしまうほどエッチなものとなっております。 協力してくれるサークルさんも、その道では有名な方々とのこと。 こちらも世界初の事例となり、世界初から世界初へのダブルパンチ告知です。 クリエイター支援を目的にしていると思われる。 音声作品は値段は一つ1000円と少々高値になっていますが、イベント後にまとめた物を安く販売する予定とも発表されました。 これが冒頭にも記述したDLsiteで販売された作品になります。 DLsiteのページ 🎀イヴのBOOTH🎀 すこし真面目な話:年齢制限のあるVTuberの収益化について VTuberが活動を続ける上で収益化は重要なものです。 しかし、YouTubeで収益化をするにはGoogle Adsenseの条件を満たさなければならないのですが、Google Adsenseは成人向けコンテンツを許可されていません。 AdSenseヘルプ:アダルト コンテンツ ポルノ、アダルト、成人向けコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可されていません。 より 収益化が認めなければスパチャも解禁されないため、年齢制限のあるコンテンツを投稿するVTuberは、 YouTubeからは収益化の手段がないことなります その中で、YouTubeを宣伝の場として活用し、DLsite・BOOTHの作品販売で収益化を行うという今回の一件は、VTuberの可能性を広げたモデルケースになります。 配信中にBOOTHで先行販売をするというのは、スパチャ(投げ銭)に当たるものとも言えますし、購入することで反応が貰えるのは対面販売の要素もあります。 今回の方法は、非常に面白い試みだと思いました。 6300人が同時に聞いたカウントダウン 爆速のコメント欄 告知が終わった後は当初の予定通り、リスナーの総称を決める流れになります。 候補にあがった総称 ・イヴナー ・下僕(しもべ) ・食料、餌、ご飯 ・勇者くん、勇者様 ・お友達 ・おもちゃ 候補にあがったリスナーの総称を耳元で囁いてくれるイヴさん。 これを聞いた上でどの呼び方がいいかをリスナーが決めることになります。 白熱したアンケートの結果、『勇者くん』と『下僕』の二択まで絞られます。 ものすごい勢いで「勇者くん」と「下僕」の文字列なコメント欄を流れていきます。 その結果、「下僕」が勝利採用されますが、シチュエーションに応じて「勇者くん」も使い分けるというスイッチ案が採用されました。 リスナーの総称が決まった後は…… 「ん~? 耳舐めじゃないよ~? 耳舐めはダメなんだよ~? ちょ~っとだけ、お耳をくちゅくちゅ~ってして、ぐちゃぐちゃにするだけだよ~?」 とのことで、イヴさんはリスナーの耳元で 「お耳をくちゅくちゅってして、ぐちゃぐちゃにする音」を出してくれます。 けっして耳舐め音ではありません。 先程とは打って変わって、コメントの速度が明らかに遅くなっています。 ただでさえ遅くなっていたコメント欄がさらなる減速を見せました。 みんな何をやってたんですかね……! この時のリスナー人数は約6300人。 もう、世界初がなん個飛び出たかが分からない伝説の配信でした。 最後は 「まだまだ未熟なバーチャルサキュバスのイヴなんですけど、これからみなさんよろしくおねがいします」と、イヴさんの丁寧な挨拶で配信終了となりました。 VTuberという流行と既存の文化のミックス 以上がバーチャルサキュバス見習いイヴ・ヴァルレーヌさんのご紹介となります。 どうしてもR-18の要素に注目してしまいがちですが、『DLsiteの音声作品の文化に流行のVTuberをミックスさせる』という試みは挑戦的であり、それを実際に可能にした計画性と実行力の高さはお見事という他ありません。 特に、YouTubeでスパチャと広告の収益化が不可能な中、BOOTH・DLsiteなどを用いた収益化の方法は、今後のVTuberの発展において重要なモデルケースになると思われます。 今回のご紹介で興味を持たれた 18歳以上の方は、イヴさんの活動を追ってみてはいかがでしょうか? イヴさんの活動は世界初だらけであり、今後もVTuberの可能性を広げていく方だと思っております。

次の