メンタル 弱い 仕事。 メンタルが弱い部下への対応術!実は○○を意識することで業績UP

心が弱い人の特徴11選|メンタルが弱い人向けの仕事は?甘えの克服法も

メンタル 弱い 仕事

うつ病患者が年々増加し、メディアでも新型うつ病がどうとかパワハラがどうとか騒がれていて、それを見た中高年がよく、 「最近の若者は打たれ弱いなあ」 とか言ってたりするのを耳にします。 でもそれ本当に どうかと思いますよね。 私は仕事嫌いで転職繰り返しまくって結婚して就職してやっと落ち着いたと思ったけど、もうすでに辞める気満々の社会不適合者ですが、幸いにもメンタルは割と強い方かなと思います。 それにどちらかというとそれなりに仕事が出来てしまうタイプなので評価もされて割と会社員に向いているような気もします。 が、それでもやっぱりしんどい時はありますし、二度と会社に行きたくないって心底思うこともよくあります。 私のようなタイプの人間でもしんどい世の中ですから落ち込みやすい人、あまり器用じゃない人がよく怒られているのをみたりするといたたまれない気持ちになるわけです。 その前まず言いたいこと。 うつ病は決して若い人に多いわけではありません。 下のグラフはうつ病、躁うつ病(そううつ病)患者の推移です。 さまより 2008年から2011年の間は減少傾向にありますが、近年それ以降ほぼ横ばいかやや増加していると言われています。 ご覧の通り30代~60代でほぼ横ばい、 決して20代の若者に突出して多いわけではないんです。 「最近の若者が打たれ弱い」というのは錯覚で、60歳以上の高齢者でもうつ病になる人はなるんです。 60歳以上でうつ病になっても会社を辞めて年金暮らしをすればいいんじゃないかと思います。 まあそんな簡単な問題じゃないとは思いますがここでは割愛します。 話がだんだん逸れてきましたがここでは20代で就職して数年でうつ病になって退職してしまったり休職している人、またはうつ病と診断されていなくても 「このままじゃ精神的にヤバイ」と感じている人に対して、 「これからどうするべきか?」 「どうやって働いていくべきか?」 ということに焦点を当てたいと思います。 何故うつ病が増えたのか そもそも何故うつ病ってこんなに急に問題になるようになったんでしょうか。 私(28歳)が子どもの頃はおそらくほとんど耳にすることはなかったと思います。 もちろん最近の若者が打たれ弱くなったなんてことは上のグラフから見ても考えにくいです。 じゃあどうして? 私は理由は大きく二つあると考えています。 一つは うつ病が認知されるようになったから。 もう一つは 昔に比べてしんどい社会になったからです。 うつ病を知ってしまったのが原因? 上に貼ったグラフを見ていただくと分かりますが、実はうつ病が急増し始めたのは2000年頃からと言われています。 上のグラフには1996年からのデータしかありませんが99年まではほぼ横ばいとなっていて、2005年までの6年間で倍増しています。 2000年頃から大きく変わった出来事といえば何だと思いますか? 2000年初頭は インターネットが一般家庭に急速に普及し始めた頃でもあります。 ちなみにyahooBBがスタートしたのが2001年。 そこから瞬く間に一般家庭でインターネットが使われるようになりました。 そこで私達は仕事の悩みやしんどさ、辛さをネット上で共有するようになります。 するとやがて 「うつ病」という単語に遭遇します。 「え?もしかして私うつ病なんじゃないか」 今までしんどい、やる気が出ないは気持ちの問題だと思っていたわけですから当然それくらいの症状で病院なんて考える人はほとんどいませんでした。 しかしインターネットの情報で 「自分はうつ病かもしれない」と考え、心療内科に足を運ぶ人が増えたわけです。 特に精神的な病気ですから知っているか知らないかで患者数は大きく左右されると思います。 実力社会が顕著になった うつ病が増えたもう一つの理由は 社会が厳しくなり、会社で生きづらい人が増えたからなんじゃないかと思っています。 というのも一昔前、戦後、高度経済成長期からバブルが弾ける前まではリストラなんてモノはほとんどなかったわけですし当時は物を造れば造るほど売れていました。 今みたいに週休二日じゃなかったけど、働けば働くほど成果も出るし給料も上がるため、会社に行くのが嫌で堪らない人なんてほとんどいなかったんじゃないかと予想します。 しかし現代はモノは売れないし売れてもすぐに他社に真似される時代。 一生懸命頑張れば評価されるという時代じゃありません。 どんなに頑張っても出来ない人はぞんざいに扱われ、罵声を浴びせられることもあります。 いや、ホントにしんどい世の中だと思いますよ現代は。 メンタルが弱い人はどうすればいい? すごく前置きが長くなってしまいましたがここからが本題です。 メンタルが弱いと書いてありますが、私は別に 自分のことをメンタルが弱いと思っている人がすなわち打たれ弱いとは思っていません。 ここで心理学、哲学的な話をするとそれこそ書ききれなくなってしまうので割愛しますが、一般的に メンタルが弱いと言われる人って考える癖を持っている頭の良い人なんですよね。 ただその行きつく先、思考回路の先がネガティブなだけなんです。 だから別に気にすることもないと思いますし弱点だとも思いません。 しかし深く考えすぎる思考回路を持っている人は仕事内容によってはマイナス面に働くため、生きづらいことも多々あります。 そういった人達はどうするべきか。 自分に合った仕事を探し続ける もうこれが一番かなと思います。 私はメンタルが弱いと自分では思っていませんが 仕事が嫌で転職7回くらいしています。 打たれ強い、メンタルの強い人はどこに行っても前向きに働くことができるんでしょうけど私には無理でした。 いろんな職場で働いてみて働きやすいところで働いたらいいんです。 たくさん転職しても私は今の会社に就職することができたし、それでも肌に合わなくて辞める気満々ですけど別に将来のことなんてほとんど心配していません。 いつ倒産やリストラされるかもわからない今の時代、将来安心することなんてよほど資産家にならない限りないと思います。 終身雇用が崩壊しつつある近年では転職は当たり前です。 転職サイト等を活用して自分に合いそうな企業を探すのも一つの手ですね。 最近はあまりスキルのないフリーターや第二新卒者向けの転職サイトもあります。 第二新卒、フリーター、既卒者専門の人材紹介会社、は高い就職成功率を誇りメディアでも多数取り上げられています。 もちろん無料で利用出来るので試しに利用してみてください。 独立、開業を考える 私の同僚が先日会社を辞めると上司に告げました。 彼は会社を辞めてしばらくは親戚の農業を手伝い、ノウハウを学んで独立しようと考えているそうです。 正直、険しい道だとは思いますが フリーランスで働く方が肌に合っている人もいると思いますし、私も将来的にフリーランスで働くことになると思います 多くの職場で働いた結果会社員は無理だということが判明)。 独立開業となるとなんとなく遠い存在のように感じるかもしれませんが日本には約260万の法人があり、一人で複数経営している人も多いでしょうが、それだけ多くの社長がいるということです。 しかもこれは組織化した法人の数です。 会社員という雇用形態以外で収入を得ている人は実は身近にたくさんいるんですよね。 選挙で一躍有名になった氏も高校時代いじめにあって3年間引きこもりだった経歴もあるし、の社長も5年間の引きこもりの末に起業。 最近はそういう俗に言われる社会不適合者だった人が起業したりすることは珍しくないです。 ちなみに2018年現在、私も独立して今は会社に属していません。 バイトをしながら副業で稼ぐ いきなり独立して開業するのはハードルが高いですよね。 もし簡単なバイトくらいの仕事が出来るのであれば、バイトをしながら副業をするという方法もあります。 副業と言っても人に雇われるのではなく、バイトをしながら事業を始めるイメージです。 人間関係でメンタルがやられるなら自分で人、仕事を選んで収入を得られるようにするしかありません。 最近はブログやアフィリエイト、youtube、インスタグラム等で収入を得る人がかなり増えてきています。 もちろんそれらはネットの広告等でよく見る「片手間で簡単に副収入!」とはいきませんが、実際多くの人が収入を得ているのは事実で、地道に努力すれば特別な才能、能力がなくても出来ます。 副業に関してはまた後日まとめようと思っています。 最後の手段!開き直る! 副業も難しいし、独立も考えられない… という人は最後の手段として今勤めている会社、またはこれから勤務するであろう会社で、 「とりあえず給料もらえれば何を言われても構わない!」 と開き直るのも良いと思います。 上司や先輩に小言言われるくらいぶっちゃけ大した問題ではありません。 世の中には明日のご飯さえも食べられれない人がたくさんいますし、後ろから銃で撃たれたり、地雷を踏んで死ぬかもしれないような危険と戦っている人だっています。 そんな人と比べれば上司に罵倒されるくらい大した問題じゃないかな…って思えません? まとめ 普通に会社員として働くことがとてもしんどい社会になったのはグローバル化、そして多様化の影響が大きいです。 これはつまり 私達の働き方自体も日本で会社員として働くだけでなく海外で働いたり個フリーランスとして働くといった多様化、グローバル化を考えなければならないということです。 私の奥さんは芸術大学卒業後、デザインの会社に就職しましたが激務のためわずか1年程で辞めてしまいました。 それからしばらくして、現在は自宅のパソコンでフォトショップやイラストレーターを使ってアパレル会社に服飾のデザインを提供しています。 一昔前ではパソコンや専用ソフトなんて普通の家の家計では購入することは出来ませんでした。 こういった働き方をする人は現時点ではまだまだ少数派な印象ですがこれからはどんどん増えてきて自宅でも出来るような仕事をする会社はかなり減るのではないかと予想します。 だからしんどいんです。 今生き残っている会社は無駄に経費掛けて個人のフリーランサーと競わなければならないんですから。 でも、私達みたいに社会不適合者にとっては良い時代になったなあと思っています。 だって、無理して会社員する必要ないですからね。 それでも 今のところ独立は考えられない、とりあえず今は就職して普通に働きたいと考える人は人材紹介会社(人材バンク、転職エージェント)に相談するといいです。 でさまざまな人材紹介会社を紹介していますのでご参照ください。 きっと親身になって相談に乗ってくれます。

次の

メンタルが弱い人に向いてる仕事7選|意外な強み&適職に転職する方法

メンタル 弱い 仕事

メンタルを強くする方法ってよくありますが、僕には向いてなかったようです。 交渉術の本もマインドセット系の本もたくさん読みましたが、ほとんど効果はありませんでした。 読んだ瞬間はちょっとレベルが上がったような気になっても、いざ怒鳴られるとに 心臓はバクバク、頭は真っ白になって、本の内容も話さなきゃいけないことも頭からすっ飛んでしまいます。 だいいち本当にメンタルを鍛えようと思ったら、 修羅場をたくさん経験しないと強くなりません。 そんでもって修羅場を経験するのって、「このやり方は成功するとメンタルが鍛えられます。 そのかわり失敗すると精神がブッ壊れます」みたいな賭けなんですよね。 体と違って、心を壊しちゃったら下手すると一生引きずります。 上司に怒鳴られ続けて鬱を発症して何年も苦しんでる人たちを、僕は近くで何人も見てきました。 僕はそんなハイリスクのギャンブルはゴメンです。 だから 「メンタルを鍛えるのは置いといて、メンタルが弱いままでも生きていける方法を探そうよ」というのがこの記事のスタンスです。 ついでに言うとこのブログ全体のスタンスも同じです。 「メンタルが弱いからダメ」は誤解 「自分はメンタルが弱いからダメ人間」 「仕事ができない」 「ちょっと怒られただけでずっと立ち直れない自分はダメな奴」 そんなふうに自分のことを決めつけてはいませんか? たしかに、メンタルが弱いと不利な場面が多いのは事実で、僕自身もこれまでまざまざと実感してきました。 怒られて縮み上がってしまうのもそうだし、自分に関係なくても隣の人がイライラしてたり、別の人が怒られているのを見るだけで逃げ出したくなります。 「こんなにビクビクしながら過ごさないといけないなんて、働くの向いてない・・・」と何度思ったことか。 だけど、「だから仕事ができない」とか、「だから自分はダメ」だと思うのは、大きな誤解です。 なぜなら 人間には無数の仕事・選択肢があるからです。 たとえば競走馬は、走りが速いかどうかがすべてです。 走りが速いと長く活躍できるし、遅いと活躍の場がなくて早々に引退してしまいます。 だから競走馬の価値は一つしかありません。 優しいだとか、人懐っこいだとかは残念ながら関係ないのです。 では、同じ馬でも、動物園で生まれ育った場合はどうでしょう。 動物園だと足の速い遅いって関係ないですよね。 どれだけ遅くても、穏やかな性格さえあれば問題ありません。 このように、 場所によって必要とされる性質はまったく違います。 メンタルの弱い人が、メンタルの強さが要求される仕事に就いたら、それは向いていないのは当たり前。 馬だと足が遅いのがわかっていながら競走馬になる必要はないわけで、それなら穏やかな性格を生かして動物園やホースセラピー、レジャー乗馬など生きる道はいくらでもあります。 メンタルの強い・弱いは単なる「性質」です。 「仕事が向いてない」と思うのは、たまたま自分の性質と仕事の性質が合わなかっただけ。 つまり 相性です。 相性が合わないからといって、あなたという人間すべてがダメというわけではないし、ましてそれで価値がないなんて絶対にない。 だからもし「自分はダメだ」と思っているのだとしたら、そう思うのは今日でおしまいにしましょう。 向いている仕事を探すための3ステップ 本当にやるべきことは、向いている土俵を見つけることです。 こんな自分でもここだったら戦えるという場所。 そんな場所があれば、今よりずっと快適にストレスなく過ごすことができます。 だけど、向いている仕事を探す前に、やっておくべきことがあります。 それは、 自分の性質を理解すること。 「そんなの自分が誰よりもよく知ってるよ」と思ったかもしれませんが、本当にそうでしょうか? たとえば「短所はメンタルが弱いこと」というのは、正確な理解ではありません。 僕たちはつい「メンタルが弱いからダメだ」と考えてしまいがちですが、短所や長所というのは、人間が勝手に性質に色付けしたもの。 性質には本来、良いも悪いもありません。 なのにその一側面だけを切り取って、「メンタルが弱い」から「ダメ」だと思い込んでしまいます(なぜそういう思考になるのかは後で解説します)。 これは正確な理解ではありません。 こういう理解のままだと、本来向いてるはずの仕事をつかむチャンスがあっても、気づかずにスルーしてしまうことになりかねません。 そこで、自分の性質を理解するために、以下の3ステップをやってみましょう。 所要時間は5分ぐらいです。 思いつくままに書き出してみましょう。 面倒なら思い浮かべるだけでもいいですが、書いた方が格段にわかりやすいです。 自分の性質と見比べながら、消去法で選んでみてください。 必要なのは 「正確な」理解です。 たまに物腰が柔らかいトップセールスマンがいて、それを見て「押しの弱い自分でも営業ができるんだ」と思ってしまいがちですが、「物腰が柔らかい」からといって「押しが弱い」わけではありません。 このような誤解を生まないためにも、正確な理解は不可欠です。 会社には向かうべき方向性があるので、それに合うように社員を矯正していくのはおかしなことではありません。 人の性質をつかまえて、会社が望む方向に向けていく。 「気が弱い」から「ダメ」、「積極性がない」から「ダメ」、「メンタルが弱い」から「ダメ」だとあなたに思わせているのは会社です。 ですが、先ほども言ったように、性質自体に良いも悪いもありません。 良い悪いに結びついてしまうのは、単に 業務との相性です。 ノルマが課せられるのは、会社として必要だからです。 ノルマが達成できなくて困るのは会社。 課題を乗り越えるのもそう。 壁を乗り越えないと会社が困るからです。 でも、そこでふと立ち止まってみてください。 あなたが乗り越えるべき壁はなんですか? その会社でずっと居続けたいのなら、会社が乗り越えろと指示した壁は乗り越えないといけません。 でも、その会社に依存しない生き方を模索するのなら、乗り越えるべき壁も変わってくるはずです。 自分の性質と見比べて、明らかに向いていない課題もたくさんあるでしょう。 それらは無理して乗り越える必要はありません。 メンタルの弱い人に向いている仕事:雇用編 メンタルの負担の少ない仕事といえば、やはり一人で黙々と続けられる仕事です。 すべての対人ストレスは会話から生まれます。 なるべくお客さんと接しない仕事を選びたいですね。 トラックドライバー 職種は長距離かルート配送を選びましょう。 メンタルの弱い人に向いているのは圧倒的にこの2種類です。 長距離ドライバー 長距離は大型の運転免許が必要ですが、人とほとんど会わないで済みます。 トラックの運転席は一人だけの空間。 お気に入りの音楽をかけて、鼻歌を歌いながら目的地に向かう。 ふつうに運転していれば目的地につくので、ノルマも気にしないで済みます。 おまけに高給。 月30万超えはザラです。 ルート配送ドライバー ルート配送は毎回決まったルートを回るので、日によって業務量が違うなんてことはありません。 時間が決まっているので、残業もありません。 毎日4時に仕事が終わって悠々と帰る人も中にはいるようです。 NG:個配送ドライバー 逆にやってはいけないのは個配送ドライバー。 アマゾンで注文するとクロネコヤマトが届けてくれますよね。 ああいった荷物の配送はノルマがあり、一日に100~180個ぐらい配達しないといけません。 お客さんと頻繁に会わなければいけないのに加えて、ノルマが達成できないと給料も減るし(歩合制)、上司の目も気になるでしょう。 警備員(夜間) 夜間を選べば、業務時間帯は人が寝静まっている時間なので、日常的に人と接する機会はほとんどありません。 暗いビルの中をウロウロするのが怖くないなら向いてると思います。 清掃員 黙々とお掃除する仕事。 場所によっては駅構内など、人混みの中での業務になりますが、人との会話をしなくていいという点では同じです。 工場作業員 流れ作業の代表格。 ベルトコンベアに乗って運ばれてくる商品に黙々と手を加えていく作業は、手順さえ覚えれば人との会話はいりません。 エンジニア PCと向き合い、黙々とプログラミングコードを打つエンジニアはまさに職人。 小さな会社ならエンジニアが直接お客さんと話をすることもありますが、中規模以上の会社であればヒラのエンジニアが外と直接話をすることはあまりありません。 メンタルの弱い人に向いている仕事:フリーランス編 フリーランスは夢のある仕事です。 腕一本で数千万円稼いでいる化け物みたいな人もいます。 エンジニア アプリ開発、システム開発、ツール作成、ハードウェア設計、プログラミング初心者のメンターなど、エンジニアであれば割とどんな分野でも需要はあります。 総じてプログラミングスキルがある人はこれからめちゃくちゃ有利です。 詳しくは以下の記事に書いてます。 よければどうぞ。 カメラマン 写真撮影、動画撮影、動画編集、変わったところではカメラの動作確認など。 人を引き込む映像を作るのはまだまだAIでは代替できない仕事です。 デザイナー 画像加工、サイト作成、LP作成、パンフレット作成など。 イラストレーター ゲームイラストのような大作でなくても、ちょっとしたプロフィール画像やWeb記事単位でのイラストの需要は多いもの。 4コマ漫画を書いてほしいといった依頼もけっこうあります。 お笑い芸人の「夫婦のじかん」の奥さんの方はイラストレーターとして活躍しています。 吉本のlineスタンプなどの受注がたくさんあり、お笑い芸人としての収入はほとんどありませんがイラストレーターとしての年収は1,000万円程度だとのこと。 すごいですね。 ナレーター 動画にナレーションを入れるのが主です。 これも個性が出てブランド化、差別化に繋がります。 ブロガー・アフィリエイター 一時期盛り上がってましたが、最近はあまり聞かなくなりました。 でも注目されていないだけで、業界が衰えてるわけではありません。 稼いでいる人は年収8桁。 億いってる人もいます。 そこまでいかなくてもノーリスクで始められて人に会わなくていい、まさにメンタル弱い人にうってつけです。 ただし収入が伴うまでには長い時間が必要です。 興味がある人は「アフィリエイト」で検索してみましょう。 外国に住んでる人限定の仕事 外国に住んでいるということは、すでに語学というスキルを身に着けて現地で生活できているということ。 それだけですでに希少価値です。 仕事を発注する側からすると、世界中に支店があるような大会社でもない限り外国につてなんかないし頼める人もいないのが普通で、人材確保に苦労しています。 だから単純作業のような仕事でも高単価で受注できます。 たとえば現地のお店に問い合わせをして調査したり、商品の受け取り・梱包・発送など。 というかはっきり言って安いです。 人並み以上の給料をもらえるのは、先ほど挙げた中では長距離ドライバーぐらい。 給料安くても問題ないならいいんですが・・・ 「そうは言ってもちょっとはいい生活したいなあ・・・」 ですよね。 逆にフリーランスは年収数千万円も狙えるスタイルですが、収入が安定しないという欠点があります。 ある月は50万稼げても、次の月には5万円になるのがフリーランス。 また、体が動かなくなったら即収入ゼロになる恐ろしい世界でもあります。 収入が安定しないというのは、経験するとわかりますが心臓に悪いんです。 いったん収入が落ちた時の絶望感は半端じゃありません。 「じゃあ、メンタル弱い人は低収入でがんばるしかないの?」 大丈夫。 方法があります。 その方法とは、お互いのいいとこ取りをすること。 本業はメンタルの負担の少ない仕事をやって収入を安定させつつ、副業でプラスアルファを生み出すのです。 目安としては、本業で手取り15万以上を確保しつつ、副業でまずは3万円を目標にします。 副業で月3万が得られるようになったら、5万、8万、10万までの道のりはそう遠くないはずです。 メンタルがラクな本業は「メンタルの弱い人に向いている仕事:雇用編」に挙げた職業を選び、副業で「メンタルの弱い人に向いている仕事:フリーランス編」に挙げた仕事をやってみる。 根気さえあれば、安定して高収入を稼げるようになります。 メンタルの弱い人はサラリーマンには向いてない 理由は、気にしないといけない人間関係がただでさえ多いからです。 敵は社外だけじゃありません。 やりたいことを一つ通すにも、上司、上司の上司、関係部署など、何人もの協力が必要になります。 そこで反対されるとすぐめげちゃうんですよね。 守ってもらう時期はいつしか終わり、反対に部下を守らないといけない立場になるのです。 メンタルの弱い僕たちは自分を守るだけで精一杯なのに、その上さらに部下の責任までのしかかってくるわけですよ。 冗談じゃない! 部下もおどおどしている上司の下だと不安です。 この人、何かあったとき守ってくれるのかな? それでやっぱり守ってくれなかったとなれば、信頼はガタ落ち。 チームプレイに大きな悪影響を及ぼします。 メンタルが弱い人こそスキルを身につけなければいけない理由 「メンタルが強い奴はそれだけで勝ち組」 前の上司がぼやいていた言葉です。 以来メンタルが強い人を見るとまざまざ実感します。 この言葉、能力が高い人だけを指しているわけじゃないんです。 「勝ち組」という言葉は悪い意味でも使われますよね。 ろくに仕事もしないで周囲から諦められている人、いわゆる給料泥棒に対しても使われます。 メンタルが弱い僕たちは、給料泥棒って言われるのが怖いですよね。 周りに嫌われていないか、蔑まれていないか、いつも気にしています。 だから給料泥棒って言われない程度には仕事をがんばってしまいます。 だいたい上司に指導を諦めさせるのって、よっぽどのことです。 一度や二度怒られたぐらいで凹まない! 反省しない! 改善しない! こんなことをずっと続けないといけないんです。 できますか? できないですよね。 だって怒られたくないんだから。 僕は一時期そんな勝ち組の人たちを本気で羨ましいと思っていたことがありましたが、どのみち自分には身につかない性質だなと思いスッパリ諦めました。 サラリーマンとして出世するのもメンタルが強い人。 窓際で給料泥棒として生きられるのもメンタルが強い人。 会社組織はメンタルが強い人に有利なようにできてるんです。 だからメンタルの弱い僕たちは、会社という不利な場所で戦おうとするのではなく、もっと有利な場所を見つけて戦うべきです。 有利な場所とは、会社の人間関係から解き放たれた場所、すなわちフリーランスです。 そしてフリーランスとして生きていくにはスキルが命です。 そう、僕たちが心穏やかに生きようと思ったら、一人で生きていくためのスキルを身に着ける必要があるのです。 目指すは独立。 会社はスキルを身につける場と捉えよう 自分だけでも精一杯なのに、他人の責任まで背負い込んではいられない。 そう考えると、目指すのは責任の重いマネージャーではなく、いちプレイヤーのまま居続けることです。 でも、会社がずっとヒラのまま置いておいてくれる保証はない。 だからといって時給800円で働きたいわけじゃない。 ベルトコンベアで流れてくる弁当に延々お惣菜を詰めたいわけじゃない(それも立派なお仕事ですが)。 人並みの、できればそれ以上の生活がしたい。 となると、必要なのはプレイヤーとしての自分の価値を高めることです。 すなわちお金になるスキルを身に着けること。 中途半端なスキルでは搾取対象になるので、目指すは特定の分野のプロフェッショナルです。 希少人材になれば搾取されることはありません。 身につけやすいスキルから上昇させる できれば今の仕事と関係のあるスキルを伸ばしましょう。 つまり目の前の仕事を一生懸命やることです。 IT系の部署にいるならプログラミングを、営業の部署にいるなら営業力を、まずは鍛えてください。 仕事時間を使って1日8時間練習している人と、余暇を使って1日1時間練習している人では、上達が早いのは当然前者です。 職場は独立のためのスキルを身に着ける場だと思いましょう。 タダで練習させてくれて、責任は会社が負ってくれて、なおかつお金までもらえる。 儲けものです。 伸びない、向いてないと思ったら早く異動または転職して向いている分野を見つけてください。 向いてない分野でがんばるのは自分も会社もお互いに不幸です。 複数のスキルを掛け合わせて希少人材になる スキルを2つ以上身につけると、掛け合わせで希少価値が高まります。 といってもイメージがわかないと思うので具体例を出しましょう。 掛け合わせで活躍している典型例は 厚切りジェイソンです。 彼はお笑い芸人であるとともに、IT企業の幹部でもあります。 彼が若くして会社の要職に就けたのは、頭が切れるのはもちろんのこと、 「日本語」と 「IT」という2つのスキルを身に着けていたからです。 アメリカには日本語ができる人もITに詳しい人もたくさんいます。 しかし、この2つのスキルを併せ持つ人はほとんどいません。 日本に進出したいIT企業からすれば、喉から手が出るほどほしい人材です。 当然給料は高くなります。 そして日本に渡り、お笑い芸人デビュー。 今や「日本語」「IT」に加え、「お笑い(トーク)」のスキルを身に着けました。 この3つを併せ持つ人は世界中探してもほとんどいないでしょう。 こうなると仕事は放っておいても勝手に向こうからやってきます。 なにしろ需要に対して供給は極小です。 イヤでも目に止まります。 厚切りジェイソンみたいに3つとは言わないまでも、まずは1つ何か他人より秀でているものを作ることです。 その上で何かもう1つ探しましょう。 専門分野での通訳・翻訳も狙えますし、フリーランスになったとき日本以外から仕事を受注できます。 パイが大きくなるとそれだけで仕事が取りやすくなります。 外国語は英語もいいですが競合が多いです。 マイナー言語を身につけると、それだけで希少価値がぐんと増します。 まとめ 僕たちはただでさえうるさい上司や守らなければいけない部下、クレーマー化する顧客に囲まれて仕事をしています。 メンタルの弱い人が消耗する最大の原因は人間関係。 だからお金を稼ぐ上での人間関係はなるべく減らすのが幸せに生きるコツです。 そのための武器としてスキルを身に着けることとフリーランスを紹介しました。 この記事があなたの心を軽くしてくれることを願っています。

次の

メンタルが弱い人の特徴・診断できるチェック項目・克服|仕事

メンタル 弱い 仕事

この記事を読めば、 「自分はメンタル弱いと思っている人の仕事の選び方と、メンタルの弱さを克服して楽しく働いていく為のコツ」が分かります。 この記事を書いている私は新人教育担当の経験が3名あり、後輩指導歴も多数。 すぐに泣いたり落ち込んだりする子の成長も見てきました。 一般的に、「メンタルが弱いから、ちょっとのことで音を上げて、仕事を辞めてしまう」と思われがちですが、よくよく事情を調べてみると、それは違うと考えるようになりました。 メンタルの弱さと、仕事のできる・できないは別の問題です。 また、私自身も涙もろくて、新入社員の頃は上司に叱られて涙した経験があります。 でも、今では泣くことなんて考えられません。 メンタルはかなり鍛えられました。 そんな経験から分かったノウハウをまとめてみました。 就活サイトは、自分で仕事を探すのではなくて紹介してもらえて、就活アドバイザーに相談できる無料サービスです。 メンタルヘルス不調者が増加 2010年頃から、精神的な不調を訴える人が増加していて、メンタルヘルス対策が企業の大きな課題となっています。 財団法人労務行政研究所の調査によると、1か月以上欠勤または休職している社員がいる企業は、63. 5%もいるとのこと。 メンタルヘルス不調者の増減傾向についても、44. 4%企業が「増加している」・33. 7%の企業が「横ばい」だとこたえています。 参考: 最近3年間におけるメンタルヘルス不調者の増減傾向 区分 割合 増加している 44. 4% 横ばい 33. 7% 減少している 9. 5% その他 1. 6% 分からない 10. 7% 【最近3年間におけるメンタルヘルス不調者の増減傾向の円グラフ】 メンタルヘルス不調者の存在がこれだけ大きくなると、企業としても困っていしまいます。 欠勤や休職で仕事ができない社員を抱えることは、お金がかかりますし、プロジェクトが止まってしまったり、代わりの人をすぐに見つけられなかったりと、様々な問題が起きるからです。 企業にしてみれば、メンタルの強い人を採用したいと考えるのも当然ですね。 メンタル弱い人とはどういうことを指すのか? メンタルの問題で休職する場合、医師のに診断される代表的な病名がうつ病です。 周りから見てもわかる状態になると、以下のような症状がみられます。 参考:• 相手の顔色を見てコロコロ意見を変える• ミスの理由を問い詰めると黙る• 自由にやらせるとさぼったり手を抜いたりする• 周りとコミュニケーションをとらない Aさんは、根本的な仕事のやり方や、チームの中での立ち回り方が分かっていないようでした。 これは、メンタルの弱さの問題ではないですね。 自分にとって嫌なことや分からないことに対して、「意見を変える」「黙る」「さぼる」「手の抜く」「泣く」という手段を使って逃げていることが問題なのです。 Aさんに仕事を任せると、黙って自分のできる範囲のことだけをし、定時になったら勝手に帰ってしまっていました。 当然、仕事は未完成。 他の人がAさんのフォローで時間がかかって残業をしているのに、当の本人は何の断りもなく先に帰ってしまうので、チームの一員として認められるはずがありません。 仕事ができたら先輩にチェックしてもらったり、帰る前に「何か手伝えることはありませんか?」などと一言声かけをするのがチームというものですが、それが分かっていないのです。 しかし、同じような問題点を抱えていても、メンタルが強い社員もいます。 Aさんが メンタルを鍛えて図太くなったら、問題はさらに悪化するでしょう。 なぜ注意されるのか?仕事のやり方に問題はないか?助けてもらったり助けたりという全体像が見えているか?などに気づくことが必要なのです。 「先輩がちゃんと教えてくれないから分からない」という人もいますが、社会に出るということは、手取り足取り一から十まで教えてくれるものではありません。 どのように仕事を進めればよいかは、自分から尋ねて、自主的に行動しなければなりません。 メンタルが弱いことと、積極性や自主性がない・気遣いができない 言われたことしかやらない は、別問題です。 慣れればできることも多い 「分からないことを人に聞く」、「一緒に仕事をする人に確認をする」、「電話をかける」、「上司に報告する」 メンタル弱い人は、これらのような 他人への働きかけを苦手とする人が多いように思います。 しかし、これは、慣れによる部分が大きいです。 誰に何を聞けばいいか?わかりやすく教えてくれる人は誰か?など、コミュニケーションにはコツがあります。 例えば、たまにしか電話の応対をしない人は、電話が鳴っただけで緊張するし、どのように答えればいいか分からないことが多ければ不安が多いでしょう。 でも、毎日何十件も電話対応をしていれば、 息を吸うようにできるようになります。 ベテランの事務員さんなどは、堂々として・流暢で・手早く・的確に電話応対をしていて驚くこともありますが、そんな人でも、メンタルは弱くて、新しいことへチャレンジするのは苦手だったりします。 しかし、電話応対という仕事に対しては、何年もかけてスキルを磨いてきたので、堂々とこなせる現在の姿があるのでしょう。 何事においても、はじめて取り組むことは、勇気が必要です。 慣れるまでは、失敗をして怒られることもあるでしょう。 これは、 誰だって同じです。 それに対して、メンタルが弱いからといって逃げていたら、何もできません。 仕事における一つ一つの作業は、それほど難易度が高いモノではありません。 ほとんどが、 経験を積んで慣れれば、誰でもできることです。 慣れるまでのほんのちょっとの大変さを、メンタルの弱さにすり替えるのはやめましょう。 間違った仕事選びの例 「仕事で怒られるのは嫌だし、メンタルが弱いから、人と関わらない仕事を選ぼう」 実は、これは、 とても危険な発想です。 例えば、メンタル弱い人に向いている仕事として、工場勤務や在宅ワークなどがあげられることがあります。 一人で黙々と作業に取り組めることは、良さそうにみえるかもしれませんが、 孤独は、メンタルに負担が大きい状況の一つです。 単純作業を集中力を切らさずに取り組めるかどうかは、向き不向きも多いですし、やる気が出ない時も自己管理をしてさぼらずに仕事をするには、高度なメンタルコントロールが必要です。 また、社会の常識を知らずに、業務委託やフリーランスで独立すると、 ほぼ100%搾取されます。 安い賃金で働かされても何も言えなかったり、値上げ交渉スキルがなくて、他の人より安いお金しかもらえなかったり・・・社会は、そう甘くはありません。 人にもまれてスキルを磨くすべを知らないと、時代遅れの簡単な作業しかできなくなり、 すぐに経済的に苦しい状況に陥ったり、職を失う危険性も高いのです。 安易な仕事選びをすることは、厳しい仕事環境を自ら選んでいるようなものです。 メンタルの弱さを克服する方法 大人になると、徐々にメンタルが強くなります。 その理由は、経験を積んで、「このくらいのことなら大丈夫」と考えられるようになるからです。 苦しい境遇でも平然としている人をみたことがあったり、辛いことを乗り越えて嬉しかった経験をしたりすると、精神的にちょっときついことがあっても、「大丈夫かも?」と思えます。 不当な仕打ちに耐える必要はありませんが、スキルアップや夢実現のためには、精神的な負荷はあって当然です。 辛いことからすべて逃げていては、自分の世界が広がっていきません。 強い心をもって頑張るべきことを見極めて、正しい努力ができれば、楽しいことがたくさん待っています。 頑張る意味を見いだせると、他の人から見ると辛い状況下なのに、取り組むことができていて、「あの人は、メンタルが強い」という印象を持たれます。 つまり、 経験を積んで幅広い知識を持ち、他人に惑わされない深い考え方ができるようになると、何があっても動じずに、自分のやるべきことができる強い人になれるということです。 メンタルの弱さを克服するには、経験を積むことが大事なのです。 ちょっとメンタルがへこむことくらいであれば、「経験値がついた!」「メンタルが強い人に一歩近づけた!」と思ってみましょう。 それから、落ち込むことがあってもストレスをためすぎないように、上手にストレス発散できる方法を身につけておくことも大事です。 多少メンタルが弱くても、すぐに回復できるのであれば、仕事や人付き合いにおける支障は少なくなります。 メンタルの弱さが強みになる仕事 メンタルが弱いことはデメリットと思われがちですが、仕事においてプラスとなる場合もあります。 人は誰でも弱さを抱えているものなので、共感してもらえたり、安心感を与えられることもありますし、メンタル弱い人の立場に立って考えられることは、大事なことだからです。 例えば、営業や販売の仕事は、 メンタル弱い人がトップセールスマンになることも珍しくありません。 強気でごり押ししてくるセールスマンが人気がないのは有名な話です。 営業の仕事をやってみたいなら、「」という就活支援サイトがおすすめです。 ジェイックは、体育会系の面もあるのですが、仲間関係ができやすいので、メンタルが弱い人には意外と向いている場合があります。 働き出してから自力でできるようにいならなければいけないようなことを、研修として就職前に教えてもらえるのもいいところです。 自分のメンタルの弱さを理解していないと、深いコミュニケーションをとることはできません。 弱さをわかっているから、人にやさしくできるというものでしょう。 一方、ミスが許されない経理や財務など事務系の仕事は、 常にプレッシャーがかかるので、意外と、メンタルへの負担が大きいです。 閉鎖的な社内の固定された人間関係の中で仕事をすることは、精神の図太さが必要な場合もあります。 自分はメンタルが弱いと思っていても、勇気が足りないだけで打たれ強いタイプの人もいますし、精神力は強くても持続力がない人もいます。 仕事選びをする際には、自分がどのような人間であるかは、よく考えてみる必要がありますし、就活アドバイザーなどを利用して、 客観的な意見を求めることもよいでしょう。 既卒・フリーター専門の就活支援サービス「 」は、あなただけの就活アドバイザーがサポートしてくれますので、本当に自分に合った仕事探しをしたい人に向いています。 メンタルが弱いという言葉で大雑把にとらえるのではなく、もう少し掘り下げてみると、あなたに向いている仕事は見つかるはずです。 自分に合った仕事を見つけられれば、メンタルの弱さは、人間的なやさしさというあなたの強みになり、仕事における悩みもなくなるでしょう。 メンタル弱い人こそ、本気で自分に合った仕事探しをしましょう。 人気記事.

次の