日本 肺炎 死亡 数。 新型コロナ流行前の日本人の肺炎による死亡者数を調べてみた。

日本人の死因ランキング2019(男女別)、3大死因に変化

日本 肺炎 死亡 数

ということは、死者が出ているとして、その大半の問題は武漢の救命体制にあるわけです。 隔離しつつ酸素吸入と点滴で持たせて回復へ持っていく、その体制が取れずに亡くなった方が出ているということで、その意味で当局の「病院突貫工事」には十分な意味があります。 反対に、日本では「300人も死ぬ病気だ」などと怖がる必要は薄いと考えられます。 子供の死亡例は非常に少ないようですが、危機感が「だらける」のを恐れてか、余り報じられていないのは不思議です。 もっと言えば、強毒性のインフル(H5N1)の場合はこんなものではありません。 肺炎は肺胞炎になって喀血まで行くし、胃腸の炎症は多臓器不全にまで行きます。 頭痛から脳膜炎発症という可能性もあって、致死率は60%と言われているわけです。 それと比較すると、今回のウィルスは弱毒性に近いと言って良いように思います。 例えば2009年に流行した「新型インフル(H1N1亜型)」は強毒性ではなく、日本での死者は198人と「非常に少なかった」わけです。 通常、インフルの死者というのは日本の場合に年間5,000人とかであれば想定内であり、これが7,000とか(2006年)、15,000(2005年)とかになれば、役所が色々と動きます。 さて、新型肺炎ですが、そう考えると「命の危険」はゼロではないものの、日本的な基準で言えば季節性のインフルより低いし、武漢の問題は「ウィルスが強い」のではなく、「医療体制が追いつかない」問題が大きいと考えられるわけです。 もう一つ、数の問題としては中国では「治癒者」の数をちゃんと数えているわけですが、日本の報道には出てこないという問題があります。 その一方で、この新型肺炎について、潜伏期間中の他者への感染は想定内の話です。 ですから、チャーター機3便の帰国者の中で、症状の出ていない人からウィルスが検出されたのも想定内、その人の中で後に発熱が出たのも想定内です。 だったら「潜伏期間中のウィルス検出に成功」という言い方にすれば、いたずらに恐怖感が蔓延することはないと思うのです。 奈良で風評被害が出ているようですが、こうなるとチャーター便帰国者に卵を投げているというような一部の国・地域の反応と同レベルです。 バスの運転手さんで、感染して発症したが隔離療養している人が奈良に住んでいるだけで、市内がシーンとしているなどというのは明らかに行き過ぎです。 こうしたケースのために、首長とか選出議員とかがいるわけで、しっかり仕事して欲しいと思います。 高市早苗氏とかは特に。 反対に、来日観光客の通過が顕著であったはずの京都、各空港、山梨界隈、東京湾や大阪湾界隈などについては、風評のトラブルがないのは良いことだと思います。 その風評エネルギーが奈良に向かってしまったということなんでしょうか。 ワクチンについては、このウィルスに関する免疫メカニズムがもっと解明され、また試験薬が出来たとして、大規模な「臨床試験(治験)」をする必要がありますから、数年かかる話です。

次の

肺炎

日本 肺炎 死亡 数

テレビ朝日本社(「Wikipedia」より) 6日放送のテレビ番組『 羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に、安倍晋三首相や政府と太いパイプを持つことで知られる政治ジャーナリスト・ 田崎史郎氏が出演した。 田崎氏は放送終盤、コメンテーターの玉川徹氏と新型コロナウイルスの日本国内の死亡者数をめぐり激論となった。 その際、田崎氏の「肺炎で亡くなった人のことを、あとでCT検査をして、これでコロナかどうかいちいち判断しているんですよ」との発言が、議論を呼んでいる。 新型コロナの死者は全員CT検査をしている? 番組では『PCR検査なぜ少ない「政府が調査へ」』と題するコーナーで、日本のPCR検査数の少なさと死者数の少なさをテーマに議論が行われていた。 激論の発端は「死亡者が少ないことということは日本の感染防止対策が奏功しているともいえる」という指摘に対して、玉川氏が反論したことだった。 玉川徹氏(以下、玉川)「検査していないのに、感染者はわからないじゃないですか。 感染した人で、亡くなった人の死者数でしょ。 感染が確認された人で亡くなった人の死者数」 田崎史郎氏(以下、田崎)「そうじゃなくて肺炎で亡くなった人のことを、あとでCT検査をして、これでコロナかどうかいちいち判断しているんですよ」 玉川「全部でありませんよ」 田崎「全部やっているんですよ。 その結果として、今の死者数が出てきている」 玉川「最初からですか? すべての病院に対してですか? 1日400人、肺炎で亡くなっている人にPCR検査やっているんですか」 田崎「CT検査をしなさいということを言っているわけですよ」 つまり田崎氏は、原因不明の肺炎で亡くなった患者すべてにCT検査を実施した上で、新型コロナウイルスの有無を検査していると主張しているのだ。 厚生労働省は確かにCT検査の結果を新型コロナ感染の有無を調べる上で、一つの指標としている。 だが、その検査結果で確定診断を下すわけではない。 参考までに以下、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部『新型コロナウイルス感染症COVID-19診療の手引き』から、CT検査に関する記載部分を引用する。 「胸部 CT 検査は感度が高く、無症状であっても異常所見を認めることがある。 武漢市における患者(81 例)の胸部 CT 所見のまとめでは,79%に両側の陰影を認め、54%は肺野末梢に分布した。 すべての肺野に異常を認めうるが,右下葉に多い傾向を認めた。 発症から 1 ~ 3 週間の経過でスリガラス陰影から浸潤影に変化する.第 14 病日頃にピークとなることが多い」 少なくとも厚労省の手引きには、生きている患者に対するCT検査の指針しか述べられていない。 田崎氏の発言「原理的にありえない」 今回の田崎氏の発言に対して、医師で医療ガバナンス研究所の上昌広理事長は次のように憤る。 「原理的にあり得ません。 肺炎の死者は年間に10万人以上です。 3カ月で2万5000人以上が亡くなっています。 日本のPCR数を考えればあり得ません。 また、多くが中小病院で亡くなる高齢者です。 PCR検査をやっていません。 これは安倍首相も同じことを言っていました。 デタラメです」 東京都内の葬儀会社社員も次のように話す。 「他県はどうかわかりませんが、肺炎で亡くなった患者様のケースなどを念頭に置き、東京都、指定医療機関、火葬場はガイドラインを策定しています。 ご遺体を納体袋に入れて表面を消毒するとか、棺への花入れや読経の禁止、立会人を制限させていただくなど、感染拡大防止対策をしています。 というのも未検査のご遺体は大変多いので、非常に申し訳ないのですが未検査肺炎患者様のご遺体も同様の扱いとしています」 田崎氏はこれらの反論にどう答えるのだろうか。 (文=編集部).

次の

2018年、日本人口は44万超の減少、「老衰」が死因第3位に浮上―厚労省

日本 肺炎 死亡 数

肺のX線写真。 細菌性肺炎の特徴が見られる。 分類および外部参照情報 発音 感染症学、呼吸器学 - , , , , , , , - -, 肺炎(はいえん、: Pneumonia)とは、の炎症性疾患の総称である。 治療法はその原因によって異なり 、細菌性のものであればが用いられる。 重症の場合は一般的にとなる。 酸素レベルが低い場合はを行う。 肺炎の法に関しては、ある種の肺炎に限ればによって予防可能ではある。 他の予防法としては、、などがある。 肺炎は世界で年間4. 日本の死亡統計においても、肺炎は死亡原因としては2018年で第5位である。 肺炎は19世紀にはに「男性死因の代表格」として描かれていたが 、20世紀には抗生物質とワクチンの普及により ()が改善されはした。 しかしながら途上国では、現在も主要な死因の一つとされ、高齢者と若年者において代表的な慢性疾患である。 上で述べたように現代日本の全世代の死亡統計でも死因の第4位であり(あなどれず)、しかも85~89歳では死因第3位、90~99歳では第2位、と年齢が上がるにつれ次第に順位が上がる (になればなるほど肺炎で死ぬ人の割合が増え、医療側もそれを重視し、念入りに予防策を講じなければならないことになる)。 しばしば肺炎は、死に近づいている者の象徴として描かれており「老人の友」と呼ばれている。 more than 7,000 肺炎は年齢・性別に関係なく一般的な病気であり、全世界で毎年4. 5億人が発症している。 肺炎発症者のうち、ウイルス性肺炎が2億人を占めている。 米国において肺炎は8番目の死因であった(2009年)。 日本の原因疾患別死亡者数の割合と順位では、肺炎は1947年は2位、1948年は4位、1949年から1951年で3位、1952年は5位、1953年は4位、1957年から1960年まで5位、1962年5位、1973年から1974年まで5位、1975年から2010年まで4位、2011年から2015年まで3位であり 、2015年度は死亡者数129万0428人のうち、肺炎による死者数は12万0846人であり 、死亡者総数に対する割合は9. 児童 [ ] 2008年には、およそ1億5600万人の児童が肺炎を発症したが、そのうちの肺炎発症者は1億5100万人にのぼり、先進国の児童の肺炎発症者は約500万人だった。 児童の患者数が最も多いのは(4300万人)であり、次いで(2100万人)、(1000万人)が続く。 肺炎はの児童の主な死因となっている。 は、の死亡者の3分の1が肺炎によって占められていると推定している。 これらの死亡のうち約半分は効果的なが入手可能なによって引き起こされるものであるため、予防が可能である。 2011年には、アメリカで肺炎は乳幼児及び児童が救急隊によって搬送され入院するもっとも一般的な理由となっていた。 それが薬剤耐性菌であることも多く、薬剤耐性肺炎球菌 DRSP や、 MRSA などと呼ばれている。 による肺炎。 潜伏期2〜3週間。 統計は、院内肺炎ではなくが多い。 検査は、血液検査ではや抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。 胸部は区域性の所見を示さず、すりガラス状の間質性陰影を見ることが多い。 ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。 診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。 治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日かかるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。 化学療法はを用いる。 は細胞壁を持たないので等の細胞壁合成阻害薬は無効である。 また、系も気道移行性が悪いので無効である。 系、系、系を第一選択薬とする。 一般的には、、、、、など。 ではめったに起こらないが、例外として新生児、がん患者、臓器移植レシピエント、重度熱傷が挙げられる。 は、臓器移植患者や免疫不全患者に起こり得る。 菌類 [ ] 誤嚥性肺炎(右側下葉)• 機械的肺炎• 嚥下性肺炎; aspiration pneumonia• 閉塞性肺炎• 吸入性肺炎• 薬剤性肺炎• - をきたすことがある。 症候性肺炎• 性肺炎 におけるリウマチ肺が代表• その他• 、過敏性肺炎 症状 [ ] 、、、、全身倦怠感、など。 初期はのどの痛みはあまりないが、痰を排出しようと咳を繰り返すことで炎症を起こす場合がある。 しかし、高齢者の場合、発熱がみられないなど非典型的な症状を呈することが多く、食欲低下、何となく元気がない、といったちょっとした体調の変化をきっかけとして肺炎の診断につながる例も少なくないので注意が必要である。 従来は行われていなかったがの有用性が報告されている。 喀痰のは有用と考えられ、による貪食像 どんしょくぞう: 好中球が細菌を取り込んでいる像 は起炎菌の同定 原因となる病原体を特定すること につながることもある では特に。 ただし、臨床研究では喀痰グラム染色と起炎菌とは一致しないと結論され、アメリカのガイドラインでは推奨されていない。 近年は迅速診断キットにより、については尿を検体 検査をする対象物 として検査が可能となった 商品名 BinaxNOW肺炎球菌、レジオネラ。 の検査キットBinaxStrepAは咽頭粘液を検体とする。 なお、肺炎の原因菌の中でも特殊な結核に付いては、常に鑑別にあげなければならない。 を疑う場合は、チール・ニールセン染色や蛍光塗抹検査、などを行う。 分類 [ ] 肺炎の分類としては、いくつかの異なった分類が存在する。 罹患場所による分類 [ ]• community-acquired pneumonia; CAP : 普通の生活のなかで発症した肺炎。 なお、退院後2週間までに起こった肺炎は院内肺炎と見なす。 これは原因菌の想定を妥当なものとするためである。 院内肺炎 hospital-acquired pneumonia; HAP : で治療中の患者、他の疾患を持つ患者に発症した肺炎。 なお、入院後48時間までに発症した肺炎は市中肺炎と見なす。 これも原因菌の想定を妥当なものとするためである。 医療ケア関連肺炎 Healthcare-associated Pneumonia; HCAP : 老人ホームなどの医療・介護施設で発症した肺炎。 病変の形態による分類 [ ]• 大葉性肺炎• 予防 [ ] ビタミンCの肺炎予防と治療に対する効果の、2013年のレビューは、特殊な集団における証拠があるがさらなる調査が必要とし、特にビタミンCが少ない場合にどうなるかさらなる研究を求めたが、安く安全性が高いため、血中ビタミンC濃度が低い肺炎患者への使用は妥当だとした。 予防では、兵士、1940年代の寄宿学校の男子、治療では高齢者、旧ソ連での栄養状態に関する記載がない研究、また熱傷入院患者の研究である。 治療 [ ] 細菌性肺炎が疑われる場合は細菌にあったの投与を行うが、原因菌特定には、喀痰培養同定・感受性検査など、時間のかかることが多く菌の種類を推定して抗生剤の選択を行うことが多い。 では抗真菌薬、性肺炎では対応した抗ウイルス薬を用いる。 施設による違いはあるが、米国式のやり方をとっている施設では、菌の種類は推定せず、であるかであるかによって抗生剤を使い分ける。 それは、胸部レントゲン像で菌の種類をみわけることはできないとする臨床研究の結果にしたがったものである。 しかし、日本の一般的な医療機関では、まず広域抗生剤といわれる多くの種類の最近に効く抗生剤を、患者の状況などから経験的に投与し、培養検査(肺炎の場合喀痰を培養し、原因菌を調べ、またどの抗生剤が有効かを調べる検査)の結果が出た時点で抗生剤を適宜変更するというのがスタンダードである。 入院を必要としない市中肺炎では、、、、、、、を主なターゲットとして抗生剤 、 や新世代 、 を用いるが、肺炎球菌に対するクラリスロマイシンの感性が低下(効果が不十分)していることを初め、ここ数年では顕著な変化は見られないものの、風邪に対する抗菌薬の乱用が一因と考えられる各種の抗菌薬に対する耐性化が深刻な問題となっている。 細菌性市中肺炎の原因となる頻度としては肺炎球菌が最も多く、特に65歳以上では28. また65歳以上ではなどのグラム陰性桿菌による肺炎も4. 入院を必要とする市中肺炎では、抗菌剤の投与は5日に留めることが推奨されている (治療が上手くいっていない場合は薬剤を変更して、延長される)。 院内肺炎ではグラム陰性桿菌、たとえばや菌をターゲットとして第3世代 セフォタキシム等 を用いる。 過敏性肺炎では、原因抗体からの隔離。 小児の肺炎 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年10月) 小児の肺炎では、経験的治療は大きく異なってくる。 その違いは肺炎の起炎菌の違いによるものである。 新生児を除く乳幼児では、肺炎の3大起炎菌といえるのは、肺炎球菌、である。 成人と異なり属や緑膿菌は少ないため、第3世代セフェムよりも抗菌の狭いを選択するのが一般的である 施設によってはセフェムを選択するところもある。 喀痰塗抹を参考にできるような施設では、肺炎球菌が疑わしい場合にはなどより狭いスペクトラムを持つ薬剤を選択する。 特に乳児では誤嚥性の肺炎も少なからず見られるが、高齢者と異なり誤嚥性肺炎でも緑膿菌感染症は少ないため、スルバクタム・アンピシリン 嫌気性菌にも有効であるため を選択する。 誤嚥性肺炎が疑わしい場合には、気道症状が治まるまで経口哺乳の禁止が必要となることもある。 学童以上の年齢ではマイコプラズマによる肺炎が多くなる。 細菌性肺炎との鑑別はX線像ではまず不可能であり、血液所見 好中球増加の有無、上昇の有無、マイコプラズマIgM迅速検査など や全身状態、気道症状の程度などが参考となる。 マイコプラズマにはが無効であるが、 など やは副作用の問題で小児には投与しにくい、あるいはできないため、を選択する 永久歯が生えていない小児にテトラサイクリンを投与すると、後に生えた永久歯に黄色く色素沈着することがある。 また骨成長障害が副作用としてみられることも知られている。 ニューキノロン系多くではの小児への投与は、動物実験で関節障害が見られたために日本では禁忌となっている。 商品名:オゼックス小児用細粒 は例外で小児への適応症をもつ。 基礎疾患や障害のある患児では、その疾患によって肺炎の起炎菌に特徴がある。 また、過去の細菌検査の結果も起炎菌推定の助けになる。 出典 [ ]• NHLBI 2011年3月1日. 2016年3月2日閲覧。 NHLBI 2011年3月1日. 2016年3月2日閲覧。 NHLBI 2011年3月1日. 2016年3月3日閲覧。 NHLBI 2011年3月1日. 2016年3月3日閲覧。 Lancet 377 9773 : 1264—75. The Cochrane database of systematic reviews 6: CD004874. Osler, William 1901. New York: D. Appleton and Company. 108. George, Ronald B. 2005. 5th ed. 353. Emergency Medicine Practice 7 12. The Medical clinics of North America 95 6 : 1143—61. Paediatric Respiratory Reviews 12 1 : 52—9. March 2011. Lancet 379 9832 : 2151—61. June 2012. Bulletin of the World Health Organization 86 5 : 408—16. May 2008. World Health Statistics Quarterly. Rapport Trimestriel De Statistiques Sanitaires Mondiales 45 2-3 : 180—91. 1992. Releve Epidemiologique Hebdomadaire 74 23 : 177—83. June 1999. HCUP Statistical Brief 174. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality 2014年6月. 2018年9月5日閲覧。 Current Opinion in Pulmonary Medicine 13 3 : 159—69. Anevlavis S; Bouros D February 2010. Expert Opin Pharmacother 11 3 : 361—74. Chapter 31. Figueiredo LT September 2009. J Bras Pneumol 35 9 : 899—906. 2010. 2nd ed. New Delhi: Jaypee Brothers Medical Pub.. 391—394. Tintinalli, Judith E. 2010. Emergency Medicine: A Comprehensive Study Guide Emergency Medicine Tintinalli. New York: McGraw-Hill Companies. 480. Shah, Vaishali P. ; Tunik, Michael G. ; Tsung, James W. 2013. JAMA Pediatrics 167 2 : 119. Darge, Kassa; Chen, Aaron 2013. JAMA Pediatrics 167 2 : 187. 進藤有一郎、長谷川好規:医療ケア関連肺炎. 『化学療法の領域』27 4 、p117-124、2011. Cochrane Database Syst Re 8 : CD005532. Saito A. et al: J Infect Chemother 12 2 : 63, 2006• 猪狩淳: 順天堂医学 50 2 : 124, 2004• Vaughn VM et al. Excess antibiotic treatment duration and adverse events in patients hospitalized with pneumonia: A multihospital cohort study. Ann Intern Med 2019;171:153. Spellberg B and Rice LB. Duration of antibiotic therapy: Shorter is better. Ann Intern Med 2019;171:210. MSDマニュアル プロフェッショナル版• 稲瀬直彦、 日本内科学会雑誌 105巻 2016 6号 p. 991-996, : 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の