目黒 観光。 2020年 目黒・中目黒で絶対外せない!おすすめ観光スポット&ランキング│観光・旅行ガイド

【ホームメイト・リサーチ】目黒区の観光マップ・レジャーマップ

目黒 観光

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 観光スポット周辺• 空港周辺• 目黒区の人気カテゴリ• 目黒区で検索数の多いキーワード• 空港周辺• 観光スポット周辺• 大学周辺• ホテル周辺•

次の

ぷらっと行けちゃう!目黒・中目黒エリアの観光スポットまとめ10選

目黒 観光

【観光の前に】目黒ってどんなところ? 目黒と呼ばれるエリアの中心はまず東京都の23区の中の1つである 目黒区。 目黒区は中目黒や自由が丘など東京でも観光や買い物に人気のエリアですが、目黒と呼ばれるエリアは 目黒区だけでなくその周辺にあるJR目黒駅や東急目黒線内の不動前駅など、美術館や神社などの多いエリアも目黒として含まれる事が多いです。 また恵比寿や渋谷にも近く都心への交通の便も良い都心部であるにも関わらず、神社や公園などの緑が保護されているエリアが多く、また治安も安定していることから、東京都内でも住みやすい街として人気を集めています。 今回はそんな目黒にある人気観光スポットやおすすめレストランを厳選して紹介! 最初にご紹介する目黒でおすすめの観光スポットは海外訪日観光客にも大人気の観光スポット 雅叙園です。 雅叙園はウェディングもできるホテルとしても有名ですが、園内にある東京都指定有形文化財に指定されている"百段階段"は1935年に建てられた現存する木造の建物ですが、この階段もさることながら、階段との間にある各部屋の日本デザインの美しさには目を見張ることでしょう。 また園内には素晴らしい日本庭園もあり、園内併設のカフェ"パンドラ"ではこの美しい庭園をみながらお茶を楽しむことも可能。 目黒の観光スポットとしてだけでなく、東京に来たら訪れたいマストゴーな観光スポットでしょう。 国立科学博物館附属自然教育園のある白金台地にはすでに縄文時代より人が住んでいたとされる遺跡が見つかっているエリアで、1949年には国の管轄となり天然記念物及び史跡として登録されています。 季節に応じて美しく変わる園内は東京にいるとは思えない程の穏やかで、ゆっくりと1日いるとすっかり日常の疲れがとれるようなさわやかな気分になれるでしょう。 4月になると周辺で桜まつりも開催され、屋台なども営業を始めますので、桜を見ながら花見を楽しむことも可能。 そんな美しい目黒の桜をみながらゆっくり食事ができるレストランは目黒川にいくつかありますが、中でも人気が高いお店は 焼鶏 あきら。 焼鶏 あきらは焼き肉ならぬ焼き鶏のお店で炭火焼で焼き肉のように鶏肉を焼いて食べるのが特徴で美しい目黒川の桜を店内から眺めることが可能である為、特に桜の咲くころは大変予約が混みあいますので、早めの予約がおすすめです。 東京都庭園美術館は旧朝香宮邸であった建物であり、当時のフランスがアールデコのブームとなっていた為、その様式を大きく取り入れた美しいデザインです。 また 東京都庭園美術館には西洋庭園と日本庭園が両方楽しめる上 茶室もあり、和と洋の美しさ比較できるめずらしい観光スポット。 館内にはカフェやレストランもあり、都内とは思えないゆったりと落ち着いた静かな時間を楽しめます。 目黒さんま祭りは1996年から目黒駅前商店街振興組合によって開催されているお祭りで毎年9月に行われています。 目黒さんま祭りではなんと無料で焼きたてのさんまを配布していて、年々さんまを欲する人々で行列ができる人気のお祭り。 近年では朝早い段階で並ばないと食べられない程人気となっていますので、なかなか無料で食べることはできないかもしれませんが、さんまのいい香りが街中を巡りますので、近くまで見に行くだけでも楽しめるでしょう。 代官山や恵比寿にも近い為、デートスポットや買い物エリアとしてもおすすめのエリア。 そんな中目黒駅でおすすめのお店が 中目黒 蔦屋書店。 中目黒駅からすぐの 中目黒 蔦屋書店はアクセスしやすく、本屋やカフェとしては夜0時まで営業している珍しい店舗で、学生も多く集まりまります。 店内にはおしゃれな雑貨も取り扱っていて、買い物も楽しめ為、ゆっくり目黒観光を楽しんだ後で 中目黒 蔦屋書店カフェでゆっくりし、読書や買い物を楽しむのもおすすめ。 インテリアのお店ですが、もちろん雑貨や洋服などを取り扱っている店舗もあり、通りを歩いているだけで面白く、アンティーク好きには特におすすめしたいストリート。 さまざまなお店があり、どれもおすすめですが今回はそんなインテリアショップの中でも人気のお店 Sonechikaをご紹介します。 SonechikaはCOLTが運営する実店舗で目黒通り沿いには3店舗あり、インテリアの買い取り販売を行っているお店。 1点ものばかりで、実際にお店に行き、目で見てから購入するスタイルである為、掘り出し物を見つけられる可能性の高い素敵なお店です。 特に目黒大鳥神社の11月に行われる酉の市は有名で、その起源は江戸時代と言われています。 この酉の市で販売されるのが"熊手"で、とくに目黒大鳥神社はこの熊手を購入するためにわざわざ遠方から訪ねてくる人がいるほど毎年混雑する人気行事。 熊手は商売繁盛や出世の縁起物であるため、お店のオーナーや経営者が購入するケースが多いですが、開運や火難除けとしても有名ですから、一般の方ももちろん購入可能。 年ごとに少しずつ大きく、高い熊手にしていくと良いと言われていますので最初は小さいものから始めると良いでしょう。 ゆっくりと街を歩きながら、散歩するだけでも気分転換になりますが、今回はそんな目黒区自由が丘でおすすめの観光スポットが 一誠堂美術館。 一誠堂美術館は自由が丘駅から徒歩で5分ほどの所にあるジュエリーや時計、眼鏡などを扱う"一誠堂"の地下1階にある美術館で、アール・ヌーボーの美しいランプが展示されています。 実は 一誠堂美術館をおすすめする理由は美術館だけではありません。 美術館に併設されているカフェ、エミールは自由が丘でもゆっくりお茶ができるカフェとして大変おすすめで、カフェ自体のお値段は800円前後しますが、ゆったりとしたラグジュアリーな時間を楽しめる穴場カフェです。 一誠堂美術館 住所: 電話番号:03-3718-7183 営業時間:10:00 amから6:00 pm 定休日:水曜 入場料や利用料:- URL: 最初にご紹介する目黒で人気の食事処は常に行列のお寿司屋さん 回し寿司 活。 回し寿司 活は東京メトロや都営三田線などの地下鉄目黒駅直結のアトレ目黒2の1階にある回転寿司ですが、寿司ネタの新鮮さは大変評判で、価格も大変リーズナブルであることから、常に店舗前にはお客の列ができているほどの人気店。 また日本人だけでなく評判を聞きつけた海外の観光客や日本に住む外国籍の方にも大変人気で国籍問わず、多くのお寿司ファンに人気のお店です。 行列ができることでもお分かりになるかと思いますが、残念ながら席の予約ができない為、並んで待つしかありませんが、目黒に来たら一度は行きたいおすすめのお寿司屋さんでしょう。 Ristorantino Luberoは目黒駅から白金台方面に目黒通りを進み、徒歩で5分ほどの所にある一軒家をリノベーションして作られたお店で見た目は普通の家の為、少し分かりずらいですが、お店に入ればアットホームなイタリアンレストラン。 ランチは土日のみでメニューも4200円のコースのみですが、女子会やデートにもぴったりのおしゃれでおいしい食事が楽しめます。 ディナーはアラカルトでお好きに選んで食事をすることもできますが、コースももちろん可能で、6500円コースなどリーズナブルなコースも可能。 スパゲティ ダンは目黒駅ニトリのお店出口から通りに出て目の前にある寿司屋さんを右手にしすぐにあるお店で、目黒駅からは徒歩2分ほどのアクセスのしやすいお店。 レトロな店内は長い月日を感じる懐かしい雰囲気のお店で、多くの雑誌にも取り上げられる人気レストランです。 メニューはもちろんスパゲッティがメインで特にたらこに特化したメニューが豊富。 たらこウニのスパゲッティや梅味のスパゲッティはまた食べたくなるような後味で日本人好みのおすすめメニュー。 始めていかれる方は少しわかりにくいので注意が必要ですが、こじんまりした可愛らしいお店で、日替わりで変わるオムライスが堪能できます。 メニューはオムライスの他にもカレーがあり、野菜カレーや魚介類のカレーが楽しめサラダ付きで1000円とリーズナブルな価格。 オムライスは時間がかかることがありますので、仕事中の休み時間が短い場合は、カレーライスのほうがおすすめです。 オムライスには3サイズあり、女子盛りは1000円、男子盛りは1100円、大盛りは1200円。 ボリュームはそこそこありますから、女子盛りでも十分満足できるランチです。 インドネシアレストラン チャベ 目黒店は日本ではまだ珍しいインドネシア料理を堪能することができるレストランです。 ビルの2階にあるため少し分かりにくいですが、日替わりランチは850円程度と大変リーズナブルですが、しっかりと考えられたレシピで十分満足できるランチメニューでしょう。 ランチメニューの詳細はフェイスブックでも確認できる為、行かれる前に日替わりランチメニューを確認することも可能です。 またランチだけでなくディナーもおすすめで、リーズナブルにおいしいインドネシア料理が楽しめるカジュアルデートにも最適。 インドネシアレストラン チャベ 目黒店 住所: 電話番号:03-6432-5748 営業時間:11:30 amから2:30 pm, 5:30 pmから10:00 pm 定休日:日曜 URL: アトレ目黒はJR山手線目黒駅直結のショッピングセンターで、目黒駅側の1階はお土産用のお菓子などの販売エリア、2階はスーパーマーケットや化粧品、雑貨店などが営業していて、必要な物は大体すべて アトレ目黒に行けば揃うといえるほど、日常生活品店がまとめてコンパクトに入っている優秀なショッピングセンター。 また目黒駅の中央改札口を出て切符販売機と同じ側には2017年にオープンしたニトリがあり、広いスペースでゆっくり買い物が楽しめます。 さらに東京メトロ南北線や都営三田線の目黒駅側には"アトレ目黒2"があり、カフェやレストランでゆっくり食事も楽しめ、目黒観光後にも便利な食事処でしょう。 アトレ目黒 住所: 電話番号:03-6408-8400 営業時間:10 amから9 pm 物販 定休日:不定休 URL: 目黒駅から車で7分ほど目黒川沿いを進むと中目黒駅が見えてきますが、そこから歩いてすぐにEXILEの公式ファンショプである EXILE TRIBE STATIONが見えてきます。 EXILE TRIBE STATIONは東京と大阪にのみにあるEXILEの公式実店舗でEXILEのコンサートに使えるような商品が沢山販売されているEXILEファンには重要な店舗。 EXILE TRIBE STATIONで混雑する可能性がある日程はあらかじめ入店電子整理券が発券されるほどの人気店で、この整理券はEXILEオフィシャルモバイル会員のみ発券することが可能。 整理券が発見される場合はモバイルサイト等で告知される為、 EXILE TRIBE STATIONに行かれる場合は事前に公式サイトを確認したから行くようにしましょう。 EXILE TRIBE STATION 住所: 電話番号:03-6452-3312 営業時間:12 amから8 pm 定休日:- URL:.

次の

東京都目黒区のシンプル地図(縮尺7)

目黒 観光

この記事の目次• 目黒にある歴史的な観光スポット「目黒不動尊」 目黒不動尊として知られる瀧泉寺は、江戸三大不動・江戸五色不動のひとつで、関東三十六不動の第十八番目となっています。 お寺には、江戸時代の儒学者として知られる青木昆陽の墓があるなど見どころはいろいろあります。 寺は808年に建てられたといわれており、古刹な寺の一つです。 境内に独鈷の滝が神秘の滝で、この滝の水が病気をなおしてくれると信じられたそうです。 この滝は現在も見ることができます。 そのほか、境内のみどころは、滝前にある前不動堂、大本堂などです。 青木昆陽の墓は国指定の史跡にもなっています。 また、こちらの寺は、江戸最初の山手七福神めぐりの一つとなっていますので、社務所にて恵比寿のおみくじだるまを購入されてみてはいかがでしょうか。 こちらは、思想家である柳宗悦の民芸運動の拠点として、実業家の大原孫三郎などのサポートをえてつくられた民藝に関する調査研究をする場所でした。 現在は登録博物館として運営されており、17000点ほど工芸品が保存されています。 本館一階、二階とミュージアムショップ、西館から成り立っています。 1936年に建てられた建物だけに、バリアフリー対応に一部なっていませんが、貸し出し用の車椅子なども用意してありますし、エレベーターなどもあるので、必要な場合は日本民藝館に問い合わせて訪れるとよいでしょう。 所蔵されているものは、日本、朝鮮半島の物のほかに、台湾、中国、欧米などもあります。 作家はバーナードリーチ、濱田庄司など民芸運動に参加したアーティストのものが納めてあります。 目黒にある協会。 神秘的な雰囲気が味わえる「カトリック碑文谷教会」 目黒にあるサレジオ協会は、イタリアで生まれた男子のカトリック修道会です。 碑文谷教会は、江戸のサンタマリアと呼ばれた教会で、江戸時代宗教弾圧に苦しんだキリシタンが、イタリアからもってきた壁画があることで知られています。 教会は住宅街にひっそりとあるので、見学される人は、静かに訪れたほうがよいでしょう。 見どころは、白い大理石で作られたピエタ増、主採暖に飾ってあるモザイクの壁画「最後の晩餐」などがあります。 もちろん、最も見逃してほしくないものは、日本三大マリア像の一つといわれている江戸のサンタ・マリアです。 ぜひ足を運んでみてください ボート遊びをすることができる水田用灌漑ため池である弁財池がある公園です。 ボートは有料で、週末、祝日に利用することができます。 園内には、子供たちが動物にふれることができる「こども動物広場」があり、地域に愛されている公園です。 このこども動物広場では、ポニーに乗ったりすることができる上室が開催されています。 小さい子供でも安心してのれる引き馬スタイルで乗馬を楽しむことができます。 施設としてテニスコート、体育館、野球場があります。 弁財池には噴水もあるので、あてもなくぶらぶらと散策を楽しんだり、ボートに乗ったりするとよいでしょう。 公園では春にはバラが咲く花壇が整備されていますし、秋には紅葉を楽しむことができます。 目黒の自然を感じに行きましょう! 自由が丘エリアで訪れてほしいのが、自由が丘商店街です。 商店街は幅広い年齢にやさしいつくりとなっています。 初めて訪れる人は、まず情報を得るためにインフォメーションセンターへ行ってみましょう。 インフォメーションセンターで新着情報をゲットしたらグルメ、ファッション、ビューティヘルスなどいろんなジャンルから行ってみたいお店を訪ねてみましょう。 テレビや雑誌などで何度も取り上げられたことがある有名なお店も商店街にはあるので気っと楽しめるはずです。 商店街ではまた地域の人とつくりあげるイベントも一年の中で何度かあります。 もっとも盛大なイベントが自由が丘女神まつりといわれているもので、例年10月に開催されています。 そのほか、クリスマス時期にはイルミネーションで商店街が彩られ、さらにゴスペルライブを聞くことができます。 ただブラつくだけでもおしゃれでたのしい場所。 ぜひ商店街行ってみましょう。

次の