ジャニーズ web ページ の 数。 iPhone・Androidジャニーズweb保存方法まとめ。

ユーザーのサイト内行動をどう分析するか?——回遊分析(2) [アクセス解析tips]

ジャニーズ web ページ の 数

コンテンツとは、Webページの中に書き込まれている、文書や絵などの内容のことを言います。 実は、ページ数とコンテンツ量を調整することによって、上位ヒットしやすくなるって、ご存じですか?。 このことは、ケース・バイ・ケースなので、微妙と言えば微妙なのですが、おおよそ、そのような傾向があります。 ページ数 仕事柄、いろいろな業種のWebサイトを製作し、管理契約を結ばせて頂いて、Webサイト訪問者やキーワードのチェックさせて頂いているのですが、とある傾向がわかってきました。 昔は違いましたが、最近では、ページ数の多さは、検索結果の順位付けに、ほぼ影響がございません。 ページ数が多くなると、管理が大変になって、コストがかかるばかりか、1ページ当たりのコンテンツ量が減って、上位ヒットしにくくなります。 内容が稀薄になるにもかかわらず、やみくもにページ数を増やすことは、止めた方が良いです。 しかし、検索エンジンの検索結果で、どれか1ページでも上位ヒットしてくれたら良いですので、ページ数が多いとそれだけ有利になります。 ちなみに、大手企業でしたら、Webページ数を、3万ページや4万ページと作っていることは、すでに当たり前になってきています。 その中で、中小企業がどのように戦っていくかが、重要になってくるわけです。 コンテンツ量 上位ヒットには、キーワードの出現頻度、総キーワード数、被リンク数、キーワードの重み付けなど、さまざまな要因がございますので、なかなか難しいところです。 そうは言うものの、私の今までの経験から、同じ内容のWebページが二つあったとしても、1ページ中のコンテンツ量が多いページの方が、上位ヒットしやすいように思います。 ここが、大手企業のWebサイトと太刀打ちできる所だと思います。 ですので、最低でもトップページは、テキストの文字数を2000以上にしてください。 コンテンツ量を増やすのは簡単 商品の紹介ページでしたら、とても簡単にコンテンツ量を増やすことができます。 それは、商品のページに「ご注文方法」「お支払い方法」「送料」「配送時間」などの、今まではご注文ページに入っていた内容を、入れるのです。 増やせば良いってわけじゃない コンテンツ量を増やせば良いからと言って、膨大な行数のWebページを作っても、これまた意味がございません。 なぜなら、検索エンジンのロボットは、ある一定以上の文字数を超えた時点で、それ以上、Webページの情報をキャッシュしない設定になっているからです。 でも、その量は、とても膨大な容量ですので、通常の使用では、全く問題ありません。 自然な文書で増やす ときどき、キーワードの数を増やすといって、「布団、布団、布団・・・」と入れている人がいます。 最近は、少なくなってきましたが、これはダメです。 このような、キーワードを連呼することは、検索エンジンが一番嫌っていることなので、すぐに上位から脱落してしまいます。 コンテンツやキーワードの数を増やすのであれば、自然な文書を入れていく方が、良いです。 ところが、今度は、文書が多くなってくると、読む側が大変ですので、絵を増やしていった方が良いです。 絵を入れるときも、ポイントがございます。 つまり、検索エンジンは、文書なら認識できるのですが、絵の持っている意味を認識できません。 そのため、それぞれの絵には、絵が持っている意味を「alt属性」を使って入れてあげる必要があります。 alt属性については、とても大切なことですので、後述したいと思います。 リンク数にも注意 リンクとは、クリックすると次の画面に移動するような接続です。 ページ数が多くなってくると、リンクを設置する数も増えてくると思います。 ところが、1ページにリンクを設置する数を、100程度までに抑えておかないと、Googleなどの検索エンジンでは、100を超えるリンクは無視されると言われています。 ということは、ページ数が多いと、リンク数を増やす作戦によって、効率よく上位ヒットを狙えません。 サイトの階層構造 そこで、リンク数が多い場合は、リンク数の問題を、サイトの階層構造を効率良くすることによって、回避できます。 例えば、「花」についてのWebサイトを開設したとします。 トップページのタイトルが「花」になります。 そして、各ページに「白いバラ」「赤いバラ」「黄色いチューリップ」「赤いチューリップ」があったとして、それらをトップページから、リンクを張ります。 すると、次のような階層構造ができあがります。 今の状態では、ページ数が5ページですので、ページ数が少ないため、このように2段の浅い構造でも、問題ありません。 第1階層から、第2階層へのリンクは、4本しかありません。 しかし、バラにはもっとたくさんの色がありますし、チューリップも同様です。 他にも、花の種類はたくさんあります。 これらすべてをページにしていると、ページ数が膨大になってきます。 ページ数が膨大になってくると、トップページでは、それらのページにジャンプするリンクの数も、膨大になってきます。 そこで、次の図のように、階層構造を1段増やして、3段構造にします。 「白いバラ」と「赤いバラ」には、「バラ」のトップページを設けます。 チューリップも同様にします。 すると、階層が3階層になり、トップページ「花」から、第2階層へのリンク数が、4本から2本に減りました。 ここで、当然ながら、第2階層の「バラ」と「チューリップ」のページが増えるわけですので、バラやチューリップに関するコンテンツを追加しなければなりません。 しかし、ページ数が5ページから7ページに、効率よくページ数を増やすこともできました。

次の

ジャニーズWEST|Johnny's Entertainment Record

ジャニーズ web ページ の 数

サイトリニューアルを行う時や競合調査を行う時、Webサイトのページ数を簡単に調べたいと思うことはありませんか? 小規模のサイトであれば、1ページずつ数えていく方法もありますが、時間も掛かりますし、見落としてしまうページも出てきてしまいます。 そこで本日は、簡単にWebサイトのページ数をカウントする方法をご紹介します。 競合調査にも活用できますので、参考にしていただければ幸いです。 「site:」コマンドを使う やり方はいたって簡単です。 Googleの検索ボックスに「site:調べたいWebサイトのドメイン名」を入力します。 (Yahoo! でも大丈夫です。 ) 弊社のWebサイトのページ数を調べたければ、以下のように入力します。 site:webplus-listing. 競合他社とページ数を比較してみる 私はこの「site:」コマンドを使って、競合他社とページ数を比較したりします。 一概にページ数が多ければ良いというものではありませんが、専門性の高い製造業Webサイトの場合はページ数が訪問数に比例することが多くあります。 検索エンジンでよく上位に表示されているサイトは、ページ数が多くコンテンツが充実しています。 「訪問数が増えない」、「検索エンジンで上位に表示されない」とお考えの方は、競合他社とページ数を比較してみると良いのではないでしょうか。 まとめ 本日ご紹介した「site:」コマンドを知っていると、簡単にWebサイトのページ数(規模感)を把握できるので便利です。 ただ、「site:」コマンドを使ったページ数は正確ではありませんので、あくまで目安として考えるようにしてください。

次の

iPhone・Androidジャニーズweb保存方法まとめ。

ジャニーズ web ページ の 数

何か良い情報 ないかな? 企業リリース情報を見る• 便利ツール• 記事の内容カテゴリから探す• 記事の種別カテゴリから探す• 記事のタイプから探す• サービス情報をDBから検索• セミナー・ プレゼント• Web担に ついて• 記事を投稿してみる (メンバー登録が必要です)• メンバー• ユーザーの回遊状況を把握する2つの指標 アクセス解析ツールには、たいてい見やすいところに「人気ページランキング」が表示されるようになっている。 しかし 人気ページランキングをいくら丁寧に眺めても、そこからユーザーの回遊行動に関する何か有益な分析結果を導き出すことは至難の業である。 人気ページランキングというのは、指標で言うならページごとのページビュー数だけを多い順に並べて見ているにすぎない。 サイトを訪れたユーザーが、どのページをどのように閲覧しているか、すなわちユーザーの回遊行動を把握するには、人気ページランキング(ページビュー数)だけでなく、• 1回(セッション、訪問)あたりのページビュー数• 1人(ユニークユーザー)あたりのセッション数 を見てみよう。 ページ別、あるいはコンテンツグループ別にページビュー数、セッション数、ユニークユーザー数が把握できるアクセス解析ツールであれば、次のような計算式で計算できる。 これらは、ページビュー数、セッション数、ユニークユーザー数という3つの基本指標から割り算で簡単に算出できる指標だ。 PV数やセッション数を絶対値で見るのではなく、このような比率にしてしまうことで、異なるページ同士、カテゴリ同士、コンテンツグループ同士を 比較できるようになり、ユーザーのコンテンツ消費の傾向がよりわかりやすくなる。 できれば、これをサイト全体、コンテンツグループ別、ページ別に算出してみよう。 ニュース、商品関連ページ、読み物ページ、FAQというコンテンツグループを持つ一般的なWebサイトを想定した場合、1回あたりのページビュー数と利用頻度の数値の多寡により、おおよそ下図のような分布となることが多い。 もちろんこれが理想形であるとか絶対であるということではないが、コンテンツ別のあるべき姿をはかる目安にはなるだろう。 「1回あたりページビュー数」と「1人あたりセッション数(利用頻度)」が算出できたら、上図と比べてみて、自分のサイトがどのような利用分布になっているかを確認しよう。 たとえば、社名や商品名、ブランド名などが広く一般に知られており、ほとんどのユーザーがトップページから入ってくるのが主流のサイトであれば、ユーザーの流れはトップから下の階層へ順番におりて行く形になるので、ページビュー数はその流れに沿って減っていく感じになるだろう。 あるべき姿になっていない場合、ページのデザインや表現、ナビゲーション、リンク構造といったものをチェックしよう。 分析のためには、コンテンツグループ別にディレクトリが別になっているなどといったURL構造の最適化もされていることが望ましい。 経路分析の代わりにシナリオ分析をする コンテンツ別の利用ページ数と利用頻度の傾向を把握したら、次はユーザーの動線・経路の分析にとりかかろう。 アクセス解析ツールには、たいていどのようなページ遷移でユーザーが動いて行ったかを集計する経路分析の機能が備えられている。 しかし、 ユーザーごとの経路を詳細にたどって丹念に分析するのは、得るものが少ないのでお勧めできない。 なぜならば、ユーザーがたどる経路は無限にあり、経路パターンが多すぎるため、 「太い導線」、すなわち典型的な遷移パターンというものが存在しないことが多いからだ。 ユーザーも人それぞれユニークな動きをするので、こちらもやはり動きを大雑把に捉えるということが大事だ。 では具体的にどうするのか。 たとえば、• 商品トップ• 商品詳細• カート• 購入 という流れで購入に至るサイトならば、 途中の細かい行ったり来たりはどうでもいい。 こちらは別途コンバージョン分析の項で取り扱う)。 こういった大雑把な流れを確認したい場合には、 シナリオ分析が有効になる。 シナリオ分析を提供しているツールの多くは、主要ステップのURLを順番に登録しておくだけで、同一セッションでシナリオ通りの順番でユーザーが動いたかどうかをレポートしてくれる。 シナリオ分析の発展系で、人をキーに追うこともできるとなおよい。 最近の広告効果測定ツールでは、間接効果(コンバージョンに至ったセッション以前に同一ユーザーが訪れたセッションを、コンバージョンに間接的に効果を及ぼしたセッションとして計測すること)をカウントするものも多いが、これはその応用の1つである。 普通のサイト分析においても、セッションをまたいだシナリオ分析ができればこちらも非常に有効である。 最初の訪問では一般的なキーワードで検索してサイトに直接入ってきて、2回目の訪問は会社名で検索してトップページから入って会社概要やプライバシーポリシーを確認し、3回目の訪問では商品ページと価格を確認して購入(コンバージョン)したなどといったことがわかれば、 購入を確信させるコンテンツは何かといったことの手がかりを知ることができるだろう。 経路分析では、このように自分で想定した仮説をシナリオにいくつか登録しておいて、そのシナリオの正当性を確認するということが重要になる。 最初に触れたユーザーの動向分析でも同様だが、 分析で重要なのは、分析に先立って仮説なりあるべき姿をきちんと想定するということなのだ。 まとめ• ユーザーの回遊状況を把握するには、1回あたりページビュー数と1人あたりセッション数の指標をチェックしよう• ユーザーの動線を確認するのに有効なのは、遷移分析ではなく、シナリオ分析である.

次の