結婚 式 受付 依頼。 結婚式受付を依頼する受付係の選び方やマナーなどの注意点

結婚式の受付は誰に頼む?人数は何人必要?依頼お願いの仕方と例文!

結婚 式 受付 依頼

結婚式の受付の依頼を誰にすべき? 結婚式の 受付の 依頼を 誰にするか? 友人関係で第1号の結婚だったりしたら、 これまでに、 結婚式にも 参加したことがないはずですから、 想像はできても、 自信は持てないですよね。 でも、 私の経験からでも、 一般的な常識からでも、 受付は 友人に依頼するケースが多いです。 というか、 知ってる範囲ではほとんど?では。 ですから、想像通りじゃないですか? ということで、 誰に、受付を依頼するか ということについては、 友人の中から、人選するのが自然です。 ただ、 選択肢としては、 自分のいとこ、兄弟姉妹もあります。 ただ、 注意すべきポイントがいくつかあるので、 ご紹介しておきます。 1.ご祝儀、お祝い金という 「現金」の管理、保管 という重要な役割があるので、 信頼できる友人であることが大前提です。 2.挙式の前に、 事前打合せもした方が良いので、 遠方の友人より近くの友人が良いでしょう。 3.できれば、 てきぱきと機転の利くしっかり者 という感じが、 誰に依頼するかのポイントになります。 加えて、 もし、選択肢が豊富なら、 銀行に勤務している友人 営業職や接客業の経験あのある友人 などの中の 誰かにお願いするのも、一案です。 なお、人選には、 次にご紹介する受付の人数も からんでくるので、 次も、併せて、ご参照ください。 結婚式の受付の人数は何人が良い? 結婚式の 受付の 人数は何人が適当か? というと、 新郎側、新婦側から、それぞれ2名! が、一般的です。 受付の仕事は、 受付テーブルに陣取り、 受付に来た来賓に対して、• 1.ご挨拶• 2.ご祝儀の受け取り• 3.芳名帳への記帳のお願い• 4.記帳を見ながら、来賓名簿にチェック• 5.座席表のお渡し• 6.お車代のお渡し• 7.控室などの案内 と、短い時間に、 けっこうなことを してもらうことになるので、 受付が 1名ではテンテコマイ!でしょう。 通常、 新郎側と新婦側は 同じでテーブルで受付しても、 別々に、 受け付けしていただくので、 新郎側も新婦側も、 最低2名は必要でしょう。 しかも、 ご祝儀という「現金」の管理があるので、 持ち場を離れることが困難なため、 トイレにも行けない! なんてことになりますから、 そういう点でも、2名は必要になります。 じゃあ、3名いても良いの? となると、 それは、来賓者数の規模によって、 3名、4名という場合も ありだと思いますが、 一般的な結婚式の披露宴だと、 多くても、100名規模でしょうから、 新郎側、新婦側から、 それぞれ、2名で十分! でしょう。 なお、 先ほど、 ご紹介した「受付を誰に依頼するか」 ということにも、 この人数は関係してしまいます。 例えば、 受付は 新郎側で2名 新婦側で2名 と決めた時に、 受付を依頼できる自分の親友たちが、 いつも一緒にいる 4名の 仲良しグループ状態だとしたら、 どうしますか? その中で、 人選しなくてはならないわけです。 その仲良しグループのメンバーの全員が 協力的、積極的な性格だったら、 きっと、絞り切れない!ですよね? あるいは、 選ばれなかった友人が不満を持ってしまい、 友情関係にヒビが入る なんてことにもなりかねないのです。 そうなると、悩ましいですよね。 そういう場合は、どうすべきでしょうか? 一番良い方法は、 仲良しグループ全員に集まってもらい、 「 この中で、 2人だけに、受付をお願いしたいので、 相談して、決めて欲しい」 というような合議制で決定できるなら、 それが、好ましいですよね。 まあ、 角が立つような仲間関係じゃない! という自信があれば、 独断で決めるもあり!だと思います。 でも、 やはり、角が立つかなあと思う場合は、 「 付き合いの古い友人から2名」 というような理解しやすい基準を設け、 決定する! あるいは、 昔からの親友関係はあきらめて、 会社の同期や後輩に受付してもらう というような決断も、ありではないでしょうか。 それでも、都合が悪い!時は、 奥の手の いとこ、や、兄弟姉妹にお願いする という選択肢を選ぶという方法もあります。 まあ、 余計なお世話かもしれませんが、 せっかくのめでたい席ですから、 円満に解決、 決定する方法も模索すべきでしょう。 3,000円• 5,000円• 10,000円 が相場というか、金額の目安です。 あとは、 あなたのというか、 あなたのご両親のお気持ちしだいです。 新郎側でも、新婦側でも、 両家の代表として、 受付をしてもらうわけですし、 一生に一度のことですから、 やはり、 5,000円か、10,000円が妥当では? 特に、 新婦側だと、受付の友人には、 和服(振袖)を 着てもらなんてこともありますから、 お金がかかってしまうため、 やはり、10,000円 という金額が妥当ではないでしょうか? というような自分なりの基準を設け、 気持ちのこもったお礼にしましょう。 品物はダメ? と思った時は、 喜ばれるモノに確信があれば、 モノでもOKです。 が、 一般的には 現金を用意されることが多いです。 結婚式の受付の依頼のまとめ 結婚式の 受付の 依頼は 誰に? 基本的には、 信頼できる人であれば、 どなたでも良いわけですが、 やはり、 信頼できる友人に依頼するのが 一般的です。 誰に依頼するかで 人選に悩むこともありますが、 説明のつく理由があれば、問題なしです。 一生に一度のウエディングですから、 後悔しない! という気持ちで、受付をやって欲しい人に お願いするのが、一番ではないでしょうか。

次の

結婚式受付の依頼方法やマナー、タイミングって?これだけ知れば安心の7項目

結婚 式 受付 依頼

「受付」ってどんな役割? 結婚式の「受付」とは、結婚する両家の「顔」としてゲストをお迎えする役割。 親族をはじめとするゲストと、一番初めに対面します。 具体的にはどんなことをするのでしょうか? 受付の準備をする 開宴1時間前には会場に入り、新郎新婦や親族にお祝いのあいさつをします。 あいさつを終えたら、ゲストに名前や住所を書いてもらう「芳名帳」や、出席予定者の名簿などが揃っているかどうか確認します。 ゲストへのご挨拶 受付に来たゲストが「本日はおめでとうございます」といった祝辞を述べます。 それに対して受付は、両家目線で「ありがとうございます」と答えます。 ご祝儀を受け取り、広蓋に納める ゲストからご祝儀を差し出されたら、両手で受け取り、「ありがとうございます」とお礼を述べます。 受け取ったご祝儀は、ご祝儀をのせるための「広蓋」(ひろぶた)という塗り盆に納めます。 芳名帳に記入してもらう ゲストに「芳名帳」へ名前や住所の記入をお願いします。 ゲスト名簿・リストの確認 出席予定者の名簿に、実際受付に来た人をチェックしていきます。 その際、新郎新婦から「お車代」などを渡すように頼まれているゲストが来たら、忘れずに渡します。 ご祝儀を預ける 開宴間近になったら受付を終了し、受け取ったご祝儀をあらかじめ指定された人物へと渡します。 「受付」って、両家の顔であるというだけでなく、お金の管理も必要なんですね。 けっこう重要な役割のようです。 そんな「受付」には、どんな人がふさわしいのでしょうか。 「受付」は誰に頼めばいいの? 受付の人数は、新郎側、新婦側それぞれから1~3名が基本です。 結婚式の受付をしたことがある人など、手慣れている人に頼む場合以外は、2名ずつの計4名くらいいたほうがよいですね。 ゲストが大人数の場合などはもう少し増やして、全部で6名くらいのほうがスムーズですよ。 ではどんな人が受付にふさわしいのでしょうか? お金や時間にキッチリしている人 「受付担当が遅刻した!」なんてことになったら、ゲストも受付してもらえず困ってしまいますよね・・・ また、ご祝儀という大金を預かる役目もあるので、お金や時間にキッチリしていて、信頼できる人がベストです。 服装や言葉遣いのマナーがある人 受付は主賓や親戚も含め、すべてのゲストにご挨拶をする役目があります。 親しい友達でも、服装が派手すぎたり、フランクな言葉遣いだったりすると、場にそぐわないことも。 年配のゲストにも気持ちよく参列してもらえるように、服装や言葉遣いのマナーがしっかりしている人を選びましょう。 笑顔の素敵な人ならさらに好印象に。 遠方からではない人 受付は、他のゲストより少し早めに会場入りしてもらう必要があります。 ただでさえ来るのに時間がかかる遠方からのゲストに受付をしてもらうのは、大変かもしれませんね。 できるだけ近場から来てくれるゲストの中から選びましょう。 受付は結婚式における両家の窓口です。 来てくれるゲストに失礼がないように、しっかりした人を選びたいですね。 できれば受付をお願いする人が友達同士の方が、連携がとりやすくてオススメです。 気をつけよう!頼み方&注意点 結婚式でゲストに何か役割をお願いする場合は、できれば直接会って依頼を。 遠方なら電話や手紙で頼みましょう。 とはいえ、親しい間柄であればメールでお願いしてもいいかもしれません。 大切な役目をお願いするのですから、招待状でいきなり依頼したりするのは避けたいところ。 前もってお願いしてOKをもらってから、改めて、招待状に受付をお願いする旨の書面を入れて渡します。 あとは、誠意をもって頼むことが大切。 「やってくれるなら誰でもいい」というような頼み方では、相手も気持ちよく引き受けられませんよね。 「あなたにぜひお願いしたい」という熱意が伝わるようにお願いするとGOODです。 依頼する時期は? できるだけ余裕をもって頼むのがマナーですが、最低でも招待状を送ることの多い「挙式1~2ヶ月前」には依頼しましょう。 特に受付をしたことのない人だと、やるべきことの下調べや、心の準備も必要かもしれません。 「この人にお願いしたい」と決めたら、早めにお願いしましょう。 頼むときの注意点は他にもあります。 詳細を伝える 結婚式当日、新郎新婦は準備に忙しくて、受付をしてくれる人が何か質問したくても、時間がとれないことも。 受付を依頼した人が困らないように、当日までに次のことをしっかり伝えておきましょう。 ・受付係の集合時間、場所 ・受付係の人数、顔ぶれ ・受付開始時間 ・遅刻したゲストへの対応 ・受け取ったご祝儀を誰に渡すか ・お車代を渡すゲストはいるかどうか 結婚式前日には、受付の人へ「明日はよろしくお願いします」という挨拶の電話を入れて、そのときに内容の最終確認もしておくと安心です。 着付けやヘアセットの相談をしておく 受付をお願いする人には当日、早めに集合してもらうため、時間によっては美容院でのヘアメイクや着付けなど、こちらで手配した方がいい場合もあります。 もし手配する場合は、 ・結婚式場や、その周辺の美容院を手配した方がいいか ・費用はどこまで負担するか なども忘れずに相談しておきましょう。 気持ちよく引き受けてもらうため、ふたりの方でできるだけ段取りを整えて、協力できるといいですね。 まとめ いかがでしたか? 最後にわかりやすく、人選のポイントと頼み方をまとめてみましょう。 OKをもらったら、改めて招待状に付箋を入れて依頼します。 誠意をもってお願いして、気持ちよく引き受けてもらえるようにしたいですね。

次の

結婚式の受付依頼の時期はいつ?依頼文やお礼ってどうする?

結婚 式 受付 依頼

「受付」ってどんな役割? 結婚式の「受付」とは、結婚する両家の「顔」としてゲストをお迎えする役割。 親族をはじめとするゲストと、一番初めに対面します。 具体的にはどんなことをするのでしょうか? 受付の準備をする 開宴1時間前には会場に入り、新郎新婦や親族にお祝いのあいさつをします。 あいさつを終えたら、ゲストに名前や住所を書いてもらう「芳名帳」や、出席予定者の名簿などが揃っているかどうか確認します。 ゲストへのご挨拶 受付に来たゲストが「本日はおめでとうございます」といった祝辞を述べます。 それに対して受付は、両家目線で「ありがとうございます」と答えます。 ご祝儀を受け取り、広蓋に納める ゲストからご祝儀を差し出されたら、両手で受け取り、「ありがとうございます」とお礼を述べます。 受け取ったご祝儀は、ご祝儀をのせるための「広蓋」(ひろぶた)という塗り盆に納めます。 芳名帳に記入してもらう ゲストに「芳名帳」へ名前や住所の記入をお願いします。 ゲスト名簿・リストの確認 出席予定者の名簿に、実際受付に来た人をチェックしていきます。 その際、新郎新婦から「お車代」などを渡すように頼まれているゲストが来たら、忘れずに渡します。 ご祝儀を預ける 開宴間近になったら受付を終了し、受け取ったご祝儀をあらかじめ指定された人物へと渡します。 「受付」って、両家の顔であるというだけでなく、お金の管理も必要なんですね。 けっこう重要な役割のようです。 そんな「受付」には、どんな人がふさわしいのでしょうか。 「受付」は誰に頼めばいいの? 受付の人数は、新郎側、新婦側それぞれから1~3名が基本です。 結婚式の受付をしたことがある人など、手慣れている人に頼む場合以外は、2名ずつの計4名くらいいたほうがよいですね。 ゲストが大人数の場合などはもう少し増やして、全部で6名くらいのほうがスムーズですよ。 ではどんな人が受付にふさわしいのでしょうか? お金や時間にキッチリしている人 「受付担当が遅刻した!」なんてことになったら、ゲストも受付してもらえず困ってしまいますよね・・・ また、ご祝儀という大金を預かる役目もあるので、お金や時間にキッチリしていて、信頼できる人がベストです。 服装や言葉遣いのマナーがある人 受付は主賓や親戚も含め、すべてのゲストにご挨拶をする役目があります。 親しい友達でも、服装が派手すぎたり、フランクな言葉遣いだったりすると、場にそぐわないことも。 年配のゲストにも気持ちよく参列してもらえるように、服装や言葉遣いのマナーがしっかりしている人を選びましょう。 笑顔の素敵な人ならさらに好印象に。 遠方からではない人 受付は、他のゲストより少し早めに会場入りしてもらう必要があります。 ただでさえ来るのに時間がかかる遠方からのゲストに受付をしてもらうのは、大変かもしれませんね。 できるだけ近場から来てくれるゲストの中から選びましょう。 受付は結婚式における両家の窓口です。 来てくれるゲストに失礼がないように、しっかりした人を選びたいですね。 できれば受付をお願いする人が友達同士の方が、連携がとりやすくてオススメです。 気をつけよう!頼み方&注意点 結婚式でゲストに何か役割をお願いする場合は、できれば直接会って依頼を。 遠方なら電話や手紙で頼みましょう。 とはいえ、親しい間柄であればメールでお願いしてもいいかもしれません。 大切な役目をお願いするのですから、招待状でいきなり依頼したりするのは避けたいところ。 前もってお願いしてOKをもらってから、改めて、招待状に受付をお願いする旨の書面を入れて渡します。 あとは、誠意をもって頼むことが大切。 「やってくれるなら誰でもいい」というような頼み方では、相手も気持ちよく引き受けられませんよね。 「あなたにぜひお願いしたい」という熱意が伝わるようにお願いするとGOODです。 依頼する時期は? できるだけ余裕をもって頼むのがマナーですが、最低でも招待状を送ることの多い「挙式1~2ヶ月前」には依頼しましょう。 特に受付をしたことのない人だと、やるべきことの下調べや、心の準備も必要かもしれません。 「この人にお願いしたい」と決めたら、早めにお願いしましょう。 頼むときの注意点は他にもあります。 詳細を伝える 結婚式当日、新郎新婦は準備に忙しくて、受付をしてくれる人が何か質問したくても、時間がとれないことも。 受付を依頼した人が困らないように、当日までに次のことをしっかり伝えておきましょう。 ・受付係の集合時間、場所 ・受付係の人数、顔ぶれ ・受付開始時間 ・遅刻したゲストへの対応 ・受け取ったご祝儀を誰に渡すか ・お車代を渡すゲストはいるかどうか 結婚式前日には、受付の人へ「明日はよろしくお願いします」という挨拶の電話を入れて、そのときに内容の最終確認もしておくと安心です。 着付けやヘアセットの相談をしておく 受付をお願いする人には当日、早めに集合してもらうため、時間によっては美容院でのヘアメイクや着付けなど、こちらで手配した方がいい場合もあります。 もし手配する場合は、 ・結婚式場や、その周辺の美容院を手配した方がいいか ・費用はどこまで負担するか なども忘れずに相談しておきましょう。 気持ちよく引き受けてもらうため、ふたりの方でできるだけ段取りを整えて、協力できるといいですね。 まとめ いかがでしたか? 最後にわかりやすく、人選のポイントと頼み方をまとめてみましょう。 OKをもらったら、改めて招待状に付箋を入れて依頼します。 誠意をもってお願いして、気持ちよく引き受けてもらえるようにしたいですね。

次の