虚構 推理 ネタバレ。 【漫画】虚構推理の試し読みと感想や各巻のネタバレを紹介

【漫画】虚構推理の試し読みと感想や各巻のネタバレを紹介

虚構 推理 ネタバレ

当記事の目次一覧• 【虚構推理:34話】最新話ネタバレ 曰く付きの物件で整理をしていた石崎、松井は轟から今回の一件について忠告をされていました。 もしも、何かあったら逃げ出していい。 今の所、そのような雰囲気を感じられていない2人は、再び屋敷へと戻って荷物の整理を始めます。 そして、九郎の元に戻ってきた2人は、彼に対して霊感の話などを振って雑談を続けていきます。 それぞれ人生経験の中で怖いものを語っていくのですが、借金、現状の彼女や元カノ話で盛り上がりつつ片付けをしていきます。 九郎の番になると、彼は顔の表情を取り去り、死人の目をして語り始めました。 もちろん、語った内容は琴子のこと。 大道芸のように皿を回し始め、頭の上に棒を立てて回し続け、さらにテーブルにはろうそくのみが灯されていたこと。 違う意味での怖さを語りあげ、石崎と松井の2人を違う意味で怖がらせました。 バイト終わりの石崎・松井は轟と焼き肉へ バイトの報酬として、轟に食事へ誘われた石崎と松井は、九郎のことについて話題に出しました。 轟は一拍置いて、九郎のことについて語り始めていきます。 九郎は建築や工事現場では、ちょっとした有名人であり、彼がいると災難や不幸がことごとく起こらない。 さらに九郎は腕っぷしも強いという話もあったり、顔が広いことから裏の人間ともつながっているという話もありました。 その時、石崎と松井は思ったんです。 九郎が話してくれた彼女の話。 もしかして、本当に九郎が話してくれた彼女というは・・・。 その瞬間、石崎は顔をこわばらせて松井の言葉を静止するのでした。 帰宅した九郎を待っていたのは・・・ 頭の上に棒を立て、くるくると回る皿。 そして床には無数に割れたガラスのお皿たち。 もちろん、張本人は琴子です。 毎日、こんな事を見せられる側としては面倒だし、そもそも自分の家でやられること自体も迷惑です。 塩対応していく九郎のことは気にもとめず、琴子は再び棒の上にお皿を乗っけて回し始めます。 そもそも、この皿まわしは川辺の妖怪たちと月見の宴会を楽しむ時、ひねった芸を見せたいという思いから琴子が発案したもの。 どうでもいい話を聞かされた九郎は、服をポイポイと脱ぎ捨ててお風呂へ直行していきます。 九郎が担当した家の真相 お風呂に入る九郎の下に琴子も侵入。 入ってくる理由を問いただすものの、答えは呆れ返るような返答なので、そのままスルー。 今日の出来事を報告する九郎に対し、琴子は即座に今日の屋敷について説明していきます。 今回の屋敷は、そもそも怪異がいないかったんです。 では、なぜ曰く付き物件となっていたのか。 それは、屋敷の所有者が違法に隠していた財産があるため、それを穏便に回収するために立てたウワサ話だったんです。 九郎たち非正規の引っ越し、処分屋に業務を振ったのも、表には出せない物がないか先に片付けたかったから。 そういう話を聞いた後、九郎が思ったのは、そんな怖い話よりも目の前に広がる部屋の惨状です。 割れたお皿は部屋の所狭しにあり、数えるほうが怖い。 掃除をするのは九郎なのに、琴子はお皿は廃品物だと言って、安心させようとするのでした。 そして皿回しは見事好評を得て、神様の面目躍如となりました。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊少年マガジン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 確かに、九郎からしたら部屋に帰った瞬間、琴子の無表情な顔に加えて、頭の上で回るお皿があったら怖いですよね。 しかも、多分、掃除は自分がやるわけだし笑 そりゃーいやですよ。 今回は怪異の怖さより、人間の強欲さ、身勝手さのほうが怖いというお話でした。 多分、私も強欲なほうに分類されて、幽霊からは怖がられると思います。 前回までが連続のお話だったので、今回は箸休めって感じでした。 次回からは、また連続物になっていくのかな?.

次の

虚構推理6話アニメのネタバレあらすじと感想!鋼人七瀬を倒す方法がついに

虚構 推理 ネタバレ

琴子が突然九郎に告白し交際を迫る。 えっ!? 推理はどこ行った? タイトルは「虚構推理」。 怪異と呼ばれる妖怪やドラゴンも出て来たので、「虚構」は分かる。 ただ「推理」がない。 ひょっとして、九郎の元彼女の事を推理するシーンをそれと置き換えてるとか? 女の子の恋愛四方山話を推理とな? う~ん、評価に苦しむ。 ひょっとしたら、第2話以降で、怪異が引き起こす難解な事件を2人の推理と能力で解決する! みたいな流れになるのかもしれませんが、第1話では全くタイトル回収になってませんでした。 舞台化したらおもしろそう アニメ「虚構推理」のネットの口コミや評判は? 続いては、アニメ「虚構推理」のネットの口コミや評判についてです。 なんだか物足りない感 キャラデザも綺麗だし、事前情報だと面白くなりそうな要素いっぱいで期待したんですが、何だか肩透かし感。 ヒロインのキャラクターの性格も好きな人は好きでしょう。 主人公はなんだか声と人物に違和感があるけど、無難な感じ。 個別に面白そうな要素はたくさんあるのに、なんだか印象に残らないと感じました。 決してつまらないという訳ではないんですが、好みに合わなかっただけかもしれません。 ヒロインが可愛いと思える人は楽しめるかもしれません。 面白い どんなアニメか分からず見てみたけど面白かった。 ストーリーも個人的には、かなり好きなジャンルだし作画もかなり綺麗なのでこれからが、かなり期待できるアニメだと思う。 続きが楽しみ 事前情報も何も知らずに、1話を見た時点での感想だが、とてもおもしろい。 続きが楽しみ。 まとめ.

次の

虚構推理 感想 ネタバレ あらすじ

虚構 推理 ネタバレ

岩永琴子はステッキをつき、ベレー帽をかぶる19歳の大学生。 小柄な彼女は中学生くらいにも見えてしまう幼さが残る容姿をしていた。 彼女が病院で出会った男性、桜川九郎。 彼もまた大学生で背が高く、よく見ると整った顔立ちをしている。 九郎にひとめぼれした琴子だったが、九郎には一つ年上の彼女がいることが分かる。 弓原紗季、彼女は琴子とは正反対の容姿をしていた。 虚構推理のあらすじは? 病院の中庭で目が覚める岩永琴子、彼女は髪の毛で右目を隠しベレー帽をかぶり、ステッキをついて歩いています。 病院の廊下で倒れそうなところを助けてあげた大学生、桜川九郎にひとめぼれしますが彼には大好きな恋人、弓原紗季がいました。 紗季は琴子とは全く正反対の容姿で、琴子には入る隙間もありません。 結婚の話が進んでいた九郎と紗季は婚前旅行に出かけます。 九郎と紗季が婚前旅行に行った先で出会ったのはなんと河童でした。 河童は九郎の姿を見ると逃げ出してしまいます。 九郎は祖母によって「くだん」と「人魚」の肉を食べさせられ、未来を掴む力と死なない身体を持っていました。 妖怪にとって九郎は牛と人魚と人間が混ざり合って、おぞましい姿に見えるようです。 そしてそのことが原因で二人は別れてしまうのでした。 5年の月日が流れ、女性警官となった紗季の前にミニスカートのドレスで鉄骨を持ったアイドルの亡霊が現れます。 戸惑う紗季の前に現れ、助けてくれたのは琴子でした。 琴子は、妖怪たちとのいざこざを仲裁し解決することができるのです。 そして、その場に紗季の別れてしまった恋人九郎も現れます。 九郎の現在の彼女が琴子だと知る紗季でした。 琴子は紗季と九郎とともに、ミニスカートの亡霊・鋼人七瀬の消滅する未来を掴むことができるのでしょうか? 琴子は虚構推理を展開していきます。 11歳のころ神隠しあった琴子は、そこで知恵の神になるために右目と左足を失いました。 怪たちの知恵の巫女となった琴子は怪異によるトラブルを解決する存在です。 一方、琴子の恋人である桜川九郎にも秘密がありました。 九郎が別れたと聞いて猛アタックをする琴子。 その時になぜ別れたのかと聞くと九郎は河童にあって逃げだしたからだと答えます。 その場から去ろうとする九郎に琴子は言いました。 「主語をはっきりさせてください。 逃げ出したのはどちらですか?」と。 言葉を濁す九郎に、琴子は自分の身の上話をはじめます。 11歳の時に神隠しにあったこと、それを証明するため新聞記事を探してみてくれということ、そういって琴子はバスに乗りました。 次の日、琴子が図書館の外で待っていると中から九郎が出てきました。 九郎は琴子のことを調べてきたのでした。 二人の前に狸が現れ、結界が破られたと告げます。 図書館を襲う牛のような怪異を琴子と一緒にどうにかしてほしいと頼まれる九郎でした。 九郎と琴子が怪談を上っていると上から怪異が襲ってきました。 琴子は吹っ飛ばされますが、九郎がなんとか抱き上げて助かります。 そして襲いかかる怪異に向かって九郎は腕を出し、九郎の腕は怪異に食べられてしまいました。 九郎の腕を食べた怪異はそのまま苦しみ、シュワシュワと溶けてしまったのです。 「九郎さん、あなたはいったい?」 「知っていると思ってたよ、僕は昔妖怪変化の類をたらふく食ったんだ」 九郎は小さいころ、おばあちゃんに「くだん」と「人魚」の肉を食べさせられ、未来をみる力と不老不死の肉体を持っていたのです。 そのせいでほかの妖怪たちからは恐れられる存在になっていました。 どうやらとてもおぞましい姿に見えるらしく、河童と遭遇し恐れられ、それが原因で当時の恋人、弓原紗季と別れてしまいます。 物語は5年後、弓原紗季がミニスカートのアイドルの亡霊、剛人七瀬と出会うことから始まります。 怪異たちのトラブルを解決する琴子と怪異に恐れられる男、桜川九郎が警察官となった紗季の前に現れるのです。 小説で読むより、漫画のほうがコミカルでラブコメ要素たっぷりですよね! 琴子と紗季の微妙な関係もなかなかのみどころじゃないかと思っています。 どうしても紗季を意識してしまう琴子ですが、九郎は紗季がドストライクのタイプでも何となく、もう戻ることはないなというのを感じているようだし、琴子とのやり取りが素直に楽しくいられていると思っているなので変な三角関係にはならないでしょう。 ミステリーものなので続きがすぐ読みたくなってしまう作品です。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の