麻雀 連盟。 麻雀プロ団体一覧

ホーム|日本麻雀連盟 公認HP

麻雀 連盟

日本にはいくつかの麻雀プロ団体と呼ばれるものがありますが、それらをご紹介しましょう。 けっこう数が多くて把握しきれないというのもありますし、麻雀プロ団体もいくつか問題を抱えているようにも見えます。 麻雀プロ団体が抱える問題ってなによ? プロレス団体にもいえますが、人が集まって「麻雀プロ団体」を名乗ってしまえば、それでOKみたいな…。 別に国の許可やコミッショナーの試験などそういった規制がない任意団体みたいな感じなんですよね。 だから個人的にプロ団体を名乗るのも歴史ある団体もある意味同じみたいな問題点ですね。 ここではある程度のファンがついていたり歴史があったりするメジャー団体を取り上げてみます。 日本プロ麻雀協会 一般的な露出でいえばアーケード、ゲームセンターにあるSEGAのMJシリーズとタイアップしている麻雀プロ団体という感じで私たちも日常で見かけることができます。 プロ団体に所属していなくても参加できるタイトル戦などもけっこうやっています。 設立は平成13年なのでまだまだ歴史は浅いかも。 略称は「協会」です。 誰か有名な人が所属しているのかしら? ずば抜けて知名度がある人が誰なのかわかりませんが、このサイトでもたびたびお世話になっている麻雀漫画原作者であり『東大を出たけれど』の作者である須田良規プロや、『哭きの竜』の原作者の土井泰昭プロなどが所属しています。 SEGAのMJのサイトにいけばプロフィール付きのリストが見れるので行ってみるといいかも。 女流プロも華やかですね。 公式サイト: 日本プロ麻雀連盟 団体の規模や所属人数という視点で見れば、この団体が一番大きいといえるのではないでしょうか。 一般的な露出でいえば、アーケードのコナミ麻雀格闘倶楽部とタイアップしているので、ゲームセンターなどで見かけることができます。 歴史的にはこの後に紹介する最高位戦から枝分かれした経緯があるみたいですね。 いろいろな団体があるのね。 ここは誰か有名な人はいるのかしら? 知名度でいえば女流雀士の渡辺 洋香 ワタナベ ヨウコ とかでしょうか。 ちょっと前には漫画の登場人物として出てきたり、写真集なども出されていました。 非常に綺麗な方ですね。 略称は「最高位戦」です。 公式サイト: 桜井章一さんの雀鬼会 プロ団体ではありませんが麻雀団体として雀鬼会も有名ですね。 20年間無敗のキャッチコピーを持ち、野球選手やスポーツ選手にもファンが多い桜井章一氏が率いる団体です。 歴史もけっこう古いですし、桜井さん本人が本を書いたりメディア露出も含めて知名度が高いです。 ある意味で麻雀で一番の有名人といえば桜井さんではないでしょうか。 雀鬼流っていう打ち方をやってるんだったわよね? 第1打で字牌を切らない、ドラはテンパイまで切らない、打つスピードがかなり早いなど、普通の麻雀と比べるとかなり特殊なルールになっています。 麻雀をプレーする、楽しむというよりも麻雀を通した精神修行のような側面があるので、そういったスピリチャルな点に惹かれる人も多いのでしょうか。 公式サイト: その他の麻雀プロ団体・麻雀団体 すべてを把握できているというほどの自信はありませんが、他にも有名な麻雀プロ団体がありますのでご紹介します。 興味がある方は調べてみてくださいよ! ・ 井出洋介氏が立ち上げた麻雀プロ団体。 プロ試験が厳格に行われているのが特徴。 1997年の設立と20年以上の歴史がある。 ・ 麻雀新撰組だった古川凱章氏が1982年に立ち上げた団体。 トップを勝ち、4位を負けとして扱う順位に主眼を置いたルールを採用しているのが特徴。 ・ 日本プロ麻雀連盟から枝分かれした団体。 麻雀プロの地位向上などを目的としている。 ・ 「賭けない・飲まない・吸わない」の「3ない」スローガンを掲げた健康マージャン団体。

次の

日本プロ麻雀連盟の試合で堀内正人が悪質極まりない行為としてプロ失格処分を受ける | ガジェット通信 GetNews

麻雀 連盟

令和 2 年 3 月25日 一般社団法人 最高位戦日本プロ麻雀協会 御中 日本プロ麻雀連盟 会長 森山茂和 MONDOTV放送対局における土田浩翔氏の打牌について 拝啓 時下ますますご清栄のことと拝察いたします。 さて、4月からの新しい年度を迎えるにあたって、今期のことは今期中に方を付けるべくご連絡させていただきました。 先般、貴団体から映像媒体に関するもっともな抗議をいただき、お互いに主張するべきことは主張するのが、今後のプロ麻雀界にとって最良であると考えるに至りました。 2019年4月にMONDOTVで放送された「第13回モンド名人戦」の予選最終戦(#10)の南4局2本場での、貴団体所属の土田浩翔プロの打牌について疑問がございます。 この時点での牌図を別紙に添付いたしますのでご覧ください。 親の森山と貴団体所属の金子正輝プロがリーチを掛けていました。 森山と金子プロのどちらがアガっても、両者とも予選通過が決まっているという状況(金子プロは森山に三倍満を放銃すると予選落ちになりますが、森山からのリーチ棒が出たことで満貫ツモで2着になるという状況でした)で、北家の土田プロは現状だと予選落ち。 1,000点でもアガれば予選ボーダーをクリアするという状況でした。 また、予選のポイントは次のステージまで持ち越されるというシステムです。 リーチの一発目に土田プロは2ピンをチーして、打牌の直前が牌図の局面です。 両者に通る牌はありません。 自分の都合だけなら普通は8ピンを対子落とししていくところだと思われます。 親の森山の現物の3ソーは、36ソーのスジが6枚見えており、金子プロには危険です。 ドラの4ソーは金子プロの中スジですが、森山には危険です。 ここで土田プロは3ソー切りを選び、金子プロに放銃しました。 次は森山に放銃となる4ソー切りだったのでしょうか? 実力のあるベテランプロ雀士として、かなり不自然な打牌であるため、貴団体のお考えを聞かせていただきたく思い、ご連絡させていただきました。 何卒、よろしくお願い申し上げます。 敬具 先日、以下のようなお返事をいただきましたので、掲載させていただきます。 令和2年7月5日 日本プロ麻雀連盟 御中 一般社団法人 最高位戦日本プロ麻雀協会 代表 新津潔 第13回モンド名人戦の予選最終戦における土田浩翔選手の打牌について 拝啓 時下ますますご清栄のことと拝察いたします。 お問い合わせいただいておりました件につきまして回答が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。 当会はお問い合わせいただいたこと自体に困惑しており、土田の意図をご理解頂けなかったことに関して誠に遺憾ではございますが、以下ご説明させて頂きます。 ここでは3ソウが先制リーチの森山プロの現物であること、金子がヤミテンを選択しており、ツモ切り追いかけリーチに至ったことを考慮すると、36ソウ待ちの可能性は低いと考えました。 ・役あり36ソウ待ちであれば、現物待ちなのでヤミテンを続行する可能性が高い ・役なし36ソウ待ちであれば、他家の攻撃に対して守備の意識でヤミテンを選択していたことになるので、親リーチという明確な攻撃を受けてからリーチに踏み切る可能性は低い 以上の点から金子に最も通りやすい牌は3ソウであると判断した次第です。 また土田の手牌の中で金子に対して最も安全な牌は8ピンではなく3ソウであるという土田と同じ見解を当協会の複数選手が持っております。 当協会としましても、この後土田が聴牌した場合に、流局連荘等に期待し、4ソウではなく、その瞬間一番安全だと思われる牌を選択することは十分にあると捉えておりますし、また4ソウを打つことも勝負に値するものだという認識もございます。 具体的には ・森山プロのリャンメン待ちは上下ワンチャンスである ・森山プロにリャンメンで放銃する分には(5800などであれば)次局可能性が残る ・森山プロのシャンポン待ちは手順として考えにくい ・金子のシャンポン待ちがあるのであれば即リーチしている可能性が高い ・聴牌流局すれば次局の横移動でも勝ち上がりできる という打4ソウを後押しする要素に加えて ・残りの巡目 ・残っているリーチの待ち(4ソウがどれくらいの確率で放銃になるのか) ・自身の待ち枚数(山に残っている枚数) ・自身の安全牌の枚数(と安全度) などの刻一刻と変わる要素によって都度判断するものですので、必ず4ソウを切ったとも切らなかったともお答えすることが出来ないことご容赦くださいませ。 以上が土田浩翔の選択根拠と、土田が所属する当会の見解です。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 開催概要は お客様各位 平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申しあげます。 日本プロ麻雀連盟は、「東京アラート」の解除による休業要請の「ステップ3」への移行に伴い、日本プロ麻雀連盟巣鴨本部道場の営業を6月15日(月)より再開しております。 お客さまに安心・安全に麻雀をお楽しみいただけるよう「新しい生活様式」を取り入れた営業を行います。 皆様にはご協力を賜りますようお願い致します。 日本プロ麻雀連盟巣鴨本部道場 03-5980-9116 今年度の小島武夫杯帝王戦並びに王位戦は、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、誠に勝手ながら開催を中止させていただくこととなりました。 ご参加をご検討いただいていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。 何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 第37期プロリーグ A1リーグ A2リーグ Aリーグ、B1リーグの対局は連盟チャンネルにて生放送致します。 基本的に月曜日の17時からA1対局の配信、火曜日の17時からA2対局の配信となります。 日本プロ麻雀連盟チャンネル ニコ生は FRESH!は 山田浩之vs本田朋広vs内川幸太郎vs吉田直 最終成績 本田朋広 +33. 大変申し訳ございませんが参加される皆様の健康を第一に考えた決断となりますのでご理解頂ければ幸いです。

次の

道連盟案内

麻雀 連盟

今年は新型コロナウイルスの感染予防のため、出場選手につきましては、感染症拡大防止対策としてマスクの着用とアルコール消毒液の使用のご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 順位戦同様に、1年にわたる対局にご期待ください。 トップクラスの実力を持ちながら、とある理由で所属する麻雀プロ団体を追われた元プロ雀士・沖壇十郎が、現在の麻雀界の頂上に君臨する石神の打倒をもくろむ最中に、自分とは真逆の完成をもつ一人の若者と出会います。 麻雀プロという職業で生きる男たちを描く、復讐と挑戦と誇りの麻雀譚です。 「COMIC Hu(コミックヒュー)」版は、から閲覧できます。 是非とも、ご拝読の程、宜しくお願いします。 当該対局分の日程追加につきましては、決まり次第告知致します。 尚、対局組み合わせは、より閲覧できます(PDFファイル)。 6月度は、20日(土)に加えて、27日(土)も開催致します。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 大阪支部につきましても、6月14日 日 より再開しております。 「マージャン101」を、今後ともよろしくお願いします。 楽しみにされていました皆様には申し訳ございませんが、何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。 皆様のチャレンジを心よりお待ちしています。 1年に渡る熱戦にご期待ください。 公式戦日程につきましては、からご覧頂けます。 パソコンでもスマートフォンでも対戦可能ですので、ぜひ皆様の参戦の程よろしくお願いします。 詳細は、から。 1日目を終え7昇と2位の成岡選手に5昇差をつけると、2日目もリードを守り切り、初の栄冠に輝きました。 ご視聴されました皆様、ありがとうございました。 両選手ともに初のA級昇級です。 3日目の対局の模様は、スリアロチャンネルにて生配信を行いました。 ご視聴されました皆様、ありがとうございました。 3日目の12回戦終了時点で、五十嵐選手・村田選手・堀井選手が1昇(3人が決着権)で並び、4日目の13回戦を迎えることになりました。 村田選手がまず先行しましたが、堀井選手が逆転し、初の栄冠に輝きました。 石塚選手は、「首位の鈴木芳洋選手(仙台支部)と昇差をつけること」が優勝条件となった最終戦で、単独トップを取り逆転優勝を勝ち取りました。 当日ご来場の皆さまにこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。 本年度も当連盟へのご支援をよろしくお願いいたします。 インタビューはから閲覧できます。 是非とも、ご拝読の程、宜しくお願いします。 これまで謎とされてきた、現役最強の打ち手である成岡選手の思考と着手に初めてメスが入れられた同書、詳細はをご参照ください(右の写真をクリックすると立ち読みできます)。 当日ご来場及び本会にご協賛いただいた皆さまに厚く御礼申し上げます。 今後はネット上で当連盟の公式戦の観戦記・自戦記やリポート、その他の活動についての詳細をご覧いただけます。 「101magazine on the web」はからどうぞ。 101競技にふれてみませんか…? 「マージャン101」は、101競技に関心のある方なら大歓迎! 巷のオープン戦とは一味違ったマージャンを、愉しんでいただければと思います。 もちろん、観戦も可能です(ただし、観戦マナーは守ってくださいますようお願いします)。 1戦だけの参加も、可能です。 ぜひ一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 システムならびに会場の詳細につきましては、をご参照願います。 ご協力よろしくお願いいたします。 マージャン101全国成績表 マージャン101全国競技会の成績は下記から閲覧・ダウンロードできます(PDFファイル)。 からフォローください。

次の