医療事務 給料。 医療事務の給料はクリニックの場合高いの?安いの?

調剤薬局事務の給料は低い?医療事務との年収の違いは?

医療事務 給料

多いところでは残業代だけで4、5万でるところもあるみたいですね。 残業代をあてにしてはダメ 毎月の給料の中に、残業代も当然もらえると考えている人も多いと思います。 私もその中の一人でした。 ですが残業代というものは、 業務が就業時間内に終わらなかった場合、期限内に必ず終わらせなければいけない業務がある場合に発生するものです。 もし、レセプトが終了時間内に終わった場合は、残業する必要もありませんよね。 そうすると、もちろん残業代も発生しません。 その時に、残業代をあてにして家計をやりくりしたり、予定を立てると大変なことになります。 そうならないためにも、 残業代はつけばラッキーぐらいの気持ちで考えていた方が家計のためにも安心です。 実際に私も、残業代を生活費の一部として考えていました。 しかし、電子カルテシステムが導入され、レセプトチェックソフトが導入され、どんどん業務の改善がされることで、作業効率もアップ。 その結果、業務が時間内に終わることが多くなり、自然と残業する時間が減っていきました。 残業代も申請し辛くなってきますので、今ではほとんど申請していません。 また最近では、 医療機関側も経営上、残業代は不要な出費と考えているのでできるだけ残業をさせたくはないのです。 私の病院では、上司の方から『定時で帰りなさい!』という指示が出るほどです。 不景気ですので、 今後残業代はさらに減らされると考えていた方が良いでしょう。 給料が低い理由の一つは事務職だから 基本的なことなのですが、 医療事務は事務職なので他職種に比べて給料が低いんです。 理由としては、他に比べると生産性があるものではなく、 利益を生む職種ではないからです。 思い返してみると、確かに日々の業務はルーティン業務で、事務が何かしたから点数が取れるお金が発生するというものはあまりないですよね。 その点で、ドクターや看護師さん達は、働いた分だけ利益を生んでいますよね。 そういったところにも違いがあると思います。 関連記事 医療事務で稼ぐには このまま医療事務として働き続ける!と思ったときに考えるのが収入アップですね。 もし、同じ職場で収入増やすことを目指すというのであれば、それはとても大変なことです。 というか、 期待できるものではありません。 私も勤続年数が8年目ぐらいになりますが、 一年で昇給する金額は2000円だけです。 このまま10年働き続けても、2万円しかアップしないんです。 どこの中小企業も昇給率というのは、基本給の1~3%ぐらいと言われています。 この昇給率というのは、どこの中小企業も同じだと思いますが 医療事務はその出発点である基本給料が低いのです。 だから他職種よりも給料が低いし追いつくことはまずありません。 稼ぐ為にやる事 ここら辺は難しいところで、完全に個人の考え方によると思います。 「私のお家は旦那さんが家計を支えているので、無理に稼ぐ必要はない」• 「今のままの給料でも特に不自由はない」• 「福利厚生もしっかりしてるし、定時で帰れるからこのままでオッケー」 と言うというような考えの人はこのままでもいいでしょう。 羨ましいですよね。 逆に・・・• 「そのままの給料では将来が不安」• 「子供の教育費が足りない」• 「もっと旅行や遊びに行くお金が欲しい」 とか考えている人にとっては、もっと給料、お金を稼ぎたいですよね。 私も色々考え、試してみましたので紹介したいと思います。 実際に私も、教材などを買って日本株式投資を始めました。 教材には、株でめちゃくちゃ儲かる的なことがたくさん書いてあり、私もそれを信じ切って投資していたのですが、やはり素人が簡単にできるものではありませんでした。 60万円投資していた金額は、1ヶ月で40万円まで減ってしまいました。 素人が株取引をするものではありません。 私の場合は、厳密には信用取引という、お金を借りて株式投資をする事を行っていました。 私自身もこうしてブログをしていますが、利益は出ていません。 むしろブログを開設してから、 2年ほど経ちますが、 毎月の収益は1,000円にも満たないぐらいです。 この収益も維持費で相殺されてしまいます。 ただただ、時間と労力がかかるものなのだな~と思います。 簡単な方法で 確実に月に1万円も使えるお金を増やすことができます。 結果、医療事務が給料を増やすためにはどうするか 色々と副業を試してはみましたが、大きく収入アップにつながるものはありませんでした。 お金を稼ぐというのは、めちゃくちゃ大変ということです。 医療事務職は、直接的に経営などに関わることがないのでお金の動きに無頓着という部分もあるかもしれません。 改めてですが、お金を稼ぐというのは非常に大変です。 もし お金を稼ぐということに執着がないのであれば医療事務として働くのもいいと思います。 ですが、 医療事務では自分が思っているような収入を得ることは決してできません。 本気でお金を稼ぎたい!!と言うのであれば、私としては他の仕事をおすすめします。 医療事務で頑張るよりは、他の仕事を頑張った方が圧倒的にコスパが高いです。 まとめ:収入を重視するタイプなら絶対に転職をするべき 医療事務という職業は悪いというわけではありません。 ただいつも引っかかることは給料が安いという問題。 そこで改めて考えた事が… 『お金を稼ぐ事を考えるなら他の仕事を選んだ方が絶対にいい』 という結論でした。 医療事務以外にも、やりがいのある仕事はたくさんあります。 しかも、 他の仕事なら自分が頑張った分だけちゃんと給料として成果が出るでしょう。 もし、給料のことで悩んでいるのなら今の自分が置かれている状況や、自分が考えている気持ちに素直になって行動をおこしていくのもいいと思います。

次の

医療事務の年収給料や20~65歳の年齢別・役職別・都道府県別年収推移|平均年収.jp

医療事務 給料

調剤薬局事務の年収 まずは、調剤薬局事務の年収をそのものズバリ調べていきましょう。 「安い」と言われがちな調剤薬局事務の年収ですが、具体的にどれくらい低いのでしょうか。 口コミをみると調剤薬局事務の年収は300万円前後 実際に調剤薬局事務として働いている人の口コミを見ると、調剤薬局事務の年収は高くとも年収300万円程度のところがほとんどのようです。 平均年収が300万円ということは、月収換算すると約18万円前後。 残業代が加算されても月収は20万円程度でしょう。 日本の平均年収が400万円程度であることを考えると、調剤薬局事務の年収は確かに低いといえますね。 無資格でも働ける仕事の年収は低い どうして調剤薬局事務の年収は低いのか? 調剤薬局事務の年収が低い最大の要因は、「無資格でも働ける」ということです。 無資格で働けるということは、そのポジションに代替が効くということ。 日本の仕事は誰でもできる仕事の年収が低いのです。 また後で説明しますが、調剤薬局事務で年収を上げるためには、新たに資格を取る必要があるのです。 場所によっては手取りが10万円のところも 調剤薬局事務以外でも、なんの仕事でも同じではありますが、働く場所によってもらえる年収は変わってきます。 年収の低い地域で働く調剤薬局事務なら、もらえる手取りが10万円程度なんてことも。 10万円手取りということは、年収ベースで考えてもせいぜい200万円と少し。 これではとても生活していけません。 調剤薬局事務の年収推移とボーナス推移 調剤薬局事務でもらえるボーナス推移も調べておきましょう。 当然ですが、もらえるボーナスは働く場所で変わります。 今回はあくまで平均年収などのデータで算出しています。 持っている資格によって、もらえる年収の額は全然変わってきます。 調剤薬局事務として年収を上げるなら「調剤報酬請求事務専門士1級」 調剤薬局事務として働く上で、年収を上げたいと考えるなら「調剤報酬請求事務専門士1級」の取得をおすすめします。 調剤報酬に関する知識がすべて詰まっていると言っても過言ではない、 調剤報酬請求事務専門士1級を持っていれば、薬局から資格手当を貰える可能性が高いです。 調剤報酬の基礎から理解しているかをすべて問われる試験で、レセプトを作成する実技試験もあります。 調剤報酬請求事務専門誌1級は難関試験なので合格率も低く、合格率は毎回20%ほど。 調剤報酬請求事務として働く中で年収を上げるには、この資格は必須です。 調剤報酬請求事務専門士1級があればブランクがあっても復職に有利 調剤報酬請求事務専門士1級の資格を持っていれば、ブランクがあっても復職に有利というメリットもあります。 ある程度年齢を重ねても、調剤薬局事務という働きやすい現場にすぐ復職できるのはうれしいポイントですよね。 医療事務へとキャリアチェンジなら「診療報酬請求事務能力認定試験」 もし調剤報酬請求事務として働くことに限界を感じているなら、診療報酬請求事務能力認定試験に合格して医療事務への転職もおすすめです。 診療報酬請求事務能力認定試験は、数ある医療事務関連資格のなかでも、医療現場の評価がもっとも高い資格なのです。 この資格さえあれば、医療事務として働くうえで採用面、給与面での優遇は間違いありません。 しかし年2回しか行われない試験の合格率は低く、求められる知識、スキルの水準はかなり高いです。 雇用形態別に見る調剤薬局事務の給料 調剤薬局事務は、実は様々な雇用形態を選んで働くことができる、自由度の高い仕事です。 そして当然のことながら、正社員など正規雇用とパート・アルバイトなど派遣社員とでもらえる給料も変わります。 具体的にどれだけ差が出るのか、詳しく調べてみましょう。 正社員 まず調剤薬局事務の働き方として一番安定している「正社員」の働き方から。 正社員の調剤薬局事務の給料は、年収ベースで考えるとやはり300万円程度。 月収は高くとも20万円、手取りになおすと16万円といったところでしょうか。 残業が多い場所で働けば、比較的多くの給料をもらうことができるでしょう。 パート・アルバイト パート・アルバイトとして働くことも可能ですが、時給相場は低いです。 地域でも時給は変わりますが、調剤薬局事務の時給は平均して800円ほど。 一番高い地域の時給は東京都で985円、一番低い地域は鹿児島県で761円となっています。 調剤薬局事務のアルバイトは、最低賃金クラスの時給しかもらえないのですね…。 短期間で辞めてしまう人が多いこともあり、調剤薬局事務のアルバイトは時給相場が上がらない傾向にあります。 派遣社員 調剤薬局事務の派遣社員は時給相場1500円程度が一般的です。 高くとも1700か1800円程度。 時給が2000円に達することはほぼありません。 企業規模によって違う調剤薬局事務の年収 調剤報酬請求事務の年収は、働く企業の規模によって変わってきます。 具体的に、企業規模と年収の相関を調べておきましょう。 企業規模 平均年収 大企業 350万円 中規模企業 280万円 小規模企業 250万円 調剤薬局事務の給料相場はなぜ低いのか? ここまで紹介してきたように、調剤薬局事務の給料相場は決して高いとは言えません。 薬局において欠かすことのできない存在にしては、給料相場がかなり低いです。 当然、ここまで給料相場が低いのには理由があります。 誰で似働きやすい仕事の給料は安い まず大前提として、給料が安い仕事の条件として、「誰でも働きやすい仕事」というものがあります。 つまり、資格がなくても働けて、特別なスキルを求められず、働くための条件が少ないタイプの仕事です。 基本的なPC操作スキルがあれば、あとは簡単な接客だけで簡単に働くことができるのです。 女性に人気で働き手が多いから まず、調剤薬局事務のは働く時間、曜日などに自由がききやすい仕事です。 加えて、定番の事務職に加えて接客要素も絡む仕事ということで、女性に人気で女性の働き手が絶えることがありません。 あまり大々的に募集せずとも働き手が絶えない仕事は、給料相場が低い傾向にあります。 調剤薬局事務になるためには? 調剤報酬請求事務になるためには、ハローワークやタウンワークで調剤報酬請求事務の求人を探すことになります。 薬剤師の求人なら、ファーマキャリアなど薬剤師求人を専門で扱うサイトを利用できますが、調剤報酬請求事務の求人は載っていません。 エン転職など一般的な求人サイトや、地域の求人を扱うハローワークを活用することになります。 薬局内に張り紙が貼ってあることも多いので、気になる方はチェックしておきましょう。 医療事務との違い 調剤報酬請求事務と似た仕事に、「医療事務」があります。 調剤報酬請求事務は医療事務と何がどう違うのか。 年収、仕事内容などから、医療事務との違いを調べておきましょう。 医療事務と調剤薬局事務年収の違い まずは誰もが気になる、調剤報酬請求事務と医療事務の年収がどれくらい違うのか?という部分から。 しかし実は、調剤報酬請求事務と医療事務の年収には大きな違いがありません。 一番違うのは、長期的なキャリアを考えた時、医療事務の方が長くキャリアを考えられることでしょう。 医療事務は調剤薬局事務より早く帰宅できる? それでは、医療事務と調剤薬局事務の働きやすさの違いも調べていきましょう。 わかりやすく、勤務時間、どちらの仕事がより早く帰宅できるか?という部分から。 しかし医療事務や調剤薬局事務の帰宅時間は、働く現場によって帰宅時間がまったく変わってしまいます。 一般的な医療事務の帰宅時間 例えば18時まで営業するクリニックで働く医療事務の場合、月末月初のみ診療後の片付けやレセプト残業がある場合もあります。 この場合、帰宅時間は21時や22時になることも。 しかしそれ以外の時期なら診療時間終了後速やかに帰宅できることも多いです。 一般的な調剤薬局事務の帰宅時間は 調剤薬局事務の帰宅時間も、薬局ごとに微妙に変わってきます。 しかし近くのクリニックの診療時間に合わせて営業時間を決めることも多いので、クリニックで働く事務員より帰宅時間が遅くなることも。 医療事務と調剤薬局事務どちらで働くべきか? 医療事務と調剤薬局事務どちらに就職するべきか?を考える時、大事なのは「自分が将来何を求めるか」です。 医療事務はキャリアプランもしっかりしているので、長く働くことができます。 しかし調剤薬局事務のほうが働きやすい職場が多いので、「キャリアより働きやすさ」という方には調剤薬局事務のほうがおすすめです。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は主に調剤薬局事務の年収を、医療事務との違いなどを交えて説明しました。 調剤薬局事務は働きやすい仕事なのは間違いありませんが、長期的なキャリアを考えた時、医療事務に軍配が上がるでしょう。

次の

医療事務の給料はクリニックの場合高いの?安いの?

医療事務 給料

安定した正社員 働くのなら、しっかり安定した正規職員で!と考える方は多いですよね。 医療事務の正社員の初任給は、 ・高卒で約15万円 ・大卒で約19万円 というのが相場で、一般事務職とほぼ同じ水準です。 具体的に医療事務の給料について見てみましょう。 安定している• 産休・育休などがある• 社会保険がある• 賞与・退職金がある 正社員のメリットは、 安定していること。 「安定」はこの時代誰でも欲しいものです。 派遣やパートと違い、いきなり職を失うことは考えにくいです。 また、医療事務では 年齢に関係なく、長く働き続ける女性が多いのですが、その背景には復帰しやすい環境があることです。 結婚して子供が生まれても、産休や育休制度を設けている医療機関は多いそうです。 規模の大きい病院では、託児所が設置してあるところもあるそうですよ。 そして雇用保険や労災保険、健康保険、厚生年金などの各種社会保険の完備と合わせて、賞与と退職金があるのも正社員の大きなメリットです。 残業がある• 朝が早い レセプト請求期間(月末~翌月10日)は、残業が避けられないことが多いです。 また、病院は朝がとても早く、病院によっては7時半や8時からの勤務も有り得ます。 朝が苦手な人にはちょっときついかもしれませんね。 完全週休2日制 or 4週8休制 がほとんどです。 1週間に2回必ず休みがあるか、1か月に8日間の休みがあるか、ということです。 大抵日曜日と祝日はお休みのことが多く、土曜日は午前中のみ勤務で交代制、といった感じです。 4週6休制、月2回週休2日制などというところもあるそうです。 曜日、時間を決めて!パート プライベートを重視させたい人、育児と両立したい人に向いているのがパート、というスタイルです。 相場は850円スタート。 経験を積めばそれ以上も。 実務経験がある場合1,000~1,200円程度も可能 医療事務員のパートの時給は、一般事務職とほぼ同じ、850円スタート位が相場です。 自宅の近くで働ける• 残業はない(もしくは少なめ)• 未経験OK• 短時間勤務が可能 パートは自宅の近所のクリニックや調剤薬局等、働く場所が近くにあるので育児と両立しやすいです。 また、パートの場合残業はほとんど無く、子供のお迎えや仕事以外の予定を立てられやすいです。 そして求人のなかでも、未経験可、というケースが多いのがパート。 正社員では資格や経験を必須としている求人もあるのですが、パートはそれが無いことが多いです。 午前中のみや午後のみ等、3~4時間程度の勤務も多くあり、勤務時間の調整がしやすいのもパートという働き方の魅力です。 賞与、有給休暇は無し• 人員削減の対象になってしまうことも もし体調が悪かったり、子供が具合が悪くなったりで休んだ時に収入が減ってしまいます。 ただ、パートでも有給休暇が得られる場合もあります。 6カ月間継続して勤務していたり、全労働日の8割以上出勤しているなど一定の条件をクリアしている場合となります。 賞与や退職金は出ない場合がほとんどです。 また、真っ先に人員削減の対象となるのはやはりパート人員です。 ただ最近は、最初から人件費の削減のねらいで正社員の採用よりもパートを採用しているところもあります。 1日3~4時間程度• 週4~5日勤務が多い シフト制で、だいたい週に4~5日間くらい勤務している人が多いです。 医療機関は祝日は休みになることがほとんどなので、ゴールデンウィークや年末年始の休日もしっかりとれ、日曜日はお子さんと一緒に居られたり・・と、休日環境は医療機関で働くことでのメリットのひとつです。 パートの医療事務求人の応募資格例 成美堂出版「医療事務職をめざす本」より 診療所 医療事務経験者、医療事務専門学校等卒業者または 医療事務講習等修了者、コンピュータ使える方 簿記検定(日商3級)、医療事務管理士2級、医療事務経験 パソコン経験ある方 医療事務経験者(年数不問) 有資格者優遇 医療事務経験者 医療事務経験者または有資格者優遇 経験者優遇 医療事務経験1年以上、高卒以上 未経験者は医療事務の学校に進学してもらう (費用は診療所負担) 薬局 調剤薬局勤務経験者、医療事務有資格者優遇 医療事務経験ある方歓迎。 レセコン入力可能で昇給あり 拘束されずに働ける 派遣 医療機関でも他の職種と同じようにアウトソーシング化が進んでいて、派遣へのニーズは定着化しつつあります。 平均1,000~1,300円くらい• スキルや経験により異なる 一般的に派遣社員の給料は時間給です。 自分の条件に合った勤務先で働ける• 勤務時間、期間を選べる• 短時間勤務が可能• 労使交渉をしてもらえる• パートより給料は高め 派遣会社へ登録すると、自分の希望に合った働く場所を紹介してもらえるので、就職活動が非常に効率的です。 勤務場所から時間、期間も選べます。 医療機関が忙しい時間の午前中だけ、レセプト業務の繁忙期だけ、といった短時間勤務も可能です。 また、何か仕事において不明瞭なことがあった場合に、営業担当者に気軽に相談が出来ます。 仕事内容が契約内容と異なっている場合などは、相談のうえで職場を移る事も可能です。 お給料はパートより高く、経験がある場合は1,500円以上望める場合もあるようです。 交通費などの手当てが無い• 契約が更新されなければ仕事は終了 交通費や賞与、退職金がないので正社員と比べると、かなり差があります。 また、契約期間が決まっているため、仕事を続けたいと思っても派遣の契約期間が更新されなければ終了となってしまいます。 医療事務の知識がある方。 長期 (3カ月以上) 医療事務講座は必ず比較してから決めるべき!です。 1度の入力で、複数の医療事務講座の資料請求ができます(無料です) 医療事務講座の資料をまとめて請求して比較できます。 【取得資格+就職サポート+料金+教材を総合的に比較しました】 【第1位】 合格率75%の資格を確実に目指し、かつ 医療事務の最高峰試験である、診療報酬請求事務能力認定試験を最終的に目指せる。 とても現実的だし、W取得はかなり安心感があります。 基本の医療事務講座にプラスして、医事コンピュータ、レセプトチェックなどオーダーメード感覚で学びたいものだけ受講が可能というのも評価点が高いです。 就職支援制度も手厚く、求人内容もパート・正社員・派遣と豊富。 なかでも 正社員の求人数の多さが最大の魅力です!堂々の総合第1位です。 【第2位】 40年以上の歴史を持つ医療事務講座。 ニチイの修了生5万人以上が現在医療機関で働いていて、実績&信頼が厚いです。 年間6万人が受験する、日本最大規模の試験医療事務技能審査試験を目指します。 契約医療機関数は11,000件。 医療機関との太いパイプが就職サポートを後押ししてくれます。 通学、通信にWeb上で学べるWebカレッジも加わり、益々学習スタイルが選びやすくなりました。 認定試験には対応していないため、総合比較第2位です。 【第3位】 医療事務の最高峰&最難関試験である 診療報酬請求事務能力認定試験に対応。 そのほか医療秘書資格、医事コンピュータ資格等最大5つの資格が目指せます。 「医療保険士」資格は 100%合格保証制度付き。 就職サポートはヒューマンリソシアによる就職先の紹介となります。 5つの資格を取得できるのは魅力大!ですが、料金設定が高めなため総合第3位です。 医療事務のこと、もっと知りたい•

次の