テリワンsp グリズリー。 【DQMテリワンGB】超安定攻略2

テリーのワンダーランドGB版で大活躍したグリズリーがついに配合できました!【テリワンSP】

テリワンsp グリズリー

Sサイズ最強アタッカーのおにこんぼうの紹介と作り方 おにこんぼうは、 ストーリーキラーで有名なバルザックの色及びサイズ違いです。 でかそうにみえてSサイズです。 ギガデーモン G 、バルザック M 、おにこんぼう S が並んだらトトロみたいになりそうですね。 枠的に無理ですが) そんなおにこんぼうの有用性を解説します。 圧倒的なステータス まずはこちらをご覧ください。 どうでしょう。 パラメータスキル+武器込みですが、 HP約2,000! 攻撃力1,700オーバー!! 守備力2,100オーバー!!! Sサイズモンスター最高基準なのは疑う余地もありません。 このパラメータから生じる殲滅力とタフさは容易に想像できますね。 恐るべき特性 おにこんぼうの特性は以下のとおりです。 パラメータは頑張れば、おにこんぼう程ではないにせよ、 割とどのキャラでもそこそこ伸びます。 一方で、 特性は変えられません。 まさに才能。 多くの場合は無駄が多かったりします。 しかし、無駄がなく強力な特性を持って生まれてしまったのがおにこんぼうなのです。 簡単にさらっていきましょう。 【ギガキラー】 ギガキラーはMサイズに対して1. 25倍、 Gサイズに対して1. 5倍のダメージを与える特性です。 対戦環境を支配するのは闇竜シャムダを筆頭にGサイズが大半ですので、 アタッカーとして非常に有用な特性となります。 【こうどうおそい】 「こうどうおそい」は戦闘時の行動が最後になる特性で、 基本的にはデメリットです。 しかし、考え方によってはマッチするスキルがあり、 必ずしもマイナスではありません。 また、「おにこんぼう」の場合、特性だけで補えています。 (亡者の執念) 【ギャンブルカウンター】 この特性は、敵からダメージを受けた際、2倍の攻撃力で反撃することがあるというものです。 反撃確率は体感で40~50%くらいな気がします。 破格のオマケといった感じの特性です。 【亡者の執念】 亡者の執念は、例えHP0になっても、そのターンは行動し、 ターン終了時に倒れるようになるというもの。 つまり、ターン開始時にHPが1であろうと、1発でやられようと、 何が起きても確定で行動できるのです。 そのため、「こうどうおそい」のデメリットは大きく緩和されています。 Advertisement 驚異の作りやすさ そして極み付けは「 作りやすさ」にあります。 裏ストーリーのラストダンジョン(とこやみの扉)に 野生モンスターとして出現します。 究極配合も、2体仲間にして悪魔の書を使えば良いだけなので楽々です。 また、配合で作る場合はギガントヒルズ+ボストロールですので、 中盤のいかりの扉クリア時点で作ることも可能です。 (最初のジャンケンイベントに勝つと入れる「しんじつの扉」にボストロール出現) ただし、ストーリー用としてはバルザック等を使った方が良いので、 対戦系のコンテンツ以外での使用はあまりおすすめしません。 おにこんぼうのスキルセット考察 おにこんぼうが如何に恵まれた才能を持ったモンスターかはご理解いただけましたか? では、本題のスキルセットを考えていきましょう。 パラメータ強化 元々パラメータは強力ですが、 パラメータ強化スキルでより圧倒的にしていきたいところ。 先に画像を載せましたが、私が使っているおにこんぼうを再掲します。 攻撃力アップSPと守備力アップSPに振っています。 これにより、超メタルのダイヤモンドスライムを貫通できます。 さらに、2000越えの守備力は中途半端なアタッカーの攻撃を一切通しません。 結局は好みになるかと思います。 私は、おにこんぼうはみがわりで壁に徹する役割でもなく、 素のパラメータの方が生きる機会が多いと考えているため、守備力アップSPを選択しています。 攻撃スキル 諸説あることでしょう。 そんな中、私が選択したのは「 魔戦士ヴェーラ」です。 魔戦士ヴェーラは、裏ストーリークリア後に再度戦い、5ターン以内に倒せば仲間になります。 そこからスキルを貰いましょう。 主要な習得スキルは以下のとおり。 ・ヒャド、ダウン、ねむりガード+ ・ステルスアタック ・じごくの踊り ・獣王げきれつしょう ガード系については説明不要でしょう。 【ステルスアタック】 1ターン目に透明化し、2ターン目で強力な全体攻撃を行います。 みがわりを貫通するため、みがメタ対策に適しています。 【じごくの踊り】 じごくの踊りはHPが低い程威力があがる特殊マダンテのような技です。 MPを全て使うことに加え、元気だと威力がでないため、まさに最後の手段ですね。 このスキルは「こうどうおそい」及び「亡者の執念」特性に非常にマッチしています。 威力はこれくらい出ます。 ポケモンを知ってる人にわかりやすく例えるなら、 まさに 「きあいのタスキ」+「きしかいせい」です。 【獣王げきれつしょう】 アタックカンタ対策になります。 威力はまぁまぁですが・・・。 究極スキルの無双剣舞があれば、 行動回数1回であることを考えるとあまり使われることはないでしょう。 究極特性 究極特性は「行動回数アップ」か「耐性アップ」の二択だと思います。 私は 高い守備力をより生かすために耐性アップを選択しました。 行動回数確定2回なら行動回数にしますが、 1~2回と重要な時に信用できないシリーズはなるべく採用しない方針なのもあります。 行動回数アップは不確定要素の追加に加え、副作用でパラメータの上限値が大きく下がるため、おにこんぼうの長所が削られてしまうかなと。 口伝スキル 「 無双剣舞」がおすすめです。 5~7回ランダムに敵にダメージを与えます。 高い威力に加え、アタックカンタ対策にもなりますね。 これがあると、1対1であればGサイズのモンスターに負けることは殆どありません。 カウンターの出方次第では、Gサイズ+ダイヤモンドスライムにもおにこんぼう単騎で勝てます。 私は「 剣舞と守の奥義2」をセットしています。 また、「 超魔神斬り」もありかと思ってます(まだ試してませんが)。 行動が最後になるというデメリットは「こうどうおそい」により無いも同然ですし、 確実にみがわりを吹き飛ばせることでしょう。 関連する記事• 2018. 01 2018年11月23日のアップデート以降、 オンライン他国マスターのSSランクモンスターを入手できなくなりました。 この結果、オンラインで良いモンスタ[…]• 2018. 27 モンスターを作るにあたり、 この攻撃力だとあの敵にどれくらいダメージを与えられるんだろう。 と思ったことはありませんか? ポケモンで確定数やダメージ調[…]• 2018. 29 テリワンSP最強のモンスターは何でしょうか。 きっと筆頭候補に闇竜シャムダが挙がることでしょう。 闇竜シャムダは、その恵まれた特性、パラメータから、 […]• 2019. 08 テリワンSPも発売から早2ヶ月。 時が経つのは早いですね。 初期のプレイヤーの多くはプレー時間が減ってきているかと思いますが、PV推移をみるに、絶えず新[…]• 2018. 27 テリワンSPでは、強いモンスターを作るために、 何度も配合を重ねる必要があります。 また、配合するにあたっては、親モンスターのパラメータを引き継ぐこと[…] コメント (2件)•

次の

【DQMテリワンGB】超安定攻略2

テリワンsp グリズリー

まずは親のレベルボーナスから解説していきましょう。 ですので、究極配合、スキル調整が終わり、 最後にモンスターを完成させる配合の時は必ずレベル100同士で配合しましょう。 パラメーターが上限値に達しているからってすぐ配合しちゃうと損するぞ! 親の系統ボーナス 今作から追加された隠し要素なのですが、系図にのっている親の系統でパラメーターに 最大12%の差が出てきます。 各系統、1親ごとに3種類のパラメーターに2%づつ補正がかかります。 系統によってかかる補正は以下になります。 アイコン各2%の上限値ボーナス 解説 わかりにくいと思いますので私のメカバーンを使って解説します。 現在の親の系統を書き出してみると• ドラゴン系2• 物質系2• まじゅう系1• メカバーンはみがわり要因なので、本来は 守備に補正がかかる系統 物質、悪魔、自然、まじゅう で親を組み合わせるべきなのですが、これは失敗してますね。

次の

旅の扉別出現モンスター一覧〜ドラゴンクエストモンスターズ・テリーのワンダーランド攻略サイト新生スペクタルコロニー〜

テリワンsp グリズリー

一方、MP・守備力は全然伸びません。 レベル1のステータスが以下のグリズリーのレベルを上げ、毎回どのくらい数値が伸びるか検証してみました。 HP 92 MP 18 攻撃力 127 守備力 46 素早さ 50 賢さ 33 こちらが レベル毎の各ステータスをグラフ化したものです。 HP(青)は可もなく不可もなくといった伸び方をします。 MP(緑)は全然伸びません。 攻撃力(グレー)は超ハイペースで伸びます。 守備力(黄)は全然伸びません。 Lv42〜Lv80の間は多少伸びますが、他が全然伸びず。 素早さ(赤)はスローペースなものの、それでもなんとかカンストできています。 賢さ(紫)はMPと同様伸びず、カンスト値が低く設定されているのにそれでもカンストできませんでした。 成長の限界を迎えた時のステータスがこちら。 成長速度 グリズリーの成長速度は 早めです。 レベル1から2になるために必要な経験値は「 5」です。 ストーリー序盤から活躍してくれるモンスターです。 特に「1ターン休み系」の無敵は大きいですね。 「さそうおどり」などの1ターン休み系特技を使ってくる敵はストーリー序盤から終盤まで登場するので、役立つ耐性です。 一方、 弱点となる特技は11種類あります。 特に妨害系に弱く、「ラリホー」で眠らされたり、「メダパニ」で混乱させられたり、「マヒこうげき」でマヒしたり…。 さらに「マヌーサ」に弱いのは致命的。 グリズリーはその攻撃力の高さが武器なので、幻惑によって攻撃が当たらなくなると戦力がガタ落ちになってしまいます。 各特技がどの系統に属しているのかについては以下の記事をご覧ください。 覚える特技 もろばぎり 相手に通常の攻撃より大きなダメージを与えるが、自分も傷つく。 しっぷうづき 誰よりも早く攻撃する。 あしばらい 敵一匹の足を払って転倒させ、1ターンの間、動きを止める。 もろばぎりは強い特技ですが、自分もダメージを受けてしまうちょっと危険な特技。 仲間に回復役モンスターがいたら積極的に使うのもありです。 しっぷうづきは、通常の攻撃よりもちょっと威力が落ちますが、敵や味方よりも早く攻撃できる特技。 特にメタルスライムやはぐれメタルを倒す際に重宝する特技です。 あしばらい(すいめんげり)は、1ターン休み系の特技。 1ターン休み系に弱い敵なら、毎ターンあしばらいしておくだけで相手を完封できます。 …が、グリズリーは攻撃が役目なのであまりあしばらいを使う機会はないでしょう。 グリズリーを用いた特殊配合 グリズリーが血統の場合 相手 結果 うごくせきぞう がいこつけんし キラーマシン ゴーレム しにがみきぞく スカルゴン ダンジョンえび ドラゴン系 ひょうがまじん メタルドラゴン ようがんまじん ワイトキング 悪魔系 ストロングアニマル サンダーバード ヘルコンドル モーザ ロックちょう パオーム スライム系 ユニコーン グリズリーが相手の場合 血統 結果 くさったしたい しりょうのきし マッドロン マミー がいこつけんし 物質系 キラーマシン 鳥系 ひくいどり.

次の