バジリスク絆2 bc天井。 バジリスク絆2 天井詳細とゲーム数・スルー回数の確認方法

バジリスク絆2スロット新台解析、攻略、天井ハイエナ、ボーナス重複、小役確率など

バジリスク絆2 bc天井

天井BCは必ず同色 BCスルー狙い 基本的にはスルー回数が多い=有利区間天井が近いので、ゲーム数を気にかけておけばスルー回数はそこまで意識しなくてOKです。 3スルーしていればゲーム数不問で打っていいでしょう。 サブ液晶でゲーム数&スルー回数が確認可能 リールの右側にあるPUSHボタンを押すとサブ液晶で現在のゲーム数とBCの当選回数 スルー回数 が見られるようです。 例えばTOTAL GAMEが500Gだった場合はあと300Gで天井到達となります。 天井到達まであと何Gか、何スルーしているかがパッと見で分かるので便利ですね。 やめどき やめる際は AT終了後、サブ液晶をタッチしましょう。 この時のセリフが 弦之介の「出立の時じゃ」と朧の「では、参りましょう」以外のセリフなら高モードor良テーブル示唆となります。 この場合1回BCを引いて朧の月を見るのが無難ですかね。 詳しい解析が出ていないので確実なことは言えません... 逆にこれらデフォルトのセリフだったら1G回して即ヤメしましょう。 注意点としては 間にBCを挟んでも良い点です。 バジ3、北斗修羅などのボーナスでは天井がリセットされない機種のように「BCでは天井がリセットされない」みたいなイメージです。 天井恩恵もBCなのでややこしいですがw 北斗天昇みたいにシステムが知れ渡ると合計800Gやめの台が増えそう BC0回で天井到達は恩恵あり!? BCが0回の状態で800Gの有利区間天井に到達した場合、AT確定となる エピソードBCに当選する模様です。 BCスルー天井 同一有利区間内でBC7スルーした場合、次のBCでBT当選確定となります。 有利区間リセットのタイミング 有利区間がリセットされるタイミングは2つ。 この「ゲーム数天井」は他の台とは少し意味が違うので「有利区間天井」と呼んでいます。 今作もBCで朧を選択すると 終了画面で次回モードの示唆を行っています。 絆2のATは平均407枚なのでけっこうショボい。 まどマギ3叛逆に近いです。 まとめ ということで絆2のハイエナについてでした。 導入台数も多い&絆の後継機で稼働も良いので、有利区間のシステムが広まるまではけっこう拾えるんじゃないでしょうか!.

次の

バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

バジリスク絆2 bc天井

天井 BC7スルー後 8回目 にBC当選 恩恵 BT突入 BCからのBT非突入7連続後にBCに当選すると必ずBTに突入。 以上になります。 ザッとスペックを見た感じだと、リゼロや北斗のような出玉感はないものの、まどか叛逆並みに安定してそうな感じはありそうですね。 天井狙い考察・注意点 以上の解析情報を踏まえて、個人的な天井狙いに関する狙い目の考察・注意点を。 注意点 6号機の規定上、 有利区間がリセットされた際に必ずスルー回数もリセットされるはずです。 よって、有利区間の最大継続ゲーム数1500G以内のどこかで必ずスルー回数はリセットされると推測されます。 ゲーム数天井は通常時800g消化、スルー天井は8回目で発動とありますが、実際には 有利区間内800gで発動ということになります。 8回目まで追いかけても天井が発動することはありません。 有利区間リセットのタイミングは? 現状不明確なのですが、有利区間リセットのタイミングは 1. BT終了後 2. 有利区間移行後800g らしいです。 これが確定情報なのか定かではないです。 もし通常時800g以内に有利区間がリセットされることがあるとするならば、それもまた天井が発動しないパターンが考えられますね。 また、スルー天井狙いに関しても、見た目上は4スルーですが、実際には1スルーということになります。 なので、履歴上8回目に到達しても実際は5回目、或いは途中再度有利区間がリセットされればそれ以下になってしまいます。 これは前提条件が違えばの話なので、もし条件が正しかった場合はスルーでOKです。 結論 安易なスルー狙い は避けましょう。 もしかしたら設定1は一生BTに入らない地獄グラフすら描くことあるかもね…。 リゼロもルパンも北斗もそうだったしベタピンホールはかなりキツくなりそうです。 上記の前提条件が違えば有利区間ゲーム数天井狙いも避けた方がいいでしょう。 業界の小ネタ ただ、バジリスク絆2は かなり甘く扱われるらしく 業界の方々が口を揃えてそう言っているみたいです。 、ベタピンの店とそうでないお店では狙い方が大きく変わってくるかと思います。 どの店もバジリスク絆2が最後の頼みになるとかなんとか。 確かに絆2で客飛んだらもう一生客つかないかもわからんね。 個人的な天井狙い目 BT・BC後270g〜有利区間ランプ消灯まで を天井狙いのボーダーに設定しようと思います。 「浅すぎィ!!!」 …あくまで自分の稼働地域の配分予想などを踏まえた個人的な考察なので、アテにはしないでください。 周りの解析サイトでは350〜450gくらいが天井の狙い目となっているようですが、自分はかなり甘めに設定してます。 BT後0スルーは恐らく高モード期待度が高くなるため甘めに。 また、BC後は引き継ぎのため甘めに。 さらに設定配分も考えてさらに甘めに。 …という風に考えてたらこうなりました。 「モード狙い」は? あくまで個人的な推察ですが、「 モード狙い」は 今作も有効だと思います。 バジリスク絆2は前作のバジリスク絆を完全踏襲しているとのことです。 通常時のテーブル数は16種類、モードはA〜Dの4種類のようで、今作もBTに突入しやすいモード・テーブルがあるようです。 モード示唆に関して モード狙いするならモード示唆の確認は欠かせません。 モード示唆に関して、こんな記事を発見しました。 より引用 今回は月が出ると高モードに期待できる模様。 またそれだけでなく、 こんな記事も。 私は恐らくこの ステチェン崩れはモード示唆なんじゃないかと推察しています。 結論 天井狙い目270g〜に設定してしまいましたが、ボーダーは臨機応変に変えていく予定です。 絆2導入で稼働がつくといいですね。 PVや試打動画をチェックして導入に備えましょう。

次の

【モード&設定別のAT当選率判明!!】バジリスク絆2

バジリスク絆2 bc天井

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の