ハクビシン対策 庭。 生活上の被害対策 横浜市

「追い出し」て「寄せ付けない」!素人でもできるハクビシン対策 | クジョカツ

ハクビシン対策 庭

東南アジアに生息している動物• ジャコウネコ科に属する• 5本指を持つ ハクビシンは「白鼻芯」という名前が付けられていることから、 実際に見た目に鼻筋に白い線が入っています。 足跡も五本指を持っている為、四本指しかないタヌキとの区別もつきます。 ハクビシンの身体は、体重が2〜3kgの大きさが一般的で、体長は約60cmほどです。 しっぽは黒色であることや、生態が夜行性であることから、昼間に見かけることはほぼありません。 野生化し、都心でも大きな被害が 毛皮用の動物として輸入されたことが始まりですが、それら野生化したとも伝えられています。 現在、ハクビシンは日本全国のあらゆるところに棲みついていることから、都心においても大きな被害が起こっています。 ハクビシンは、その姿形から、アライグマのように見えることがあります。 家の中に棲みついている場合は、屋根裏でばたばたと大きな音がすることから、すぐに分かると言われています。 ハクビシンは五本指を巧みに使い、木登りを得意としています。 身体の割には細い電線や木の枝も難なく登り、人間の住む家の中に入ってきます。 かなりのジャンプ力を持つことで、電柱から屋根までも軽々と飛んでくると言われています。 また、ハクビシンの食性は雑食性であることから、強い生命力を持っています。 野菜や果物、昆虫、ネズミ、カエル、鳥など、あらゆるものを食べて生きています。 顔つきは意外にも可愛いことから、誤って近づいて大けがをしてしまう恐れもあることから、飼い犬や飼い猫が被害に遭わないよう十分に注意してください。 ハクビシンは見た目とは裏腹に、噛む、引っかくなどといったようにかなり凶暴な動物です。 ケガをすると感染症に罹患する恐れもある為、注意が必要です。 ハクビシンの習性 その為、行動範囲はとても広くなります。 運動神経が非常に高い為、簡単に電線の上や屋根瓦の上を歩く姿が目撃情報として挙げられています。 その抜群の運動神経から、新たなねぐらを見つけると、その場所に棲みつきます。 場所としては、屋根裏や倉庫、空き家など、ハクビシンの被害は絶えず起こっています。 棲みついてしまったハクビシンをそのままの状態で放置することにより、家じたいがダメージを受けてしまいます。 その為、 冬ごもりをする前となる11月頃までには、ハクビシンの侵入予防のための対策を講じなければなりません。 もしも、すでにねぐらとして棲みついてしまっている場合は、自力での駆除は非常に難しく、害獣駆除業者への依頼を考慮する必要があると思っておいてください。 ハクビシンはとても警戒心の強い動物です。 その為、 人目に付くような場所を避けるという習性を持っています。 その為、排水溝などには家の庭の木から落ちた落ち葉や枯葉が積もっていたり、庭先に生えた雑草が長く伸びてしまっているなど、そのような状態の場合はハクビシンが隠れている可能性があります。 そのような場所を綺麗に掃除しておくだけでも、ハクビシンは警戒してそこを通らなくなることもあります。 特に庭井の雑草については、除草剤などを活用して、常に綺麗な状態を保つようにしてください。 庭先に伸びた木の枝に注意 ハクビシンは五本の指を巧みに使用し、木登りを達者にこなします。 その為、樹上生活者とも呼ばれているのです。 他にも、細い電線さえもとても器用に渡る為、民家の屋根にも簡単に登ることができます。 だからこそ、家の屋根裏など、わずかな隙間を見つけて侵入してくることが考えられるのです。 自宅の屋根に上がって来させないということも立派な予防対策ともなる為、 自宅周辺に屋根の上に登って来れそうな木や、木の枝は植えない、また、短く刈っておくということを徹底するなど、工夫するようにしてください。 隣家と距離が近い立地となっている環境の場合は、なかなかその対策を講じることが難しい傾向にあります。 そのような時は、 「バードスパイク」といったような、ハクビシンが歩くことさえ困難な障害物をあえて設置することも方法です。 ハクビシンが通る出入り口を塞ぐ ハクビシンが家に出入りしているとされる出入口を見つけたら、そこをしっかりと塞ぐことを試みてください。 例えば、家の土台の部分の通風口、また、キッチンの水道管と床にあるわずかな隙間、そして屋根裏など、わずかな隙間であっても、身体が通ればそこを通ってハクビシンは家の中に出入りします。 その為、目が細かい金網をあえてその部分に設置する。 また、金網を破られないよう、金属たわしを隙間に詰めるなど、しっかりと対策をしてみましょう。 ペットフードを出したままにしない ハクビシンは雑食性の食性を持つことから、どんなものでも食べようとします。 その為、 犬や猫のペットフードが残った場合、そのままにしておくのではなく、すぐに片づけておくようにしましょう。 また、果物をそのままにしておくと、ハクビシンの大好物でもあることから、餌が家の中に常にある状態であることをハクビシンに知られてはなりません。 ハクビシンは夜行性です。 特に青色の光を嫌う傾向にある為、青色のストロボや青色のLEDライトを設置するととても効果があると言われています。 その色を嫌う為、設置するだけで家に寄ってこなくなります。 これはなぜかと言うと、 夜行性の動物は色覚が発達していない為、青い光を認識しやすく、それを警戒するため寄り付かないようです。 また、青色の光は、ハクビシンだけではなく、他の夜行性動物にも効果を発揮します。 しかし、青色の光はハクビシンには効果はありますが、逆にこの青色の光には虫が寄ってきてしまいます。 ですから、どちらかを選択しなければならないということになります。 ウルフピーを使用してハクビシンを寄せ付けない ハクビシンは肛門腺に悪臭の分泌物を持っています。 これは仲間との連絡手段であると言われています。 大きな肉食動物の尿を使用した忌避剤があります。 夜行性のハクビシンは、 視覚よりも臭覚や聴覚の方がより発達していることから、忌避剤を設置するとより効果を実感すると言われています。 しかし、忌避剤を使用する場合、 ペットを飼育している際には使用しにくく、かなり臭いがきつい為、一般家庭において庭に使用しにくいと言われています。 なぜなら、激辛唐辛子などといった10種類もの辛味パウダーが入っている為、これらはハクビシンにとって嫌な臭いでもあり、嫌な赤色をしているからです。 また、雨が降るような季節などは特に効果が薄れる可能性が高いです。 ハクビシンは学習能力が高いとも言えず、一時的なしのぎにすぎないこともある為、大きな効果は期待できないかもしれません。 電気柵を設置する 電気柵は一般家庭の庭に設置するというよりも、農家など、田畑で農作物への被害を防止するためには最善の方法ではないかと思われます。 実際には、農林水産省によると、ハクビシンによって食害防止効果が高いとされているのがこの電気柵であると言われているのです。 電気柵は、農作物への被害を与えている要因がハクビシンであるという確定的な証拠をつかむことが大切です。 また、農作物への被害のみならず、自宅の屋根裏などにすでに棲みついてしまっているという場合は、業者に依頼して捕獲と駆除を行わなければならない場合もあります。 屋根裏の駆除は業者へ依頼すること ハクビシンがすでに自宅の屋根裏に棲みついてしまっているという場合、すでに自分の力で駆除しきれないという状況でもあります。 その際は駆除業者へ依頼するようにしましょう。 ハクビシンは、シラミやノミやダニを媒介する他、万一噛まれてしまうと感染症を起こしてしまう可能性もある為、安易に捕獲しようとするのは大変危険である為、避けてください。 ハクビシンのような有害鳥獣である害獣駆除を行うには、都道府県への許可申請が必要となり、さらには罠を仕掛けて捕獲するという場合、「狩猟免許」の取得が必要となるのです。 その為、 専門業者は、狩猟免許取得者が従事している為、許可捕獲の申請代行を行ってくれる為、とても安心です。 ハクビシンによる病原菌及び感染症の二次被害が起きてからでは遅い為、棲みついていると予想されるハクビシンについては、しっかりと必ず駆除を依頼するようにしてください。 箱罠を使用してハクビシンを捕獲 屋根裏で大きな足音を立てて走るハクビシンを直接捕獲することが難しい&危険であるとするならば、罠を仕掛けて捕まえれば良いのではないかと思いませんか? しかし、実はハクビシンは鳥獣保護法の対象となる為、そのハクビシンが原因により農作物に被害が生じている場合は、被害を被った方が市や県に申請することで許可を得ることができなければ捕獲することができないのです。 その為、許可なくハクビシンを捕まえることはできません。 つまり、 一般家庭にハクビシンが棲みつき、そこに罠を仕掛けて捕獲することもできず、当然、殺すこともできない動物なのです。 結果的には、ハクビシンを駆除するためには、最終的にはプロの駆除業者に依頼することになるのです。 業者によっては、ハクビシンの駆除についての知識を有していないこともある為、業者へ依頼する際は、そのような点についても問い合わせする必要があります。 自治体によっては箱罠を設置してもらえることもある 最近では、ハクビシンが都心部に出現し、ハクビシンによる被害が増えている為、自治体もそれについて頭を悩ませていると言います。 その為、 自治体によっては、ハクビシン捕獲のための箱罠を仕掛けてくれることもあります。 ハクビシンの天敵であるオオカミのおしっこのニオイがするウルフピーは、ハクビシンを寄せ付けないとされているシートです。 動物は、天敵の臭いのする場所は、テリトリーであると判断し、自身が侵入することを辞めます。 ハクビシンの天敵はオオカミだけではなく、 野ネズミや野良犬、また、シカやクマも天敵である為、あらゆる動物からの被害を防ぐ効果があると言われています。 ウルフピーは、家のまわりを取り囲むように設置することで、ハクビシンが家に寄りつかなくなります。 実際に、 アメリカにおいては20年以上も前からこのウルフピーが実用化されており、ハクビシンの被害を最小限に抑えることができるようになったと言います。 そもそもハクビシンにとって嫌いな臭いであることには変わらない為、ハクビシンがこの臭いに慣れてしまうということはありません。 その為、設置を続けることで、家の中のみならず、家じたいに寄りつかなくなります。 フルフピーにはシートと液体の2タイプがあります シートタイプ シーーとについては、 ハクビシンが侵入してきそうなところに吊るすだけで効果を発揮してくれます。 実際にはその効果は約2ヵ月間持続すると言われています。 液体タイプ 液体タイプの場合はボトル容器の中に入れ、家の周りに吊るして使用してください。 あらかじめ、 ボトルには少し穴を開けておき、ボトルにオオカミの尿を入れ、高さ30〜60cmほどの場所に吊るすだけです。 尿は蒸発する為、なくなった場合はそのボトルに足して使用します。 散布すると蒸発するスピードも早く、効果が持続しにくい為、ボトル容器を活用すると良いでしょう。 ハクビシンを駆除するためのオススメ商品 ウルフピー狼尿【ウルフピー 4枚入り 】シートタイプ いかがでしたか?ハクビシンを駆除する方法や、自身でハクビシンの被害に遭わないように対策する方法についてご紹介しました。 ハクビシンは一年中、季節を問わず活発に活動し、繁殖することができる上、行動範囲がとても広いという特徴を持っています。 その為、どうしても個体数は増え続けてしまい、その分、私たちの生活において被害が拡大しやすい害獣でもあります。 ハクビシンの痕跡を見つけた場合など、できるだけ早期対策を行うことが重要だと言われています。 また、ハクビシンそものものの個体数を減らすような箱罠を仕掛けたり、忌避効果を期待する。 家の中に入らせないように様々な工夫を凝らすという方法を駆使することでハクビシンからの害獣被害を防ぐ必要があります。 それでも、どうしても効果的な対策に転じるとは言い切れません。 完全駆除を考える場合は、やはり屋根裏害獣駆除業者へ依頼されることをおすすめします。 間違っても自分で捕獲するといったことがないようにしてくださいね。 狸(たぬき)やハクビシンについて•

次の

猫が来なくなる方法とは?庭の猫よけ・糞尿被害対策 [猫] All About

ハクビシン対策 庭

そもそもハクビシンってどんな動物? ハクビシンはジャコウネコ科に属し、東南アジア発祥の動物と言われています。 明治以降に毛皮素材として外国から日本に持ち込まれ、それが野生化したものが発端です。 現在では日本全国で確認されている他、意外にも都内でのハクビシン被害の報告が年々増加傾向にあります。 ハクビシンは一見タヌキと見た目が似ているので間違えやすいですが、 「白鼻芯」という名前の通り目と目の間に白いライン模様があるのが特徴。 体長はおよそ50~60cm程度、体重は2~3kgという比較的スリムな体型です。 かわいらしい見た目とは裏腹にとても凶暴な性格なので、 不用意に近づこうとすると噛みついたり、ペットを襲うこともあります。 ハクビシンに噛まれると感染症にかかってしまう可能性があるので、 見つけても不用意に近づいたり捕まえようとしてはいけません。 その嗅覚の良さを利用して、ハクビシンの天敵であるオオカミ 他肉食動物 の尿で作った忌避剤のニオイで寄せ付けない方法。 しかしハクビシン避けの為に設置するのはいいのですが、このウルフピーはかなりニオイが強いので、場合によってはご近所へ迷惑をかけてしまう可能性もあります。 また、もともと畑用としてアメリカから輸入されたものなので日本育ちのハクビシンに効果があるかは定かでは無いほか、畑などの広大な敷地での使用が主な傾向にあります・・・。 もし庭にゴミを捨てておく習慣がある場合は、ハクビシンやその他の害獣を呼ぶ原因にもなりかねないので控えるようにしましょう。 また、庭で飼っているペットのエサ、食べない果樹の実などもそのままにしておくとペットに危害が及んだり、食害に合う可能性がありますので、出来るだけ早めに片付け・収穫するようにしましょう。 庭にある不要な落ち葉やのびっぱなしになっている雑草などをキレイにしておくことで、 ハクビシンは警戒してそこを通らないようになる可能性があります。 まずは家への侵入経路になりそうな床下や通気口などの隙間を埋めることが大切です。 隙間を埋めると言っても密閉してしまうと家の中に湿気が溜まって家にダメージを与えてしまうので、 目の細かい金網などを張るなどをしましょう。 ですがハクビシンは歯もかなり強いので時には金網すら食い破ってしまうこともあります。 そんな時は金属タワシを入り口に詰めてみてください。 もし家の庭に屋根にかかりそうなくらいに成長した木がある場合は、ハクビシンの侵入経路になるのでしっかり剪定しましょう。 特に鳥よけに設置するバードスパイクは、ハクビシンの歩行を阻害する効果もあるので有効です。 しかしそのバードスパイクも軽々と飛び越えてしまう可能性もあるので、 バードスパイクの10cm手前に電気柵なども設置しておくと、二重のトラップになり効果が増大します。

次の

生活上の被害対策 横浜市

ハクビシン対策 庭

まずはハクビシンによるお庭や畑、家庭菜園への被害事例を知っておきましょう。 農作物を食い荒らす 近年、ハクビシンによる農作物被害は全国各地で多発しています。 現在では東京都など都会にも生息域を拡大しています。 生態は雑食性で、小動物や果実、農作物と何でも食べてしまいます。 特に トウモロコシ・ミカン・スイカなど糖 度が高い作物を好んで食べます。 またハクビシンは夜行性のため、人に姿を見られずにあなたが育てた野菜や作物を荒らしていきます。 そして、さらに深刻な問題が、、、。 それは 野菜や果実の実を食べるだけではなく「茎」まで食べてしまうことです。 するとその作物は収穫が出来なくなり、やがて枯れてしまいます。 実を食べるだけならまだしも、茎をやられてしまうと大切に育てた作物が水の泡。。 あなたのお庭や畑を荒らしている犯人は一体誰なのか? まずはハクビシンの食べ方の特徴を確認していきましょう! トウモロコシ トウモロコシは、実の部分だけを食べます。 そのため、 芯の部分が残っていればハクビシンの仕業であることが多いでしょう。 またアライグマやタヌキはトウモロコシの茎を倒して食べるのに対して、 ハクビシンは茎を斜めに倒して実を食べるのも特徴です。 ぶどう ぶどうは、袋で実を包んでいても食べられることがあります。 しかもまだ青い粒は残して食べごろの実だけを食べることも。 木の上から袋を口で破り、その穴から顔を入れて実を食べていくのです。 包んでいる袋が破られている場合は、ハクビシンの可能性が高いでしょう。 いちご イチゴは、器用に実を食いちぎるのでヘタが残ることが多いのが特徴です。 ヘタやちょっとした実がついてるいちごが残っている場合はハクビシンでしょう。 ただし臭いは時間が経過すると効果が弱くなっていくので、定期的な散布を心がけましょう。 ハクビシン用のオススメ忌避剤についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。 >> 有刺鉄線付きのフェンスや柵 ハクビシンは垂直に1mジャンプすることができるので、通常のフェンスでは乗り越えられてしまうことがあります。 フェンスや柵も対策になりますが、さらに 有刺鉄線を侵入しそうなところへ張るとハクビシンは入りにくくなり、また痛いのを嫌うので効果的です。 個人でも簡単にできる対策ですので、ホームセンターなどでチェックしてみるのをオススメします。 電気柵 ハクビシンは6cmの隙間があれば通り抜けられるため、畑を網などで囲むのは難しいです。 しかし電気ショックに弱いので、電気柵は効果的です。 電気柵に触れると弱い電流によってびっくりさせるため、警戒心が強いハクビシンは近寄らなくなります。 電気柵にはいくつか種類があったり、何重にも柵を張るなど対策方法は様々です。 電気柵のデメリットは、やはり設置へのハードルの高さと高額な値段です。 事前に電気柵について学んだり、道具の準備や設置に労力も必要になったりします。 ですが、時間やお金をかけられる方はぜひチャレンジする価値はあると思います。 その他の代表的なハクビシン対策方法はこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご確認ください。 >> 完璧にハクビシンを対策したい場合は害獣駆除業者に相談しましょう 「忌避剤で追い出しても、慣れてしまいまた戻ってきてしまう」 「せっかく設置したフェンスや電気柵も素人の力では突破されてしまうかも。。 」 これまでご紹介したようにハクビシン対策はあなたにもできます。 しかし、時間やお金、労力もかかってしまうのも事実です。 慣れない作業やたくさんの知識も必要となるとなかなか大変です。 頑張って対策したのに効果がなければ本当にがっかりです。 そんなお悩みも解決する方法はあります、そう「専門業者」です。 専門業者にお願いをすると、「捕獲」・「駆除」、そして農作物に被害を出さないようにするため畑やお庭への「侵入防止策」まで全て行ってくれるのです。 素人ではなかなか難しい駆除と再発防止策をお任せできるのはやっぱり心強いですね。 その他、メリットもいろいろとあるので完璧に対策するなら専門業者に相談しましょう。 おすすめのハクビシン駆除業者はこちらの記事で詳しく解説しているので、信頼できる業者を知りたい方はぜひご覧ください。 >> 庭や畑のハクビシン駆除は鳥獣保護法に注意! 「鳥獣保護法」という言葉を聞いたことはありますか? ハクビシンは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律「鳥獣保護法」で保護されている狩猟鳥獣です。 法律によって守られているなんて知らない方も多いのではないでしょうか。 これらはハクビシンに限らず、ほとんどの野生鳥獣にも同じようなことが言えます。 ハクビシンの駆除や捕獲には、「実施前に自治体の許可を受ける」必要があり、また鳥獣保護法など狩猟のルールや法律に沿って行わなければいけません。 それを知らずにハクビシンの駆除を行ってしまうと、鳥獣保護法違反として罰則を受けてしまうことも。。 違反した場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金です。 こんなことにならないためにいくつかポイントを見ていきましょう。 職業農家は許可がなくても捕獲や駆除が可能なこともある 鳥獣保護法の第13条によると、仕事として農業を行なっている方の畑であれば、許可なしで捕獲や駆除は可能です。 詳しい鳥獣保護法の内容は、下記で引用しております。 第十三条 農業又は林業の事業活動に伴い捕獲等又は採取等をすることがやむを得ない鳥獣若しくは鳥類の卵であって環境省令で定めるものは、第九条第一項の規定にかかわらず、環境大臣又は都道府県知事の許可を受けないで、環境省令で定めるところにより、捕獲等又は採取等をすることができる。 (引用:) 趣味のお庭や畑で行う家庭菜園では自治体の許可が必要 ご自宅のお庭や畑で行う家庭菜園で捕獲・駆除を行う場合は、自治体の許可が必要になります。 しかし、捕獲や駆除に該当しない忌避剤やフェンス、電気柵などの対策は許可を取る必要はありません。 一方で専門業者にお願いをすれば、狩猟免許を所持していて自治体に許可の申請を行った上で捕獲や駆除を行ってくれるので、面倒な手続きなども必要ありません。 ただし、一定数の悪徳業者がいるのも事実で、見積もりや対応をしっかりと見比べて判断をしましょう。 ハクビシンの生態や対策法などいろいろと見てきましたが、やはり大切なのは「ハクビシンを寄せ付けない」ことです。 まずはハクビシンがどうしてお庭や畑に来てしまうのかを知り、事前の対策をしっかり行いましょう! エサになるものを残しておかない ハクビシンに限らずエサがあれば動物は寄って来てしまいます。 ハクビシンは、エサが近くにあるところに巣をつくります。 そのため、エサとなるものがお庭や畑にないことが寄せ付けない方法となります。 収穫したあとの作物や食べ残し、空きカンなどの飲み残しもエサとなります。 ハクビシンは視覚によってエサを探したり認識したりするので、エサとなるものを「見えるところに置かない」「見えないようにする」ことが重要です。

次の