コンビニ バイト 髪型。 気になるコンビニバイトの髪型・ピアス・服装とは

コンビニバイトの面接。初心者に気を付けて欲しい事とは?

コンビニ バイト 髪型

Contents• コンビニバイトの髪色は自由?決まりとかある? コンビニバイトの場合の髪色は「絶対こうしなきゃいけない」という訳ではなくいくつかパターンがあります。 コンビニに行くと髪色が黒の店員を見かける事が多いかと思います。 ですが、中にはちょっとだけ茶髪の店員を見かけたり、たまに凄い派手な髪色の店員を見かけた事もないですか? 多分、あなたも黒色以外の髪色を見かけたことがありますよね。 という事でコンビニ店員の髪色はどうやって決まっているのか。 そのパターンを紹介していきますね。 ほとんどの場合は店長やオーナーの判断で髪色を決めています。 なので店長やオーナーが「この髪色はアウトかな」とか「それぐらいの髪色ならセーフ」とかそんなかんじで決められています。 コンビニバイト歴が6年以上で色んなコンビニで働いてきた僕の経験上、よっぽど明るくしない限りはセーフな場合が多いかと思ってます。 実際、僕が働いていきた中で茶髪ぐらいの人と働く事も多かったですし、明るくない茶髪なら店長から何も言われない場合が多かったです。 茶髪の人には店長から「君ちょっと染めてるんだね、それぐらいならいいけどこれ以上は明るくしちゃダメだよ」って感じに話しているコンビニが多かったイメージですね。 と言っても正直このパターンはかなり珍しいと思ってます。 こういうコンビニの場合は見た目より中身で判断している場合が多く、接客態度とかがいい感じなら髪色は派手にしてもいいよってお店です。 僕も見た目より接客態度が大事だと思っているのでこういうコンビニはいいなーとか思ってます。 あなたも最初にお店に入った時「うわ、凄い髪色だ」って心の中で呟いていしまう場合もあるかと思いますが、そういう派手な店員って会計に行くと凄い丁寧な接客だったりしますよね。 正直そこら辺の店員よりよっぽどいい接客だと思いますw ただ、どうしても派手な髪色があまり好きじゃない人もいるので、その辺を考慮すると派手過ぎる髪色を許可してくれるコンビニはかなり少ないかなと思ってます。 実際僕は6年以上コンビニで働いてますが、少なくても僕が働いてきた6カ所ぐらいのコンビニでは「髪色は派手でもOK!」という場所はなかったです。 ですが、 逆に言うと店長やオーナーの判断なのでちょっとでも染めるのNG!ってお店もあります。 僕も一度このパターンに出会いました。 このパターンでヤバかったのが、僕って髪の毛を染めてなくて色素が薄い?とかそんな理由で何もしてない状態でもちょっとだけ髪の毛が暗め?明るめ?のブラウンっぽい髪色なのですが それを染めてるって当時の店長が判断して「うちのお店は髪の毛染めたらダメだから、うちで働きたいなら髪の毛黒に染め直してね」って言われたことがあります。 以上になります。 まとめると スポンサーリンク 各コンビニでどこまで髪色を染めても大丈夫なのか?の見分け方を紹介! 茶髪がOKって言うけどどれくらいの明るさなら大丈夫なのかって大事ですよね。 見分け方の結論からお話しすると 「実際に働きたいそのコンビニに行ってみる」になります。 ちょっとめんどくさいですが店長やオーナーの判断なのでこれしか方法はないですね。 何度か買い物ついでにそのコンビニの店員さんの髪色を見て、そこで働いている人の髪色までなら染めても大丈夫という事ですね^^ 髪色だけじゃなくそのコンビニの働いている姿も見れて、なんとなく雰囲気もわかるかと思うのでそういう意味でも働きたいコンビニの下調べはおすすめですね! 本部の人にダメと言われる厳しい! 店長やオーナーがちょっとぐらいなら髪の毛を染めてもいいよって言ってくれても、 本部の人から直々に黒色に染めるように言われる場合もあります。 この時に警告される場合がありますね。 本部の人が来る日は店長が「今日本部の人がくるよ」って教えてくれる場合もありますが、突然来る場合もあります。 店長やオーナーから本部の人が来るとあらかじめ教えてくれた時は「黒彩スプレー」などで一時的に黒色にするのもありかなと思いますが、突然来る場合もあるので全部のパターンに対応は難しいです。 このパターンに出会ったことがないので、何とも言えないですが、もし本部の人に髪色について言われてしまったらしぶしぶ黒色にした方がいいのかもしれませんね。 その前にまずは店長に相談してみるといいかもしれません。 コンビニバイトの髪の長さは決まりがある? コンビニバイトの髪の長さや髪型は基本的には自由な場合が多いです。 もし、髪が長い場合は結めば大丈夫な場合が多いですし、女性の場合はシュシュで結んでいる人もいます。 男性の場合は髪が耳にかからないように面接の時に言われる場合が多いかなと思います。 ですが、実際は完璧に髪が耳にかからないようにしなくても、ちょっとぐらいなら許してくれる場合が多いですね。 僕も普段は耳に髪がかからないぐらいの長さですが、髪を切る直前は結構耳にかかってしまってますが注意されたことはないですね。 極論ですが清潔感があればOK!なのかなと思ってます。 まとめ コンビニバイトの髪色は基本的には店長やオーナーの判断なので案外ちょっとぐらい染めても大丈夫って場合が多いです。 ただ、良くも悪くもほぼ店長やオーナーの判断で決まるので ・一切髪を染めるのがダメなコンビニ ・派手な髪色でも大丈夫なコンビニ と、店舗によって判断が変わってきます。 6年以上コンビニで働いてますが、僕の経験上だとほとんどのコンビニが茶髪ぐらいならOKと言った感じですね。 髪の長さも同じで店長やオーナーの判断になります。 ・男性の場合は髪が耳にかからない長さ ・女性の場合は髪が長い場合は結ぶ といった場合が多いですね。

次の

ブログ

コンビニ バイト 髪型

気になるコンビニバイトの髪型・ピアス・服装とは こんにちは!ビー・グルーヴのブログ担当です。 今回はコンビニバイトの髪型・ピアス・服装について紹介していきます。 コンビニのアルバイトをしたい!と思っても、気になるのは身だしなみですね。 オシャレをしながら働きたいけれど、コンビニではどうなんだろう?と気になっている人も多いでしょう。 コンビニでの髪型・ピアス・服装について、何故そう決まっているのかも紹介していきます。 髪型について 順番に見ていきましょう。 まずは一番気になる髪型です。 髪型は自分を表現する大切なものですし、気分転換に変えたいという人も多いでしょう。 コンビニではどうなっているのでしょうか。 〇髪型 まずは髪型についてです。 コンビニのアルバイトは、基本的には髪型は自由となっています。 しかし、肩を超えた場合は男女共に括るように指示されます。 男性の場合は髭などもなるべく剃るように言われたり、伸ばす場合は清潔感を大切にするように勧められます。 これを見れば分かるように、髪型は「お客様の商品に髪の毛が混入・触れたりしない」ように、括ったり短くしておく事を勧められるのです。 女性はパーマなども当てたい!と思っている人もいるでしょうが、パーマなどは全く問題ありません。 前髪に関しては、清潔感もそうですが、社会人としての身だしなみが適応されるので、目にかかったりする場合は必ずピンで留めるように指示されます。 基本的に、コンビニでの髪型は社会人としての身だしなみに通ずるものばかりなので、将来社会に出た際にも参考になります。 〇髪色 髪色に関しては、やはり派手過ぎる金髪などはお客様へ威圧感を与える可能性もあるので、あまり良いとはされていません。 最近では様々な髪色に染められるように技術が発達してきています。 しかし、お客様の視点からすれば、髪色があまりに突飛な原色や、カラフルな色になると、それを不潔と捉えたり、威圧的に感じて店から足が遠のいてしまうという事も考えられます。 髪色は必ず店長やオーナーに事前に相談し、きちんとどんな色にしたいのかなどを確認してから染めるのが一番無難です。 〇ピアス ピアスに関しては、基本的に就業中は外すように指示される事が多いようです。 これは社会人の場合も同じで、それにはいくつか理由があります。 まずはお客様の商品の中にピアスが混入してしまうのを防ぐ事です。 やはりお客様は商品の中にピアスが混じっていると良い気分にはなりませんし、そこからピアスをどうするのかという問題も発生してきます。 次に、作業をしている際にピアスが引っ掛かって怪我をする事を防ぐ為、自分の身を守る意味も込められています。 コンビニでは高い位置に商品を並べなければいけない事もあり、脚立などを利用して商品を並べます。 その際に、顔の横に商品などが来る事もあり、その商品や棚が引っ掛かってしまう危険性もあるのです。 また、紛失してしまった場合は、いくらコンビニという空間であるとはいえ、探すのが大変です。 探している間はお客様にも気を遣わせてしまう事になりかねないので、こうしたトラブル防止の為にもピアスは就業中外しておくようにしましょう。 〇ネイル ネイルに関しては、意見が割れているようです。 お客様の商品に剥げたネイルが混入してしまったり、ストーンが落ちてしまうのを防ぐ為に禁止にしている所もあれば、仕事に支障をきたさない程度のネイルであれば許容される所と、それぞれ違います。 コンビニでは品出しなどの時に段ボールやパレットと呼ばれる入れ物を使い、運んだりする事もあります。 その際に傷ついたり、折れてしまう危険もあるのでオススメはしませんが、ネイルに拘りたい人は、ネイルOKという店舗を探す事をお勧めします。 〇服装 これも自分を表現する大切なツールなので、拘りたいという人もいるでしょうが、基本的には決まっています。 各コンビニで、制服が支給されるので、上はそれを着用するように指示されます。 中には下も貸してくれる所がありますが、基本的には上のみです。 かと言って下が自由かと言うとそうでもなく、下は基本的に動きやすいスキニータイプのズボン、またはジーパンに定められています。 これも、お客様に清潔感を与える事や、お客様がレジに並ばれた時にすぐに反応して駆けつけられるようにという所からきています。 また、上の服に関しても、制服の下は基本フードのついていない服にするようにと指示されます。 その理由は、フードが移動中にお客様に当たってしまう事を避ける事、フードが棚や商品に当たって落としてしまったり、汚してしまうのを防ぐ事、そして見栄えなどもあります。 女性の場合、胸元が開いてしまっている服装も良い顔はされません。 しゃがんだ際に制服の隙間から胸元が見えてしまう可能性もあり、お客様が目のやり場に困るという場面も出てきます。 フードのついていないTシャツや七分丈のトレーナー、着ぶくれをしない服装であれば問題ありません。 全ては自分を守る為、お客様の為 コンビニではお客様が快適に買い物ができる事を重視し、上記のようなルールを定めています。 ですが、これを知っておいて守れれば、社会に出ても通用します。 社会勉強の一環だと考えて、是非意識しながら守ってください。 また、定められているルールは、ほとんどがお客様への配慮もありますが、自分を守るルールでもあります。 髪型や服装でお客様からクレームを受けない為、コンビニで怪我をしない為、一つ一つに大切な意味が込められています。 社会人としての身だしなみが身に付くコンビニで働くには? コンビニで教えて貰える身だしなみは、学生は勿論ですが、一般教養なので誰でも知っておくべき身だしなみです。 自分を高めるという意味でも、是非ともコンビニのアルバイトに挑戦して欲しいのですが、どうすれば自分の理想とするコンビニに入職できるのでしょうか? それは、ビー・グルーヴに登録する事が挙げられます。 ビー・グルーヴでは身だしなみをしっかり指導してくれる、その人のニーズに合わせた職場を紹介します。 きちんとした身だしなみを身に付けよう! 身だしなみは相手に好印象を与える絶好のチャンスです。 お仕事をお探しの方• ビー・グルーヴについて• 拠点一覧• お問い合わせ•

次の

コンビニバイトの面接。初心者に気を付けて欲しい事とは?

コンビニ バイト 髪型

【コンビニバイト】面接時の髪型 コンビニバイトの面接、髪型も受かるために重要な部分。 募集の紙にどんな髪型や髪色でもOKと書かれている場合は特に気にしなくても大丈夫かと思いますが、そういったコンビニは少ないはず。 髪色は黒髪が無難でしょう。 茶髪でもOKという店舗は増えていますが、厳しい店舗だとNGのところも・・・。 金髪など派手な髪色だとNGのところがかなりあるかと思います。 ですので、面接の時は黒髪で行くことをおススメします。 髪型に関しては、男性の場合は短く清潔感のある髪型が理想。 男性のロン毛は清潔感が出にくく、だらしない印象を与えてしまう恐れがあります。 ですので、髪型に関してはショートヘアをおススメします。 まとめると、黒髪でショートのシンプルな髪型が一番ということですね。 接客業ということもあり、コンビニバイトは髪型に気を使わなければいけませんので・・・。 電話応募の時点で予め、ダメな髪色や髪型を聞いておくというのも1つの手です。 コンビニの店舗によって髪型の基準が異なりますので、電話応募の時点で先に聞いておくとよいでしょう。 面接って会って数秒での印象で大体決まってしまったりします。 つまり、見た目が重要ということです。 髪型も服装も清潔感を心がけ、ハキハキと明るく喋るようにしましょう!.

次の