女性 終身保険。 ライフネット生命の終身医療保険「じぶんへの保険3レディース」保険内容の特長を解説

【FP監修】定期保険vs終身保険、どちらを選ぶ?仕組みや解約返戻金の違いを解説 |楽天生命保険

女性 終身保険

先進医療給付金・先進医療見舞給付金について• 同一の被保険者において、先進医療給付のある当社商品の重複加入はできません。 患者申出療養は、先進医療給付金・先進医療見舞給付金の支払対象となりません。 療養を受けた時点で先進医療でないものは、給付金の対象外です。 同一の先進医療において複数回にわたって一連の療養を受けたときは、それらの一連の療養を1回の療養とみなします。 先進医療給付金のお支払い事由に該当する療養を複数回受けた場合には、先進医療見舞給付金が支払われることになった最後の療養を受けた日からその日を含めて60日以内に受けた療養については、先進医療見舞給付金をお支払いできません。 責任開始の日からその日を含めて2年以内に、約款に定める白内障の治療を直接の目的とする療養を受けたときは、先進医療給付金および先進医療見舞給付金をお支払いできません。 この保険には「満期保険金」や「配当」、「解約返戻金」はありません。 終身医療保険の場合で保険料の払込期間を「60歳まで」、「65歳まで」を選択される方は保険料の払込期間と保険料の払い込みがどちらも完了したあとに解約した場合は、入院給付金日額の10倍の金額をお返しいたします。 健康状態や職業によっては、審査の結果、加入できないことがあります。 保険料は支払わなければならない月を含めて3ヶ月以内にお支払いください。 期限内にお支払いいただけない場合は、保険契約が失効します。 保険料が未払いで契約が失効してしまうと、契約を元に戻すこと(復活)ができません。 ここでの説明は、あくまでも概要です。 必ず「ご契約のしおり」と「約款」をご確認ください。

次の

女性のための終身保険の選び方|終身保険| INSNEXT(インズネクスト)

女性 終身保険

女性保険とは、様々な医療保険・がん保険の種類の中で、女性特有の病気・がんに特に手厚く保障があるのが女性保険です。 女性特有の病気・がんの場合は上乗せで保障を受けることができるため、妊娠や出産、子宮や卵巣にかかわる病気など女性ならではのリスクが心配な方にお勧めです。 乳がんは40代から、子宮筋腫も30代からリスクが高まりますので、早めの準備が安心でしょう。 終身タイプは将来に備えることができ安心です。 加入当初の保険料を抑えた定期タイプは、一定期間、充実した保障を得るために、上手に活用することができます。 また、一定期間ごとにボーナスがもらえる商品や、女性の健康上の不安に答える相談窓口がある商品などもあり、女性のライフスタイルに合わせた保険になっています。 通常の医療保険のなかでも、女性疾病特約を付け加えることで、女性特有の病気を手厚く保障してくれる商品もあります。 お好きな方法でプロに相談• 外出しなくてもおうちで安心して相談いただけます。 ご自宅や職場の近くなどご希望の場所で相談いただけます。 子宮筋腫など女性が心配な病気等による入院を重点保障するだけでなく、入院時の一時金を1入院につき10万円(医療用入院一時金特約)、退院後の通院保障を1日につき10,000円(医療用通院特約)、3年ごとに15万円のボーナス(生存給付金)が受けとれます。 お好きな方法でプロに相談• 外出しなくてもおうちで安心して相談いただけます。 ご自宅や職場の近くなどご希望の場所で相談いただけます。 6 2,158円 20~70歳 終身 終身 5,000円 60日 1,095日 入院中:5万円・外来:2. 5万円 なし なし なし なし 口座振替・クレカ お手頃な保険料で入院・手術に備えられるエコノミーコースと、がんや先進医療の保障もついたおすすめコースの2つがある女性専用の終身型医療保険です。 保険料は一生上がりません。 入院給付金・女性入院給付金は、日帰り入院でも5日分受け取れます!短期入院に手厚いのが特徴です。 手術給付金は入院を伴う場合は入院給付金日額の10倍、入院を伴わない場合は入院給付金日額の5倍です。 5万円 <手術給付金・放射線治療給付金> ・骨髄等の採取術は、責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に行われた手術につき、保険期間を通じて1回を限度としてお支払いします。 ・放射線治療給付金は、60日間に1回を給付限度とします。 ・乳房再建給付金の支払限度は1乳房につき1回となります。 ・乳房再建給付金は、責任開始日からその日を含めて90日を経過する日以前(責任開始期前も含みます。 )に悪性新生物に罹患したときは、給付金のお支払いはしません。 また、その後新たに悪性新生物と診断確定されても、給付金のお支払いはしません。 ・先進医療とは、公的医療保険制度に定められる評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院等で行われるものに限ります。 )をいいます。 ただし、療養を受けた時点に公的医療保険制度の給付対象になっていた場合等は、先進医療とはいいません。 ・自動更新が可能です。 更新後の保険料は更新日現在の被保険者の年齢および保険料率によって計算します。 したがって更新後保険料は更新前保険料と異なります。 (通信販売の場合、死亡保険金をお支払いしないタイプ(死亡保険金の給付倍率を0と指定)のみ取り扱います。 詳細につきましては「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。 女性入院給付金も同様です。 同一の日に複数回手術を受けた場合は、いずれか1回の手術についてのみ手術給付金をお支払いします。 商品の詳細につきましては、「ご契約のしおり」と「約款」を必ずご確認下さい。 被保険者が既に引受保険会社で所定の先進医療関係の保障にご加入の場合には、付加できません。 先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。 そのため、対象となる先進医療は変動します。 医療用新先進医療特約による給付は、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限ります。 詳細につきましては、「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。 5万円をお支払します。 一部の手術については60日間に1回のお支払いを限度とします。 手術の種類により、責任開始期より1年間、または保険期間を通じてお支払いの対象にならない場合があります。 詳細は約款をご確認ください。 なお、先進医療の種類や医療機関は随時見直され、療養を受けた日に先進医療に該当するものが給付の対象となります。 また、先進医療給付金の支払対象となる療養を受けたときに先進医療一時金をお支払いします。 先進医療に関する特約は、現在ご加入の他のご契約も含めて複数のご契約に付加することはできません。 女性特定疾病の詳細は約款をご確認ください。 当募集代理店(生命保険募集人)は、お客様と引受保険会社の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。 したがいまして、保険契約は、お客様からの保険契約のお申込みに対して引受保険会社が承諾したときに有効に成立します。 当募集代理店および当募集代理店の特定関係法人の役職員の方は、当募集代理店でお申込みいただくことはできません。

次の

生命保険の選び方!終身保険で損をしない4つのポイント

女性 終身保険

独身の新入社員が、終身保険はもちろん生命保険の仕組みがわからないまま、職場にくる営業マンにうまく乗せられ、高額な生命保険に加入してしまうケースはよくあることです。 そんな中、終身保険をすすめられることが多いかと思われます。 終身保険はその反対の定期保険よりも保険料が割高で、契約が長期間なので、営業マンとしては会社で実績として高く評価されるなんてこともあるのです。 そうとはいっても、営業マンのなかには、しっかりと考えた上で、終身保険をおすすめしてくれているケースも数多くあります。 今回のこの記事では、そのような独身の人が生命保険をはじめて検討するときに知っておかなければいけないポイントをお伝えします。 この記事が自分にとって本当に必要な保険を選択できる参考として、お役にたてればと思います。 今回のテーマである終身保険をはじめとして、他には掛け捨て型の死亡保障である定期保険、老後の貯蓄ができる個人年金保険などが代表的な生命保険の種類として挙げられます。 終身保険とは、保険の対象となる人=被保険者が死亡もしくは高度障害状態になった時、保険金受取人として設定された遺族に死亡保険金が支払われる満期のない死亡保険です。 満期のないということで、保障される期間は一生涯です。 途中で解約しなければ一生涯保障されるという保険です。 そして終身保険を途中解約すると、解約返戻金という形でお金がかえってきます。 解約するタイミングにもよりますが、今まで支払ってきた保険料総額を超える解約返戻金を受け取れる場合もあり、こういった特徴から貯蓄型保険としても人気です。 独身男性の終身保険と定期保険、医療保険の加入率 20代 30代 40代 独身男性:終身保険 27. どの年代も既婚男性よりも独身男性のほうが生命保険の加入率が低い。 独身男性も既婚男性も、20代から40代にかけて、生命保険、終身保険の加入率があがる。 逆に独身男性も既婚男性も、20代から40代にかけて、定期保険の加入率は下がっていく。 40代における終身保険の加入率は、独身男性も既婚男性も大差ないが、20代などの若いうちは独身男性のほうが加入率が低い。 既婚男性において医療保険の加入率はどの年代も過半数だが、独身男性にとって年齢があがるにつれて、医療保険の加入率がさがる。 独身男性について述べると、 若いうちは医療保険の加入率が高く死亡保険の加入率が低く、40代あたりになると、死亡保険のなかでも終身保険の加入率があがる傾向があることがわかります。 独身女性と既婚女性の加入率からわかることによると、 独身女性の終身保険と定期保険、医療保険の加入率 20代 30代 40代 独身女性:終身保険 28. 独身女性のほうが既婚女性より生命保険の加入率が低い• 女性の場合は、男性と異なり、独身でも既婚でもそれほど違いはない 独身女性について述べると、 既婚女性よりも死亡保険の加入率が低く、医療保険の加入率が高い傾向にあり、さらに死亡保険よりも医療保険のほうが加入率が高い傾向があることがわかります。 さて、独身男性、独身女性の加入率などもみてきましたが、独身の方は、死亡保険の加入率が既婚の方よりも低いことがわかります。 実際、独身の方は、高額な死亡保険のような保障は必要がないケースが多いです。 既婚の方は、子供がいるので、やはり自分が亡くなったときに残された家族のためにお金を残したいという気持ちから、死亡保険に加入する人は多そうです。 それでも、独身の方が終身保険に加入しようとする際には、以下のポイントで選ぶとよいでしょう。 自分の葬儀費用分の死亡保障で十分• 独身の方は死亡保障よりも、掛け捨ての終身医療保険や終身がん保険がおすすめ• 独身の方でも母子家庭や父子家庭など子供がいる場合は死亡保障が必要 独身の方は、既婚の家族のいる方よりも死亡保障の必要性は低いです。 加入率のデータをみると、独身の方は若いうちは医療保険などの加入率は高いですが、40代になってくると加入率は下がります。 これは、40代になると、貯蓄ができているので、医療保険は不要と考える方が多いからです。 しかし、実際には医療保険やがん保険はあったほうが良いです。 なぜなら20代よりも40代以降のほうが入院する割合が多いからです。 とはいえ、20代のほうが保障が必要なので、このような結果になっています。 また20代のうちの医療保険やがん保険は保険料が安く、40代になると保険料が高くなるので、解約してしまう方が多いのでしょう。 そこで、掛け捨ての終身医療保険と終身がん保険をおすすめします。 終身型に加入することで、保険料が変わらないので、若いうちに加入すると、一生涯安い保険料で保障されるのです。 40代になって保障を受ける確率があがっているのにも関わらず保険料が割高になったからといって、解約する心配もなくなるので、おすすめです。 40代の保険についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

次の