うたわれ ロスト フラグ まとめ。 『うたわれるもの ロストフラグ』(ロスフラ)攻略wiki

【うたわれるものロストフラグ】「亡国の双姫」の攻略と効率的な進め方【うたわれLF】

うたわれ ロスト フラグ まとめ

『うたわれるもの-ロストフラグ-』イベント 【亡國の双姫】を攻略解説していきたいと思います。 イベント期間は『2月4日14:00分』~『3月2日の13:59分』までとなっております。 ストーリーは全部で『 22話』で構成されており、 水属性が有利なイベントになっています。 現在確認できる水属性キャラは『 ベナウィ』『 スオンカス』『 ウコン』『 イタク』『 トキフサ』『 ネコネ』の7キャラです。 そして、今回新規ガチャで『 ネコネ』が追加されました。 10連ガチャが1回できますね。 管理人としてはイベント交換所のアイテムでガチャチケットの『2月の英傑結糸』が全部で10個交換できるので、まずはそちらで10連分ガチャをしてから『 宝珠3000個』を使うかどうか考える事をオススメします。 今回のストーリーを全部クリアするとイベント報酬キャラ『 イヌイ』が入手できるので逃さず手に入れましょう。 交換所で入手できる星3幻灯鏡の『 花宵剣士武芸帳』も忘れずに入手しましょう。 イベント特攻幻灯鏡なのでキャラに装備させると効率よくイベントポイントを集めることができます。 装備品としてもかなり強いので、ステージがクリアできなくて悩んでいる方は最優先で入手しましょう。 攻略に使うキャラクターは大体 Lv45~47くらいで、『 アクタ』『 ミナギ』は連撃参まで解放してあります。 その他のキャラは『 シチーリヤ』と『 スオンカス』だけ覚醒Lvを2にしてあり、連撃Lvや特性Lvは基本的にその覚醒Lvや契約Lvで出来る上限まで上げてあります。 ノーマル攻略 ステージ1~7 詳細 ノーマルステージは全部で7ステージで構成されています。 難易度ノーマルなので特に苦戦する事もなく攻略できると思います。 敵戦力は『 1,870』~『 7,376』です。 《ノーマルステージ1》 消費活力・13 イベントポイント・26pt 敵戦力・1,870 《 敵詳細》 重要な敵以外は簡易ステータスを表示しています 『 野盗』 前衛 ・HP2,100 『 ウォプタル』 前衛 ・HP2,820 『 野党』 前衛 ・HP2,100 『 野党』 後衛 ・HP2,280 《ノーマル・ステージ1まとめ》 特に苦戦する事は無いと思うので初心者の方でも楽に倒せると思います。 《ノーマルステージ2》 消費活力・14 イベントポイント・28pt 敵戦力・2,474 《 敵詳細》 重要な敵以外は簡易ステータスを表示しています 『 キママゥ』 前衛 ・HP3,180 『 キママゥ』 前衛 ・HP3,180 『 オルケ』 後衛 ・HP1,920 『 オルケ』 後衛 ・HP1,920 『 オルケ』 後衛 ・HP1,920 《ノーマル・ステージ2まとめ》 特に苦戦する事は無いと思うので初心者の方でも楽に倒せると思います。 《ノーマルステージ3》 消費活力・14 イベントポイント・28pt 敵戦力・3,162 《 敵詳細》 重要な敵以外は簡易ステータスを表示しています 『 異邦の冠童』 前衛 ・HP3,180 『 影の者』 前衛 ・HP4,260 『 異邦の冠童』 前衛 ・HP3,180 『 異邦の冠童』 後衛 ・HP2,100 『 影の者』 後衛 ・HP2,640 《ノーマル・ステージ3まとめ》 特に苦戦する事は無いと思うので初心者の方でも楽に倒せると思います。 《ノーマルステージ5》 消費活力・15 イベントポイント・30pt 敵戦力・5,884 《 敵詳細》 重要な敵以外は簡易ステータスを表示しています 『 渡者』 前衛 ・HP6,060 『 渡者』 前衛 ・HP6,060 『 渡者』 後衛 ・HP5,700 『 渡者』 後衛 ・HP7,980 『 渡者』 後衛 ・HP5,700 《ノーマル・ステージ5まとめ》 この辺になるとキャラのLvを上げて育成するか幻灯鏡のLvを上げるかしないと初心者の方は少し厳しいかもしれません。 『 アクタ』や『 ウコン』は特性で一度倒れても復活できるので、パーティーに加えて敵の攻撃をしのぎつつ撃破すれば星3ミッション達成が楽になるかもしれません。 BOSSを含め毒を使用してくる敵が3体もいる為、こまめに回復しましょう。 星3回復キャラがいれば言うことはありませんが所持していない場合、星2キャラの『 シチーリヤ』何とかして入手しましょう。 チュートリアルガチャなどで比較的簡単に手に入ると思います。 ノーマルラストステージということで敵の戦力も『 7,376』と非常に上がっているので、ステージクリアできないという方は交換所で星3幻灯鏡の『 花宵剣士武芸帳』が 5,000ptで交換できるのでまずはそれを入手することを最優先に考えた方がいいかもしれません。 戦力が格段にUPし特攻効果でイベントポイントも多く手に入るので良いことずくめです。 ノーマル攻略まとめ 今回のノーマルクエストは敵戦力『 1,870』~『 7,376』と出陣ステージで言えばノーマル難易度のステージ2『 アチカイ通り』~ステージ3『 エシトラ森域』のラストくらいの難易度となっております。 ノーマル出陣ステージ3のラストまでクリアしている方は『 亡國の双姫』のノーマルステージは特に苦戦することなくクリアできると思います。 以前最初からほぼ育成無しで何処までクリアできるかやってみたところ、手持ちのキャラにもよりますがノーマル難易度の出陣ステージ2の中盤くらいまでは行けたと記憶しています。 なので今回ノーマルステージがクリアできないという方がいましたらキャラの育成と幻灯鏡の強化&装備を行いましょう。 このハードステージを全てクリアしないと配布キャラが手に入らないので頑張りどころです。 《ハードステージ1》 消費活力・16 イベントポイント・32pt 敵戦力・10,038 《 敵詳細》 『 影の者』 前衛 ・HP10,020 『 侠客』 前衛 ・HP9,660 『 影の者』 前衛 ・HP10,020 『 影の者』 後衛 ・HP10,020 『 影の者』 後衛 ・HP10,020 《ハード・ステージ1まとめ》 ハードステージ最初の戦闘ですね。 敵が 毒 3秒 や 攻撃時に回避を使ってきますが、厄介な組み合わせの構成でもないので特に苦戦する事は無く倒せるかと思います。 《ハードステージ2》 消費活力・16 イベントポイント・32pt 敵戦力・10,820 《 敵詳細》 『 ギギリ』 前衛 ・HP11,100 『 オルケ』 前衛 ・HP11,100 『 ギギリ』 前衛 ・HP11,100 『 フルルエルトン』 後衛 ・HP10,200 『 フルルエルトン』 後衛 ・HP10,200 《ハード・ステージ2まとめ》 ハード2戦目です。 こちらもステージ1と同じで比較的簡単にクリアできると思います。 後衛の『 フルルエルトン』が 気絶 1秒 を使ってきますが、 1秒間なのでそこまで気にするほどの事は無いです。 今回は倒されても特性で復活できる『 アクタ』と『 ウコン』を使って攻略しています。 BOSSの『 ヒエン』が 気絶耐性を持っているので『 オウギ』の出番は無さそうです。 ステータスは違いますが、特性や連撃の数値や効果は出陣ステージ6-3 難易度ノーマル の『 ガウンジ=ハヴァ』とまったく一緒です。 攻略としてはゴリ押しで大丈夫です。 やられそうになったら『 シチーリヤ』の連撃弐段を使って回復するのもありです。 ただ、このアプリをやり始めた方には中々難しい難易度だと思うので頑張って攻略してもらいたいです。 イベント期間は約1か月あるので自分のペースでゆっくりやることをオススメします。 このハードステージを全てクリアすれば配布キャラ『 イヌイ』が手に入るので、この次の難易度ベリーハード攻略が格段に楽になります。 是非とも手に入れましょう。 ベリーハード攻略 ステージ1 詳細 『 亡國の双姫』のベリーハードステージは全部で1ステージです。 敵戦力は『 30,600』といつものイベントベリーハードと同じくらいの戦力ですね。 ただ、難易度的にはいつもより少し簡単かなと思いました。 《ベリーハードステージ1》 BOSS 消費活力・19 イベントポイント・45pt 敵戦力・30. イヌイは契約Lv8、覚醒Lv3、キャラLv42で幻灯鏡はLv20まで上げてあります。 後は『 クゥラン』を採用しました。 契約Lv8、覚醒Lv4、キャラLv47となっております。 クゥランはロストフラグ本編のストーリーをクリアする事で入手できます。 敵戦力と比べると約7,000くらい差がありますが何とか星3ミッションまでクリアできます。 戦闘時間は結構ギリギリでした。 戦法としては戦闘記録を見ていただけるとわかるかもしれませんが、 イヌイとクゥランの連撃を交互に使ってひたすら回避し続ける感じです。 途中でアクタだけ落ちてしまいましたが、起死回生を持っているのでギリギリまで踏ん張ってくれました。 敵が 毒、火傷、気絶耐性を持っているので『 オウギ』は使わない方がいいでしょう。 呪い解除も使ってくるので場合によっては『 ウルゥル・サラァナ』も使うかどうか検討しましょう。 敵戦力は『 33,973』とベリーハードステージ1に比べ 3,373ほど上がっています。 パーティー構成ですが『 イヌイ』『 アクタ』『 クゥラン』はそのままでなるべく使うのを制限していた『 エムシリ』と星3キャラ『 エルルゥ』を採用しました。 この構成で星3ミッションまでクリアできましたが、結構ギリギリな戦いを強いられます。 なるべく『 シチーリヤ』の回復で進めたかったのですが、相手の攻撃が強すぎて回復が追い付かず速攻で負けるのでエルルゥを使う事にしました。 攻略キャラは全員Lv47でエルルゥ、エムシリ、クゥランは覚醒レベルを4まで上げてあります。 後、金の幻灯鏡をイベント配布含め4つ装備しています。 攻略手順としては、最初に『 エルルゥ』の連撃弐段を使い『 エムシリ』と『 イヌイ』の連撃初段を適度に使いつつ隙をみて『 エルルゥ』の連撃参段をつかってクリアです。 対策ですが、敵に呪い耐性があるので『 ウルサラ』は今回は使いません。 『タタリ=ウコン』は最優先で倒しましょう。 多分『 タタリ=スオンカス』に火傷攻撃をすると発動してBOSSを弱らせてくれるのだと思いますが、火傷キャラや幻灯鏡自体あまりないので攻略手段としては使い勝手が悪いですが一考の余地はあるかもしれません。 こっちの戦力が4万を超えていても手持ち次第で普通に負けます。 攻略方法ですが、前回のイベント報酬の幻灯鏡『 被撃の付毒』通称オウギ鏡を壁キャラに装備して敵を毒状態にし倒します。 敵のHPが『 353,367』と多いので毒が威力を発揮します。 今回は『 ベナウィ』を使っていますが『 ルルティエ』でも大丈夫です。 星3ミッションもクリアできます。 今回のガチャキャラである『 ネコネ』等がいれば攻略がはるかに楽なんでしょうが、管理人にはネコネは来ませんでした。 【亡国の双姫】まとめ 亡国の双姫を攻略した感想ですが、全体的に見て初心者の方と慣れてきた方は結構楽しめたんじゃないかなと思います。 報酬も優秀ですし。 ・【亡國の双姫】ノーマルステージをすべてクリアする。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】ハードステージをすべてクリアする。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】ストーリーを全て読了する。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】ノーマルステージ7を3回クリアする。 報酬-イベントpt200 ・【亡國の双姫】ノーマルステージ7を8回クリアする。 報酬-イベントpt200 ・【亡國の双姫】ノーマルステージ7を25回クリアする。 報酬-イベントpt200 ・【亡國の双姫】ハードステージ5を3回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ハードステージ5を8回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ハードステージ5を25回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ1を1回クリアする。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ1を3回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ1を8回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ1を25回クリアする。 報酬-イベントpt600 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ2を1回クリアする。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ2を3回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ2を8回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ2を25回クリアする。 報酬-イベントpt600 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージをすべてクリアする。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ3を1回クリアする。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ3を3回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ3を8回クリアする。 報酬-イベントpt300 ・【亡國の双姫】ベリーハードステージ3を25回クリアする。 報酬-イベントpt600 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計100pt獲得する。 報酬-30,000ゼン ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計500pt獲得する。 報酬-活力丹:大1個 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計1,000pt獲得する。 報酬-宝珠300個 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計1,500pt獲得する。 報酬-2月の英傑結糸1回 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計2,500pt獲得する。 報酬-2月の英傑結糸1回 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計5,000pt獲得する。 報酬-2月の英傑結糸1回 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計10,000pt獲得する。 報酬-写鏡金環1枚 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計15,000pt獲得する。 報酬-2月の英傑結糸3回 ・【亡國の双姫】イベントポイントを累計20,000pt獲得する。 報酬-宝珠1,000個 イベント交換所 交換所でイベントポイントを消費して交換できるアイテム一覧です。 交換できる期日は2020年2月4日14:00分~3月3日13:59分までとなっているので注意しましょう。

次の

【うたわれるものロストフラグ】イベントアイテム交換の優先度と解説

うたわれ ロスト フラグ まとめ

うたわれるもの ロストフラグの概要 出典: うたわれるもの ロストフラグ 公式HP うたわれるもの最新作の「うたわれるもの ロストフラグ」のゲーム概要について簡単にご紹介します。 ここは、既に公式サイトに公開されている内容なので、知っているよ!という人は読み飛ばしちゃってください。 果たしていつからここにいたのか、そしていつまでここにいるのか。 声はどこにも届かず、残された意識さえ暗闇に溶け落ちるかと思えたとき、一条の光が射す。 誰かが呼ぶ声が聞こえる…… そんな思いに駆られ、必死に光に手を伸ばした先にあったのは見知らぬ奇妙な星空だった。 そして、その腕の中にいたのは天を指す二本の角と赤き瞳の少女。 止めどなく血を流し生死の境をたゆたう少女は彼に問う。 「黒い仮面……? あなたが……私の……」 血に縛られし一族の姫と名を失いし男の運命への叛逆が始まる。 PVを見ると、 オシュトル、ミカヅチ、クロウ、アルルゥもいるっぽいので、 過去作キャラはもっと多く登場しそうですね。 うたわれるもの ロストフラグのストーリーはどうなる?予想! うたわれるもの ロストフラグのストーリーはどうなるのか?予想をまとめます。 過去作よりも前の話ではなさそう 最初は、 うたわれるもの1作目よりも過去の話がメインになるのかな?と思ってました。 新作メインヒロインのミナギの紹介にある「妹を想う姫」というのがありましたしね。 ですが、 クオンとかエルルゥが登場人物として出てるので、過去話というのは、あまり無さそうな気がします。 キャラクター紹介の時系列が一致していない? キャラクター紹介を見る限り、 時系列が一致していないのが一番気になっています。 現在、キャラクター紹介には過去のうたわれるものシリーズに登場した、 クオン、ルルティエ、ベナウィ、エルルゥがいます。 ただ、各キャラクターの時系列がメチャクチャです。 過去作をプレイ済の方ならわかると思いますが、ベナウィがケナシコウルペで侍大将している、クオンがヤマユラにいる、のは1作目の序盤です。 またその時にトゥスクルは存在してないですし、クオンやルルティエはいません。 今までのうたわれるもののifシナリオ? 時系列がバラバラということは、 ある時間を軸にした1本のストーリーではないんじゃないかなと思ってます。 なので、今までうたわれるものシリーズのifシナリオみたいなゲームなのかなという予想をしてます。 過去作のifシナリオ 過去のうたわれるものシリーズは選択肢がなく1本のストーリーでした。 例えば、死亡するキャラに助ける選択肢はありませんし、不幸な目に合うキャラにも回避させる方法もありませんでした。 なので、例えば• オシュトルを助けて生存させる• ゲンジマルを救出する• クーヤがおかしくならない みたいな過去の話をなぞりながら、一部原作と違うイベントを挟んでくるゲームになるんじゃないかなと予想してます。 こうすれば、一応キャラの時系列がバラバラでもつじつまが合いますし。 うたわれるものの過去3部作をスマホアプリで無料にしたっていうところもそういう理由なのかなあと。 SFチックに過去や未来に飛ぶという改変ものの要素もあるかもですね。 まあ、あくまで妄想ですが! スマホゲーと相性がいい うたわれるものの新作が出ると聞いて、最初はPS4かswitchを予想していたんですが、スマホゲーでした。 ぶっちゃけスマホゲーと聞いて、「ガチャがあるのか・・」と、がっかりした人も多いでしょう。 ただ、 うたわれるもの ロストフラグが、これまでの原作のifストーリー的なものであれば、スマホゲーの方が相性はいいですね。 キャラ数を簡単に増やせる スマホゲーでは、キャラ数が多いことがほぼ必須です。 基本無料のゲームは大抵はガチャの課金で利益を出しているわけですからね。 制作側としてはキャラ数をなるべく増やしたいところでしょう。 完全オリジナルの新作で1本道のストーリーの場合、キャラを一人一人作っていかないといけないですので結構手間です。 それに対して、 うたわれるもの原作のifストーリーであれば過去作のキャラをそのまま使えるので、登場キャラの数を簡単に増やせます。 ここはスマホゲーと相性がよいところですね。 どういう風にゲームが進むのか?予想 どういう風にゲームが進むのか予想です。 うたわれるもの ロストフラグ(アクタとミナギ)のメインストーリーがある。 ストーリーを進めるために過去作のキャラを仲間にすることが必要• 過去作のキャラはガチャまたはイベントで入手• 仲間にしたキャラの固有イベントでifシナリオ• メインストーリーが進む こんな感じで進むのかなあ?と思ってます。 いわゆる、過去作のキャラと、そのキャラの原作ifストーリーがほしいなら有料ガチャを回さなくてはならない。 といういわゆる「ガチャゲー」になる可能性はあると思います。 ただガチャゲーを嫌う人も多いですが、個人的には面白いゲームであれば何でもいいや派なので、ガチャゲーでもある程度はOKですね。 繰り返しになりますが、ここまでのものは、あくまで予想です! うたわれるもの ロストフラグ 事前登録受付中 出典: うたわれるもの ロストフラグ 公式HP うたわれるもの ロストフラグでは、事前登録の受付が開始されています。 15万人を突破でゲーム開始時に 10連ガチャができます。 事前登録は、Twitter、LINE、メールの登録で、行うことができます。 少なくとも過去作のキャラクターが登場することはわかっているので、過去のうたわれるものを楽しめた方は、登録しておいてよいと思います。 うたわれるもの過去3部作が無料でプレイ可能 うたわれるものロストフラグ発表記念ということで、 うたわれるもの過去3部作(「散りゆく者への子守唄」「偽りの仮面」「二人の白皇」 )が全て無料でプレイ可能です。 全編AVGということなので、シナリオを楽しみたいという人にはピッタリです。 まだうたわれるものをやったことが無いという人は、是非プレイしてみるといいですよ。

次の

うたわれるものロストフラグ【虚闇に至る廃路】ステージ6攻略

うたわれ ロスト フラグ まとめ

うたわれるもの ロストフラグの概要 出典: うたわれるもの ロストフラグ 公式HP うたわれるもの最新作の「うたわれるもの ロストフラグ」のゲーム概要について簡単にご紹介します。 ここは、既に公式サイトに公開されている内容なので、知っているよ!という人は読み飛ばしちゃってください。 果たしていつからここにいたのか、そしていつまでここにいるのか。 声はどこにも届かず、残された意識さえ暗闇に溶け落ちるかと思えたとき、一条の光が射す。 誰かが呼ぶ声が聞こえる…… そんな思いに駆られ、必死に光に手を伸ばした先にあったのは見知らぬ奇妙な星空だった。 そして、その腕の中にいたのは天を指す二本の角と赤き瞳の少女。 止めどなく血を流し生死の境をたゆたう少女は彼に問う。 「黒い仮面……? あなたが……私の……」 血に縛られし一族の姫と名を失いし男の運命への叛逆が始まる。 PVを見ると、 オシュトル、ミカヅチ、クロウ、アルルゥもいるっぽいので、 過去作キャラはもっと多く登場しそうですね。 うたわれるもの ロストフラグのストーリーはどうなる?予想! うたわれるもの ロストフラグのストーリーはどうなるのか?予想をまとめます。 過去作よりも前の話ではなさそう 最初は、 うたわれるもの1作目よりも過去の話がメインになるのかな?と思ってました。 新作メインヒロインのミナギの紹介にある「妹を想う姫」というのがありましたしね。 ですが、 クオンとかエルルゥが登場人物として出てるので、過去話というのは、あまり無さそうな気がします。 キャラクター紹介の時系列が一致していない? キャラクター紹介を見る限り、 時系列が一致していないのが一番気になっています。 現在、キャラクター紹介には過去のうたわれるものシリーズに登場した、 クオン、ルルティエ、ベナウィ、エルルゥがいます。 ただ、各キャラクターの時系列がメチャクチャです。 過去作をプレイ済の方ならわかると思いますが、ベナウィがケナシコウルペで侍大将している、クオンがヤマユラにいる、のは1作目の序盤です。 またその時にトゥスクルは存在してないですし、クオンやルルティエはいません。 今までのうたわれるもののifシナリオ? 時系列がバラバラということは、 ある時間を軸にした1本のストーリーではないんじゃないかなと思ってます。 なので、今までうたわれるものシリーズのifシナリオみたいなゲームなのかなという予想をしてます。 過去作のifシナリオ 過去のうたわれるものシリーズは選択肢がなく1本のストーリーでした。 例えば、死亡するキャラに助ける選択肢はありませんし、不幸な目に合うキャラにも回避させる方法もありませんでした。 なので、例えば• オシュトルを助けて生存させる• ゲンジマルを救出する• クーヤがおかしくならない みたいな過去の話をなぞりながら、一部原作と違うイベントを挟んでくるゲームになるんじゃないかなと予想してます。 こうすれば、一応キャラの時系列がバラバラでもつじつまが合いますし。 うたわれるものの過去3部作をスマホアプリで無料にしたっていうところもそういう理由なのかなあと。 SFチックに過去や未来に飛ぶという改変ものの要素もあるかもですね。 まあ、あくまで妄想ですが! スマホゲーと相性がいい うたわれるものの新作が出ると聞いて、最初はPS4かswitchを予想していたんですが、スマホゲーでした。 ぶっちゃけスマホゲーと聞いて、「ガチャがあるのか・・」と、がっかりした人も多いでしょう。 ただ、 うたわれるもの ロストフラグが、これまでの原作のifストーリー的なものであれば、スマホゲーの方が相性はいいですね。 キャラ数を簡単に増やせる スマホゲーでは、キャラ数が多いことがほぼ必須です。 基本無料のゲームは大抵はガチャの課金で利益を出しているわけですからね。 制作側としてはキャラ数をなるべく増やしたいところでしょう。 完全オリジナルの新作で1本道のストーリーの場合、キャラを一人一人作っていかないといけないですので結構手間です。 それに対して、 うたわれるもの原作のifストーリーであれば過去作のキャラをそのまま使えるので、登場キャラの数を簡単に増やせます。 ここはスマホゲーと相性がよいところですね。 どういう風にゲームが進むのか?予想 どういう風にゲームが進むのか予想です。 うたわれるもの ロストフラグ(アクタとミナギ)のメインストーリーがある。 ストーリーを進めるために過去作のキャラを仲間にすることが必要• 過去作のキャラはガチャまたはイベントで入手• 仲間にしたキャラの固有イベントでifシナリオ• メインストーリーが進む こんな感じで進むのかなあ?と思ってます。 いわゆる、過去作のキャラと、そのキャラの原作ifストーリーがほしいなら有料ガチャを回さなくてはならない。 といういわゆる「ガチャゲー」になる可能性はあると思います。 ただガチャゲーを嫌う人も多いですが、個人的には面白いゲームであれば何でもいいや派なので、ガチャゲーでもある程度はOKですね。 繰り返しになりますが、ここまでのものは、あくまで予想です! うたわれるもの ロストフラグ 事前登録受付中 出典: うたわれるもの ロストフラグ 公式HP うたわれるもの ロストフラグでは、事前登録の受付が開始されています。 15万人を突破でゲーム開始時に 10連ガチャができます。 事前登録は、Twitter、LINE、メールの登録で、行うことができます。 少なくとも過去作のキャラクターが登場することはわかっているので、過去のうたわれるものを楽しめた方は、登録しておいてよいと思います。 うたわれるもの過去3部作が無料でプレイ可能 うたわれるものロストフラグ発表記念ということで、 うたわれるもの過去3部作(「散りゆく者への子守唄」「偽りの仮面」「二人の白皇」 )が全て無料でプレイ可能です。 全編AVGということなので、シナリオを楽しみたいという人にはピッタリです。 まだうたわれるものをやったことが無いという人は、是非プレイしてみるといいですよ。

次の