ウサギ ノネ ドコ カフェ。 ウサギノネドコ 京都店 カフェ(地図/二条城/カフェ)

世にも美しき鉱物料理! 京都「ウサギノネドコ」の輝き・味わいにうっとり

ウサギ ノネ ドコ カフェ

二条城には西大路御池駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、二条城には、「」もあります。 足利将軍家によって都の市街に築かれた城。 世界遺産に指定された京都の17の建築物群のひとつで、城全体が国の史跡に、二の丸御殿は国宝に指定されています。 歴史上のいくつもの政変を経ながら場所を移し、現在の二条城は徳川家康によって築城されました。 すべてが見所ですが、特に挙げるならば狩野派が描いた絢爛な襖絵を見られる展示・収蔵館。 桜の季節にはライトアップも行われ幽玄な日本の美を愛でることができます。 古くからの観光名所ですからレストランやカフェも周辺に沢山あり、ランチやディナーに困るようなことはありません。 この二条城にあるのが、カフェ「ウサギノネドコ 京都店 カフェ」です。 おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

京都「ウサギノネドコ」vol.2〜味覚も視覚も楽しめるカフェ

ウサギ ノネ ドコ カフェ

店名は「ヒカゲノカズラ」という植物の別名に由来するとともに、奥に長い京町家を表す言葉「うなぎの寝床」をもじっています。 中央にあるキッチンを挟んで手前は展示スペース。 動物の骨などの常設展示のほかに、期間限定の企画展示も行われており、この日は「ウニのない人生なんて」と題したさまざまなウニの写真などが置いてありました。 キッチンの奥は、天窓から光が差し込む明るいカフェスペース。 小さな子ども連れでも過ごしやすい座敷席もあります。 「カフェスペースはもちろん、展示スペースでも食事やカフェタイムを楽しんでもらえます。 最初はびっくりされる方もいますが、せっかく来たのだからと展示スペースのガラステーブルを利用する方も多いですよ」と吉村さんは笑います。 こちらはカフェですが、ディナータイムもしっかりご飯が食べられるのも魅力です。 夜のセットメニューのひとつ「パスタセット」は、パスタのほかにサラダとスープがつきます。 パスタは2種類からセレクトが可能。 この日は、魚介とトマトソースのラグーをオーダーしました。 ラグーとは煮込みのこと。 タコやイカ、エビ、アサリをミンチにして野菜と一緒にトマトソースで煮込み、パスタに和えた一品です。 たくさんの魚介がひとつになった味わいが楽しめます。 「プチトマトは岩場で光る鉱石をイメージしています」とフード担当のシェフ。 なるほどとお皿の上を眺めていると、おのずと「自然の造形美」の世界へ引き込まれていきそうです。 シェフおすすめのスイーツはフェミニンな美しさ 人気エリア• 国内エリア• 海外エリア•

次の

ウサギノネドコ(ウサギノネドコ)

ウサギ ノネ ドコ カフェ

店名は「ヒカゲノカズラ」という植物の別名に由来するとともに、奥に長い京町家を表す言葉「うなぎの寝床」をもじっています。 中央にあるキッチンを挟んで手前は展示スペース。 動物の骨などの常設展示のほかに、期間限定の企画展示も行われており、この日は「ウニのない人生なんて」と題したさまざまなウニの写真などが置いてありました。 キッチンの奥は、天窓から光が差し込む明るいカフェスペース。 小さな子ども連れでも過ごしやすい座敷席もあります。 「カフェスペースはもちろん、展示スペースでも食事やカフェタイムを楽しんでもらえます。 最初はびっくりされる方もいますが、せっかく来たのだからと展示スペースのガラステーブルを利用する方も多いですよ」と吉村さんは笑います。 こちらはカフェですが、ディナータイムもしっかりご飯が食べられるのも魅力です。 夜のセットメニューのひとつ「パスタセット」は、パスタのほかにサラダとスープがつきます。 パスタは2種類からセレクトが可能。 この日は、魚介とトマトソースのラグーをオーダーしました。 ラグーとは煮込みのこと。 タコやイカ、エビ、アサリをミンチにして野菜と一緒にトマトソースで煮込み、パスタに和えた一品です。 たくさんの魚介がひとつになった味わいが楽しめます。 「プチトマトは岩場で光る鉱石をイメージしています」とフード担当のシェフ。 なるほどとお皿の上を眺めていると、おのずと「自然の造形美」の世界へ引き込まれていきそうです。 シェフおすすめのスイーツはフェミニンな美しさ 人気エリア• 国内エリア• 海外エリア•

次の