臨月子宮口。 【助産師監修】子宮口をスムーズに開くには?開かせる方法とは?│AMOMA

【妊娠後期~臨月】出産間近の子宮口を開きやすくする方法5選 2

臨月子宮口

「出産は十人十色」 出産は、なにが起こるかわからない命がけの出来事です。 私は今回が初めての出産で、正産期に入ってからは毎日のように、 不安と期待に入り交じった感情でソワソワしていました。 どのように陣痛が始まるのか? いつ生まれるのか? 少しでも自分の気持ちを落ち着かせるために、みなさんの 出産レポを読んでは、勇気をもらっていました。 なので、私も、少しでも出産を控える妊婦さんの力になれれば!ということで、私の出産レポをお伝えします。 ) 陣痛が始まったのは夕方 2016年10月30日 日 の夕方頃から、強い生理痛のような痛みを 30分間隔で感じ始めました。 実はこの2〜3日前から、このときと同じような 強い生理痛のような痛みを 断続的には感じていました。 今思えば、2〜3日前の痛みは、 前駆陣痛だったんだと思います。 ママ友さんからのアドバイスで、 「動けるうちに化粧を落として、ご飯を食べておかないと、最後まで乗り切れない!」 といわれていたので、すぐさま お風呂・夕食を早めに済ませて、布団で横になり様子を見ました。 4〜5時間後には10分間隔に それから、20時を過ぎた頃から痛みが 10分間隔になり、 30秒~1分間の痛みを 定期的に感じるようになりました。 「これは陣痛なのかな…?わからない!!」 というのが、このときの感想です(笑) 陣痛が始まる兆候といわれている おしるしもまだ無いし、痛みもそこまで強くないし…。 このときはまだ、夫に電話したり、テレビを見て笑ったりとぜんぜん余裕。 人生で感じる痛みTOP3に入る 陣痛が、こんなゆるい訳がない!と思い、とりあえずそのまま様子を見ることに。 しかし!この痛みと共に夜を乗り切れる気がせず病院へ そこから、さらに2時間ほど 10分間隔の痛みがずっと続きました。 23時頃に一度、病院へ電話。 ) このときの感情は、 痛みに耐えられないというよりも、なによりも 心細い! 待ちに待った 陣痛らしきものがきて、 嬉しい半面、不安! とにかく、心細い!! 電話口の助産師さんから 「入院の準備を持って病院に来てください。 」と言われ、深夜母親にお願いして車で病院へ。 このときはまだ、自分で入院の荷物を持ってスタスタ歩ける状態です。 すぐにLDR室でNSTチェック 病院へ着くと、すぐに LDR室へ。 (*LDRの詳しい説明は) お腹の張り具合を確認する NST(ノンストレステスト)では、陣痛は 6分間隔で始まっており、 子宮口は3cm開いているとのこと。 おそらくこのまま進むだろうという助産師さんの判断に従い、 そのまま入院。 個室部屋へ入り、深夜だったので付き添いの母は一旦帰宅。 「さぁ、いよいよかっ!」と意気込んだものの、ここからが長かったんです…。 ここから朝までが長かった…。 助産師さんに 「もし、 痛みの間隔が2~3分になったり、 破水したり、 生理2日目ほどの鮮血が出た場合は、すぐにナースコールしてね!」 と言われ、一旦ひとりに。 出産は体力勝負!寝るぞ!と思ったのですが、痛みに邪魔されてなかなか眠れない…。 10~15分おきに痛みで目が覚め、おさまったら 睡魔に襲われて。 またすぐに痛みで目が覚め、おさまったら寝て…。 この繰り返しで、気がつけば早朝5時。 あっという間に朝になっていました。 このときの心の支えは、明日になったら 2ヵ月ぶりに夫に会える!ということでした(笑) 2回目のNSTチェックへ 朝6:30頃、再びNSTチェックへ。 間隔は6~10分で、陣痛の強さは強くなってきているが、 子宮口はまだ3〜4cm。 少しずつやわらかくはなってきているとのこと。 *子宮口は、 ちくわから ピザ生地になって、最終的には 餃子の皮になります!!分からない方…詳しくは(笑) つまり、私はまだ ピザ生地…。 目指せ、餃子の皮!…という状況です 笑 ちなみに、このときの私の頭の中は… 「お腹すいた!!」 腹が減っては戦はできぬ精神なのか、痛みよりも朝食のことで頭のなかいっぱいでした(笑) とりあえず、出産まではもう少し時間がかかりそうなので、一旦部屋に戻り朝食をとることに。 (内心:やったー!ご飯にありつける!!) 痛みの合間をぬって、早食いのように朝食を食べ満足。 このあと、トイレへ行くと、ハッキリとした おしるしがきました!おりものと出血が混じった 薄い赤色でした。 ゆっくりと進む陣痛にナゾの余裕が(笑) 空腹も満たされて、とにかくここからはベットで横になり、陣痛が進むのを待ちます。 しかし、長い…。 時間の経過が無性に長く感じます! このときで、 痛みの間隔は5分前後。 痛みの感じは、うまくいえないですが、 子宮全体に電気が走るような感覚です。 そして、この辺りから、私に ナゾの余裕が生まれてきました(笑) 病院にいるという安心感からなのか、陣痛と一夜を共にしたことで変に自信がついたのか? 「大丈夫やで~、ママここにいるからね~、出ておいで〜!」とお腹をなでながら、 「陣痛よ、来いっ!」と言い続けていました。 3回目のNSTチェックへ そして、 11時に再び NSTチェックへ。 陣痛の痛みは少し強くなってはきているものの、陣痛の間隔は変わらず 5分前後。 子宮口は4cmまで開いてきました。 しかし、まだ生まれるには時間がかかりそうなので、一旦部屋へ戻ります。 そして!! 12時前、待ちに待った夫が病院に到着…! 2ヵ月ぶりの夫との再会は、痛みを忘れるほど嬉しかったです。 部屋で積もる話をしつつも、陣痛は5分間隔でどんどん強くなってきます…。 陣痛の波がくると 「はい、きました…!」 と話を中断し、目をつむり沈黙…。 「ふぅ〜」と深呼吸しながら痛みの波が過ぎるのを待つ…。 という感じです(笑) 痛みの間隔は3〜5分に このあたりから、ひどい睡魔に襲われ始めます。 出産に備えて 身体が体力を温存しようとしているのでしょうか?痛みと痛みの合間に仮眠をとりつつ、体力温存…。 この辺りから、次から次へやってくる陣痛の痛みで、 夫の存在を無視しだします(笑) そして、14時頃に母到着! その辺りから、1回の痛みの波が長く、かなり強くなってきました。 ベッドで横になりながら、 3~5分間隔でくる痛みにただひたすら耐える時間が続きます。 このときの気持ちは、 「ゔゔ…痛い…。 これ以上に痛くなるのかぁ…怖いな…。 」 「でも陣痛は止まらずに、 このままゴールまで進んでほしい…!」という感じです。 「この痛みを2回も経験するのは嫌だ!がんばって耐えるから、 とにかくフィニッシュしたい!」と(笑) そして、いよいよ出産本番! このあと、 16時のNSTチェックを境に、 いよいよ出産へ大きく動き出します! さぁ、ついに出産本番です!! *続きは… レイカ.

次の

臨月の内診ぐりぐりって何?効果や痛み、腰痛・内診出血などの症状

臨月子宮口

出典元:• いそいち産婦人科医院「母親学級」(,2018年12月14日最終閲覧)• 長岡産婦人科医院「成熟期誘導分娩」長岡産婦人科医院(,2018年12月14日最終閲覧) 私の出産体験談 子宮口が開かないとお産になりません。 なかなか開かない子宮口に私はとても不安になりました。 そんな筆者の体験談をご紹介しましょう。 妊娠中の生活 私は34週までとてもハードな仕事をしており、1日1万歩以上歩く生活でした。 なので「当然、出産は安産で早いだろうけど、妹の結婚式が37週にあるから出席できるように安静にしておこう」などと勝手に思い込んでしまい、仕事を辞めてからは散歩もせずグータラして過ごしてしまっていました。 勝手に開くと思い込んでいた子宮口 36週に入り毎週の健診に変わった際、内診をしました。 「子宮口は柔らかいけどしまってるね」と言われ「まだ36週だからしまってていいや。 来週には開いてくるだろうな」と勝手に思い込んでいました。 しかし37週になっても開かず38週になっても開かずとうとう39週4日の健診。 さすがに開いていると思いましたが先生からは「ガッチリしまってるね。 お産は予定日過ぎるかもね」と。 さらに「お母さんは小柄なのに赤ちゃんもう3,000g超えてて大きいから次の健診で産まれてなかったら入院して計画分娩、それでもだめなら帝王切開にするからね」と言われてしまいました。 ついに始まった陣痛 39週4日で見たエコーで赤ちゃんは3,100g。 私は身長153cmと小柄だったためこれ以上遅れて赤ちゃんが大きくなることに焦りと恐怖を感じ、重い腰を上げて運動をすることにしました。 すでに里帰りをしていたため、実家の周りを10分程度ウォーキング。 そして室内で階段昇降とスクワットをしました。 安産で出産するために話題になっている飲み物を飲むなど、できることは全てしましたがとうとう予定日になってしまいました。 予定日を過ぎてしまうと赤ちゃんのペースで出てくる!と思い逆に吹っ切れた私は、ウォーキングに関しては寒いのでやめてしまいました。 予定日翌日、早朝におしるしが出ましたが気分転換に実家近くの企業の感謝祭に出掛けました。 すると、何だかおなかがいつもより重たく感じ、歩きづらくなり夕方には生理痛の様な鈍痛が出てきました。 初めて感じる痛み それからすぐ、出産に備えて夕方の早い時間にお風呂に入り寝ることにしました。 しかし目が覚めるほどのおなかの痛み。 感覚を図ると10分間隔になっていました。 病院からは「初産なので5分間隔になったら連絡を」と言われていたのでそのときは耐えていました。 それから少し経った19時頃、痛みが強くなり感覚を図ると6分間隔になっていたため病院へ連絡。 急いで向かい、陣痛室で内診しましたが「子宮口の開きは1cmくらいかな?」と言われ、帰宅することに。 「陣痛って子宮口が開いてからくるんじゃないの?」と、急に不安に襲われつつも耐え、さらに痛みが増した23時頃、再び病院へ行きました。 それでも「1. 5cmくらいしか開いてないけど予定日過ぎているから入院しますか?」と助産師さんに言われ、結局入院することに。 なかなか開かない子宮口 「陣痛は来てるから朝になってもお産が進まなければ促進剤打ちましょうね」と言われ一晩中耐え、明け方には思わず唸るほどの痛みが3分間隔に迫っていました。 しかし子宮口は3cmほどしか開かず、いよいよ促進剤投与が決まりました。 「万が一帝王切開になったときにもまた刺さなくていいような場所に点滴打ちますね」と言われ点滴を打ちました。 このときはすでに痛みで嘔吐を繰り返していたため、もう不安はなく、ただただ無事に産まれて欲しいとだけ願っていました。 促進剤と陣痛 促進剤の点滴を初めて2時間おきに内診。 そして点滴のスピードもどんどん上がり痛みも酷く、もはや携帯電話を開く余裕もなかったです。 そんななか運ばれてきた朝と昼の食事ももちろん食べることはできませんでした。 しかし夫からは「体が持たないから無理にでも食べた方がいい」と言われ、食べましたが胃液になるまで吐いたので気持ち悪くなりました。 なかなか子宮口が開かないことで終わりの見えない陣痛に、私は号泣していました。 そんな姿を見て夫は前向きな言葉をかけ続けてくれ、徹夜で腰をさすって、食べていない私にお茶やスポーツドリンクなどをこまめに飲ませてくれました。 それから小さな唸りから叫ぶような唸りに変わり、身をよじるほどおなかと腰が痛く「もうおなか切って出して!」と思うように。 いよいよ分娩室に 昼すぎに助産師さんを呼びましたが子宮口は8cm。 その1時間後にようやく全開になったため人口破水をしてもらい、生暖かい水が股を伝った後にいきみ方を教わりました。 そのときすでに便意のようなものを感じていましたが、他の患者さんで緊急のお産が入ってしまったため1人でいきんで待つことに。 初めてのお産でいきみ方もこのままでいいのかわからなかったですが、何分間か必死にいきみ、赤ちゃんが苦しくない様にとにかく呼吸をしっかり行い耐えました。 そして14時頃、ようやく助産師さんから分娩室に案内されることになり、歩いて分娩室へ行き分娩台に上がりました。 やっと会えた赤ちゃん 自然なお産を推奨するクリニックだったので痛みと共に声を掛けてもらい、「いきみます!」と伝えてから渾身の力を込めいきみました。 2回目にいきんだ際に「切りますよ」と言われ、会陰切開をされました。 思いっきりいきんだところ助産師さんから「お母さん、目を開けて!」と言われたので見ると、すでに赤ちゃんが出てきていました。 そしてすぐに元気な産声をあげてくれ、その姿を見たときには達成感と赤ちゃんの愛しさに感動して涙が止まりませんでした。 出産を終えて 私は入院してから20時間という決して短くない分娩時間でしたが、分娩台に上がってからはわずか17分で産まれてきてくれました。 これから初めて出産される妊婦さんはこのような体験談を聞き、不安と恐怖を感じるかもしれません。 出産というのは人生で一番つらく、一番苦しく痛いことかもしれませんが、私は産後3ヶ月経った今でも出産時を思い出すと涙が出てくるほど感動します。 そして、また産みたいと思えるほど素敵な体験でした。 不安を抱えるのも恐怖を感じるのも当然ですが、それ以上におなかの中にいる愛しい我が子に会えるのを楽しみに、良いお産にしてくださいね。 清水先生からの補足 「臨月に入ると子宮口が勝手に開いてくる」と思っている人は少なくありません。 しかし、子宮口は勝手に開くわけではないのです。 陣痛を引き起こす物質には子宮口を柔らかくする作用があり、陣痛で赤ちゃんの頭が子宮口に押し付けられることで少しずつ開いていきます。 そのため、陣痛が来る前に子宮口はあまり開きません。 ただし、切迫早産だった人は、子宮頸管長が短くなっていることで、子宮口が開きやすくなっている場合もあります。 子宮口を開きやすくするためには、臨月に入ってから積極的に散歩・スクワット・床の雑巾がけなどを行って動いた方がよいでしょう。 運動をしたからといって陣痛がきやすくなったり子宮口が開きやすくなったりするわけではありませんが、本格的な陣痛がくる前に運動による軽い陣痛のような子宮収縮があった方が子宮口が柔らかくなりやすいからです。

次の

子宮口が開くとは?何センチ開いたら出産?陣痛はいつから始まる?|cozre[コズレ]子育てマガジン

臨月子宮口

内診ぐりぐりの痛みは、かなりの痛みを感じる人が多いようです。 順調に出産を迎えるための処置なので、多少の痛みは我慢するしかないのかもしれません。 しかし、少しでも痛みを和らげられる方法があれば良いですよね。 内診ぐりぐりを受けるときは、とにかく「息を吐く」のが効果的といわれています。 ストレッチやヨガを経験している人なら、痛みのあるときには息を吐くということを知っているかもしれません。 深く息を吸ってから、内診ぐりぐりのときにゆっくりと息を吐き出しましょう。 注射のときに痛みを減らす方法をご存知でしょうか。 腕に注射するときには、針を刺す痛みを軽減するために、太ももなどの関係ないところを思いっきりつねるという方法があるようです。 つねったところの痛みを強く感じる反面、注射の痛みを感じにくくなるそうですよ。 注射のときと同じ要領で、内診ぐりぐりのときにどこかをつねってみてはいかがでしょうか。 少しだけ痛みが軽減するかもしれませんね。 ただし、当然ですが手加減は考慮してください。 筆者の体験談 筆者は、2回の出産経験がありますが、2回とも「内診ぐりぐり」がありました。 2回とも本当に痛かったです。 腰がくだけそうなズーンとした強い痛みでした。 一人目のときには、出産予定日の数日前の診察で、内診ぐりぐりをされました。 次の日にはウォーキングをして、夜にはお風呂の床掃除をガシガシ行いました。 その日の夜中に陣痛が始まり、翌日のお昼に出産しました。 内診ぐりぐり+運動の効果かなと考えています。 二人目のときは、前回の妊娠よりも子宮口が硬く閉じていたようで、なかなか陣痛につながりませんでした。 結局出産予定日を過ぎてから内診ぐりぐりを行い、破水しました。 そのまま陣痛につながり、出産できました。 出産予定日を超えると、陣痛促進剤などを使用するために出産前から入院しなくてはなりません。 上の子がいたため、なるべく入院期間は少なくしたかったので、内診ぐりぐりによって自然に陣痛になったのは本当に良かったです。 内診ぐりぐりは、本当に痛くて、思わず「痛い」と叫んでしまうほどでした。 しかし筆者の場合は、内診ぐりぐりを受けたことがきっかけで陣痛が始まったので、本当に痛いですが、無事に出産するためには必要な痛みなのかなと考えています。

次の