済生会有田病院 コロナ。 和歌山の新型コロナ“封じ込め”対策 ポイントは「早期」と「徹底」(1/3ページ)

米紙が新型コロナ対策で「和歌山モデル」を絶賛

済生会有田病院 コロナ

まず、はじめに永寿総合病院にて、新型コロナウィルスで亡くなられた患者、病院スタッフの方々に哀悼の意を申し上げます。 さらに、新型コロナウィルスに感染し、辛い思いをされた皆様にお見舞い申し上げます。 この記事は、特に永寿総合病院自身の責任を免責しようとしたものではありません。 そうではなく、国や東京都がもっと徹底的に、永寿総合病院を支援し、連携していれば、より感染の収束を早められたのではないかという疑問があるからです。 もちろん、国や東京都も関わってはいるわけですが、例えば、2月に有田病院のように、への連絡とともに、は徹底対策に乗り出し、早期に収束しました。 そのような非常に強い連携が永寿総合病院と東京都の間にはあったのか。 それを示すような記事がなかなかありません。 通りいっぺんの関係しかなかったのではないかと疑っています。 のような例が広まれば、今後被害者も減るし、その中で永寿総合病院の悲劇の原因解明にも参考になると考え、書きました。 以下の報告をご覧ください。 の対策チームの報告が永寿総合病院のホームページにありましたので、抜粋しました。 気になるのは、 時系列で示しますと 3月上旬に感染した可能性のある方がおります。 推定 次に3月14日に集団感染が始まったと推定されています。 次に3月23日に検査で初めて感染が正式に判明しました。 そしての対策チームが来たのが3月30日。 いささか遅くないでしょうか。 対策チーム。 次のグラフをご覧ください。 3月上旬と書いていましたが、変ですね。 実は2月27日に患者さんが出てます。 それは置きます。 次に3月1日に感染者が出てそればらくして3月14日に感染者の増加が始まるのです。 そしてなんと検査での初判明が23日です。 以下は院長の声明の抜粋です。 そしてさらにその1週間後に対策チームがやっと来るのです。 特に気になるのは、やはり、検査がなかなか実施できてない。 その理由は何なのか。 単に病院だけのせいなのか。 確かに以下のような問題はあります。 「湯浅院長は、感染が広がった理由の一つに「新型コロナを疑うタイミングの遅れ」を挙げた。 永寿では、新型コロナ以外の発熱や肺炎を起こす病気を持つ患者は珍しくない。 起点となった感染者の1人は3月5日に発熱していたが、「(食べ物が気管に入る)ごえんを繰り返しており、そのための肺炎と診断していた」と話した。 」 なので、病院に全く瑕疵がないとは私も思っていません。 ただ、都や政府の迅速大規模な支援があれば、病院も自分だけで抱え込んで、事態を悪化させることはなかったのではないかと。 被害ももう少し小さくなったのではないか。 院内感染が爆発増加するのを防ぐには、強力で迅速な対応が必要です。 一病院ではできないこと、取れない判断も体や国は取れるはずです。 予防法やエンザ特措法はそのような立て付けになってます。 その部分も問わないとー病院の責任の話は重要ですーただ、国や体の社会的な対策責任の話が消えてしまいます。 は国の指針に従わず、有田病院の院内感染に迅速な徹底検査、徹底調査を指示しました。 そのため拡大がおさえられました。 そのような例をみていると対策における体や国の努力の仕方次第で、悪化にも改善にも導いていけるのだろうと思います。 院長の言葉によると、病院は、に検査をし、3日後に判明し、その翌日に当該病棟の出勤停止と発熱患者9名の検査を行います。 その翌日26日には多数の感染が判明します。 その翌日27日には全患者、全スタッフの検査に踏み切ります。 他病院に検査依頼しています。 ただ、驚くことに27日から9日も検査に時間がかかっています。 やはり政府や都は積極的に支援すべきではなかったか。 病院の頑張りは限界に来ていたのではないか。 もしかしたら、連絡がうまくいなかったのかもしれません。 しかし都のホームページを検索しても、永寿総合病院関連の報告が出てきません。 私の検索の仕方が悪いのかもしれませんがみやすいところに置いてないのです。 だから都がどうしていたかはつかめないのです。 私のような心身に障害のある一個人ではなかなか詳しい取材は困難です。 3月26日に政府や都にエンザ等特措法による対策本部が設置されていますが、その手前で検査体制の整備が間に合っていなかったことは考えられます。 政府も重症者への対応を強調していた時期です。 検査の増加スピードや規模も日本は海外で対策がうまくいっている国々より小さい。 3月当時熱心にー対策を専門家会議は連呼していました。 しかし、の対策チームが来た30日には感染のピークが終わりかけています。 ピークが終わってからーをつかまえても遅いのです。 しかも、この報告では東京都が何をしていたのかよくわかりません。 国の報告だから仕方ないのかもしれませんが、今般の対応を検証するには、都の対応は鍵になると思います。 なぜなら 予防法で、府県知事は発生における調査や対策の指示権限があるからです。 エンザ等特措法において、府県は対策本部を設置しますから。 東京都とを単に比べたいのではありません。 そんなどっちがどうみたいなつまらない話ではありません。 より効果的な対策を検証し、これまでの感染被害者の無念に答え、これからの被害をよりよく防いでほしいからです。 永寿をはじめ、様々な院内感染の病院や他の体のためにもなると。 実際体のバックアップはにとり心強いと思うし、対策において地域に即応した体がイニシアチブをとることは、予防法でも、エンザ特措法でも同じです。 は、有田病院の院内感染を早期に終息させました。 県と病院の早期の連携で直ちに検査を全面実施して、感染経路についても徹底調査したからです。 2020年2月26日の記事 有田病院が通常業務へ で全員の陰性確認 AGARA AGARA 県内で初めて、同病院の男性外科医と男性入院患者の感染が13日に発覚した。 県は院内感染を抑えるため、すぐに同病院に入院患者の退院を控えてもらい、患者の新規受け入れや入院患者への面会などを停止するよう要請。 その上で、知事は「正常化」に向け、院内に感染者がいないことを明らかにするため、病院に関係する全員を検査する方針を打ち出していた。 県環境衛生研究センターのほか、やの協力も得て、医師や看護師ら職員、入院患者から、警備員、出入り業者らまで、優先順位を付けて検査。 24日までの12日間で、関係者全員474人の検査を終えた。 県はこれを受けて、院内に感染者がいなくなってから2週間、経過観察したのち「正常化」できる見通しを示した。 仁坂知事は「有田病院の正常化の入り口に来た。 最初にすぐ決断をして、外来受け入れ停止などを要請したが、病院がそれを受け入れ、その中で最善を尽くしてくれたことが良かった。 県内に広がっている懸念が無いことも証明され、いまは感染の危険度は極めて低い」と話した。 13人のうち、25日までに6人が回復し退院。 一定期間、自宅待機をしている。 一方、有田病院に入院歴がある70代男性については、退院基準である2回連続での陰性を確認したが、肺炎が重症のままであるため、指定病院での入院を続ける。 病院の報告からすぐに全面検査を知事が判断し、実際に実現しています。 以下の記事はさらに詳しい過程の記事です。 【特集】 新型コロナ対応『和歌山モデル』を徹底取材!内部文書と当事者証言から読み解く... 文書には、院内感染が確認される前後に、県がどのような対応を取っていたか詳しく記されている。 【の内部文書より抜粋】 「2月12日11時30分 有田病院の医師がウイルス性肺炎でA病院に入院している。 B病院を受診した有田病院の同僚の医師と画像がよく似ている。 しかし、国が示している基準ではないので、の検査はできないのか?」 文書を作成したのは、対策の陣頭指揮をとった、医師での職員・野尻孝子技監だ。 2月12日~13日にかけ、野尻技監の下にはの感染が疑われる症例の報告が次々と届けられていた。 【の内部文書より抜粋】 「2月13日9時前 患者の共通点は、『有田病院の関係者』と『肺炎』」 「同日16時25分 有田病院からC病院に救急搬送された方が、気管内挿管をしてとの情報。 有田病院関係で疑い5例となり、直感で、が発生したと確信」 の内部文書 この約2時間後には患者の感染が判明したため、県は記者発表をすることになるが、病院名を公表するかどうかについては、会見の直前ぎりぎりまで決まっていなかった。 【の内部文書より抜粋】 「発表資料を確認しながら、有田病院長との連絡をとるもなかなか取れず。 18時55分に、ようやく院長代理と電話がつながる。 『医師という社会的責任と、感染予防対策をとる上で、有田病院と言わざるをえません。 』と切羽詰まって伝えると、院長代理は少し考え『わかりました。 』と」 はなぜ、感染拡大を食い止めることができたのだろうか。 「最初の(患者の)探知の例も、当時の国の基準では、検査の対象外。 」(野尻孝子技監) (Q国の基準に粛々と従っていたら?) 「探知はできなかったということですね。 しかし、はこの基準に当てはまらない人にも検査を実施するという判断に踏み切った。 知事 「国の方針プラス医師の判断、特に肺炎は注視していこう、というのが県の方針ですね。 」(野尻孝子技監) 「国の基準に従うというのが基本原理であるというのは、これっぽっちも初めから思ってないもんね。 我々の任務は県民を守ることですよね。 守るために論理的にしなきゃいけないことってのはこういうことだろうと。 」(仁吉吉伸知事) これをみてわかるのは、病院と体の連絡がしっかりしています。 次に体が国の判断基準ではなく、必要な検査を「即座に」行ったことです。 全国的に、政府や他の体が参考にすれば、3月以降の院内感染はかなり違っただろうと思います。 検査も近隣体の協力をあおぎ、増やしてます。 はこの時助ける余裕がありました。 しかし、この後は院内感染が多発し、は即座な対策ができず、亡くなる方も40人近くになりました。 国内初の2月における院内感染例で、がこれだけのことができたのに、政府や他の体 特に院内感染の多発した東京都と が共有しなかったのは悲劇です。 救える人々がいたはずです。 ishikawa-kz.

次の

済生会有田病院の同僚医師も感染 新型コロナウイルス、和歌山

済生会有田病院 コロナ

「直感で新型コロナ発生と確信」 医師を含む院内感染の発生は、済生会有田病院が全国で初めてだった。 「病院の医師、しかも同僚の方もウイルス性肺炎像を示しているという情報でしたので、これは大変なことが起こっているのではないかと。 」(和歌山県職員 野尻孝子技監) 取材班は今回、和歌山県の内部文書を独自に入手した。 文書には、院内感染が確認される前後に、県がどのような対応を取っていたか詳しく記されている。 【和歌山県の内部文書より抜粋】 「2月12日11時30分 済生会有田病院の医師がウイルス性肺炎でA病院に入院している。 B病院を受診した済生会有田病院の同僚の医師と画像がよく似ている。 しかし、国が示している基準ではないので、PCRの検査はできないのか?」 文書を作成したのは、対策の陣頭指揮をとった、医師で和歌山県の職員・野尻孝子技監だ。 2月12日~13日にかけ、野尻技監の下には新型コロナウイルスの感染が疑われる症例の報告が次々と届けられていた。 【和歌山県の内部文書より抜粋】 「2月13日9時前 患者の共通点は、『済生会有田病院の関係者』と『肺炎』」 「同日16時25分 済生会有田病院からC病院に救急搬送された方が、気管内挿管をして重篤との情報。 有田病院関係で疑い5例となり、直感で、新型コロナウイルス感染症が発生したと確信」 この約2時間後には患者の感染が判明したため、県は記者発表をすることになるが、病院名を公表するかどうかについては、会見の直前ぎりぎりまで決まっていなかった。 【和歌山県の内部文書より抜粋】 「発表資料を確認しながら、済生会有田病院長との連絡をとるもなかなか取れず。 18時55分に、ようやく院長代理と電話がつながる。 『医師という社会的責任と、感染予防対策をとる上で、済生会有田病院と言わざるをえません。 』と切羽詰まって伝えると、院長代理は少し考え『わかりました。 』と」 2月13日の記者発表から約3週間後の3月4日、仁坂吉伸知事は安全宣言を出し、有田病院は通常業務を再開した。 「非常に限られた地域、限られた時間の中ですけれど、制圧に成功しました。 徹底的にやったということが良かったかなと思います。 「最初の(患者の)探知の例も、当時の国の基準では、検査の対象外。 」(野尻孝子技監) (Q国の基準に粛々と従っていたら?) 「探知はできなかったということですね。 しかし、和歌山県はこの基準に当てはまらない人にも検査を実施するという判断に踏み切った。 「国の方針プラス医師の判断、特に肺炎は注視していこう、というのが県の方針ですね。 」(野尻孝子技監) 「国の基準に従うというのが基本原理であるというのは、これっぽっちも初めから思ってないもんね。 我々の任務は県民を守ることですよね。 守るために論理的にしなきゃいけないことってのはこういうことだろうと。 検査を最も優先したのは、 1:最初に感染が確認された医師と同じ3階の外科病棟で勤務していた医師や看護師などの同僚達だ。 発熱などが無い無症状の人も対象に加えられた。 2:次に行ったのは、同じ病棟の入院患者の検査。 3:その次に、他のフロアでも検査を実施することで、入院患者や職員を通じて感染が病院の外へ広がらないようにした。 4:さらに、病院関係者だけでなく、感染者の家族や知人にも検査の網を広げていった。 「最後、他病棟の入院患者さんや、出入りの業者さんも含めて、検査をしたということですね。 」(野尻孝子技監) これだけではない。 県は集団感染が発覚した直後から、新たに感染調査班を立ち上げ、病院周辺での聞き込みを始めたのだ。 「まず、交通機関や飲食店、物産販売所、観光施設、そういったところを初めにあたらせていただいて、その中で聞き取った情報を基に、当日担当チーム全員が(情報を)持ち帰りますので、そこで部長・局長はじめ幹部と会議を持ち、『次はこれこれの施設の周辺を当たってみよう』と。 」(和歌山県福祉保健部主査 小倉知典さん) 「急いでやる、やり切る」 しかし、和歌山県が1日に検査できる数は40件のみ。 全てを県だけで賄うのは困難だった。 そこで… 「大阪府知事さんにお願いして、大阪府さんにも150検体の検査実施を協力していただいた。 」(野尻孝子技監) 大阪府など他の自治体にも協力を求めて検査体制を拡充し、感染発覚からわずか3週間で802人もの検査を実現したのだ。 こうした和歌山県の対応について、県民は… 【和歌山県民】 「なるべく検査していた方が、本人も外に出ないよう気を付けられるので良かったです。 」 「対応は良かったと思いますね。 早かったんじゃないかなと。 」 「住民としては鼻が高いというか喜ばしいことですよね。 」 (Q和歌山の教訓は?) 「ゆっくりやっていたらどこかで破綻するので、(検査を)急いでやる、やり切ってしまう、その2つじゃないかなと思いますね。 」(仁坂吉伸知事) 検査の網を最大限まで広げ、感染拡大の制圧に成功した和歌山県。

次の

新型コロナウイルス和歌山の感染経路の謎 誰がどこから病院に持ち込んだか

済生会有田病院 コロナ

「直感で新型コロナ発生と確信」 医師を含む院内感染の発生は、済生会有田病院が全国で初めてだった。 「病院の医師、しかも同僚の方もウイルス性肺炎像を示しているという情報でしたので、これは大変なことが起こっているのではないかと。 」(和歌山県職員 野尻孝子技監) 取材班は今回、和歌山県の内部文書を独自に入手した。 文書には、院内感染が確認される前後に、県がどのような対応を取っていたか詳しく記されている。 【和歌山県の内部文書より抜粋】 「2月12日11時30分 済生会有田病院の医師がウイルス性肺炎でA病院に入院している。 B病院を受診した済生会有田病院の同僚の医師と画像がよく似ている。 しかし、国が示している基準ではないので、PCRの検査はできないのか?」 文書を作成したのは、対策の陣頭指揮をとった、医師で和歌山県の職員・野尻孝子技監だ。 2月12日~13日にかけ、野尻技監の下には新型コロナウイルスの感染が疑われる症例の報告が次々と届けられていた。 【和歌山県の内部文書より抜粋】 「2月13日9時前 患者の共通点は、『済生会有田病院の関係者』と『肺炎』」 「同日16時25分 済生会有田病院からC病院に救急搬送された方が、気管内挿管をして重篤との情報。 有田病院関係で疑い5例となり、直感で、新型コロナウイルス感染症が発生したと確信」 この約2時間後には患者の感染が判明したため、県は記者発表をすることになるが、病院名を公表するかどうかについては、会見の直前ぎりぎりまで決まっていなかった。 【和歌山県の内部文書より抜粋】 「発表資料を確認しながら、済生会有田病院長との連絡をとるもなかなか取れず。 18時55分に、ようやく院長代理と電話がつながる。 『医師という社会的責任と、感染予防対策をとる上で、済生会有田病院と言わざるをえません。 』と切羽詰まって伝えると、院長代理は少し考え『わかりました。 』と」 2月13日の記者発表から約3週間後の3月4日、仁坂吉伸知事は安全宣言を出し、有田病院は通常業務を再開した。 「非常に限られた地域、限られた時間の中ですけれど、制圧に成功しました。 徹底的にやったということが良かったかなと思います。 「最初の(患者の)探知の例も、当時の国の基準では、検査の対象外。 」(野尻孝子技監) (Q国の基準に粛々と従っていたら?) 「探知はできなかったということですね。 しかし、和歌山県はこの基準に当てはまらない人にも検査を実施するという判断に踏み切った。 「国の方針プラス医師の判断、特に肺炎は注視していこう、というのが県の方針ですね。 」(野尻孝子技監) 「国の基準に従うというのが基本原理であるというのは、これっぽっちも初めから思ってないもんね。 我々の任務は県民を守ることですよね。 守るために論理的にしなきゃいけないことってのはこういうことだろうと。 検査を最も優先したのは、 1:最初に感染が確認された医師と同じ3階の外科病棟で勤務していた医師や看護師などの同僚達だ。 発熱などが無い無症状の人も対象に加えられた。 2:次に行ったのは、同じ病棟の入院患者の検査。 3:その次に、他のフロアでも検査を実施することで、入院患者や職員を通じて感染が病院の外へ広がらないようにした。 4:さらに、病院関係者だけでなく、感染者の家族や知人にも検査の網を広げていった。 「最後、他病棟の入院患者さんや、出入りの業者さんも含めて、検査をしたということですね。 」(野尻孝子技監) これだけではない。 県は集団感染が発覚した直後から、新たに感染調査班を立ち上げ、病院周辺での聞き込みを始めたのだ。 「まず、交通機関や飲食店、物産販売所、観光施設、そういったところを初めにあたらせていただいて、その中で聞き取った情報を基に、当日担当チーム全員が(情報を)持ち帰りますので、そこで部長・局長はじめ幹部と会議を持ち、『次はこれこれの施設の周辺を当たってみよう』と。 」(和歌山県福祉保健部主査 小倉知典さん) 「急いでやる、やり切る」 しかし、和歌山県が1日に検査できる数は40件のみ。 全てを県だけで賄うのは困難だった。 そこで… 「大阪府知事さんにお願いして、大阪府さんにも150検体の検査実施を協力していただいた。 」(野尻孝子技監) 大阪府など他の自治体にも協力を求めて検査体制を拡充し、感染発覚からわずか3週間で802人もの検査を実現したのだ。 こうした和歌山県の対応について、県民は… 【和歌山県民】 「なるべく検査していた方が、本人も外に出ないよう気を付けられるので良かったです。 」 「対応は良かったと思いますね。 早かったんじゃないかなと。 」 「住民としては鼻が高いというか喜ばしいことですよね。 」 (Q和歌山の教訓は?) 「ゆっくりやっていたらどこかで破綻するので、(検査を)急いでやる、やり切ってしまう、その2つじゃないかなと思いますね。 」(仁坂吉伸知事) 検査の網を最大限まで広げ、感染拡大の制圧に成功した和歌山県。

次の