世界 は 欲しい もの で あふれ てる。 NHKの人気番組「世界はほしいモノにあふれてる」に登場したトップバイヤーの至福の旅を追体験!『世界はもっと!ほしいモノにあふれてる~バイヤーが教える極上の旅~』本日発売|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

【世界はほしいモノにあふれてる】ハワイ・アロハスピリット/ムームーヘブン・ニイハウシェルなど紹介

世界 は 欲しい もの で あふれ てる

スポンサードリンク 老舗文房具店・伊東屋バイヤー伊藤明社長が万年筆の買い付けで世界はほしいモノにあふれてるに登場! 今回の「世界はほしいモノにあふれてる」では、老舗文房具店・伊東屋バイヤー伊藤明社長がドイツ・オーストリアを訪れます。 ドイツ・オーストリアで買い付けたいものは、世界最高峰のもの。 そして日本にまだ上陸してきていないもの。 社長自らが買い付けにドイツ・オーストリアへ行き、一体どんなものを買い付けるのでしょうか。 社長自らが買い付けに行く様子を見られるなんて珍しいですよね。 ちなみに伊東屋バイヤー公式Twitterでは、海外で買い付けされた商品も紹介されていて面白いですよ。 こちらも冬のAtlantaで出会った イチ押しの !異素材の組み合わせがこんなに可愛い小鳥達に大変身💕昔使われていたクロッケーのボールやおもちゃに新たな生命が吹き込まれています。 今から「世界はほしいモノにあふれてる」の放送が楽しみですね。 スポンサードリンク 世界はほしいモノにあふれてるで老舗文房具バイヤー伊藤明社長の経歴は? 老舗文房具店・伊東屋は明治37年創業。 伊藤明社長は1992年に伊東屋に入社し、2005年に5代目社長に就任。 伊東屋は文房具専門店でありながら、創業当初からオリジナル商品の開発もしています。 なんと伊東屋のデザイン研究所まで作ってしまうほど、オリジナル商品の開発に力をいれているんです。 また他業種とのコラボレーション企画も積極的に行っています。 老舗文房具店でありながらも、常に新しいものを生み出そうとしている企業なんですね。 伊東屋は本店のG. ITOYA、そしてその近くにあるK. ITOYAを始めとして、支店8店などをもつ大きなお店です。 特に注目したいのはK. ITOYA! 伊藤明社長が「大人の隠れ家」をコンセプトに開業した店舗です。 このK. ITOYAは一般的な文房具の他に、画材や地球儀なども取り扱っています。 落ち着いた雰囲気の店内で、ゆっくりと時間をかけて文房具を選べます。 地下1階から地上6階までの全7フロアをじっくり散策するのも楽しそうですね! スポンサードリンク 世界はほしいモノにあふれてるバイヤー伊藤明おすすめの文房具は何? 老舗文房具店・伊東屋の代名詞といえば万年筆。 創業当初から万年筆を取り扱っていて、大正13年からは伊東屋オリジナル万年筆「ROMEO」を販売しています。 なんとこの「ROMEO」シリーズは今も健在で、現在はROMEO NO. 3万年筆・ボールペンが販売されています。 オリジナル商品と合わせて、他の有名な万年筆ブランドの商品も多数取り扱っています。 100年近くオリジナルの万年筆を取り扱う伊東屋だからこそ、自社の万年筆はもちろん、他社の万年筆の良さや特徴をきちんと紹介できるのでしょうね。 今回の「世界はほしいモノにあふれてる」ではドイツ・オーストリアでどんな万年筆の買い付けるのでしょうか。 また伊藤社長がおすすめする文房具は何なのでしょうね。 「世界はほしいモノにあふれてる」の中で伊東屋オリジナル万年筆なども紹介されることを期待します! スポンサードリンク 世界はほしいモノにあふれてるの万年筆の通販お取り寄せは?店舗の場所は? 老舗文房具店伊東屋の本店G. ITOYAは銀座2丁目にあります。 銀座通りの東京メトロ銀座駅と銀座一丁目駅の間あたりです。 店舗駐車場はなく提携駐車場を利用してください。 東京メトロ銀座線を利用されることをおすすめします。 まさに銀座の中心という場所に、100年以上もあるお店は格式が高く敷居が高そうな印象を受けますよね。 しかし老舗でありながら、伊東屋本店G. ITOYAそしてその近くのK. そちらでも伊東屋オリジナル万年筆「ROMEO」シリーズを始めとした、さまざまな万年筆も取り扱われています。 ぜひそちらもご覧くださいね。 老舗文房具店伊東屋・バイヤー伊藤明社長と万年筆についてのまとめ• 老舗文房具店・伊東屋バイヤー伊藤明社長の経歴は伊東屋入社後、2005年から5代目社長に就任。 現在に至る。 老舗文房具店・伊東屋バイヤー伊藤明社長がおすすめする文房具は万年筆の可能性大!• 老舗文房具店・伊東屋バイヤー伊藤明社長の万年筆の通販お取り寄せは、伊東屋公式オンラインストアで可能。 店舗の場所は東京銀座2丁目。 老舗文房具店として長きにわたって万年筆を取り扱い、また自社オリジナルの万年筆を開発している伊東屋。 デジタル社会といわれる現代で、今なおアナログな万年筆を取り扱う理由とは何でしょうか。 「世界はほしいモノにあふれてる」では「アナログなモノ」の素晴らしさとは何かを知ることができるのでしょうか。 ぜひ「世界はほしいモノにあふれてる」でチェックしてみてくださいね。 ここまでご覧いただきありがとうございました。

次の

世界はほしいモノにあふれてる「フィンランド・北欧食器」紹介リスト

世界 は 欲しい もの で あふれ てる

【世界はほしいモノにあふれてる】ハワイ*幻の貝殻:サンライズシェル サンライズシェル これ、ハワイでしか採れなくてハワイでもここでしか採れなくて砂浜で探しても1割の人が見つけられるかどうか、ってくらい貴重は貝なんだって。 ハワイのパワーガンガン漲ってるって。 ちなみにこの大きさで多分3〜4万くらいするって。 古代のハワイでは王族だけが身につけることが許された貝でした。 幻の貝*サンライズシェル:探すのが難しい貝 サンライズシェルは、探すのがとっても難しい貝です。 以前はオアフ島のノースショアなどでも見つけられていたようですが、 今では ニイハウ島か カウアイ島でしか見つからないとても貴重な貝です。 幻の貝*サンライズシェル:加工はしない自然そのものの色 サンライズシェルに加工は一切しませんが、自然そのものの色が出るように手入れをします。 特に赤い色の貝は希少で割れやすく、お手入れに特殊な作業が必要なため、価値が高くなります。 p がシェアした投稿 — 2020年 5月月12日午前2時25分PDT ハワイのフルーツを使ったヘルシーなデザート店「バナン(Banan 」 ヘルシーデザート*バナン:乳製品を使わずフルーツたっぷり バナンは、 バナナを使った濃厚ソフトクリーム ワイキキ、カハラ、カイルアなど4店舗 ヘルシーデザート*バナン:地元の農家をサポート バナンのミッションは 、 地元の農家をサポートするため、地産の材料を使っています。 バナンのバナナは全てハワイ産、その他の食材やスパイスもできるだけ地元で取れたものを使っています。 『ファーム・ツー・テーブル」「テーブル・ツー・ファーム」という持続的な可能性を追求しています。

次の

世界はほしいモノにあふれてる「フィンランド・北欧食器」紹介リスト

世界 は 欲しい もの で あふれ てる

2018年4月からスタートし、放送70回を超えるNHKの人気紀行番組「世界はほしいモノであふれてる」(NHK総合毎週木曜夜10:30~OA)。 世界には手にしたことのない素敵な「モノ」や、出会ったことのない「味」、見たことのない驚きの「景色」がまだまだあります。 いま、世界で注目されているのは、「オーガニックで安全」「ローカルで起業」「小規模でハンドメイド」、「オリジナルで唯一無二」「ビンテージでストーリーがある」「SNSで発信する」、というビジネススタイルや商品。 5人のトップバイヤーたちは、豊富な知識とインスピレーションを武器に、世界のどんなところにも出かけていきます。 魅惑のモロッコ雑貨、北欧ビンテージ家具、癒しのオーガニックコスメ、伝統と革新のメキシコグルメ、日本未上陸ローカルチョコレート。 5人の買いつけの旅に加え、トップバイヤーになるまでのセルフヒストリーも取材収録しました。 大原真樹さんと行く、魅惑のモロッコ雑貨の旅 モロッコ渡航100回を超え、ニコちゃんマークのバブーシュ、金銀の取っ手のカゴなど大ヒット商品を手掛ける【ファティマ モロッコ代表】の大原真樹さん。 マラケシュのスーク、緑の陶器の村タムグルート、何でも揃う移動スーク、センスのいいリヤド、地元メシのクスクス、タジン、ミントティー、日の沈む国ならではのサンセットスポットを紹介します。 大島忠智さんと行く北欧ビンテージ家具を探す旅 インテリアブランド【イデー】所属のトップバイヤー、大島忠智さん。 一生使えるウィンザーチェア、エクストロームのキャビネット、エリック・ホグランの燭台、シグネ・ペーション・メリンのフラワーベースなど、北欧デザインの掘り出し物をマルメ、ルンド、カールスクローナ、ストックホルムで買いつけます。 北欧のシンプルで豊かなライフスタイルも一緒に紹介します。 佐藤香菜さんと行く本物のキレイを探す旅 ニュージーランド・パリ・リトアニア・エストニア オーガニックコスメやフードを集めたセレクトショップ「Biople by CosmeKitchen」のディレクション務めた佐藤香菜さん。 オーガニック先進国として注目されるニュージーランドで、エシカル 倫理的 なライフスタイル、楽しむエコ、地産地消のオーガニック、そして、マオリハーブの聖地ロトルアへ訪れます。 オーガニック激戦区パリ、エストニアの泥パック、リトアニアの琥珀も紹介。 桑折敦子さんと行くメキシコ未知のスープの旅 【スープストックトーキョー】で150種類以上のレシピ開発を手掛けた桑折敦子さん。 はじめて出かけたメキシコでは、地元の人が行く食堂、昼からやっている居酒屋、カスタマイズが基本のタコスの屋台、メキシコ伝統料理、注目のモダンメキシカンなど、メキシコならではの多彩な味を体験。 たどり着いたメキシコ料理の原点というべきモーレを、オアハカ地方の伝統料理人・アヒガイルさんに教わります。 木野内美里さんと行く日本未上陸ローカルチョコレートの旅 メルボルン・タスマニア・北欧・スロベニア 今まで28か国を訪れて、300種以上の日本未上陸のチョコレートを紹介してきた【フェリシモ 幸福のチョコレート】カリスマバイヤーの木野内美里さん。 満を持して訪れたメルボルン、タスマニア、そして、注目の北欧とスロベニア。 移民や移住の文化から生まれる、ローカル、ビーガン、小規模、SNS、そしてオリジナルティあふれるショコラティエを紹介します。

次の