オクレイマン 死亡。 オクレイマン (おくれいまん)とは【ピクシブ百科事典】

オクレイマンとは (オクレイマンとは) [単語記事]

オクレイマン 死亡

強くなるモンスターの条件5つ まず、強くなるモンスターの条件は5つです。 長寿 第1に長寿であることです。 当たり前ですが、長寿であればあるほどトレーニングできますので、能力の伸びが期待できます。 寿命が250週• 寿命が500週 これだけ違えばステータスに圧倒的な差が出るのは明白です。 できたら350週は欲しいところですね。 適正が高い 第2に適正が高いことです。 適正はE. Aと5段階存在します。 適性が高いほど能力が伸びますので、必然的に適性が優秀なモンスターほど能力値が伸びます。 技の性能が高い 第3に技の性能が高いことです。 バトルの結果で勝敗が決まるので、優秀な技を持っていることが最強条件です。 具体的には・・・• 命中率の高い技• 大ダメージを狙える技• コスパの良いメイン技 この3つがあれば優秀な技があると言えるでしょう。 ガッツ回復が早い 第4にガッツ回復です。 モンスターガーム2では、ガッツ補正というものがあり、ガッツ回復が遅いモンスターでも必ずしも不利というわけではありません。 しかし、ガッツ回復が早い方が柔軟に戦えることは事実です。 「ガッツ回復が遅いモンスターはガッツダウン技に弱い」という弱点があるからです。 先の3つまでは重要ではないかも知れませんが、「ガッツ回復が早い方が柔軟性がある闘いはできるでしょう。 ヨイモンであること 第5にヨイモンであることです。 ヨイモンであるほど大成功をします。 大成功は通常より大きく能力値が上昇しますので、積み重なればその差は大きくなります。 また、ヨイモンであれば、ズルもしないので、初心者にも優しいです。 ワルモンだとズルをしたり、おねだりをしたり、ロードする時間が大幅に増えるので、育てる私たちブリーダーのストレスも溜まりがちです。 笑 先の4つまでは重要ではないかも知れませんが、ヨイモンであることにこしたことはありません。 以上5つを踏まえて初心者向けと玄人向けの最強モンスターを4体ずつ紹介します。 【初心者向け】育てやすくて強くなるモンスター4体 初心者向けの強くなるモンスターを4体紹介します。 「油草育成しなくてもそこそこ強くなるよね。 」 「油草育成して黄金桃与えれば余裕で殿堂入りするよね。 」っていうモンスターです。 ライフがBなので丈夫さも実質Bであり(プールバグ効果 、かしこさメインにすれば回避以外はすべてBという尋常ではない適正。 寿命390週で激ヨイで適正も素晴らしくて、まじで強いです。 そして、プールバグという、丈夫さとライフの適正が入れ替わるバグがあるので、丈夫さも実質適正がAになります。 プールバグについては ただし、技は貧弱。 しかし、寿命と適性のおかげで高い能力値になり、激ヨイなので、初心者にも育てやすいでしょう。 ヒノトリで初の殿堂入りした人も多いのではないでしょうか。 ちからを捨てて、他を漫勉なく伸ばせば余裕で殿堂入りです。 ただし、というバグ仕様があるので、注意が必要。 しかし、かしこさを捨てれば、命中C以外はすべて適正Bという強力なモンスター プールバグで実質丈夫さB 技も初期技のたたきつけが非常に強力で、これだけで殿堂入りできる。 ガッツ回復だけが遅いので、ガッツを限界まで貯めて技を繰り出せば簡単に勝てるだろう。 「育てにくいけど、フルモンにしたら強いよね。 」っていうモンスターです。 逆を言えば、初心者は育てるのはおすすめできません。 1、メタルナー 育てにくいけど、強いモンスターの代表格。 ガッツ回復6はヴァージアハピをカウントしなければ、最速のガッツ回復。 そしてポン拳という命中率が高い上にコスパが良い最強技を保持しています。 フルモン戦なら間違いなく上位でしょう。 その分、適正の低さと初期のパラメーターの異常な低さで玄人向けですねー。 ピクシーsubのラブラブセイジンも、同じガッツ回復と移動速度なので、こちらでもよいでしょう。 チャッキーでフルモンにするなら、ガッツ回復が最速の8であるメタルグレイ一択でしょう。 適正B以上なしのモンスターですが、技性能や早いガッツ回復でフルモン戦なら上位でしょう。 寿命が長いのは良い点。 しかし、フルモン戦になればオクトパスナイトという優秀な技と早いガッツ回復で上位に食い込みます。 プールバグのせいで、適正Aの丈夫さが報われないので、残念ですねー。 この2つを持つモノリスは大変育てにくく、やる気が起きません。 ただ、ジュラスウォールになれば290週まで寿命は伸びますし、走り込みも得意ですので、比較的育てやすくはなります。 それでも弱いですが しかし、アタック系とたおれこみ系の技性能が強く、フルモン戦なら上位を狙えるでしょう。 まとめ 以上、初心者と玄人向けでそれぞれの強くなるモンスターを紹介しました。 長寿だと本当に強くなります。 フルモン戦ならやはりメタルナーがメインでもサブでもいると強くなるでしょう。 私も最近やっていますので、気が向いたら育成状況をアップしますねー。 追伸 バナナなし育成でフルモン ALL999 を作成しています。 少しでも良いので見て見て下さい。

次の

オクレイマン (おくれいまん)とは【ピクシブ百科事典】

オクレイマン 死亡

キックやでこぴんと同じくそのまんま。 初代ではガッツダウン技で、下位技のパンチは特に目立たない技だったが、 上位技ののびーるパンチは遠距離から使える上に、技ジャンルに反して高い威力に命中もそこまで低くなく、なかなかの使い勝手。 修行地がバリーズである都合上、ガッツダウンもかなりのモノだが、ゴーレム自身がガッツ回復が遅い都合上、封殺戦法には向かないのでこれはおまけと考えていい。 何より距離3の技がこれと地震と竜巻アタックのみなので、 まともに戦わせたいならこちらは必修と言えるかも知れない。 一転して2ではでこぴんに代わるバランス技で、キックと同じく使い込むと大パンチが修得可能。 肝心の性能はほぼ威力のみを強化した感じになっているが、その分消費は軽い。 クロー系 初代 / ビンタ系 2 命中重視技 序盤におぼえる大ダメージ技にして、威力はすでに他のモンスターの技と比べても最高クラス。 だが、命中補正は最低クラス…という、でこぴんとは別の意味でゴーレムの代名詞とも言える技たち。 というかアッパーの場合、ケンタウロスのさらし投げとランクはほぼ同じなのにこちらは消費 21という驚きの軽さである。 ちなみにさらし投げは 28 丈夫さ重視の相手が攻め疲れたり、相手の意味不明の隙をついて放つと効果覿面、当たればもはや勝ちも同然。 消費ガッツもそう多くないのでガッツ貯めた末に連発して数打ちゃ当たるを実践するのもありだが、ガッツダウン技に注意。 チョップのスピーディーなモーションはなかなか恐ろしい。 掌打系 大ダメージ技 2 ちから技が豊富なゴーレムにとって、数少ない賢さ依存の技。 拳を叩きつければ衝撃波が相手に襲いかかる。 かしこさ適正や他の技との都合上覚えさせるブリーダーは多くないと思われるが、ゴーレムの技らしくこれらも高威力。 というよりドラゴンのインフェルノ並みの性能 LD、GDともに高い と言えば、いかにこの技が高性能かがわかると思う。 惜しむらくはゴーレムが重量級であるゆえに、事実上Aといってもいいガッツダウンを活かしきれないこと。 下手したら相手がその前にK. Oされそう。 ここは補正を捨てた派生種でうまく使ってあげたいが、よりによってアストロは賢さ適性が低く、賢さが高いプレッシャーは重量級なのが悩みの種。 となるとヘビーダイアナが最適任か。 ロケットパンチ系 超必殺技・ヨイ技 2 スエゾー派生。 かなりの大食漢であり、そのなかでもで、図鑑にもカレーについて度々取り上げられている。 初代ではかしこさと、あとなぜかライフが伸びやすいという特徴があった。 2ではライフの適性が下げられたがそれでも平均的な伸びは見せかしこさの適性も健在である。 能力的にはゴーレムとしては癖がなく、かしこさが伸びやすいぶん防御関係のバランスどりがラク。 早熟型の割りに寿命も短くはないので序盤はガンガントレーニングさせ、ピークが過ぎたら大会や修行にバンバン出そう。 2のニ大大陸対抗戦にCランクで「ゴラゴン」「ゴレゴン」、Bランクで「コウネツ」と何故か3体も登場する。 ゴレゴンは初代にも居たから良いとして後者は初代Bランクに登場するアメンホテプ「コウテツ」と関係があるのだろうか…?• ケンプファー チャッキー派生。 と言うか見た目はまんまスーツを着たゴーレムである。 これは自前の服装であり、自意識過多なまでにみだしなみを気遣った結果なんだとか。 というかあんなサイズのスーツがどこにあったんだとツッコみたくなる話でもあるのだが…。 こう聞くとすごくまじめな印象を受けるが、実際はチャッキー派生であるとおり激ワルである。 ちなみに大きいゴーレムが小さなチャッキーに憧れているという説もある。 適正としてはAはおろかBすらなく、命中もEと色んな意味で終わっているように思えるが、チャッキー派生である以上当たり前だが寿命は最高クラスで、金と薬さえあればどんどんつぎ込んで一気に最強クラスに化ける可能性をもった、色んな意味で極まった人向けのゴーレムである。 なおガッツ回復は早い方なので、アストロほどではないが補正は期待しないように。 アメンホテプ ガリ派生。 おとなしい性格で貴族に飼われる事が多く、かたもみが得意。 初代においては命中が伸びやすく、育てやすいゴーレムの一種だった。 2においても本来「性格が良い代わりに寿命の短いタイタン」のような適性になる筈が、グジラ派生のプレッシャーと完全に適性が入れ替わっており、命中、回避が最悪のまま丈夫さが低下、おまけに成長タイプ普通と短い寿命だけはそのままとかなり癖の強い派生種になってしまっている。 ただしそこはガリ派生、やなどのように、ガリはサブに回ることで真価を発揮するとされるが、それはこのアメンホテプとて 例外ではない。 補正の重さ、性格の良さ、移動速度が若干改善されている点はガリ派生のままなので、フルモン戦で真価を発揮する、マリオマックスとは別の意味で ゴーレムのスペシャリストの為にあるような存在である。 初代Bランクに登場する「コウテツ」もこの種族。 ヘビーダイアナ ピクシー派生。 知的で大人しい性格のため、バトルをすることを嫌っており、 寧ろ日常生活において活躍しているとのこと。 故に人々からも愛されている。 初代ではかしこさ適性マックス、ちからが伸びにくいというゴーレムらしからぬ適性のため育てにくさが目立つ。 適正計算が大幅に変わった2では、ちからの適正は高いままかしこさ適性を高めているも、 丈夫さ適正が一気に平均まで下がり、回避適正もマシになったとはいえ伸びにくいままとやはり使いにくいか。 何より、中途半端にガッツ回復が早まった影響で補正が弱くなっているのも悩みどころ。 ここは高まったかしこさを活かし、延々と地震を垂れ流す戦法でいってもいいかもしれない。 ポセイドン Cランク最大の障壁。 命中が低いが、当たる時は当たる。 そのちからから放たれる技の威力は絶大で、 基本技のパンチやキックでオクレイマンのマッハパンチなみのダメージを持っていかれる。 特に生半可な回避と耐久を持つモンスターはでこぴんや掌打でトラウマを刻まれたという人も多いだろう。 離れれば技を持っていないので遠くから攻めるか、ゴーレム種の宿命であるガッツ回復の遅さをつくガッツロックが有効。 またかしこさ、ライフも低いので、回避の低さを突いてかしこさ系の大技を仕掛ければ、相棒の能力にもよるが2〜3発でK. 出来る。 ただし、ガッツ補正が強く得られるタイプなので仕留めそびれた時は覚悟を決めよう。 アスタウンド(ゴビ) 【3以降のゴーレム一族】 移動速度とガッツ回復の遅さ、ちからと丈夫さのすさまじさ、壊滅的な命中と回避は相変わらずだが、スタッフは何を血迷ったのか、前述のロケットパンチをはじめ、ゴーレムという種族に禁忌とも言える 命中率Aの技を与えてしまった。 さらにいえば、3の純血種 モークス派生 はしんちょうという性格なのだが、これは簡単に言えばガッツ補正をより大きくするというもので、これはただでさえガッツが遅い都合上、補正も強烈なゴーレムにとってこれは キチガイに刃物でしかない。 そして、テクモの狂気の産物ともいえる技として、たつまきパンチという 命中率が低いどころか全種族中トップクラスで、威力も2で言うぐるぐるアタック並みという、正気を疑うチェーンソーを与えてしまう始末。 もちろん、ゴーレムといえば破壊力ということで、オレガメテオ 名前の由来は「俺がメテオ」。 自分の身体を分解して隕石のように突っ込むこれまたテクモのセンスが光る技 という、竜巻アタックのポジションに当たる最強威力の技も完備。 当然こんな優遇されにされまくった巨漢が弱いわけがなく、事実3のモンスター甲子園では「セクハラぶちょう」という、顰蹙を買いそうなネーミングのエレバス ブリリア派生 が 優勝を勝ち取ってしまった。 ゴーレムっていうとデコピンのイメージが強いわ -- 名無しさん 2014-08-02 07:26:44• アスタウンドの大でこぴん事故率はオクレイマンのマッハパンチ並 -- 名無しさん 2014-08-02 07:51:18• 2になってから露骨に技モーションがトロくなってなんだかなぁ -- 名無しさん 2014-08-02 09:27:10• 食らったらよくて病院送り悪ければ死亡という心臓に悪いデコピンw -- 名無しさん 2014-08-02 09:43:07• リアタイだとショボく見えたけどそう考えると少し納得か -- 名無しさん 2014-08-02 10:03:19• アニメだとみんなが空腹の中自分は石で空腹満たせるから平気だったり 相手が悪党だろうがワルモンだろうが約束を守り通すのがよかった ウンディーネ回は泣けた -- 名無しさん 2014-08-02 13:24:59• 初代だと鍛えたモンスターでも事故の原因になるのがだいたいこいつ -- 名無しさん 2014-08-02 16:26:39• よく知らんかった頃のGBA版で唯一の四大大会攻略したモンスターだわ…竜巻アタック最高や! -- 名無しさん 2014-08-03 01:33:16• 2だとすり替え合体で使える技が簡単に揃うのがうれしいところ -- 名無しさん 2014-08-03 12:27:36• タイタンは好きなモンスターだったな。 必ず「サンシャイン」って名付けてた。 -- 名無しさん 2014-08-03 13:07:44• 大でこぴんとかいう消費ガッツ28からのダメージAクリティカルSな反則的コストパフォーマンス技。 タックルも消費26だしいくらガッツ回復遅いからって技の性能よすギィ! -- 名無しさん 2014-08-23 08:38:08• 命中普通のドラゴンや技命中そこそこのグジラは技火力が案外控えめだし。 -- 名無しさん 2014-08-23 08:51:12• でこぴん強すぎる。 G補正のおかげで痛いわ、よく光るわ、ハメが可能だわ -- 名無しさん 2014-08-23 09:06:27• デコピン当たった時のSEがまたいい!スパーン! -- 名無しさん 2015-07-27 09:30:32• なぜ1でも2でもOPで噛ませなのか まあその分本編で優遇されてるけど(1では全ランクに敵として出場、2ではG補正で高命中高火力、3以降は技が高性能) -- 名無しさん 2016-01-16 12:30:51• 姿勢良くて礼儀正しいけどどこか動きがギクシャクしてるあたりが好き あのモーション考えたやつ天才だと思うわ -- 名無しさん 2016-07-13 16:31:46• アニメOPのタイタンとブルマを叩きのめすシーン背筋がゾクッとするほどかっこいい -- 名無しさん 2016-12-18 17:02:24.

次の

うんこちゃん モンスターファーム2 Part08 12/6/3 [ニコニコあっぷる]

オクレイマン 死亡

強くなるモンスターの条件5つ まず、強くなるモンスターの条件は5つです。 長寿 第1に長寿であることです。 当たり前ですが、長寿であればあるほどトレーニングできますので、能力の伸びが期待できます。 寿命が250週• 寿命が500週 これだけ違えばステータスに圧倒的な差が出るのは明白です。 できたら350週は欲しいところですね。 適正が高い 第2に適正が高いことです。 適正はE. Aと5段階存在します。 適性が高いほど能力が伸びますので、必然的に適性が優秀なモンスターほど能力値が伸びます。 技の性能が高い 第3に技の性能が高いことです。 バトルの結果で勝敗が決まるので、優秀な技を持っていることが最強条件です。 具体的には・・・• 命中率の高い技• 大ダメージを狙える技• コスパの良いメイン技 この3つがあれば優秀な技があると言えるでしょう。 ガッツ回復が早い 第4にガッツ回復です。 モンスターガーム2では、ガッツ補正というものがあり、ガッツ回復が遅いモンスターでも必ずしも不利というわけではありません。 しかし、ガッツ回復が早い方が柔軟に戦えることは事実です。 「ガッツ回復が遅いモンスターはガッツダウン技に弱い」という弱点があるからです。 先の3つまでは重要ではないかも知れませんが、「ガッツ回復が早い方が柔軟性がある闘いはできるでしょう。 ヨイモンであること 第5にヨイモンであることです。 ヨイモンであるほど大成功をします。 大成功は通常より大きく能力値が上昇しますので、積み重なればその差は大きくなります。 また、ヨイモンであれば、ズルもしないので、初心者にも優しいです。 ワルモンだとズルをしたり、おねだりをしたり、ロードする時間が大幅に増えるので、育てる私たちブリーダーのストレスも溜まりがちです。 笑 先の4つまでは重要ではないかも知れませんが、ヨイモンであることにこしたことはありません。 以上5つを踏まえて初心者向けと玄人向けの最強モンスターを4体ずつ紹介します。 【初心者向け】育てやすくて強くなるモンスター4体 初心者向けの強くなるモンスターを4体紹介します。 「油草育成しなくてもそこそこ強くなるよね。 」 「油草育成して黄金桃与えれば余裕で殿堂入りするよね。 」っていうモンスターです。 ライフがBなので丈夫さも実質Bであり(プールバグ効果 、かしこさメインにすれば回避以外はすべてBという尋常ではない適正。 寿命390週で激ヨイで適正も素晴らしくて、まじで強いです。 そして、プールバグという、丈夫さとライフの適正が入れ替わるバグがあるので、丈夫さも実質適正がAになります。 プールバグについては ただし、技は貧弱。 しかし、寿命と適性のおかげで高い能力値になり、激ヨイなので、初心者にも育てやすいでしょう。 ヒノトリで初の殿堂入りした人も多いのではないでしょうか。 ちからを捨てて、他を漫勉なく伸ばせば余裕で殿堂入りです。 ただし、というバグ仕様があるので、注意が必要。 しかし、かしこさを捨てれば、命中C以外はすべて適正Bという強力なモンスター プールバグで実質丈夫さB 技も初期技のたたきつけが非常に強力で、これだけで殿堂入りできる。 ガッツ回復だけが遅いので、ガッツを限界まで貯めて技を繰り出せば簡単に勝てるだろう。 「育てにくいけど、フルモンにしたら強いよね。 」っていうモンスターです。 逆を言えば、初心者は育てるのはおすすめできません。 1、メタルナー 育てにくいけど、強いモンスターの代表格。 ガッツ回復6はヴァージアハピをカウントしなければ、最速のガッツ回復。 そしてポン拳という命中率が高い上にコスパが良い最強技を保持しています。 フルモン戦なら間違いなく上位でしょう。 その分、適正の低さと初期のパラメーターの異常な低さで玄人向けですねー。 ピクシーsubのラブラブセイジンも、同じガッツ回復と移動速度なので、こちらでもよいでしょう。 チャッキーでフルモンにするなら、ガッツ回復が最速の8であるメタルグレイ一択でしょう。 適正B以上なしのモンスターですが、技性能や早いガッツ回復でフルモン戦なら上位でしょう。 寿命が長いのは良い点。 しかし、フルモン戦になればオクトパスナイトという優秀な技と早いガッツ回復で上位に食い込みます。 プールバグのせいで、適正Aの丈夫さが報われないので、残念ですねー。 この2つを持つモノリスは大変育てにくく、やる気が起きません。 ただ、ジュラスウォールになれば290週まで寿命は伸びますし、走り込みも得意ですので、比較的育てやすくはなります。 それでも弱いですが しかし、アタック系とたおれこみ系の技性能が強く、フルモン戦なら上位を狙えるでしょう。 まとめ 以上、初心者と玄人向けでそれぞれの強くなるモンスターを紹介しました。 長寿だと本当に強くなります。 フルモン戦ならやはりメタルナーがメインでもサブでもいると強くなるでしょう。 私も最近やっていますので、気が向いたら育成状況をアップしますねー。 追伸 バナナなし育成でフルモン ALL999 を作成しています。 少しでも良いので見て見て下さい。

次の