鉄 仮面 スケバン 刑事。 スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説のあらすじ/作品解説

「スケバン刑事II」鉄仮面

鉄 仮面 スケバン 刑事

南野陽子演ずる五代陽子は幼少の頃から17歳までズーッと鉄仮面を被らされていましたが、なぜ、鉄仮面を被る必要があったのでしょうか? また、食事はどのようにして摂っていたのでしょう? 当時、かっこいい!と言われていた『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の決めセリフも気になったので調べてみました。 目次 ・ ・ ・ ・ 主人公の南野陽子演ずる五代陽子は命を守るための偽名で本名は早乙女志織です。 彼女の父親は古代秘法の研究家でその研究を狙う組織から送り込まれた女スパイと父親が結婚し早乙女志織が生まれるのですが、スパイとして送り込まれた母親は志織が生まれると組織を裏切って家族を守ろうとします。 裏切ったことによって、組織から家族が狙われることになったために父親の親友の教師、西脇と一緒に母の故郷高知に隠れることになります。 そして、志織を守るために西脇によって鉄仮面を被せられ顔が分からないようにしました。 鉄仮面を被せられた理由は志織を守るためだったんですね。 また、鉄仮面を被せたのが西脇だということはドラマ後半までは隠されていました。 スポンサーリンク この、鉄仮面はツッコミどころ満載なのですが、テレビドラマということで納得しなければならないところです。 しかし、鉄仮面越しにどうやって食事を摂っていたのか?という疑問は大人に限らず幼い子どもでも不思議に思いますよね。 実際は食事をするシーンはなかったと思うのでどのような方法で食事を摂っていたのかはわかりませんが、 おそらく流動食と考えるのが正しいと思います。 他には、鉄仮面が割れた場面でサキの顔が綺麗すぎるし、髪の毛もサラサラでツッコミどころ満載です。 設定では幼少のころから17歳まで一回も鉄仮面を外すことなく生きてきたことになっているので視聴者からオカシイんじゃない?の指摘が! そこで、制作サイド側では、ちょっとまずいとなり、鉄仮面が割れて外れるシーンを撮影したそうです。 人気あるドラマならでは、の話ですね。 スケバン刑事では決めセリフがあります。 土佐弁だと思うのですが、方言の発音には苦労したでしょうね。 「そんなあて~ぇが何の因果かマッポの手先」 「おまんら!許さんぜよ!」 「鉄仮面に顔を奪われ十と七とせ。。。 生まれの証さえ立たんこのあてぇが、何の因果かマッポの手先」 「けんどなあ、人を人とも思わんと売り買いするおんしゃら、まっこと許さんぜよ!」 土佐弁だから迫力があるんだと思うのですが、さんまが喋っているような大阪弁では迫力に欠けそうです。 五代陽子は命を守るために西脇に鉄仮面を被せられた。 また、食事はおそらく流動食で補っていたと思われます。

次の

ガキ使笑ってはいけない2020南野陽子のスケバン刑事がヤバい!?鉄仮面が懐かしいとツイッターの声

鉄 仮面 スケバン 刑事

前作「スケバン刑事」の続編で、和田慎二の同名漫画の原作では第2部に相当し、桜の代紋が埋め込まれた重合金ヨーヨーを武器に梁山泊や青狼会、信楽老などの組織と対峙する。 小・中・高を鉄仮面を被って登校したり、セーラー服姿のアクションシーンや決め台詞である「おまんら、許さんぜよ! 」などの決め台詞が評判をよんだ。 高知県の土佐清流高校に在籍する五代陽子は、四国のスケバングループからスケバン鉄仮面と恐れられていた。 暗闇組織は初代麻宮サキを失ったことから新しい麻宮サキとして陽子に注目し、特命刑事になるよう勧誘するのであった。 再三の勧誘に対し断固として拒否する陽子だったが、暗闇組織のメンバー・西脇が父親の死の真相や鉄仮面を被らせた人物が解明できると話したことから、特命刑事になることを受諾するのである。 スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説の評価 総合評価 4. 00 4. 」等、南野陽子のドラマスケバン刑事II 少女鉄仮面伝説についてのあらすじや作品解説はもちろん、「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説を見た時の当時の感想。 」と言った実際にスケバン刑事II 少女鉄仮面伝説を観たレビュアーによる1件の長文考察レビューや評価を閲覧できます。 「矢島雪乃」「五代陽子」「麻宮サキ」を始めとした3件の登場キャラクターのプロフィール詳細や、名言も掲載中です。

次の

スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 VOL.4 <完> : スケバン刑事

鉄 仮面 スケバン 刑事

概要 [ ] 、の大臣から監獄の監獄長サン・マールに預けられ、監獄長自ら世話をしたという。 以降、サン・マールの転任と共にその囚人も移送され、を経て、にバスティーユ牢獄に移送された。 当時のバスティーユ牢獄の看守は、「囚人は常にマスクで顔を覆われ、副監獄長直々に丁重に扱われていた」と記録している。 なお、世間一般では「鉄製の仮面を常に着用している」というイメージが広く定着しているが、実際は布製のマスクだったとされ、それも人と面会する時にだけ着用させられていた。 もし人前でマスクを取ろうとすれば、その場で殺害せよとの指示が出されていた。 そのため、牢獄で世話をしていた者も囚人の素顔を知らなかった。 囚人は1703年11月19日に死亡。 「マルショワリー」という偽名で葬られ、彼の所有物などは全て破棄されたという。 正体 [ ] 当時の噂では、、、(の庶子の子での指導者の一人)等が挙げられており、その後も様々な憶測がなされた。 主な推測だけでも以下のようなものがある。 ルイ14世の義妹は、()に関わったイギリス貴族()だと主張した。 は、宰相と妃の息子で、ルイ14世の庶兄であるとした。 はこの説を双子の兄にして『鉄仮面』を書いた。 鉄仮面を扱った映画には、ルイ14世と鉄仮面の男が最終的に入れ替わるものもある。 にの支持者に広まった説では、囚人はルイ14世本人で、マザランによって扱いやすい替え玉と取り替えられたという。 この話には、囚人が獄中で子供を作り、その子が後にへ行き、ナポレオンの先祖になるという尾ひれも付いている。 (Arthur Barnes)の『仮面の男』( The Man of the Mask, ) によれば、の庶子ジェームス・ド・ラ・クローシュ(James de la Cloche)であるという。 この人物はフランスとの連絡役を務めていたが、との関係の露呈を恐れたルイ14世によって監禁されたという。 (Marcel Pagnol)の『鉄仮面の秘密』 ( Le Secret du masque de fer, )は、アーサー・バーンズ説とは異なり、実はジェームズ・ド・ラ・クローシュはの双子の兄弟で、この男を鉄仮面の正体としている。 これは現在主流とされている説である。 軍歴史学者ルイ・ジェンドロン(Louis Gendron)が、にあるされた一連の手紙をフランス軍暗号局のエティエンヌ・バゼリーズにさせたところ、ルイ14世の暗号係ロシノールにより作成されたであることが判明し、その内の1つには、逮捕されたヴィヴィアン・ド・ビュロンド(Vivien de Bulonde)将軍とその罪に関する事柄が記されていた。 この「暗号未解読部分」を「仮面」と解釈することで、ビュロンド将軍=鉄仮面説が流布されたが、年代等の矛盾により現在ではほとんど支持されていない。 鉄仮面を扱った作品 [ ] 囚人が被っていた布製の仮面は、鉄仮面になることが多く、そのグロテスクなイメージから、様々な文学作品、映画に取り上げられている。 さらに本来の伝説からかけ離れて「鉄仮面の囚人」だけが一人歩きした三次派生とも言うべき作品も多く作られた。 『鉄仮面』- による翻案小説で、(明治25年)12月25日から(明治26年)6月22日まで「」に連載された。 海外ではほとんど忘れられた小説だが、日本ではこの涙香版が何度も単行本化され、更にが涙香版を小中学生向けにリライトした講談社版(1938年)も版を重ね、戦前戦後を通じて愛読された。 その他、雑誌に掲載されたダイジェスト版や映画、漫画、紙芝居、ラジオドラマで、日本中に「鉄仮面」の名を知らしめた。 にて本文を閲覧可能。 また、涙香版を小中学生向けにリライトした作品の一つ、カバヤ児童文庫「謎の鉄仮面」(1953年 著者不明)はのサイトで閲覧可能。 『』(1908 - 1909年)- の代表作の一つ。 『奇岩城の秘密』という危険文書を書いたことを咎められ、鉄仮面が投獄されたとされている。 『』 - の歴史小説。 の漫画版有。 ダルタニャン物語関連 [ ]• 『鉄仮面』- 「」第3部『』、著• 『』-「ダルタニャン物語」第1部『』と併せて、上記の作品をアニメ化したもの。 後半が「鉄仮面編」と呼ばれる。 の双子の弟を裏から操る男が鉄仮面であるが、SP版では双子の弟自身が鉄仮面というストーリーも存在する。 映画『』(1998年)ランダル・ウォレス監督、主演。 ここではルイ14世の双子の弟が「仮面の男」として物語が進む。 イメージを踏襲した作品 [ ]• 『二十世紀鉄仮面』、著• 『』 - 準主役のが地下に2年半囚われた際、視覚・聴覚を遮断するマスクを被せられた。 『』 - 主人公は幼少期に鉄仮面を着用して育てられた。 上記の原作設定を参考にしたもの。 『天正鉄仮面』 - の短編小説。 の時代を舞台に、がに幽閉されているという「鉄仮面の囚人」の正体を暴くべく暗躍する。 『』 - の漫画作品。 凶悪犯罪者を追う事件で、二度と外せない鉄仮面を着せられた刑事・十文字ゲンは復讐のため犯人を追い、また探偵として様々な事件を解決する。 『』 - スペースコロニーの住民および地球人類の粛清を企む男・と、偶然にのパイロットとなった少年・と仲間たちの戦いを描く。 カロッゾは鉄仮面を被って素顔を隠しており、その姿通り「鉄仮面」と呼ばれることもある。 『』 - コントの1コーナー「テツオの数奇な運命」において、ある事情で鉄仮面を被らされた青年「テツオ」が巻き起こすコメディー。 『』 - のライトノベル。 登場人物の一人が、鉄仮面の来歴を持つ呪われた仮面「バスティーユの彼」を使用している。 注・出典 [ ].

次の