履歴 書 添え 状 テンプレート。 履歴書・送付状のテンプレートを無料ダウンロード!

履歴書の送付状・添え状(テンプレート付)|郵送時の書き方とは

履歴 書 添え 状 テンプレート

送付状(添え状)とは?履歴書・職務経歴書を出す際は絶対に必要? 送付状とは、履歴書や職務経歴書を郵送する際に、簡単な挨拶文を記載して同封する書類です。 添え状・カバーレターとも呼ばれます。 必ず添えなければならないものではありませんが、なるべく添付することをオススメします。 メールなどで資料を添付して送る際、本文を記載せずに送ることは少ないと思います。 郵送時も同じで、送付状がないと少しそっけなく、場合によっては失礼に感じられることも。 ビジネスマナーとして、添えたほうが懸命です。 また、単に礼儀として送付するだけではなく、使い方次第で、志望理由や熱意をアピールすることも可能。 郵送された応募書類を見る際、採用担当者は履歴書より先に送付書を目にするため、印象に残るような工夫も出来るので、特別な事情がない限りは応募書類に添えて送るようにしてください。 送付状の書き方・テンプレート パソコン・手書き、どちらでもOK 送付状の書き方・内容には、特に公式なルールはありません。 パソコンで作成しても、手書きでもOK。 ご自身が書きやすい方法で作成しましょう。 用紙サイズは応募書類と同じ・枚数は1枚で 用紙のサイズは、応募書類と同じサイズで作成すれば問題ありません。 サイズに決まりはないので、他の書類とまとめやすいように、という気配りです。 あくまで挨拶状なので、枚数は1枚で十分です。 志望動機・自己PRを記載し、熱意をアピール 採用担当者が応募書類に目を通す際、はじめに目に入るのが送付状です。 単なるあいさつにとどめるのではなく、実はちょっとした工夫で強く印象付けることが可能。 その工夫とは、送付状に志望動機や自己PRを記載し、自身の熱意をアピールすることです。 特に応募資格に対して経験やスキルが不足している場合や、異業種・異職種にチャレンジする場合は、志望動機・自己PRを記載するようにしましょう。 テンプレートと書き方の解説 パソコンで作成する場合も手書きの場合も、記載する項目は変わりません。 ここでは、パソコンの送付状を例にとって、書き方を解説します。 敬具 パソコンで作成する場合も手書きの場合も、記載する項目は変わりません。 ここでは、パソコンの送付状を例にとって、書き方を解説します。 履歴書、職務経歴書、送付状とすべて同じ日にちになっているかを確認しましょう。 担当者の名前がわからない場合は、部署名の後に「採用ご担当者様」と記載すれば問題ありません。 また、時候の挨拶は必須ではありませんが、盛り込まれているとより丁寧な印象を与えることができます。 未経験の職種や業種に応募する場合、不足しているキャリア、スキルとそれらを補う努力や熱意を伝えることで、採用担当者に興味を持ってもらいやすくなるでしょう。 あくまでも送付状なので、長くなりすぎないよう、簡潔に伝えることを心がけて下さい。 「拝啓」で始めたら「敬具」、「謹啓」で始めたら「敬白」で締めます。 一般常識として使いこなせるようにしておきましょう。 ポイント:前文・末文は定型文でOK! 頭語・結語や時候のあいさつは、ビジネス文書を作成する際のマナーです。 凝った表現にする必要はありません。 上記テンプレートの例は季節問わずいつでも使える表現なので、そのまま記載してOKです。 送付状(添え状)についての人事の見解は? 複数の人事に対して「送付状の有無が選考にどう影響するか」を質問したところ、以下のような回答が集まりました。 添え状は必須だとは思っていませんが、ついていると丁寧な人だという印象を抱きますね 送付状が入っている方が、印象としては良くなります。 書類選考で迷っても会ってみようと思うかもしれません ビジネスマナーが身についている点は評価に値する。 しかし、無いからと言って減点にはしない 送付状の有無は特に気にしませんし、選考にもなんら影響しません 基本的に、送付状の有無が合否に大きく影響することはないようです。 しかし、送付状がついていることで好印象を持つ人事が一定数いることも確か。 評価が同程度な応募者がいたときに、送付状の有無によって差がつくことはありそうです。 そのため、履歴書などを送付する際は、念のため送付状をつけて送るのがベターだと言えます。 送付状(添え状)を書くときはココに注意!NG例をご紹介 送付状には自己アピールや志望理由を書くことが推奨されていますが、あくまでも「あいさつ状」。 何でも書けばいいというわけではありません。 せっかく書いたのに、逆に印象を悪くしてしまうのはもったいないですよね。 以下のNG例をもとに、書き上げた送付状をチェックしてみましょう! 長文になりすぎるのはNG! 基本的には、テンプレートでご紹介したくらいの文章量が目安です。 あまり細かい文字で詰め込んだり、2枚に及んだりしてしまうと、逆に「情報整理能力がないのでは」と思われてしまう可能性があります。 あくまで応募書類への布石として、さらっとアピールする程度にとどめておきましょう。 言い訳感、自慢感が出てしまう文面はNG! 転職に不利になる事柄を事前に説明しておく、自己PRのために過去の実績を文面に盛り込む、といったことは問題ありません。 しかし、あまりにも文章から「言い訳をしている感」「自慢をしている感」が出てしまうと、応募書類を見る前の第一印象が悪くなることも。 あくまでも事実を端的に伝えることを心がけましょう。 希望条件を書くのはNG! 時々、送付状に希望の年収や待遇を併記する人がいるようですが、これはやめておいたほうが無難です。 もちろん、年収や待遇が転職活動において重要であることは間違いありませんが、あいさつ状の内容としては不適切です。 どうしても伝えたいことがある場合は、履歴書の「本人希望欄」を活用する、面接で伝えるなどしましょう。 定型文オンリーはNG! また、よくあるのがインターネット上で拾ってきたテンプレート文面をほぼ流用しているもの。 ベースの文面を参考にするのは問題ありませんが、あまりに定型文になっていると、せっかくの意欲も伝わりません。 自己PRの内容を応募職種に合わせる、応募企業のどこに魅力を感じたかを記載するなど、企業に合わせて作成しましょう。 まとめ 以上、送付状の書き方について解説しました。 企業によっては、採用担当者は1日数十通から百通を超えるほどの履歴書・職務経歴書を見ています。 数ある書類のなかから「この人に会いたい」と思ってもらうために、あなたに興味を持ってもらえる内容を記載しましょう。

次の

履歴書添え状の書き方: 添え状の書き方テンプレート

履歴 書 添え 状 テンプレート

「わざわざ印刷するのが面倒…」という方は、でお仕事探しをしてみてはいかがですか?転職ナビなら、必要事項を記入しておけば簡単に応募できますよ! サイズは同封書類に合わせよう 添え状のサイズは他の書類と合わせましょう。 市販の履歴書や、ネットからダウンロードできる履歴書はA4またはB5サイズが主流であり、職務経歴書は基本A4サイズです。 職務経歴書を同封する場合は、添え状もA4サイズで作成しておけば問題ありません。 添え状の内容とポイント 次に、添え状に書くべき内容について4とのポイントをチェックしていきましょう。 個人名までわからない場合は、部署名の後に「御中」とつけるか、「採用ご担当者様」と書くようにしましょう。 郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、氏名を必ず記入します。 次に応募の経緯、自己PR・簡単な経歴などを記入しますが、あくまで添え状なので、 自己PRなどを長々書くのはNGです。 一言あったらアピールになるかも、くらいに考えておきましょう。 そして、最後に、結びの挨拶をし、「敬具」で締めましょう。 jp 〇〇 〇〇 求人応募書類の送付について 拝啓 〇〇の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 この度、〇〇(サイト名)にて貴社〇〇職の求人募集を拝見し、応募させていただきました。 これまでの経験を活かし、貴社の〇〇職として、貢献していきたいと思っております。 つきましては、応募書類を送付させていただきます。 ご多忙のところ恐縮ですが、書類をご確認いただき、面接の機会をいただけますと幸いです。 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。 敬具 記 履歴書・・・1部 職務経歴書・・・1部 以上 送付状のテンプレートは、以下からダウンロード可能です。 手書きの場合 パソコンで作るのが主流といっても、「手書きで添え状を書きたい」という方もいるかもしれません。 基本的な内容は、先ほど紹介したパソコンの見本例とそれほど変わりません。 ただし、縦書きのため書く順番などが微妙に違うので、見本例を確認しながら書きましょう。 手書きの場合、住所を書く必要はありませんよ。 封筒の記入方法 書類を封筒に入れる前に、封筒の宛名書きを行いましょう。 表に宛先を、裏面に自分の住所と名前を必ず記入します。 【記入例】 この時、 封筒と添え状の宛名の表記を統一しているか、 企業名や建物名を省略していないか、封筒に封をしたら 〆を書いたかを確認しておくのも忘れずに。 添え状を一番前にして封筒へ すべての書類と封筒が用意できたら、いよいよ封筒へ入れます。 ここで注意したいのが、書類を入れる順番です。 添え状を一番上にして、 履歴書、職務経歴書、その他の応募書類の順番で重ねましょう。 添え状に記載した順番を意識することも忘れずに! 重ねた書類を封筒に入れる際は、2パターンの方法があります。 1つ目は、3つ折りにして、長3の封筒に入れる方法です。 この方法は 書類を折らなくてはいけないため、提出書類が多い場合は避けましょう。 2つ目は、A4が折らずに入る 角2サイズの封筒に入れる方法です。 この方法なら、書類を折る必要はありませんので、 より丁寧に送ることができます。 また、図のように書類をクリアファイルに挟んでから入れれば、雨よけにもなるので、多少の水滴なら書類が滲む心配もありません。 事務職などを希望される方は、書類の送り方もチェックされていることがありますので、折らずに入れる方法がオススメです。 履歴書用の封筒について、詳しくは以下の記事に詳しくまとめてあります。

次の

送付状(履歴書、職務経歴書)の書式テンプレート(Word・ワード)

履歴 書 添え 状 テンプレート

履歴書に同封すべき「添え状(送付状)」ってなに? 添え状とは、一言で言えば「 相手への気配り」です。 ですから、 あってもなくても、そこまで結果に影響することはありません。 ですが、あったことに越したことがないのが「 添え状」です。 添え状(送付状)は誰もが一度は作ったことがある!? 例えば、日頃お世話になっている人にプレゼントをあげることになったとします。 もちろん、そのままプレゼントをあげたとしても、その人は喜んでくれるでしょう。 しかし、そこに 『 いつもありがとうございます。 日頃の感謝の気持ちです。 これが「 添え状」であり、 誰もが一度は作ったことがあるものだと分かるでしょう。 添え状(送付状)の書き方 ここでは、実際の添え状(送付状)を参考に、それぞれのポイントについて確認していきましょう。 書き始める前のポイント まず、書き始める前のポイントについて確認します。 用紙サイズ 履歴書や職務経歴書などの応募書類とサイズを合わせるのが一般的です。 また、 添え状は1枚で作成するのが望ましいです。 横書きで記載 ビジネスシーンにおいてパソコンで資料を作成する場合、 横書きが一般的です。 履歴書や職務経歴書も横書きが主流なので、統一感が出て見やすいという点とビジネスマナーという点で横書きが良いでしょう。 文末はです・ます調で ビジネス文書なので 「です・ます調」での記入が一般的です。 特に、自己PRや志望動機を書く際は、文章の構成がおかしくならないように、まとめましょう。 西暦・和暦どちらでも構いませんが、履歴書や職務経歴書の記載と合わせましょう。 (株)の記載もNGです。 部署名、担当者名も合わせて記載しましょう。 担当者名が分からない場合や宛先の指定がない場合は、「採用ご担当者様」と記載しましょう。 電話番号は、普段使用しているもの、連絡が取れやすいものにしましょう。 現職中の人は、今現在の会社名や電話番号などは記載しないようにしてください。 右揃えに設定するのが、ビジネス文書においてのルールです。 中央揃えに設定するのが、ビジネス文書においてのルールです。 文字を見やすく大きく設定しても良いです。 頭語と結語はセットとして考えると良いでしょう。 拝啓(はいけい)と書き始めたら、敬具(けいぐ)で締めるのが常識です。 次に、これまでの職務経験や活かせる経験、自己PR、志望動機などをわかりやすく短くまとめたものを2~3文で記載しましょう。 経験がほとんどない第二新卒の場合は、経験よりも会社に入りたい志望動機をメインに自己PRを入れて文章を作成しましょう。 社会人経験や転職回数が多い場合は、どの経験が転職したい会社のアピールになるか考えたうえで、選択し書いていきましょう。 前職を辞めた理由が、マイナス評価に繋がるかもしれない場合は、添え状であえて説明をする必要はありません。 履歴書と職務経歴書の方に力を入れてください。 テンプレートの本文は、第二新卒の営業職をイメージして書いています。 経験は少しあるものの、まだ未熟だということを先輩に付いていくという表現で例え、同時に素直さと謙虚さをアピールしています。 「簡潔にわかりやすく」「長くなりすぎない」「くどくならない」という3つのポイントが大切です。 2文で仕上げたいなら、 「ご査収の上、是非とも面接の機会を頂けましたら幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます」 と記載しましょう。 「よろしくお願い致します」と記載するよりも「よろしくお願い申し上げます」と記載する方が、ビジネス文書としての価値が高まるのでお勧めします。 前にも書きましたが、 拝啓(はいけい)と書き始めたら、敬具(けいぐ)で締めるのが常識です。 以上で締めくくりましょう。 無料テンプレートはこちらからダウンロードできます。 添え状(送付状)を書く時のポイント• 読む人にとっては、 素っ気ない印象を持たれます。 さりげなく、 自己PRと志望動機を入れるのが望ましいです。 ここでのアピールはさりげなく、そして短くまとめられた文章を入れるのが最適です。 履歴書や職務経歴書を読んでみたいと思わせる序章のようなものです。 しかし それを長く書くことは、読み手に取って自慢話に聞こえる場合があります。 読み手にとっての印象を第一に考え、実績は転職したい企業へのアピールポイントになるものを優先的に選び書いていきましょう。 これは、本当にやってはいけません。 添え状の役割がわかっていない(ビジネスマナーが身についていない)、自己主張が強い人だという印象を残しかねません。 まず、はじめにこれを読んでしまうと、後の履歴書や職務経歴書の合否にも影響を及ぼす可能性があります。 送付状を入れ忘れた・・・!どうすれば良いの? 履歴書に同封する送付状は、 合否に大きく影響を及ぼすものではありません。 入れ忘れたからといって、慌てる必要はありません。 また、送付状のみを送る必要もありませんし、 電話やメールで謝罪する必要もありません。 手書きが良いの?パソコンで作成した方が良いの? 履歴書と職務経歴書をパソコンで作成した場合は、添え状も同じようにパソコンで作成するのがベストです。 履歴書や職務経歴書を作成する際は、「手書き」をお勧めする転職サイトや転職エージェントのスタッフも多いはずです。 しかし、履歴書に同封する送付状に関してはどちらでも構いません。 ビジネスシーンにおいては、資料を送る際の添え状はほとんどパソコンで作成されているのが主流です。 見やすいという点と間違えても修正可能という点では、パソコンでの作成をお勧めします。 面接を受ける際にも送付状は必要なの? 面接時や受付で渡す場合は、 送付状は必要ありません。 郵送時のみ送付状が必要です。 面接を受ける際には、 封筒に履歴書と職務経歴書を入れて持っていくだけで大丈夫です。 渡す際には、「よろしくお願いします」と一言添えるとぐっと印象が良くなります。 送付時の封筒のサイズや資料の順番は? 次のものを用意しましょう。 用意するもの• 厚みのある白い封筒(角形A4号もしくは角形2号)• 黒いペンと赤いペン• 普通切手 金額分1枚)• クリアファイル• 添え状• 注意すること 【字体に関すること】• 大きくはっきりと書きましょう• 会社名は正式名称で書きましょう• 基本は、縦書きで書きましょう• 会社名が英語表記の場合、横書きで統一しましょう 【履歴書(応募書類)に関すること】• 名前などの面を外側にして折りましょう• 折り目やシワを作らないようにしましょう• 三つ折りにはしないようにしましょう 【封筒に関すること】• 封筒表面に、応募書類在中と赤い字で書き、赤い枠で囲みましょう• 封筒後ろ面に、自分の名前と郵便番号、住所を記入しましょう• のり付けをしてから、封字を書きましょう• 切手は、左上に貼りましょう 添え状(送付状)が心配な人は転職エージェントに相談しよう 添え状(送付状)がきちんと書けているか、心配な人は添え状の書き方をきちんと教えてくれる転職エージェントに相談しましょう。 お金は一切かからず、最後まで無料なので、ぜひ利用してみてください。 サポート力が高評価の パソナキャリアには、 オリコン顧客満足度ランキングで1位を獲得するほどのサポート体制が整っています。 添え状の書き方が分からない、きちんと書けているか心配という方は、まず登録して、相談してみましょう。 添え状以外にも、履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、転職先企業に応じた面接対策、年収アップにつながる条件交渉など、さまざまな部分でサポートしてくれます。 実際に利用した人も、.

次の