第一三共 学歴。 第一三共株式会社の年収給料【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職別(MR・研究職等)年収推移|平均年収.jp

【21卒向け】第一三共の採用大学・文理・男女別採用人数|合格者ES付き

第一三共 学歴

年 従業員数 平均年齢 勤続年数 年収 2018年 5357人 42. 5歳 18. 5年 1103万9251円 2017年 5310人 43. 4歳 18. 8年 1133万5172円 2016年 5206人 43. 0歳 18. 5年 1092万3036円 2015年 5306人 42. 5歳 18. 1年 1111万8600円 2014年 5744人 42. 3歳 17. 7年 1036万2700円 2013年 5771人 41. 8歳 17. 3年 998万1713円 2012年 5908人 41. 1歳 17. 0年 1006万7599円 2011年 6043人 40. 4歳 16. 0年 974万7632円 2010年 6028人 39. 7歳 15. 4年 976万1816円 2009年 5960人 39. 0歳 14. 8年 991万438円 第一三共の年収偏差値 3000社以上の上場企業における第一三共の年収偏差値を算出いたしました。 このデータによって、第一三共の年収が上場企業内、業界内、都道府県内においてどれほどの位置にあるのか相対的な状況を知ることができます。 都道府県別での 年収偏差値 75. 2 1895社中 第一三共の年収偏差値は79. 5でした。 日本の中で抜群に良い収入状況です。 偏差値70以上は全体の2. 3%程度。 上位2%に入る超優良企業といえます。 全国を対象とする上場企業全体の年収偏差値よりも、業種内や都道府県別の年収偏差値に注目した方が良いケースもあります。 全企業を含めてしまうとコンサル系や銀行業など高収入体質の業界も含めて対比することになり、その企業の実態を把握しにくくなるためです。 サービス業や小売り系は総じて低収入だったり、東京や大阪には年収2000万円に近い企業があったりと企業を取り巻く状況は様々であることを加味して判断すると適切な企業状況を知ることができます。 第一三共の全上場企業中の年収ランキング 3000社以上ある上場企業の中での第一三共のデータを上場企業別・業種別・都道府県別にランク付けしました。 第一三共の平均年収 1103万9251円、生涯年収 3億9507万1125円のランキングは以下の結果となりました。 年齢 月額給与 給与 年間 ボーナス 年間 年収 30歳 58万8126円 705万7517円 163万70円 868万7587円 31歳 60万2380円 722万8564円 169万9011円 892万7576円 32歳 61万6634円 739万9612円 176万7952円 916万7564円 33歳 62万9824円 755万7891円 183万3761円 939万1653円 34歳 64万1950円 770万3402円 189万6439円 959万9841円 35歳 65万4076円 784万8912円 195万9116円 980万8029円 36歳 66万6201円 799万4423円 202万1793円 1001万6217円 37歳 67万8327円 813万9934円 208万4471円 1022万4405円 38歳 68万8425円 826万1109円 213万8483円 1039万9592円 39歳 69万6495円 835万7945円 218万3831円 1054万1777円 40歳 70万4565円 845万4782円 222万9180円 1068万3963円 41歳 71万2635円 855万1621円 227万4528円 1082万6147円 42歳 72万704円 864万8457円 231万9876円 1096万8333円 43歳 72万9227円 875万726円 237万4071円 1112万4798円 44歳 73万8428円 886万1144円 244万1534円 1130万2679円 45歳 74万7630円 897万1562円 250万8998円 1148万560円 46歳 75万6831円 908万1980円 257万6461円 1165万8442円 47歳 76万6033円 919万2398円 264万3924円 1183万6323円 48歳 77万5086円 930万1034円 270万6903円 1200万7937円 49歳 78万4040円 940万8480円 276万6890円 1217万5371円 50歳 79万2993円 951万5927円 282万6877円 1234万2805円 51歳 80万1947円 962万3374円 288万6864円 1251万238円 52歳 81万901円 973万821円 294万6851円 1267万7672円 53歳 81万4146円 976万9752円 296万8172円 1273万7924円 54歳 81万3583円 976万3006円 296万3715円 1272万6722円 55歳 81万3021円 975万6261円 295万9258円 1271万5520円 56歳 81万2459円 974万9515円 295万4801円 1270万4317円 57歳 81万1897円 974万2770円 295万344円 1269万3115円 58歳 77万8535円 934万2420円 275万6201円 1209万8620円 59歳 72万3305円 867万9665円 243万5600円 1111万5266円 生涯賃金・生涯年収:3億9507万1125円 30歳から55歳の年収推移を今一度確認してみましょう。 30歳の年収は868万7587円 35歳の年収は980万8029円 40歳の年収は1068万3963円 45歳の年収は1148万560円 50歳の年収は1234万2805円 55歳の年収は1271万5520円 30歳から順調に伸びて50代前半で最高年収に達した後は定年に向けてゆるやかに減少していきます。

次の

第一三共の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

第一三共 学歴

株主名 持株数 千株 持株比率 % 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 55320000 7. 80 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 45258000 6. 38 日本生命保険相互会社(常任代理人 日本マスタートラスト信託銀行株式会社) 35776000 5. 05 みずほ信託銀行株式会社退職給付信託 みずほ銀行口 再信託受託者 資産管理サービス信託銀行株式会社 14402000 2. 03 株式会社三井住友銀行 11413000 1. 61 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 11322000 1. 60 第一三共グループ従業員持株会 10890000 1. 54 STATE STREET BANK WEST CLIENT - TREATY 505234(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部) 10745000 1. 52 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口7) 8673000 1. 22 株式会社みずほ銀行(常任代理人 資産管理サービス信託銀行株式会社) 8591000 1. 21 役員の状況 氏名 役名 職名 所有株式 中山讓治 1950年5月11日生 代表取締役 会長 CEO 36 千株 眞鍋淳 1954年8月5日生 代表取締役 社長 COO 社長執行役員 7 千株 廣川和憲 1951年6月7日生 代表取締役 副社長 CFO 副社長執行役員 24 千株 齋寿明 1955年3月25日生 取締役 専務執行役員 6 千株 藤本克已 1955年2月11日生 取締役 専務執行役員 7 千株 東條俊明 1955年11月11日生 取締役 専務執行役員 4 千株 宇治則孝 1949年3月27日生 取締役 2 千株 戸田博史 1951年9月12日生 取締役 1 千株 足立直樹 1939年2月23日生 取締役 1 千株 福井次矢 1951年6月24日生 取締役 4 千株 春山英幸 1955年1月26日生 常勤監査役 14 千株 渡辺一幸 1955年12月30日生 常勤監査役 7 千株 木村明子 1947年4月17日生 監査役 - 片桐裕 1951年4月23日生 監査役 0 千株 泉本小夜子 1953年7月8日生 監査役 -.

次の

【文系・理系別】企業の就職偏差値ランキング!|就活市場

第一三共 学歴

大手4社は難易度がかなり高い 製薬メーカーの中でも、トップクラスにランクインしている大手4社においては、入社するのが非常に難しい。 難易度はかなり高く、優秀な学生だけが面接へ進めて、その中でも運河良かった人だけが内定を獲得できるといっても過言ではないだろう。 武田薬品工業、アステラス製薬、大塚ホールディングス、第一三共の4社がトップに君臨している。 偏差値は70~75クラスとなる。 中でも武田薬品工業は製薬業界の中でも就活をしている学生の間で人気の高い会社。 売上高が高いことに加えて、知名度も大きい。 その次にアステラス製薬・大塚HD・第一三共が横並びとなっている。 いずれもテレビCMを放映していて、広く宣伝を行っている。 偏差値は70台ということで、内定はまったく簡単でないのは事実。 誰もがまず選考を受ける企業でもある。 上位クラスには老舗の製薬メーカー 次にレベルが高いのは、偏差値が60~65位に入る会社である。 偏差値65には、エーザイ、中外製薬、田辺三菱製薬、大日本住友製薬が入ってくる。 いずれも誰もが知っているというほど有名な会社ではない。 しかし、製薬業界を目指している学生であれば、少なくとも知っている会社であろう。 業界最大手クラスでないのは確かであるが、その一方で安定した経営基盤を持っている。 売り上げも比較的安定しているため、人気が高い。 偏差値60には、協和発酵キリン、塩野義製薬、大正製薬、小野薬品工業がランクイン。 こちらも、多くの人が名前は聞いたことがあるというケースがほとんど。 企業の売上自体は先に登場した会社と比べて少ない。 しかし、ネームバリューが大きい。 それに伴って、新卒採用の市場では無視できない存在となっている。 広告 ジェネリック医薬品メーカーの難易度は? 偏差値55位からはジェネリック医薬品を得意とする製薬メーカーが登場する。 日医工と沢井製薬は、ジェネリック医薬品業界の中ではトップクラスに部類される。 後発医薬品とも言われている医薬品だが、国内外で大きな基盤を持っている。 売り上げも、特に海外で好調な実績があるため年々上がりつつある。 日本国内だけに視点を置くと、就職を控えている学生からはどうしても最大手クラスの会社を狙いたいという例が多い。 そうした学生側の考え方に伴って、偏差値55以下となると難易度が若干下がってくる。 その分内定をもらえる期待値はアップする。 これを否定的にとらえてしまう人もいるかもしれない。 しかし、ジェネリック医薬品や中堅の製薬メーカーも決して不利な立場に立たされているわけではない。

次の