サビ猫性格。 サビ猫の性格とは。やさしくてミステリアスな猫

【人気拡大中】サビ猫の性格や特徴、魅力を解説

サビ猫性格

赤と黒の毛のモザイクが美しいサビ猫。 雑巾猫とも言われ汚い柄と思う人が多い反面、その独特な魅力に魅かれるコアなファンも多い猫です。 好き嫌いの分かれるため飼い主のつきにくいサビ猫ですが、実はとても魅力的な性格をしています。 ミステリアス 他の柄の猫より一匹一匹の模様の違いも大きく、顔つきも個性に溢れているサビ猫。 チラチラとしたランダムな模様で表情がわかり辛く、ミステリアスな印象を抱かせます。 三毛猫は染色体の関係でほぼメスである事は周知の事実ですが、じつはサビ猫も三毛猫と同様の理由でほとんどメスしか生まれません。 メスらしい振る舞いと模様でわかりにくい表情は、サビ猫の神秘的な雰囲気をより強くしています。 また、隠れ美猫が多い事もサビ猫の特徴です。 サビ猫に限っては子供の時が一番可愛いという通説はあまり当てはまりません。 サビ猫は、子猫の時は毛色が薄く毛並みも揃っておらず、汚いイメージを持たれやすい毛並みをしています。 しかし年を取るごとに毛色が濃くなり模様もハッキリしてきて、手入れをするとまるでビロードのような毛並みの美しい猫になります。 醜いアヒルの子とまでは言わないまでも、大人になるとどんどん美しくなるサビ猫。 子猫のうちはどんな猫に育つかいまいち予測しにくいところは、まさにミステリアスです。 やさしい 初めて猫を飼う人はあまりサビ猫を選びませんが、実はサビ猫は猫初心者が飼うにはちょうど良い、飼いやすい性格の猫です。 サビ猫の飼い主には、動物病院で良い子だと褒められた経験がある人が多くいます。 サビ猫は比較的優しい性格をしているので、診察中もあまり暴れない猫が多くなります。 ほとんどがメス猫なので必然的に母性が強い猫が多く、母親らしい面倒見の良い気性を備えているからかもしれません。 他の猫にも優しく接する事が出来るサビ猫は、多頭飼いを始める時の2匹目にも適しています。 この穏やかな性格は、メス猫の気質だけでなく毛色による子猫時代の環境も関係しているでしょう。 サビ猫の多くは、その見た目から貰い手を探してもなかなか見つからない事が多いため、他の猫より親元にいる期間が長い傾向があります。 子猫は母猫からルールを教わるので、母猫と一緒の期間が長かった猫ほど社会性がしっかり身に付いているのです。 母猫からしっかり教育を受けた猫は、いたずらや飼い主を傷つけるほど興奮してしまう事が少なく、他の猫への気遣いができる優しい猫に育ちます。 頭が良い 昔は雑巾猫とも言われ、人気が低く貰い手がつかずそのまま捨て猫になりやすかったサビ猫。 野良猫出身も多いためか、サビ猫は優れた洞察力を持っており、ふと気付くとじっと飼い主を観察しています。 サビ猫はその鋭い洞察力で人が何を考えているかちゃんと理解できるので、空気を読む事がとても上手です。 人の気持ちを感じ取って精確に判断できるため、いたずらをしても「それはやってはいけません」と態度で示せばしっかりと理解してくれます。 物覚えも早いので、苦労せずにしつけができる所もサビ猫の長所の一つです。 ただし、やってはいけないと理解しても、やりたい事はやるのが猫です。 サビ猫にも、怒られるいたずらは人に隠れてすれば良いという猫らしい考え方を持つ場合も多々あります。 賢さゆえに人にわからないように上手にいたずらできてしまうので、飼い主はその賢さに困ってしまう事もあります。 ツンデレ 賢いサビ猫は、飼い始めたばかりの頃の警戒心は高く、懐くまで時間を必要とします。 飼い主に慣れるまでは、迷彩のような体の模様を生かして姿を完全に隠してしまいますが、心を開くとツンデレな性格が露わになります。 信頼関係を築くと深い絆を持てるのも、頭の良いサビ猫の良い所です。 サビ猫のデレ方は控えめで、子犬のような懐っこさはありませんが、信頼している事がよく伝わる甘え方をしてくれます。 抱っこするとしっとりとくっついて体を預けてくれたり、頭を撫でると目を細めて、あなたを信頼していますと全身で表してくれます。 初めはサビ柄を嫌厭していた飼い主でも、このツンデレにはすっかりメロメロにされてしまいます。 ただし、一度デレると嫉妬深い所も見え始めます。 臭いですぐにバレてしまうので、他の猫と浮気する時は十分気をつけましょう。 浮気がバレると手痛いしっぺ返しを食らう事になります。 サビ猫は見た目からは想像できない人たらし 雑巾やサビと汚いものに例えられるサビ猫ですが、英語ではトーティーシェル 鼈甲猫 と呼ばれ、海外ではその美しい毛並みに高い人気があります。 一見受け入れにくい柄だからこそ、見れば見るほどその独特の美しさに夢中になります。 個体差はありますが、サビ猫の性格はその見た目からは想像できないほど穏和で気遣い屋です。 この意外な性格に猫好きの多くが骨抜きにされてきました。 これから猫を飼うなら、是非サビ猫も視野に入れてみてください。

次の

サビ猫の性格とは。やさしくてミステリアスな猫

サビ猫性格

黒と茶(赤)が混合した複雑な模様をしたサビ猫は、唯一無二の毛色をしている特徴的な猫です。 この独特な毛色と名前から、ネガティブなイメージを持たれやすいのですが、性格が賢い上に協調性も高いので、初心者でも非常に飼いやすい猫と言われています。 また、サビ猫にはオスが少ないとも言われていますが、どんな理由があるのでしょうか。 今回は、魅力的な性格や特徴を持つ「サビ猫」についてご紹介します。 サビ猫とは? 一般的に 黒と茶(赤)の毛が混合した模様の猫のことを「サビ猫」と呼びます。 猫が数多く描かれている浮世絵などにサビ猫が登場してこないことからも、当時から人気があまりなかった猫だということが伺えます。 しかしその反面、血統書付きの長毛種(や他)や短毛種(や他)の中にも、ごく稀にサビ猫が生まれてくることがあります。 tortoiseshellは、「鼈甲(べっこう)」のことを言います。 その珍しいサビ猫の柄を、鼈甲のように美しい毛色だと称賛する人たちがちゃんと存在するようなので、単純に嫌われているだけの猫ではないということが分かります。 基本的に黒に茶トラ柄が混じった模様の猫のことを「鼈甲猫」、茶トラ柄に黒が混ざった模様の猫を「サビ猫」、グレーや薄茶が混じった模様の猫のことを「灰錆び猫」と分類することもあるようですが、基本的には全てまとめて「サビ猫」と認識されているようです。 サビ猫はオスが少ない?その理由は? サビ猫の最大の特徴と言えば、 オスが少ないことが挙げられるかと思います。 三毛猫の一種でもあるサビ猫は、遺伝子的にオスが生まれてこないのです。 メスは2本ともX染色体の「XX」、オスはX染色体が1本の「XY」となります。 白の毛色は常染色体にのっているため、染色体に関係なくオスでもメスでも持つことが出来るのですが、 黒や茶(赤)の毛色になる有職の遺伝子は、X染色体の上にしかのっていないのです。 そのため、 オスは必然的に黒か茶(赤)の毛色のどちらかしか持つことが出来ないので、白の毛色が加わったとしても最大2色の毛色しか持つことが出来ないということになります。 以上のことから三毛猫に分類されるサビ猫は、必然的にメスということになるのです。 染色体異常とも呼ばれ、 生まれる確率は3万分の1とも言われているので、サビ猫のオスはとても貴重な存在と言えるでしょう。 日本の風景によく馴染む三毛猫は、ドラマやアニメの世界でも人気の存在ですね。 今回は、三毛猫の種類や三毛猫のオスが珍しいと言われている理由、三毛猫はなぜ縁起が良いと言われているのかなど、とっても不思議な魅力を持つ三毛猫についてご紹介します! サビ猫の魅力とは? このような特徴を持つサビ猫には、他にも沢山の魅力を持ち合わせています。 その理由として、やはりサビ猫にはメスが多いということが挙げられます。 オスは凛々しい顔立ちの個体が多いですが、メスはどこかおっとりとした愛嬌のある顔立ちの個体が多いと言えるでしょう。 子猫の頃にははっきりしない模様であっても、成長とともに変化していく個性的な模様に魅了されてしまうのでしょう。 特徴的な三毛猫の白・黒・茶(赤)の毛色は、幸福のシンボルや魔を払ってくれるなどの意味があるそうです。 そしてオスの存在自体が非常に貴重であることからも、サビ猫は幸運を運んでくると世間から認識されているのかもしれません。 サビ猫の性格は? メスの多いサビ猫ですが、やはり性格もメス特有の性格の個体が多いようです。 個体差は多少ありますが、どんな性格の子が多いのでしょうか。 オスと違ってメスの猫は普段から大人しく、あまり無茶な行動はしない傾向があります。 また、敬遠されがちな独特な柄であることから、人気が低く貰い手がなかなか見つからないということも関係しているとも言われています。 そうすると子猫は親元で育つ時間が自然と長くなるので、社会性をしっかりと身につけることが出来るのです。 人間に飼われた際も、野良猫時代に培ってきた洞察力で、飼い主を観察して行動に移すことが出来るほどの賢さを身に着けているのでしょう。 我先にと行動するというよりも、周りの様子を伺うことも出来るので、多頭飼いに向いている猫とも言えるでしょう。 協調性が高いというのも、賢い部分を持ち合わせているからこその特徴と言えるのではないでしょうか。 子猫が生まれた際にも、甲斐甲斐しくお世話をしてしっかりとしつけをするので、安心して子猫の世話を任せることも出来ます。 ただし、その優しさ故にストレスを溜めやすい部分もあるので注意が必要です。 飼い主に対して信頼関係や深い絆が生まれた際には、べったりと懐いてくるのもサビ猫の魅力と言えます。 このようなギャップも飼い主にとっては愛して止まない性格と言えるので、可愛さが倍増することでしょう。 サビ猫の飼い方は? 実際サビ猫を家族として迎えいれる際に、どんなことに気をつければいいのでしょうか。 そのため、サビ猫はどんな柄でも分け隔てなく愛情を注いで飼育出来る人にこそ、飼育していただきたい猫です。 もちろん他の家族にも見た目に差別意識を持たないかを確認してから、家族に迎え入れてあげましょう。 人に慣れて貰うためには、しっかりとサビ猫の気持ちを尊重して距離を縮めていきましょう。 多頭飼いの場合には、どこか遠慮してしまう部分もあるので、飼い主が気を配ってあげる必要性があります。 おもちゃが好きなら定期的に遊んであげるようにし、甘えん坊なら思う存分甘えられる時間を作ってあげるようにしましょう。 そのため、猫の飼育初心者の方にも非常に飼いやすい猫と言えますが、賢いからといって放っておくのではなく、賢いからこそしっかりとしつけをすることが大切です。 いけないことをしたときには、飼い主に一度注意されることによって即座に理解を示してくれるので、繰り返し注意する必要がほとんどないのです。 しつけとして良いことと悪いことの区別をしっかりとつけることによって、更に一緒に暮らしやすい性格に育ってくれますよ。 まとめ 雑巾猫と呼ばれてしまうこともある反面、美しい鼈甲色の毛並が称賛されることもあるサビ猫。 そしてオスが少なく、メスが多いことも特徴として挙げられ、その賢い性格からも飼いやすい猫として非常に人気を高めています。 賢さ故に警戒心が強い性格の反面、メスならではの母性や優しさを持ち合わせているので、飼ってみて初めてその魅力に気付く人も多いようです。 唯一無二の独特の模様が特別感を与えてくれ、愛くるしい性格に夢中になってしまうことでしょう。 一匹でも幸せなサビ猫が世の中に増えるためにも、猫の本質を見抜いて愛情深くお世話をしてくれる飼い主さんに、巡り合って欲しいと願う今日この頃です。 — おすすめ記事 —.

次の

三毛猫はツンデレ?サビ猫は賢い?三毛猫・サビ猫の性格や特徴

サビ猫性格

【目次】【人気拡大中】サビ猫の性格や特徴、魅力を解説 サビ猫とは? 錆 さび。 いきなりですが、「さび」という言葉を聞いて、どんなイメージを抱きますか? 茶色、鉄、古い、酸化、ボロボロ... など、色みすぼらしいようなネガティブな印象があるのではないでしょうか? そんな「さび」というネガティブワードが呼び名に付いてしまっている がいます。 その名もサビ猫。 黒い地色に茶トラ柄が乗った、黒と茶色のまだら模様。 名前の通りさびのような色の猫で、この色から汚い、怖いなどの印象を持たれがちな猫です。 しかも、「さび」だけならまだしも、「雑巾猫」というひどい呼び名まである始末。 名前からすると、万人受けとはほど遠い猫なのです。 サビ猫の原産国 サビ猫は古くから日本に存在する猫です。 しかし、猫好きには馴染み深い、歌川国芳による猫を描いた浮世絵にも、サビ猫は登場していません。 さらに、その後、現代でも使われている「サビ猫」「雑巾猫」という呼び名が付いてしまうほどなので、昔からあまり人気が無い毛色の猫だったのかと推測してしまいます。 さびはあくまで模様!サビ猫の品種は? サビ猫は基本的に です。 サビ猫は毛色についての呼び名であって、 では無いのです。 稀に やトンキニーズ、 などからサビ模様の猫が生まれることがあります。 実はサビ猫には2パターンいる! 実はサビ猫にはサビ猫とべっ甲の2パターンがいます。 サビ猫:黒に茶トラ柄が混ざったまだら模様• べっ甲:茶トラ柄に黒が混ざったまだら模様 基本的にはまとめてサビ猫と認識されています。 愛情を感じる!サビ猫を英語で言うと 海外ではサビ猫を「トーティシェル」と呼びます。 「べっ甲」という意味で、毛が光で照らされた時の美しい赤い輝きからこの呼び名になったようです。 「雑巾猫」と違ってネーミングに愛情を感じますね。 人気上昇中!見直されるサビ猫の3つの魅力 これまではサビ猫といったら人気がなく、怖い、汚いなど、ひどいことを言われてしまう猫でした。 しかし、ここ近年、サビ猫に魅了される人が増えているのです。 ここからは、サビ猫の魅力についてご紹介します。 甘辛MIX!サビ猫のかわいい顔とハードな毛色 サビ猫の魅力はまず、その毛色と顔。 個性的、かわいい、かっこいい、哀愁を感じるなど、見た目で嫌われがちなサビ猫の外見に魅せられる人が増えています。 個性で勝負!オンリーワンなサビ猫の毛色 サビ猫の魅力といったら、やはり黒と茶トラの個性的なまだら模様の毛色。 そのまだら模様は複雑に様々な混ざり方をしており、どのサビ猫もまさにオンリーワンなのです。 しかも、子猫の頃はあまり模様がはっきりとしておらず、成長とともに個性的な毛色があらわになってくるところもオシャレな計らい。 よく見ると、あれっ!?サビ猫の顔は実は〇〇 パッと見で毛色だけを一見すると、汚いような怖いような印象を持たれがちなサビ猫。 しかし、よく顔を見てみると… かわいい。 実は、サビ猫は渋い毛色とは裏腹に可愛らしい顔の猫がとても多いのです。 しかし、なぜ可愛い顔のサビ猫が多いのでしょうか。 実はほとんどメス!サビ猫のオスは珍しい よく のオスは珍しいと言いますが、実はサビ猫のオスも滅多に産まれません。 猫も人間同様、凛々しい顔のオスに対して、メスは愛嬌のあるかわいい顔をしている場合が多いですよね。 しかし、なぜオスのサビ猫は滅多に産まれないのでしょうか。 それは、オスの が滅多に産まれない理由と同じなのです。 茶と黒の毛色を持てるのは基本的にメスだけ• 猫の染色体は全38本、そのうち2本は性別を決める染色体• 性別を決める2本の染色体、メスの染色体はXX、オスの染色体はXY• 茶と黒の毛色の遺伝子はX染色体のみに乗り、白の毛色の遺伝子はどちらにも乗っている• メスの染色体はXXなので、茶と黒の毛色を同時に持つことができる• メスの毛色は最大で白黒茶の3色、オスの毛色は白黒か白茶の2色まで つまり、サビ猫のように黒と茶の毛色を同時に持てるのは基本的にメスのみということになります。 しかし、稀にXXYの染色体を持った染色体異常のオスのサビ猫が産まれることもあります。 モテの秘訣はギャップにあり!サビ猫の性格の特徴 サビ猫は怖そうと言われてしまうとがった見た目とは裏腹に、初心者でも飼いやすい性格の猫として有名です。 もちろん個体差があるので性格はそれぞれ違いますが、サビ猫の性格としてよく挙げられる特徴をまとめました。 才色兼備!かわいいだけではなく頭が良い サビ猫は頭が良い猫として有名です。 飼い主の様子を良くうかがい、言うことを聞いてくれます。 頭が良い猫だからこそ、いけないことをしたらしっかりと短く叱り、褒めるときはしっかりと褒めるとちゃんとした が身に付きます。 しかし、頭が良い猫であって決して従順という訳ではないので、飼い主がいないところで悪さをする可能性はあります。 ツンデレ!サバサバからべったりのギャップ サビ猫は警戒心が強く、仲良くなるまで時間がかかります。 しかし、強い絆が生まれたら飼い主にべったりと懐いて甘えてくるツンデレなギャップもサビ猫の性格の魅力です。 ただ、飼い主にべったりとしているからこそ、寂しがり屋で嫉妬深いやきもち焼きな一面もあります。 気配り上手!サビ猫は空気を読める猫 サビ猫といったら奥ゆかしく、空気を読める猫としても有名です。 我先にといったタイプではなく、周りの様子もうかがう協調性を持っており、他の猫となじみやすいという特徴もあります。 多頭飼いにも向いている猫と言えるでしょう。 しかし、協調性があるからこそストレスをためやすい一面もあるので、飼い主がしっかりと猫を気遣ってあげてください。 多頭飼いに向いている!愛情豊かなサビ猫の母性 サビ猫のほとんどがメスなため、母性が強く愛情豊かです。 自分よりも小さな猫に対しての面倒見が良く、穏やかなので新しく子猫を迎え入れるときも安心です。 スタイル良し!サビ猫はスリムで足が長い サビ猫は基本的に雑種なので個体差はありますが、足が長く、しなやかでスリムな美しい体型の猫が多いです。 さらに、身体能力が高く、遊び好きな一面もあります。 サビ猫を飼ったらぜひたくさん遊んであげましょう。 サビ猫を飼いたいときはどうすればいいの? サビ猫を迎え入れるには譲り受ける、もしくは保護する方法が一般的です。 家猫として生まれても捨てられてしまうことが比較的多い品種で、里親募集などでも貰い手が見つかりにくいのです。 買い手がつきづらいのでペットショップで売っていることもほぼありません。 サビ猫を飼いたいと思ったとき、どこででどうやって譲り受ければ良いのでしょうか。 里親募集サイト ためしに「サビ猫 里親」と検索してみてください。 里親募集サイトにてたくさんのサビ猫たちが を待っています。 地域のポータルサイト 最近よくある、誰かに物を譲りたいときなどに貰い手を募るサイトにてサビ猫の里親を募集していることがあります。 家の都合で飼えなくなってしまった、野良猫を保護したので引き取ってもらいたいなど、事情は様々。 もし興味がおありでしたら覗いてみると良いかもしれません。 動物愛護団体 収入や飼い主の健康状態、何人暮らしかなど、厳しい譲渡条件のもと審査を受けることがあります。 Webサイトで里親募集中の猫たちを公開している団体もあるので、お近くの団体のホームページを見てみると良いでしょう。 猫にワクチン摂取や避妊をすでにやってくれている団体もあるので、聞いてみましょう。 窓口、電話、Webサイトで猫を保護するための面談の予約をし、実際に面談をして適切と判断されたら無事に猫を引き取ることができます。 保健所でたくさんの猫と会えるわけではないので、家でどんな猫が良いか考えてから引き取りましょう。 野良猫を保護 野良猫が子猫の場合、親猫がいる可能性があるので何日か観察してから引き取るのが良いでしょう。 また、実は飼い猫だったということもあり得るので、本当に野良猫かどうかの確認もしておくのが無難です。 無事に野良猫を保護することができたら、まずは動物病院に連れていき、病気やケガ、体に異常がないかを診てもらってください。 動物病院やペットショップの掲示板 動物病院やペットショップに設置してある掲示板に猫の里親募集のチラシが貼られていることがあります。 もしかしたら運よくサビ猫が里親を募集しているかもしれませんので、チェックしてみると良いかもしれません。 サビ猫は身体が強い!しかし、注意しないといけない病気もある サビ猫は遊び好きで身体能力も高く、雑種のため、身体が強いです。 ちょっと風邪気味かな?と思ったらすぐに治っていたり。 しかし、いくら身体が丈夫だからといっても気を付けなくてはいけない病気もあります。 太ってしまっては台無し!サビ猫の肥満に気を付けよう いくら身体が丈夫でも、食べ過ぎで太ってしまっては意味がありません。 肥満になると筋肉や関節、心臓などに大きな負担がかかってしまったり、糖尿病になってしまう恐れがあるため、しっかりと食事管理をしてあげましょう。 いくら飼い猫がかわいいからといって、 を欲しがるだけあげてしまっては、かえってかわいそうな結果になりかねません。 シニアになったら注意!腎臓関連の病気 猫は腎臓に病気を患いやすい動物です。 特に7歳以上のシニア猫の3割ほどは腎臓に病気を抱えていると言われています。 塩分を控え、水分をしっかりと摂るようにし、食べ過ぎないよう気を付けましょう。 サビ猫はほとんどがメスだからこそ、メスならではの病気に注意 近年、人間界では女性ならではの病気がよく注目されていますが、猫にもメスならではの病気があります。 子宮蓄膿症 子宮に膿が溜まってしまう病気です。 避妊手術をしておらず、子供を産んでいない猫がかかりやすい病気で、高齢のメス猫が発症しやすい病気です。 子供を産ませる予定が無い場合は、避妊手術をすることが予防になります。 乳腺腫瘍 猫の乳腺にしこりができてしまう病気です。 なんと、そのしこりの8割ほどが悪性です。 もしも触った時に違和感を感じたら、すぐさま病院へ連れていきましょう。 さいごに 初心者でも飼いやすさ抜群な猫として有名なサビ猫。 万人受けしない毛色によって関心を持たれないことが多いサビ猫ですが、その魅力に気付いてしまった人たちは徐々に増えています。 今後もWebを通じて、サビ猫に魅せられた人たちがサビ猫の魅力を広めてくれることでしょう。

次の