自動車保険 運転者年齢条件。 ソニー損保|年齢条件|自動車保険の運転者年齢条件を解説!

年齢で自動車保険料は変わる!?「年齢条件」とは?

自動車保険 運転者年齢条件

運転者年齢条件とは? 運転者年齢条件は、運転する人の年齢を制限することで保険料を安くする仕組みです。 若い人ほど事故を起こすリスクが高いため、保険料が高く設定されています。 『運転する人の年齢を制限することで保険料を安くしましょう』という制度が、「運転者年齢条件」の特約です。 年齢制限は次の5パターンが一般的です。 35歳以上補償• 30歳以上補償• 26歳以上補償• 21歳以上補償• 年齢を問わず補償 「35歳以上補償」は保険料が最も安くなります。 一方で「年齢を問わず補償」の保険料が最も高くなります。 誕生日を迎える時は節約のチャンス 運転者年齢条件の特約をつかう最大のメリットは「保険料を節約できる」ということですね。 運転者年齢条件に適合する誕生日を迎える年は、保険料を安くできるチャンスです。 「では誕生日を迎えた次の契約から年齢条件を変更しよう!」と考える人が多くいますが、 実は契約中でも変更ができることをご存知でしょうか? 例えば子どもが1月に26歳の誕生日を迎える場合、保険の満期がまだ数か月先であっても、 誕生日の当日から変更の申請ができます。 年齢制限による保険料の節約効果はとても大きいです。 契約内容にもよりますが、変更することで年間1万円前後安くなるケースもあるので嬉しいですね。 家族が車を運転しなくなった時も有効 子どもが進学や転勤で実家を出ていくことになり、当面は両親しか運転しないケースにおいても年齢条件の変更をすることができます。 ただし子どもが年齢制限外となった場合、お盆や正月などの一時帰省中は運転はできなくなるので注意が必要です。 契約期間中に何度か運転する機会があるときは制限すべきかよく検討しましょう。

次の

自動車保険料節約のポイント「年齢条件」

自動車保険 運転者年齢条件

もくじ• 運転者の年齢条件とは 運転者の年齢条件とは、自動車保険を契約する際にあらかじめ契約対象の車を運転する人の年齢を制限する事で保険料が安くなる仕組みです。 年齢条件の年齢が高い方が保険料が安くなり、全年齢を対象とすると保険料は高くなります。 運転者の年齢によってリスクが異なってきますので、どのような年齢の方が車を運転するのかによって保険料が変わってきます。 個人の契約においては、記名被保険者(契約している自動車を主に運転する方のことで、保険証券の被保険者欄に記載されている方)の年齢層に応じて区分されたり、車を運転する方の年齢の範囲を指定したりします。 また、年齢条件が適用されるのは、• 記名被保険者(主たる運転者)• 配偶者• 同居の子供、親族 であり、「別居の子供(既婚、未婚問わず)や親族」や「知人や友人等」は年齢条件の対象になりません。 全年齢補償:運転者の年齢を問わず補償(運転者年齢条件特約を付けない場合)• 21歳以上補償:21歳以上の方が運転中の事故を補償(21歳以上の運転者年齢条件特約を付ける場合)• 26歳以上補償:26歳以上の方が運転中の事故を補償(26歳以上の運転者年齢条件特約を付ける場合) 全年齢補償(10代も補償)が最も保険料が高く、26歳以上補償は保険料が安くなります。 これは若年運転者のリスクが高いためです。 なお、友人など、家族以外の人や帰省中の別居の未婚の子が運転する場合は、年齢範囲にかかわらず補償されます。 (例:26歳以上補償の設定でも、20歳の別居の未婚の子が事故を起こした場合も補償の対象となる。 ただし、夫婦限定など運転者限定で子供を補償対象外にしていない場合に限る。 この年齢条件の補償の区分に関しては保険会社によって異なります。 中には30歳以上や35歳以上といったようなケースもあります。 記名被保険者の年齢層に応じてさらに6区分 運転者の年齢範囲に応じての区分は3区分でしたが、26歳以上補償の中で更に記名被保険者で区分が行われます。

次の

自動車保険は運転者限定なしで1万円も高くなる!割引率・範囲一覧表

自動車保険 運転者年齢条件

ここから本文です 「年齢条件」とは 自動車保険に加入するとき、必ず設定しなければならない「運転者年齢条件」。 運転される方が複数いらっしゃる場合は、誰の年齢に合わせれば良いのか迷いますよね。 また、「運転者年齢条件」は自動車保険の保険料を決める要素の一つです。 そこで、このページでは「運転者年齢条件」について、解説します。 正しく理解して、「運転者年齢条件」を選び、安心してドライブを楽しんでください。 自動車保険(任意保険)の「運転者年齢条件」とは 「運転者年齢条件」は、ご契約のお車を運転される方の年齢を限定することで保険料が安くなる特約です。 補償の対象となる運転者の年齢を「21歳以上」、「26歳以上」、「35歳以上」に限定することができ、相対的に事故率が低くなる「高い年齢」に限定するほど、保険料が安くなります。 「運転者年齢条件」を設定する際のポイント 「運転者年齢条件」を設定する際は、まず「運転者の範囲」を確認し、その中で「最も若い方の年齢」に合わせて設定することがポイントです。 「運転者年齢条件」は最も若い運転者の年齢に合わせる 「運転者年齢条件」は、最も若い運転者の年齢に合わせて設定してください。 たとえば、ご本人と配偶者さまのお二人が運転される場合は、どちらか若い方。 同居のお子さまが運転されるのであれば、そのお子さまの年齢に合わせた設定が必要です。 万一、事故が発生した際に、運転者年齢条件を充たさない方が運転されていた場合、保険金が支払われないことになります。 意外に知らない?「運転者年齢条件」が適用される運転者の範囲 たとえば、結婚を機に家を出たお子さまがお正月に戻ってきてお客さまの車を運転する場合、一人暮らしをしているお子さまが帰ってきて車を運転する場合、お友だちとゴルフに行って運転を替わってもらう場合など、どこまでの方を含めれば良いのでしょうか。 もし設定を間違えると、事故が起きた際に保険金が支払われないのではと考えると不安ですよね。 「運転者年齢条件」に含まれる方は以下の方々となります。 記名被保険者 ご家族の中でお車を主に運転される方• 1の方の配偶者さま• 1・2の方の「同居のご親族」• 1〜3までのいずれかに該当する方の業務(家事を除きます)に従事中の使用人 上記以外の「別居のお子さま」や「お友だち」等は「運転者年齢条件」の設定の範囲には含まれませんので、「運転者年齢条件」に関わらず補償されます。 最適な「運転者年齢条件」を考えてみよう たとえば、19歳のお子さまがいる54歳の夫婦で、お子さまが免許を取得し、ご夫婦のお車を運転されるようになった場合の「運転者年齢条件」は、このようになります。 お子さまの同居時 「21歳以上補償」(お子さまの年齢に合わせて)• お子さまの別居後 「35歳以上補償」(ご夫婦の年齢に合わせて) 「運転者年齢条件」は自動車保険の保険料を決める要素の一つです。 ポイントはこまめな見直し。 たとえば、お車を運転される最も若い方が「お子さま」の場合、18歳で免許を取得した時は「年齢を問わず補償」になります。 そして21歳の誕生日を迎えたら「21歳以上補償」に変更できます。 お車を運転される一番若い方が誕生日を迎えたら、必ず自動車保険の見直しをしてください。 保険期間の途中であっても、ご契約内容の変更手続き「運転者年齢条件」を変更することができます。 このページでは「運転者年齢条件」について解説しました。 実は運転者の範囲を決める上で、もう一つ大切なことがあります。 「運転車の範囲に関する特約」です。 「運転者年齢条件」と「運転者の範囲」この二つを正しく組み合わせて、快適なカーライフをお過ごしください。 見直し・変更はすぐできます 運転者年齢条件は契約更新のタイミングだけではなく、保険期間の途中でも「Myホームページ」上ですぐに変更できます。 変更内容によって、保険料の返還や追加保険料が発生します。 ご自身の誕生日を迎えた場合等、運転者年齢条件について見直す必要がある場合は忘れずに変更手続きを行いましょう。 運転者年齢条件の変更手続き• 「Myホームページ」にログイン後、「自動車・バイク・ドライバー保険メニュー」へ移動します。 [自動車・バイク・ドライバー保険メニュー]ボタンを選択してください。 自動車保険ガイド• わからないことはこちらから• ページID: C5.

次の