基礎 代謝 量。 基礎代謝量 計算機 BMR計算 BMI計算 基礎代謝量(BM)とBMRの違いとは?

基礎代謝量が高いと何がいいの?基礎代謝×カロリー×筋肉量について

基礎 代謝 量

0 基礎代謝とは、 安静時に消費されるエネルギーのこと。 人間は寝ている時にも呼吸をしたり、心臓などの内蔵を動かしたり、脳を働かせたりしていますよね。 こうした様々な生命活動に使われる必要最小限のエネルギー代謝量が基礎代謝量です。 実はこの基礎代謝量が消費エネルギーの大半を占めていることを知らない人も多いのです。 1日の消費エネルギーはこの 基礎代謝量に生活代謝量をプラスしたものになります。 その割合、何と基礎代謝量の方が大きいんです!比率にすると生活代謝量が30%なのに対し、基礎代謝量は70%を占めています。 つまり 基礎代謝量が高い人ほど痩せやすいと言うことなんですね。 人の体は安静時でもエネルギーを必要とします。 それは心臓を動かし、内臓器官を機能させ、呼吸をし、思考するためにエネルギーを必要とするからです。 安静の状態は寝ているだけではなく座っている状態も含まれます。 基礎代謝について徹底解説! 運動よりも基礎代謝量が重要!? 実は、体内のエネルギー消費で 一番多いのが基礎代謝量です。 私たちはダイエットのために消費エネルギーを増やさないとと思うと、間違いなく運動や作業など肉体を動かすエネルギーを想像すると思います。 でも本当は、 一番増やすべきなのは基礎代謝量です。 1日に消費されるエネルギーのうち、 実に70%にも上るエネルギーが基礎代謝によって消費されているのです。 つまり、運動したり日常生活をしたりする動作で使うエネルギーは残りの30%程度。 だから頑張って運動しても、それだけではなかなかエネルギーは消費出来ないのです。 基礎代謝量の目安は?計算方法・求め方 基礎代謝量を決めるのは 性別、年齢、活動量です。 女性より男性の方が 筋肉が多いので男性の方が基礎代謝量は多いです。 また若い人の方が活動的な場合が多く、代謝も活発ですから基礎代謝量は成長期がピークとなり、徐々に減っていきますが、20代と40代の基礎代謝量は全く違います。 年齢・性別による標準的な1日基礎代謝量の目安は、 基礎代謝基準値と体重を掛け算することによって把握することが可能です。 基礎代謝基準値というのは、体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)を表す数値のことであり、1~2歳をピークに加齢に伴い減少していきます。 座り仕事など座っていることが多く、通勤や買い物の移動が少ない方は活動量が低いので基礎代謝も低くなります。 普通レベルの方は通勤や場合によって立ち仕事、移動を含む仕事をしている、家事や買い物など軽い運動をする場合です。 基礎代謝が大きくなるのは活動レベルが高い人で、立ち仕事がメインのかた、運動量が多い方、スポーツをしている方で、基礎代謝も大きくなります。 0倍 で計算します。 5 普通1. 75 高い2. 0 簡易的な1日の推定エネルギー必要量 基礎代謝量を知りたいと思っても、実は 基礎代謝量を正確に測ることはできません。 食事からとる栄養素の種類によっても基礎代謝量も変わりますし、筋肉量や体温などによっても変わります。 もし知りたいという方は、上記を参考にして基礎代謝量基準値と体重と身体活動レベルで簡易的な基礎代謝量が計算することができます。 ただ年齢などによっては身体活動レベルが変わっても、基礎代謝量は変わらないこともあります。 筋肉の量で変わりますので、1日の総消費カロリーは全く違うと考えるといいでしょう。 簡単入力で基礎代謝賞の目安が分かるサイトは 基礎代謝には個人差あり 基礎代謝は非常に個人差の大きい代謝量です。 年齢や性別によっても差がありますし、筋肉量などによっても、体温の高さによっても違いが出ます。 一般的には生まれてから成長するに従って基礎代謝がだんだん高くなって行き、 18歳前後がピークになります。 残念ながらそれ以降はだんだん低下し、 40歳を過ぎると急に低下すると言われています。 30代後半くらいから、何も生活を変えていなくても太りやすくなったという人は、基礎代謝が低下して エネルギーが余り始めたことが原因かもしれません。 それまでと同じ生活では、エネルギーを使い切れなくなっている可能性があります。 部位によっても違う基礎代謝量 基礎代謝によって消費するエネルギーは部位によって違いがあり、今までは一番使われるのは筋肉だと言われて来ました。 でも実は最新の研究では、筋肉よりも 内蔵で使われる量のほうが多いことが判明。 筋肉が約40%消費しているというのは間違いで、実は18%程度であり、一番多いのは30%を占める肝臓だということが分かっています。 割合として高いのは肝臓で27%、脳で19%、筋肉で18%を占めています。 実は内蔵はたくさんのエネルギーを消費して日夜働いてくれているのですね。 ただ、 筋肉量の多い人のほうが内臓の働きも活発で、基礎代謝量も多いのは事実。 つまり、同じ身長と体重の人が2人いても、筋肉量の多い人のほうが基礎代謝量は多く、脂肪を燃焼しやすい体だと言えます。 基礎代謝は年齢の高まり以外に下がる要因はある? 前述したように、基礎代謝の27%を肝臓が占めており、 肝機能が悪化すると、より基礎代謝はダウンします。 肝臓は脂肪や糖をエネルギーに変換する、アルコールを無毒化する役割を担っており、 脂肪や糖、アルコールの摂り過ぎは肝機能低下を招いてしまいます。 また、体を動かす習慣がない人も、基礎代謝の低下を招いてしまう原因のひとつです。 基礎代謝の18%を筋肉が占めており、 運動不足で筋肉量が減ると、基礎代謝がダウンしてしまいます。 筋肉は睡眠中に成長ホルモンが出て成長し、寝不足では十分に成長ホルモンが出ず、筋肉量が減ってしまい基礎代謝低下の原因になります。 食生活の乱れや運動不足以外には、冷えも基礎代謝低下を招きます。 基礎代謝は体温調節の役割もあり、低体温では体温を保つために使用する熱の産出が少量でいいため、消費エネルギー量も少なくなります。 便秘も基礎代謝低下の原因のひとつです。 基礎代謝は腸などの臓器を動かす役割があり、便秘で腸の活動が鈍ると基礎代謝がダウンしてしまいます。 そのほか、不規則な生活やストレスで自律神経に狂いが生じると、血液の循環が悪くなって基礎代謝低下を招いてしまいます。 基礎代謝を増やすことがダイエットにつながる ダイエットをしたいという方は 基礎代謝を上げましょう。 基礎代謝を上げ、正しい食生活と生活習慣を送れば、リバウンドのリスクが少ないダイエットが可能と考えられます。 筋肉はカロリーをもっとも使う器官ですし、量によって基礎代謝は簡単に変わるのです。 そのためには運動する習慣をつける、不足しやすいビタミンやたんぱく質、ミネラルを摂るようにしましょう。 ほんの少し意識するだけで、あなたのダイエットは大きく結果が変わってくるのです。 ダイエットのためには基礎代謝が重要と言われていますが、基礎代謝は年齢とともに変わります。 それでもダイエットを成功させたいという方は、 筋肉量をアップし、基礎代謝を上げることが肝要なのです。

次の

基礎代謝が【簡単に測れる】体重計の仕組み「高精度で測れるの?」

基礎 代謝 量

不管你是要增肌、減脂或是維持目前的體重,都可以透過BMR跟TDEE來了解你一天需要的熱量為多少。 基礎代謝率 BMR, Basel Metabolic Rate 根據WiKi的解釋: 基礎代謝率(英語:basal metabolic rate,首字母縮寫BMR)是指在自然溫度環境中,恆溫動物(比如人)的身體在非劇烈活動的狀態下,處於消化狀態(腸胃充滿食物,分解作用大於合成作用),維持生命所需消耗的最低能量。 這些能量主要用於保持各器官的機能,如呼吸(肺)、心跳(心臟)、腺體分泌(腦及其他神經系統)、過濾排泄(腎臟)、解毒(肝臟)、肌肉活動等等。 基礎代謝率會隨著年齡增加或體重減輕而降低,而隨著肌肉增加而增加。 疾病、進食、環境溫度變化、承受壓力水平變化都會改變人體的能量消耗,從而影響基礎代謝率。 [1] 講那麼長我知道你們可能都沒看。。。 翻成比較簡易的說法就是你一整天什麼事都不做,一直躺在床上,要維持你身體的運作會消耗的最低能量,而基礎代謝率會隨著年齡跟體重的變化而改變 年紀越大,基礎代謝率會跟著下降 體重減輕也會導致基礎代謝率下降。 BMR普遍常用來估計的方法是:Harris—Benedict equation,這方法發明在西元1919年,主要採用身高、體重、年齡跟性別為參考依據。 不過上述的這些方法由於沒有考慮到肌肉量的部分,所以對於肌肉量較高或是體脂肪率很高的人,估算起來還是會有誤差,但對一般的人來說,是蠻精確的。 小編這裡要提醒一下,假設你是要減重的人,少吃300大卡以後體重還是沒有變化,不是你就開始少吃500或少吃1000大卡,你應該是要增加你的活動量。 算完TDEE以後,如果你想要再計算碳水化合物、蛋白質跟脂肪要攝取的量,可以再用我們的計算。 References: [1] WiKi 更多討論歡迎加入愛健身粉絲團.

次の

基礎代謝とは?計算方法と基礎代謝を増やす方法

基礎 代謝 量

基礎代謝: Kcal 基礎代謝とは? そもそも基礎代謝とは何なのか、簡単に説明します。 私達が1日で消費するカロリーのうち、 何もせずとも体の組織を維持・作用させるためのカロリーのことです。 つまり、 運動したり食事をしたりする際に消費するカロリーを除いた分のカロリー、 言い換えれば、 一日中運動や飲み食いせずにボーっとしていた時に消費するカロリーを指します。 普通の生活をしていれば、 基礎代謝は1日の全消費カロリーのうちの 6~7割程。 もちろん、運動をほとんどしない人は1日の消費カロリーのうち基礎代謝の割合は高くなり、 運動量が多い人は基礎代謝の割合は低くなります。 基礎代謝は体の組織を維持したり作用させる際のエネルギーなので、 体が大きい人程その量は多くなります。 脂肪や筋肉がついたら基礎代謝量は増え、 逆に落ちたら基礎代謝量は減るということです。 年齢とともに筋肉が落ちて体の機能も衰えてくるため、 基礎代謝は年々下がっていきます。 基礎代謝の概要をまとめると以下の通り。 1日に消費されるカロリーのうち、運動や食事の際に消費されるカロリー以外のカロリー• 何もしなくても消費されるカロリー• 消費カロリーのうち6~7割を占めるカロリー• 基礎代謝量は体の大きさによって増減する• 基礎代謝量は年々下がっていく 基礎代謝量の計算方法 基礎代謝量を正確に求めるなら体組成(体脂肪率・筋肉量など)を測定する必要がありますが、 性別・年齢・体重から簡易的に求める方法があります。 計算方法は色々あるのですが、 代表的なものは年齢・性別ごとに定められた 『基礎代謝基準値』を 『体重』にかけるといったものです。 年齢・性別ごとの基礎代謝基準値は以下の通り。 年齢 男性 女性 1~2 61. 0 59. 7 3~5 54. 8 52. 2 6~7 44. 3 41. 9 8~9 40. 8 38. 3 10~11 37. 4 34. 8 12~14 31. 0 29. 6 15~17 27. 0 25. 3 18~29 24. 0 22. 1 30~49 22. 3 21. 7 50以上 21. 5 20. 7 この値を体重にかけることで基礎代謝量を計算します。 ちなみに、最初にご紹介した計算機もこの計算を用いています。 日本人の平均基礎代謝一覧表 続いて、日本人の平均基礎代謝量について見ていきましょう。 以前、日本人の年齢や性別ごとの身長・体重・BMIの平均についてまとめましたが、 これと今回紹介した基礎代謝基準値を用います。 以前の記事はこちら。 以下の表が男女の年齢ごとの平均基礎代謝量です。 (小数点以下は切り捨て) 年齢 男性 女性 1歳 616 597 2歳 762 722 3歳 783 736 4歳 909 814 5歳 1024 897 6歳 908 846 7歳 1036 921 8歳 1056 972 9歳 1207 1145 10歳 1222 1134 11歳 1421 1322 12歳 1329 1175 13歳 1475 1364 14歳 1587 1397 15歳 1501 1216 16歳 1571 1277 17歳 1744 1254 18歳 1456 1180 19歳 1632 1116 20歳 1550 1105 21歳 1644 1109 22歳 1586 1127 23歳 1711 1160 24歳 1538 1138 25歳 1466 1173 26~29歳 1687 1173 30~39歳 1587 1128 40~49歳 1574 1204 50~59歳 1464 1138 60~69歳 1425 1103 70歳以上 1311 1041 基礎代謝をダイエットに活用する方法 さて、基礎代謝量について色々と見ていきましたが、 これをどのようにしてダイエットに活かせばよいのか。 ダイエットにおいてよく 「基礎代謝を上げると楽に痩せることができる」と言われますが、 これは誤りです。 基礎代謝を上げるには体を大きくしないといけないので、 ダイエットをしながら基礎代謝を上げるなんて不可能ですからね。 詳しくはこちらに解説しています。 基礎代謝は1日の消費カロリーの目安になります。 なので、これを基にして目標体重・ダイエット期間を定めることで、 1日に摂取できるカロリーが計算できるのです。 基礎代謝量自体ではなく、 基礎代謝量を基にした「1日の消費カロリー量」が大事ということですね。 これについては以下の記事をご覧ください。

次の