王将 戦 インタビュー。 【インタビュー】【藤井聡太七段】将棋の上達を左右する要因は、才能と努力…そして環境

藤井七段、タイトル挑戦逃す 将棋・王将戦:時事ドットコム

王将 戦 インタビュー

「棋譜中継」は公開から30日間無料です。 無料期間後はプレミアム、スタンダード、宅配購読者無料、宅配購読者プレミアムのいずれかの有料プランにお申し込みいただく必要があります。 お申し込みはから。 上記の会員の方はからログインしてください。 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦する第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、佐渡汽船、… (2020年04月03日 02:01)• 新潟県佐渡市で25、26の両日行われた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局。 渡辺明王将(35)が挑戦者の広瀬章人八段(33)に勝ち、4勝3敗で2連覇・通算4… (2020年3月27日 16:44)• 第69期大阪王将杯王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、囲碁・将棋チャンネル協賛)を4勝3敗で制し、2連覇、通算4期目の王… (2020年03月27日 11:00)• 新潟県佐渡市の佐渡グリーンホテルきらくで25日から指されていた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛… (2020年03月27日 02:04)• 新潟県佐渡市で25、26の両日行われた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局。 渡辺明王将(35)が挑戦者の広瀬章人八段(33)に勝ち、4勝3敗で2連覇・通算4… (2020年3月27日 02:00)• 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦、3勝3敗のタイで迎えた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将… (2020年3月26日 12:37)• 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦、3勝3敗のタイで迎えた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将… (2020年3月26日 02:03)• 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦し、3勝3敗のタイで迎えた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王… (2020年03月25日 12:51).

次の

王将戦第2局 広瀬八段“十八番”の角換わり!渡辺王将は意表を突く一手!― スポニチ Sponichi Annex 芸能

王将 戦 インタビュー

渡辺明王将への挑戦権をかけて、将棋の王将戦の挑戦者決定リーグ戦が始まっている。 棋士7人による総当たり戦のだが、今回のメンバーがハイレベルになり、そこに藤井聡太七段が参戦しているため、とても面白くなっている。 メンバーは、豊島将之名人、広瀬章人竜王、羽生善治九段、久保利明九段、三浦弘行九段、糸谷哲郎八段と、藤井聡太七段。 藤井七段以外の全員が名人または順位戦A級のトップ棋士で、タイトル経験者でもある。 若手が藤井七段のみで、他は歴戦の棋士という感じだ。 藤井七段が、このメンバー相手にどこまでやれるのか? 現時点での真の実力が測られることになる。 今までは、実力者相手に負けていることが多い。 口の悪いネットでは、雑魚狩りとまで揶揄されてるみたいだ。 成績もだけど、キラリと光るものを見せれるかどうかだね。 AbemaTVで見れないのが残念だ。 ネットで棋譜を見るしかしょうがないな。 他にも『才能と努力』というテーマで、棋士7人全員にしているのだ。 これが、面白い。 渡辺王将、豊島将之名人、広瀬章人竜王、糸谷哲郎八段の4人のインタビューが今の所、公開されている。 これが、面白くて、興味深い。 才能型と努力型のそれぞれの代表的な棋士を聞いているのだ。 才能型の棋士として、皆が山崎隆之八段をあげているのが、面白い。 あげやすいのもあるんだろう。 本当の天才棋士を天才としてあげるのも、癪に触るだろうし。 一番興味深かったのは、豊島名人のインタビュー。 見たことないから。 わりと素直に語っている。 最近、木村九段に苦戦しているように見えるけど、連戦続きで、研究ストックが減ってきているのが、好調でない原因のように感じられた。 努力型の棋士として、里見香奈女流六冠をあげていた。 その理由を聞かれて、 「見るからに…(笑)。 一時期、彼女と将棋を指していたことがあったのですが、ご飯を食べているときでも、マグネット盤を出してきて「この前の三段リーグで指した将棋を見てください!」といった感じで。 ご飯を食べているときに盤を出されたのは、過去をさかのぼってみても三浦(弘行九段)先生と里見さんしかいないです(笑)。 しかも「この局面」という部分的ではなく、初手から(笑)。 」 これには、笑ったなあ。 微笑ましい場面だなあ。 「この前の三段リーグで指した将棋を見てください!」かあ。 可愛いなあ。 このインタビューはオススメ。

次の

将棋王将リーグ戦が面白い。 そして、インタビューも面白いのだ。

王将 戦 インタビュー

10月21日。 10時に始まった対局は19時15分に終局。 結果は82手で藤井七段の勝ちとなりました。 リーグ成績は藤井七段が3勝1敗、羽生九段が2勝1敗となりました。 【前記事】 天才少年、絶対王者を完勝で降す 両者は過去に公式戦では1度、2018年2月、朝日杯の準決勝で対戦しています。 結果は藤井現七段の勝ち。 その時の持ち時間は各40分の「早指し」でした。 それより持ち時間が長い対局としては、非公式戦ではありますが、2017年の「炎の七番勝負」は持ち時間各2時間でした。 その対局も、藤井現七段の勝ちでした。 本局は持ち時間各4時間。 過去の対戦とはまた違う意味を持つでしょう。 3日前の18日、藤井七段は糸谷八段に勝利。 羽生九段は久保九段に勝利。 両者ともに、すさまじいまでの強さを感じさせる勝ち方でした。 本局は、羽生九段の先手で始まりました。 戦形は、両者ともに飛車先の歩を伸ばして交換し合う、相掛かりに。 羽生九段は角頭に歩を打たない形で、序盤早々から一触即発の変化を含んでいます。 まだ前例のあるところから、羽生九段は新しい手を指しました。 その先は、未知の局面。 互いの地力が問われそうな展開となりました。 羽生九段が駒を交換して動いたのに対して、藤井七段も機敏に応じます。 そして飛車切りから駒得の成果をあげ、まずはリードを奪った格好になりました。 藤井七段ペースとはいえ、消費時間にはかなりの差がつきました。 そうした状況からも、絶対王者を相手に勝ち切るのは、もちろん大変なはずです。 しかし藤井七段は、着実にリードを広げていきました。 気がつくと五十数手の段階で、藤井七段がはっきり優勢、あるいは勝勢と言ってもいいほどに差がついていました。 終盤の攻防も、藤井七段の指し手は、ほぼパーフェクト。 中盤で端に打った金まで最後は寄せにはたらくという、非の打ちどころがない完璧な内容。 82手の短手数で羽生九段を降しました。 双方が長手数戦い合う名局もあります。 また、一方が完璧な内容で短手数で勝つ名局もあります。 そうした意味で本局は、藤井七段の名局と言ってもいいのではないでしょうか。 そして後で振り返ってみたとき、本局が将棋史上、重大な意味を持つ一戦となる確率は高そうです。 過去の挑戦権獲得ラインは平均4. 79勝 王将戦リーグが7人制となった1981年度以降のリーグ成績をたどってみましょう。 将棋界の精鋭7人が揃うためか、6戦全勝での挑戦権獲得は、わずかに6例しかありません。 最も多いのは、5勝1敗での挑戦権獲得で18回です。 次いで4勝2敗が14回となっています。 王将戦リーグでは成績最上位者が複数出た場合には、現在では前年の順位上位2人がプレーオフ(挑戦者決定戦)をおこなうことになっています。 そのため、二次予選を勝ち抜いてリーグ入りした5位(3人)は不利な立場となります。 羽生九段、藤井七段はともに5位で、2敗となれば、かなり厳しい状況といえるでしょう。 逆に、もしこの後、両者ともに全勝で5勝1敗となれば、両者がプレーオフ(挑戦者決定戦)で再度戦う可能性ももちろんあります。 激戦が続く王将戦リーグ。 最後はどのような形でフィナーレを迎えるでしょうか。

次の