ひげだん 歌詞。 Official髭男dism イエスタデイ 歌詞

Official髭男dismの歌詞一覧リスト

ひげだん 歌詞

メジャーデビューからわずか1年ほどで、バンドシーンの最前線に躍り出たOfficial髭男dism、通称・ヒゲダン。 月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌となったメジャーデビュー曲「ノーダウト」は YouTube再生数が1800万回を突破、 USEN J-POPチャートでも1位を獲得。 結果、2018年デビュー組の中で、最もサブスクリプションでの再生回数の多いアーティストになるなど、その快進撃はとどまることを知らない。 つい先月には出身地でもある中国地方のNHK総合が、ツアー最終日に密着したドキュメンタリーを放映。 番組はファンの声に押され、異例の全国放送へと発展した。 「曲を聴くと元気をもらえる」「思わず踊りたくなる」など、老若男女幅広い声も丁寧に拾われており、改めて彼らの現在地が示されたかたちだ。 そんな彼らが、5月15日に最新シングル『Pretender』を発売した。 タイトル曲は先行配信がなされており、Apple MusicではリアルタイムランキングJ-POP部門1位、iTunesではトップソングランキングJ-POP部門1位、総合3位を獲得するなど各種音楽チャートでも好調。 ドラマに続き映画『コンフィデンスマン JP』の主題歌として書き下ろした楽曲とあって、映画の公開と併せて一層の盛り上がりも期待される。 Official髭男dism — Pretender[Official Video] Official髭男dismといえば、フロントマンの藤原聡が繰り出すポップ色全開のピアノサウンドと、ファンクやジャズ、ブラックミュージックの要素を加味したリズム、なによりキャッチーなメロディでリスナーの心をつかんできたバンドだ。 しかし一方で、歌詞もまた魅力的だ。 たとえば新曲「Pretender」は恋の終わりを綴った切ないミディアムナンバー。 〈もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった〉〈君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ〉と、別れ際の心情が痛いほど伝わってくる。 恋愛はもちろん、仕事や友人関係など日常の機微をすくい上げた等身大の歌詞が、藤原の得意とするところ。 声高に大層なメッセージを掲げる代わりに、時に聴き手の心に寄り添い、また背中をそっと押すような、シーンやストーリーを意識しているように思う。

次の

【Official髭男dism(ヒゲダン)/Pretender】の歌詞の意味を解釈

ひげだん 歌詞

新生活に対する期待と不安。 誰しもが経験したことのある、もしくはこれから経験していく感情ですね。 楽曲の輪郭が見えてきたところで本題の楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「パラボラ」とは 「パラボラ」とはパラボラアンテナ 上の写真 の略であり、 放物線という意味を持ちます。 一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? ただ疑問になってくるのが なぜ本楽曲においてパラボラというタイトル名が起用されているのかですが、ここに関して理数系出身の筆者は一発でピンときました。 さらに言うと、二次関数をグラフにした上のカーブを放物線と呼び、パラボラ parabola も同様に放物線の意味があります。 そして勘の良い方は「お?」と気付いているかも知れませんが、本楽曲には 「まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も追い越すような軌跡を描いてみせるよ」という歌詞があります。 軌跡とはその人やある物事のたどってきたあとのことで、 新生活がスタートした主人公の成長する足跡といったところでしょう。 とはいえ文章だけだとこんがらがるかも知れないので、私の頭の中の解釈を下図に表してみました。 簡易的ですがこんな感じです。 つまり本楽曲における パラボラ 放物線 は、成長曲線のことなのではないかと。 理想像も追い越すような軌跡です。 これは 将来の大きく成長する意志を表しているのではないかと考えています。 スポンサーリンク 歌詞 段ボールだらけから幕開けた日々は 想像よりも少しだけ忙しく過ぎていってる 片づくことを知らない この部屋はなんだか 他の誰かの暮らしから 借りてきたみたいだ まっさらなノートの上 一文字目を書き出すようにして 期待感と不安感が混ざった インクに浸した心で 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いてみせるよ いつかきっと いつかきっと 思い違いだらけのメチャクチャな過去を 振り返るたび未熟さにむず痒くなるけど 定規で書いたような 将来の雛形を知らぬ強さに 何故だか僕らは 不可思議に救われたりする 暗い部屋に鳴り響いた誰かの鼻歌 声ですぐにわかったよ ずっとここにいたんだろ 君が僕に歌い継いだいつかのララルラ 胸ポケットで密かに 呼吸をしている夢ならば 必ず僕がちゃんと叶えておくよ 固い誓いを いまたてよう 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いていけるよ そして遥か先をゆく どっかの僕が迷わないように 眩い光放ってみせるよ いつかきっと いつかきっと 作詞:藤原聡 歌詞の意味・解釈 1番 段ボールだらけから幕開けた日々は 想像よりも少しだけ忙しく過ぎていってる 片づくことを知らない この部屋はなんだか 他の誰かの暮らしから 借りてきたみたいだ まず歌い出しで描かれているのは 新生活のスタートに困惑する情景 といったところです。 新居地にやってきた主人公は過ぎ去っていく時間に気おくれを感じつつも、未だ環境の変化についていけないでいます。 馴染んでない様子を表す 「他の誰かの暮らしから借りてきたみたいだ」という歌詞がとても秀逸的。 私も一人暮らしを始めたばかりのときは、いつもと違う環境にソワソワしていました。 共感深い。 まっさらなノートの上 一文字目を書き出すようにして 期待感と不安感が混ざった インクに浸した心で ここもまた歌詞の秀逸さが光る部分で、新生活に対する期待と不安が 一文字目の緊張感に込められています。 まっさらなノートというのが、その緊張感を引き立てる役割を果たしていますね。 また インクという言葉選びも注目したいポイントで、 インクを出しすぎれば滲んじゃう、逆にインクを出せないとかすれちゃう。 そんなコントロールの難しさは、 慣れていない新生活と同調しているのでしょう。 サビ1 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いてみせるよ いつかきっと いつかきっと サビで描かれているのは 未来の不安と期待、その末の希望 といったところです。 「アスファルトを踏みしめていく」さまは、軌跡を描いていくさま、つまり 放物線 パラボラ を描いているさまを表しています。 楽曲タイトル名の欄で詳しくお話ししましたので深堀りはしませんが、 理想像 目標地点 まで未来の成長曲線という放物線に乗って、辿り着こうとしているのです。

次の

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

ひげだん 歌詞

君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まればひとり芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry... そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の