デュエマ チェンジザ ドン ジャングル。 【チェンジザドンジャングルデッキ】優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|白青緑チェンジザドンジャングル

チェンジザダンテ【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】

デュエマ チェンジザ ドン ジャングル

こんにちは、dottoです。 本当にありがとう。 2人だからこそとても良いデッキができました。 ではGP7thで4位入賞した青赤緑Jチェンジザ覇道について解説したいと思います。 〇 このデッキの特徴 ・通常のチェンジザ覇道と異なり、Jチェンジの効果を持つ『ソーナンデス』とその効果でバトルゾーンに出せる『ドンジャングルS7』が搭載されています。 『ドンジャングルS7』はバトルゾーンに出た時の効果で7000以下のクリーチャーをマナゾーンからバトルゾーンに出すことができます。 ・そして多くの方が疑問に思われるであろう序盤のマナブーストカードが6枚の理由は、ブーストを増やすことで受けが弱くなってしまい容易に突破されてしまうからです。 ワンショットを仕掛けるデッキや轟轟轟ブランドのようなスピードの速いデッキが多い環境なのでそれに1度耐える必要のあるゲームがどうしても多くなってしまいます。 幸いなことにこのデッキには3マナ域と4マナ域のカードの層が厚く無理にブーストをしなくても状況によってこれらのカードでゲームのテンポは取ることができます。 それならマナブーストカードを減らしてワンテンポ遅くても必要なカードをキープしながら動くことを意識し、トリガーの比重を厚くしてしまった方がいいという訳です。 デッキ構築理論としてはかなり昔のものになりますが昔はマナブーストするデッキでもマナブーストが6枚しか積まれていないものもありました(『霞み妖精ジャスミン』が登場するよりも前の時代)。 何故それでも戦えたのか?ゲームのテンポが今より遅いというのもありますがそのようなデッキには3ターン以内に使える他のカードの選択肢や受け札をその空いた枠に入れていたからです。 結果としてうまくこのデッキにハマってくれて良かったと思います。 色々と試しましたが最終的にチェンジザ覇道と白零サッヴァークはデッキにある程度の安定性があり、ビッグアクションが強く不利対面も少ないのでこの2択になりました。 そこからどう絞ったかというと、どちらも赤単轟轟轟ブランドに対して相性が良いですが、参加しているプレイヤーの層から母数の多いと思われるvsジョーカーズへの相性の良さを考慮したのと2択が発生しやすい関係でプレイングの難易度が白零サッヴァークはとても高く、個人的な使用感がチェンジザ覇道の方が良かったからです。 理由としては枠が不足しているため『終末の時計 ザ・クロック』をデッキから抜くしかないとなったからだと考えられます。 私自身もこのカードは『ドンジャングルS7』と『ソーナンデス』を採用するにあたってまず最初にデッキから抜きました。 しかし、このカードを不採用にすると同型戦を含め各対面の勝率が落ちてしまいました。 からです。 ことです。 展開にもよりますが相手のシールドへカウンターを仕掛ける不確定要素が絡みやすいゲームプランを選択するより、圧倒的なボード制圧力により盤面を取ってこちらの攻撃を仕掛けるタイミングを選べるようにした方が強いのは明らかです。 採用したいカードを入れるために相性がとても良いカードをデッキから抜いてしまったことに気が付いたので調整段階でデッキに戻すことにしました。 〇 『機術士ディール』/『「本日のラッキーナンバー! 」』 ・『機術士ディール』 こちらのテキストはあまり使うことはありませんが『異端流し オニカマス』等が複数展開された場合にバトルゾーンに出すことがあります。 その場合、『ドンジャングルS7』の効果でマナから踏み倒して出すのもありです。 その際、まず『異端流し オニカマス』の効果で手札に返されることはないので打点として追加できます。 ・ 『「本日のラッキーナンバー! 」』 フィニッシュ兼序盤中盤の相手の軸となるカードを止めるカードです。 重要なのは後者でこのデッキにはブーストが少ないのでこのカードで相手の動きを止めてこちらのスピードが間に合うようにします。 例えば、ジョーカーズに対して「5」や「7」、白零サッヴァークに対して「3」を宣言するとかですね。 〇 『龍装艦 チェンジザ』/『六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~』 ・ 『龍装艦 チェンジザ』 デッキの核、各種呪文に繋げてリソースを伸ばしたり、フィニッシュを狙います。 相手のデッキに除去カードが多い場合は、『ドンドン吸い込むナウ』を手札にキープしておいて『龍装艦 チェンジザ』の効果で捨て、パーツを集めながら『龍装艦 チェンジザ』を自身の手札に返しましょう。 ・ 『六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~』 通常のチェンジザ覇道よりは使用頻度が高いです。 理由は『ドンジャングルS7』でほぼほぼ詰んでしまうデッキ(例えば赤単轟轟轟ブランド等)があるのでそのカードまで繋ぎとしては他のカードは使ってしまっても問題ないからです。 そのような対面でなくても『ドンジャングルS7』と合わせたロック性能は高いので受けとして計算しやすく使いやすいです。 〇 『ドンドン吸い込むナウ』 コンボデッキと相性の良い受け札です。 本当は4枚積みたいカードなのですが『父なる大地』をどうしても採用したかったため3枚になっています。 下に送ったカードから盾にあるカードの推測や下に送ったカードまで山札を掘り進める試合は多いので下に送ったカードの内容と順番は覚えておきましょう。 ハンドリソースを得ることもできるカードなので使う頻度は高いですが序盤から必要になる対面は限られているので3枚にしています。 ゲームの中盤に『ドンジャングルS7』と組み合わせることで盤面の制圧とドローを同時に行うことができます。 〇『 ソーナンデス』 〇『 ドンジャングルS7』 『ソーナンデス』は『ドンジャングルS7』に繋げたり、『ドンジャングルS7』を盤面に複数体展開するために使いますが基本的に1枚手札またはマナゾーンにあれば機能するため『ソーナンデス』の採用枚数は1枚『ドンジャングルS7』より少なくしています。 この2枚のカードは両方ともマナゾーンのクリーチャーに触ることができるため、デッキを動かす上での自由度が採用することで上がっています。 マナゾーンにカードを逃がすことができるのはコンボデッキにとっては重要で、ゲームの序盤は手札にキープできるカードの枚数は限られているためこのカードでゲームの終盤にフィニッシュカードをマナから拾ってくることでデッキの安定性にも繋がっています。 『ソーナンデス』と『ドンジャングルS7』のコンボで盤面に『ドンジャングルS7』を複数体展開する際は、相手の盤面に起点となるクリーチャー(攻撃することができるクリーチャー)が必要になるので、除去されてもいいクリーチャーを盤面に出して相手のクリーチャーを釣り出しするか、『父なる大地』で相手のバトルゾーンにクリーチャーを無理矢理バトルゾーンに出させなければいけない時もあります。 〇 『イチゴッチ・タンク』/『レッツ・ゴイチゴ』 『霞み妖精ジャスミン』を採用していない最大の理由は『龍装艦 チェンジザ』の効果で捨ててもマナブーストできず、8マナ域に繋げられないからです。 『ドンジャングルS7』を採用している関係で8マナまで伸ばすというのがかなり重要になってくるため、動きが鈍る可能性を少しでも少なくする必要があり、こちらを採用しています。 〇 『黒豆だんしゃく』/『白米男しゃく』 ・『黒豆だんしゃく』 効果は強いですがほとんど使いません・・・。 ・『白米男しゃく』 マナ回収はほとんど『ソーナンデス』と『ドンジャングルS7』が担ってくれますが、細かいマナ回収も場合によって必要なので1枚だけ採用しています。 〇 『フェアリー・ライフ』 〇 『フェアリー・シャワー』 トリガー兼ブーストカード トリガーの枚数を増やしてくれているのでデッキのコンセプトに合います。 〇 『父なる大地』 トリガー枠兼除去カード 序盤は相手の場にクリーチャーがいなければ相手のマナからクリーチャーを引っ張りだせるため、ブーストが引けていない試合のゲームプランの1つになります。 ブーストの枚数を減らしているので『ドンドン吸い込むナウ』を減らしてでも積んだ方がデッキの安定性が上がります。 そして『父なる大地』をマナに置いてしまってもこのカードはデッキによってはケアし続けなければならないカードになる(デスザーク対面や『終末の時計 ザ・クロック』を採用しているデッキ)ので、積んでいるだけで相手への圧力にもなります。 『ドンジャングルS7』による盤面の制圧や受け札を合計8枚積んでいるのでゲームメイクはしやすいです。 しかし、それで大きく変わるかというとそういうわけでもない(手札にキープしているカードによって突破はできる)ので、プレイングと相手との駆け引きでゲームを制する必要があります。 基本は『龍装艦 チェンジザ』をバトルゾーンに残した状態でこちらのターンを迎えることが勝ちに繋がりやすいのでそれを狙います。 『ドンジャングルS7』で『龍装艦 チェンジザ』を呼び出すことができれば相手への要求値が上がるのでどちらかが残るかこの2枚に対してハンドリソースを使ってくれることでの有利な状況が作れます。 〇 vs轟轟轟ブランド 有利対面です。 『ドンジャングルS7』を採用しているため採用していない型と異なり、ゲームのゴールが明確になっているのでそれ以外のカードはカード解説時にも述べましたが繋ぎに使えます。 トリガーも多く積んでいるので対戦相手は超過打点のワンショットでフィニッシュを狙わないと勝ちを狙いにくいのもポイントです。 (ブーストトリガー等を踏んでしまうと有効札が増えてしまうので) 〇 vs白零サッヴァーク 対戦相手のプレイスキルとデッキ構築に依存するので勝率は一概には言えませんが微有利~5分ぐらいです。 『煌龍 サッヴァーク』を盤面に立てられた時は『ドンジャングルS7』を展開するための起点として利用しましょう。 『煌龍 サッヴァーク』のシールドへの攻撃を防ぐことにも繋がります。 リソースを伸ばすことに重点を置き、可能であれば『「本日のラッキーナンバー! 」』で相手の動きを止めて8マナまで繋げましょう。 〇 vsデスザーク 先攻がかなり有利の対面です。 一つの基準として『追憶人形ラビリピト』の全ハンデス効果が起動するまでがタイムリミットになります。 要するに基本は5ターン目ですね。 こちらが先攻であれば1枚ブーストカードを使うだけで相手より先に『龍装艦 チェンジザ』をバトルゾーンに出したり、『ソーナンデス』からの『ドンジャングルS7』で先に仕掛けることができます。 ですが後攻だと間に合わないケースが多々あるので先攻後攻に依存してしまいます。 相手が3ターン目に『卍 デ・スザーク 卍』を立てるだけでターンを返したときは、それを『ドンドン吸い込むナウ』でバウンスしながらパーツを集めても大丈夫です。 4ターン目に立てられた時に返すかどうかは相手のハンド枚数や『卍 デ・スザーク 卍』の下に置いてあるカードで判断しましょう。 『追憶人形ラビリピト』を使われなさそうなゲームは『龍装艦 チェンジザ』と『ドンドン吸い込むナウ』でハンドリソースを伸ばしましょう。 〇 vsジョーカーズ 有利対面です。 」』や『六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~』等のカードでもターンを稼ぎやすいので相手の動きをこちらの間に合うスピードに持っていきやすいです。 相手のデッキに確定除去が少ないので『龍装艦 チェンジザ』が盤面に残りやすいのもポイント。 高速でループされたり、ノートリでジョラゴンのワンショットが通った時には負けます。 〇 vs轟破天 本来であれば不利対面ですが『ドンジャングルS7』から展開していくことでマッハファイターを持つ『ドルツヴァイ・アステリオ』をケアできるので互角に戦えます(『ドンジャングルS7』の攻撃誘導効果があるため)。 相手の『父なる大地』で盤面にクリーチャーを引っ張り出される可能性があるので『ドンドン吸い込むナウ』は極力キープします。 『ボントボルト』のパワーには勝てないので『ボントボルト』には気を付けましょう。 〇 vsトリガービート(サッヴァーク) 有利対面です。 序盤中盤はリソースを伸ばすことを重視し、相手のサッヴァーク系統が着地したタイミングで『ドンジャングルS7』の起点として利用して展開します。 通れば2体目の『龍装艦 チェンジザ』を召喚し、『「本日のラッキーナンバー! 」』の効果を2回使ってフィニッシュを狙います。 以上が青赤緑Jチェンジザ覇道デッキ解説になります。 ご購読、そしてこの記事をお読みいただきましてありがとうございました。 何か質問等あればコメント欄にお願い致します。 8マナまで伸ばせたゲームでクラッシュヘッドで突撃する以外ならドンジャングルからチェンジザを出してラッキーナンバーで7を宣言して龍終と穿ツを止めたり、逆瀧でフィニッシュまで繋げさせないようにするのはよくやります。 ドンジャングルで打点を増やすだけでなく受け札として運用するとゲームプランが立てやすくなると思いますよ。

次の

【チェンジザドンジャングルデッキ】2020年優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|チェンジザドンジャングルデッキ

デュエマ チェンジザ ドン ジャングル

ビート相手に踏ませたら一気に勝ちが近づくカード。 またクリーチャー面の黒豆も同型勝負になった場合に出しておけば、不動以外の回答が無くなるためかなり優位に動ける。 通常このカードは3投する場合が多いが、このカードを3ターン目に打っても4マナにしかならず、猿飛のニンジャストライクができる5マナ帯にいかないので後述するディールに枠を譲った結果2投に。 猿飛と比較した際のメリットは手札が減らないこと、デメリットは場にクリーチャーが残らないこと。 バイケンも搭載し猿飛の有用性が上がっているので優先度はフェアリーシャワー3枚目<猿飛4枚目。 序盤はラッキーナンバーで相手の行動を制限し、中盤はディールで盤面を取って終盤は複数体のチェンジザからラッキーナンバーを大量に唱えて相手のトリガーをケア。 男爵消してる分4マナ帯のマナ加速帯は手厚くいきたいので4投。 バイケンが無くてもチェンジザさえいれば呪文を捨てることで効果が発動する点も優秀。 高速化が進む環境で受けが成り立っている要因はこれ。 ビート対面には6マナ溜まったとしてもチェンジザより着地優先する場合がある。 それぐらい強い。 ジャミングチャフと合わせて使おう 最近単騎やVANが裁定変更され、ハンゾウによるドルマゲドン禁断爆発への耐性が弱くなったが、ミラダンテは出すこと自体を禁じるため今まで通りハンゾウをケア出来る.

次の

【ユーリ】黒緑ドンジャングル解説【デッキ紹介】

デュエマ チェンジザ ドン ジャングル

こんにちは、dottoです。 本当にありがとう。 2人だからこそとても良いデッキができました。 ではGP7thで4位入賞した青赤緑Jチェンジザ覇道について解説したいと思います。 〇 このデッキの特徴 ・通常のチェンジザ覇道と異なり、Jチェンジの効果を持つ『ソーナンデス』とその効果でバトルゾーンに出せる『ドンジャングルS7』が搭載されています。 『ドンジャングルS7』はバトルゾーンに出た時の効果で7000以下のクリーチャーをマナゾーンからバトルゾーンに出すことができます。 ・そして多くの方が疑問に思われるであろう序盤のマナブーストカードが6枚の理由は、ブーストを増やすことで受けが弱くなってしまい容易に突破されてしまうからです。 ワンショットを仕掛けるデッキや轟轟轟ブランドのようなスピードの速いデッキが多い環境なのでそれに1度耐える必要のあるゲームがどうしても多くなってしまいます。 幸いなことにこのデッキには3マナ域と4マナ域のカードの層が厚く無理にブーストをしなくても状況によってこれらのカードでゲームのテンポは取ることができます。 それならマナブーストカードを減らしてワンテンポ遅くても必要なカードをキープしながら動くことを意識し、トリガーの比重を厚くしてしまった方がいいという訳です。 デッキ構築理論としてはかなり昔のものになりますが昔はマナブーストするデッキでもマナブーストが6枚しか積まれていないものもありました(『霞み妖精ジャスミン』が登場するよりも前の時代)。 何故それでも戦えたのか?ゲームのテンポが今より遅いというのもありますがそのようなデッキには3ターン以内に使える他のカードの選択肢や受け札をその空いた枠に入れていたからです。 結果としてうまくこのデッキにハマってくれて良かったと思います。 色々と試しましたが最終的にチェンジザ覇道と白零サッヴァークはデッキにある程度の安定性があり、ビッグアクションが強く不利対面も少ないのでこの2択になりました。 そこからどう絞ったかというと、どちらも赤単轟轟轟ブランドに対して相性が良いですが、参加しているプレイヤーの層から母数の多いと思われるvsジョーカーズへの相性の良さを考慮したのと2択が発生しやすい関係でプレイングの難易度が白零サッヴァークはとても高く、個人的な使用感がチェンジザ覇道の方が良かったからです。 理由としては枠が不足しているため『終末の時計 ザ・クロック』をデッキから抜くしかないとなったからだと考えられます。 私自身もこのカードは『ドンジャングルS7』と『ソーナンデス』を採用するにあたってまず最初にデッキから抜きました。 しかし、このカードを不採用にすると同型戦を含め各対面の勝率が落ちてしまいました。 からです。 ことです。 展開にもよりますが相手のシールドへカウンターを仕掛ける不確定要素が絡みやすいゲームプランを選択するより、圧倒的なボード制圧力により盤面を取ってこちらの攻撃を仕掛けるタイミングを選べるようにした方が強いのは明らかです。 採用したいカードを入れるために相性がとても良いカードをデッキから抜いてしまったことに気が付いたので調整段階でデッキに戻すことにしました。 〇 『機術士ディール』/『「本日のラッキーナンバー! 」』 ・『機術士ディール』 こちらのテキストはあまり使うことはありませんが『異端流し オニカマス』等が複数展開された場合にバトルゾーンに出すことがあります。 その場合、『ドンジャングルS7』の効果でマナから踏み倒して出すのもありです。 その際、まず『異端流し オニカマス』の効果で手札に返されることはないので打点として追加できます。 ・ 『「本日のラッキーナンバー! 」』 フィニッシュ兼序盤中盤の相手の軸となるカードを止めるカードです。 重要なのは後者でこのデッキにはブーストが少ないのでこのカードで相手の動きを止めてこちらのスピードが間に合うようにします。 例えば、ジョーカーズに対して「5」や「7」、白零サッヴァークに対して「3」を宣言するとかですね。 〇 『龍装艦 チェンジザ』/『六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~』 ・ 『龍装艦 チェンジザ』 デッキの核、各種呪文に繋げてリソースを伸ばしたり、フィニッシュを狙います。 相手のデッキに除去カードが多い場合は、『ドンドン吸い込むナウ』を手札にキープしておいて『龍装艦 チェンジザ』の効果で捨て、パーツを集めながら『龍装艦 チェンジザ』を自身の手札に返しましょう。 ・ 『六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~』 通常のチェンジザ覇道よりは使用頻度が高いです。 理由は『ドンジャングルS7』でほぼほぼ詰んでしまうデッキ(例えば赤単轟轟轟ブランド等)があるのでそのカードまで繋ぎとしては他のカードは使ってしまっても問題ないからです。 そのような対面でなくても『ドンジャングルS7』と合わせたロック性能は高いので受けとして計算しやすく使いやすいです。 〇 『ドンドン吸い込むナウ』 コンボデッキと相性の良い受け札です。 本当は4枚積みたいカードなのですが『父なる大地』をどうしても採用したかったため3枚になっています。 下に送ったカードから盾にあるカードの推測や下に送ったカードまで山札を掘り進める試合は多いので下に送ったカードの内容と順番は覚えておきましょう。 ハンドリソースを得ることもできるカードなので使う頻度は高いですが序盤から必要になる対面は限られているので3枚にしています。 ゲームの中盤に『ドンジャングルS7』と組み合わせることで盤面の制圧とドローを同時に行うことができます。 〇『 ソーナンデス』 〇『 ドンジャングルS7』 『ソーナンデス』は『ドンジャングルS7』に繋げたり、『ドンジャングルS7』を盤面に複数体展開するために使いますが基本的に1枚手札またはマナゾーンにあれば機能するため『ソーナンデス』の採用枚数は1枚『ドンジャングルS7』より少なくしています。 この2枚のカードは両方ともマナゾーンのクリーチャーに触ることができるため、デッキを動かす上での自由度が採用することで上がっています。 マナゾーンにカードを逃がすことができるのはコンボデッキにとっては重要で、ゲームの序盤は手札にキープできるカードの枚数は限られているためこのカードでゲームの終盤にフィニッシュカードをマナから拾ってくることでデッキの安定性にも繋がっています。 『ソーナンデス』と『ドンジャングルS7』のコンボで盤面に『ドンジャングルS7』を複数体展開する際は、相手の盤面に起点となるクリーチャー(攻撃することができるクリーチャー)が必要になるので、除去されてもいいクリーチャーを盤面に出して相手のクリーチャーを釣り出しするか、『父なる大地』で相手のバトルゾーンにクリーチャーを無理矢理バトルゾーンに出させなければいけない時もあります。 〇 『イチゴッチ・タンク』/『レッツ・ゴイチゴ』 『霞み妖精ジャスミン』を採用していない最大の理由は『龍装艦 チェンジザ』の効果で捨ててもマナブーストできず、8マナ域に繋げられないからです。 『ドンジャングルS7』を採用している関係で8マナまで伸ばすというのがかなり重要になってくるため、動きが鈍る可能性を少しでも少なくする必要があり、こちらを採用しています。 〇 『黒豆だんしゃく』/『白米男しゃく』 ・『黒豆だんしゃく』 効果は強いですがほとんど使いません・・・。 ・『白米男しゃく』 マナ回収はほとんど『ソーナンデス』と『ドンジャングルS7』が担ってくれますが、細かいマナ回収も場合によって必要なので1枚だけ採用しています。 〇 『フェアリー・ライフ』 〇 『フェアリー・シャワー』 トリガー兼ブーストカード トリガーの枚数を増やしてくれているのでデッキのコンセプトに合います。 〇 『父なる大地』 トリガー枠兼除去カード 序盤は相手の場にクリーチャーがいなければ相手のマナからクリーチャーを引っ張りだせるため、ブーストが引けていない試合のゲームプランの1つになります。 ブーストの枚数を減らしているので『ドンドン吸い込むナウ』を減らしてでも積んだ方がデッキの安定性が上がります。 そして『父なる大地』をマナに置いてしまってもこのカードはデッキによってはケアし続けなければならないカードになる(デスザーク対面や『終末の時計 ザ・クロック』を採用しているデッキ)ので、積んでいるだけで相手への圧力にもなります。 『ドンジャングルS7』による盤面の制圧や受け札を合計8枚積んでいるのでゲームメイクはしやすいです。 しかし、それで大きく変わるかというとそういうわけでもない(手札にキープしているカードによって突破はできる)ので、プレイングと相手との駆け引きでゲームを制する必要があります。 基本は『龍装艦 チェンジザ』をバトルゾーンに残した状態でこちらのターンを迎えることが勝ちに繋がりやすいのでそれを狙います。 『ドンジャングルS7』で『龍装艦 チェンジザ』を呼び出すことができれば相手への要求値が上がるのでどちらかが残るかこの2枚に対してハンドリソースを使ってくれることでの有利な状況が作れます。 〇 vs轟轟轟ブランド 有利対面です。 『ドンジャングルS7』を採用しているため採用していない型と異なり、ゲームのゴールが明確になっているのでそれ以外のカードはカード解説時にも述べましたが繋ぎに使えます。 トリガーも多く積んでいるので対戦相手は超過打点のワンショットでフィニッシュを狙わないと勝ちを狙いにくいのもポイントです。 (ブーストトリガー等を踏んでしまうと有効札が増えてしまうので) 〇 vs白零サッヴァーク 対戦相手のプレイスキルとデッキ構築に依存するので勝率は一概には言えませんが微有利~5分ぐらいです。 『煌龍 サッヴァーク』を盤面に立てられた時は『ドンジャングルS7』を展開するための起点として利用しましょう。 『煌龍 サッヴァーク』のシールドへの攻撃を防ぐことにも繋がります。 リソースを伸ばすことに重点を置き、可能であれば『「本日のラッキーナンバー! 」』で相手の動きを止めて8マナまで繋げましょう。 〇 vsデスザーク 先攻がかなり有利の対面です。 一つの基準として『追憶人形ラビリピト』の全ハンデス効果が起動するまでがタイムリミットになります。 要するに基本は5ターン目ですね。 こちらが先攻であれば1枚ブーストカードを使うだけで相手より先に『龍装艦 チェンジザ』をバトルゾーンに出したり、『ソーナンデス』からの『ドンジャングルS7』で先に仕掛けることができます。 ですが後攻だと間に合わないケースが多々あるので先攻後攻に依存してしまいます。 相手が3ターン目に『卍 デ・スザーク 卍』を立てるだけでターンを返したときは、それを『ドンドン吸い込むナウ』でバウンスしながらパーツを集めても大丈夫です。 4ターン目に立てられた時に返すかどうかは相手のハンド枚数や『卍 デ・スザーク 卍』の下に置いてあるカードで判断しましょう。 『追憶人形ラビリピト』を使われなさそうなゲームは『龍装艦 チェンジザ』と『ドンドン吸い込むナウ』でハンドリソースを伸ばしましょう。 〇 vsジョーカーズ 有利対面です。 」』や『六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~』等のカードでもターンを稼ぎやすいので相手の動きをこちらの間に合うスピードに持っていきやすいです。 相手のデッキに確定除去が少ないので『龍装艦 チェンジザ』が盤面に残りやすいのもポイント。 高速でループされたり、ノートリでジョラゴンのワンショットが通った時には負けます。 〇 vs轟破天 本来であれば不利対面ですが『ドンジャングルS7』から展開していくことでマッハファイターを持つ『ドルツヴァイ・アステリオ』をケアできるので互角に戦えます(『ドンジャングルS7』の攻撃誘導効果があるため)。 相手の『父なる大地』で盤面にクリーチャーを引っ張り出される可能性があるので『ドンドン吸い込むナウ』は極力キープします。 『ボントボルト』のパワーには勝てないので『ボントボルト』には気を付けましょう。 〇 vsトリガービート(サッヴァーク) 有利対面です。 序盤中盤はリソースを伸ばすことを重視し、相手のサッヴァーク系統が着地したタイミングで『ドンジャングルS7』の起点として利用して展開します。 通れば2体目の『龍装艦 チェンジザ』を召喚し、『「本日のラッキーナンバー! 」』の効果を2回使ってフィニッシュを狙います。 以上が青赤緑Jチェンジザ覇道デッキ解説になります。 ご購読、そしてこの記事をお読みいただきましてありがとうございました。 何か質問等あればコメント欄にお願い致します。 8マナまで伸ばせたゲームでクラッシュヘッドで突撃する以外ならドンジャングルからチェンジザを出してラッキーナンバーで7を宣言して龍終と穿ツを止めたり、逆瀧でフィニッシュまで繋げさせないようにするのはよくやります。 ドンジャングルで打点を増やすだけでなく受け札として運用するとゲームプランが立てやすくなると思いますよ。

次の