仕事辞める 占い。 「辞めるor留まる?」的中仕事鑑定【転職+決断+未来】すべて決着!

【夢占い】仕事を辞める夢の意味10選!会社を辞める夢は疲労の表れ?

仕事辞める 占い

女性の7割が3年経つと転職したくなる?探し求める天職の実態。 新入社員として胸躍らせながら入社したものの、思っていた仕事と違う、仕事環境に不満が・・・人間関係が上手くいかない・・・。 そんな悩みが早くて数か月すると出てくる人も多いと思います。 昔は結婚して退職するまでの社会勉強と思っていた人も多いと思います。 ですが、今はキャリアアップして生涯を通して仕事を続けていく女性も多くいます。 そんな中で、なんと女性の7割以上が3年経つと転職を考えるそうです。 一体なぜそんな気持ちになってしまうのか? 自分の天職は一体何なのか? そんな気持ちを少しずつ解読していきたいと思います。 3年目はある意味節目 結婚でもなんでも、3年というのは節目であるという話を聞いたことがあると思います。 結婚の場合、相手の良さ悪さがわかってくるため、価値観のズレが生じてきたりある程度の「慣れ」のようなものが起こり、相手との距離感を掴めるor掴めずに溝がそこから生じてきて最悪離婚へのカウントダウンが始まるなどとも言われています。 仕事の場合も結婚と同じで、入って1年目は右も左もわからない、がむしゃらに頑張る!といった気持ちから、2年目に突入してだんだんと仕事の「コツ」を掴み、3年目で「本当にこの仕事が自分に合っているのだろうか?」と疑問を持ち始めるといえます。 友人の話では、1年目には1日かかってやっていた仕事が3年目には午前中で仕上げられるため、トイレでこっそり読書したりサボり癖が3年目にはついてきて転職を考え始めたそうです。 「やりがいを感じられない」、「本当にこの仕事を一生続けていけるだろうか?」そんな不安や不満を持ち始めるのが3年目といえます。 仕事は人間関係が最も大切 これも友人の話ですが、仕事の業務自体には何も不満はなかったそうです。 むしろちょっと面白さを発見したりして仕事の面ではとても充実していました。 ですが、その友人の隣の席の女性が原因となり転職を考え始めるようになりました。 なぜなら、その女性は口を開けば愚痴ばかりだったからだったそうです。 仕事の愚痴、プライベートの愚痴、仕事仲間の愚痴・・・。 友人は愚痴を基本的に言わないタイプで聞き役的ポジションなので、その女性にとっては最高の憂さ晴らしの存在だったのでしょう。 最初は聞き流していたものの、それが1年2年と続き一向に愚痴を言わなくなる気配がなく、ついに友人は体調を崩してしまいました。 幸い、友人を何かと気にかけてくれる優しい上司がいたため、その話をしたところ、転職ではなく部署移動を命じられ転職は免れました。 たとえ仕事が楽しくても、周りの人との波長が合わなかったり人間関係のトラブルが生じやすい場所では、心は意識はしていなくとも荒んでいってしまいます。 自分の天職とは何か 転職や今の仕事に不満を持ってどうにかしたいと考える時、誰もがふと「自分に本当に合っている仕事は何なのだろう」と考えると思います。 例えば絵を描くことが好きだから、「イラストレーターになりたい。 」 安易な考えかもしれませんが、そうやってイラストレーターや画家になった人も多くいるでしょう。 ですが、今の仕事やお金を捨ててまでなりたいのか?と聞かれたら返事に躊躇してしまう人も多いはず。 以前江原啓之さんの著書に、「天職に就くことが必ずしも幸せではない」と書かれていたことがありました。 どうゆうことなのか詳しく読み進めていくと、例えば自分の趣味を仕事にしたことで面白さを感じなくなってしまう人がいる。 と書かれていました。 趣味ややってみたいこと=天職ではない。 ということを自覚していないと、結局また転職を繰り返してしまうということでした。 昔好きだった洋服のデザイナーさんのコラムで、「僕は服を仕事にしたくない。 僕の理想や価値観をわかってくれる人だけに僕の服を着てほしいだけ。 デザイナーと自分を一度も思ったことはない。 僕は僕の好きなことをしているだけ。 できるだけ放っておいてほしい。 」と書かれていたことに衝撃を受けたことがあります。 ただ好きなことをしていただけなのに、それがメディアに紹介されどんどん自分の理想とかけ離れていってしまう結果になってしまう・・・。 好きだったものが嫌いになってしまう。 そんな悲しいことはありません。 天職に就く=幸せではないということを知った上で自分を見つめ直すことが必要といえます。 才能と仕事を分けて考えても良い これも江原さんの著書に書かれていたものですが、「例えば鉄道オタクだとしたら、デスクに鉄道模型を置いたり鉄道の写真があるだけで仕事が頑張れるはず」という一文がありました。 実際、知人の男性も某大手企業に勤めていますが、趣味は夜行列車に乗って色々な綺麗な景色の写真を撮ることです。 そうやって休みの日はリセットして仕事を頑張っているんですね。 もちろんプロではありませんが、アマチュアの写真コンテストで何度か入賞もしているそう。 でもその知人はカメラマンになりたいわけではないのです。 あくまで休みの日にのんびりカメラ片手にプチ旅行がしたいだけ。 それがその人の幸せなんですね。 もちろん好きな仕事にやりがいを感じ、そこに幸福感や充実感を感じられたら最高かもしれません。 ですが仕事=賃金をもらうためということを忘れてはいけません。 好きだから、やってみたいからというところから始まったとしても、仕事はお金がまわらなければ仕事とは言えないのです。 厳しいことを言いますが、それでもやりたいという覚悟があり、貧乏生活やどん底時代を味わっても叶えたいと思うのであれば、趣味ややりたいことを仕事として自分の天職にすることもいけないことではありません。 自分の本当の幸せを考える 今転職したいと思っていたり、仕事に不満を抱えている人は、何が原因なのかをはっきり突き止めることが大切です。 人間関係が上手くいかず心身共に崩してしまうような場所であれば、それは転職や休職しても問題はありません。 むしろ転職や少しお休みした方が良いでしょう。 ですが、今の状況だけを考えてバサッと今まで積み重ねた経験を切ってしまうのであれば問題です。 これまで積み重ねたキャリアをもっと活かせる場所へ。 例え辛いことがあっても新しい挑戦がしてみたい! そういったあなたを前向きに一歩踏み出させてくれる理由や信念があるのであれば、転職したり独立したとしても、必ずいつか幸せを掴みとることができるでしょう。 より本格的な占いをしたい方にオススメの記事.

次の

「辞めるor留まる?」的中仕事鑑定【転職+決断+未来】すべて決着!

仕事辞める 占い

仕事を辞めるか辞めないかの判断は「行動」でしか答えが出ない 本題に入る前に、前提条件があります。 それは、「辞めるべき場合」が存在することです。 先にこちらを話しておきます。 【前提】仕事を辞めるか辞めないかの判断に際し、「辞めるべき場合」がある 仕事を辞めるか辞めないかの判断で迷っている暇すらない「辞めるべき場合」が存在します。 それは、「パワハラを受けている場合」と「仕事が原因でうつ病のおそれがある場合」です。 この2つは対策を講じないことで心身をむしばんでいき、働ける状態を奪ってしまいます。 私は両者を経験して休職しました。 回復するのにやはり時間を要しました。 復職制度は整っていましたが、そんな職場で長い人生を送っていく勇気なんて持てませんでした。 そういった環境で仕事を続けることは、人生において明らかに不幸です。 経験上、「辞めるべき」だと思います。 とはいえ、「すぐに辞めるべき」というわけではありません。 休職・有休・異動等のあらゆる方法を適用して、今の環境からいったん離れましょう。 その上で、次の働き方を模索すべきです。 そうしないと、先が見えない不安に悩まされます。 なので、上記2つに当てはまる場合は、「経験者が仕事を『辞めるべき』と主張する状況に置かれているんだな」と受け止めて、適切に行動しましょう。 給料が安いから?家族がいるから?仕事を辞めるか辞めないかで悩む理由は様々 仕事を辞めるか辞めないかで悩む理由は様々です。 「給料が安いから」という人もいれば、「家族がいるから自分だけで決められない」といった人、「やりがいが見いだせない」という人もいます。 収入面なのか、やりがいなのか、人間関係なのか、労働環境なのか、それぞれある悩みを解決するためには「何が最適解なのか」、これを見つけなくてはなりません。 そうすると、転職活動等を通して次の算段をある程度つけないと、辞めた方がいいのか、辞めてもいいのか、そういった基準が確立されないのです。 仕事を辞めるか辞めないかの判断で、他人に依存するのは厳禁【経験則】 仕事を辞めるか辞めないかの判断で、経験上お伝えしたいのはこれです。 他人に依存するのは厳禁、ということ。 もちろん家庭の状況は検討材料になりますが、結局は自分で決断するしかないのです。 私は、新卒入社の営業職時代に仕事を辞めたいと思ったとき、わりと多くの人にその気持ちを打ち明けていました。 「仕事内容が合わない、もう続けていけない」そう思いながらも、辞めるかどうかの決断を自分一人で下すには少々荷が重く感じていたのです。 また、引き止められそうで上司に言い出せない自分もいました。 一人で悩んでいくうちに「辞めるという選択が本当に正しいのか?」という不安は大きくなる一方でした。 そして、誰かに背中を押して欲しくなりました。 仕事を辞めるか辞めないかをさまよいながら、「今の仕事も嫌、辞めると言えない自分も嫌、しっかり決断できない自分も嫌」そうやって誰かの力を借りようとしたのです。 実際に他人の意見を多くもらいましたが主張は様々でした。 「辞めてもいいよ」という人もいれば、「続けるべき」という人も。 その度迷路に迷い込んでいました。 そして、「結局自分はどうしたいんだ?」そこに辿り着きました。 他人はあくまで他人、大事な決断を他人に依存しても自分の納得する答えはでない、むしろ不安になっていくだけ。 本当にどうしたいかの答えは自分しか持ち合わせていない、そう感じたのです。 【結論】仕事を辞めるか辞めないかの判断は、行動しないと納得の答えは出なかった 営業職のときは正直失敗でした。 長いこと悩んだ挙句、辞めたい一心で次を決めずに退職しています。 一方、在職中に転職活動をしていたときは違いました。 ここに明確な答えがありました。 仕事を辞めるか辞めないかの判断は「行動しかない」と。 なぜなら、「今と次」を対比できるからです。 結局、大事な決断をするからには他人のせいにすることはできません。 最後は自分で選択しかないのです。 他人のアドバイスどおりに生きてもその後を保障してくれる人はいないし、下手をすると他責の念に駆られます。 だから、自分が納得できる答えを出すために行動しましょう。 そのためには、「今の状況」と「次の予定」を対比できるところまで情報を浮かび上がらせる必要があります。 在職中の転職活動が最も合理的です。 何度も仕事を辞めたいと思ってきた私なりに、転職活動のエッセンス・効率的な方法を下記記事にて詰め込んでいます。 行動したい方は是非参考にしてください。 仕事を辞めるか辞めないかで迷っている人に伝えたいこと 記事の後半ではさらに深掘りしてみます。 仕事を辞めるか辞めないか、どちらの判断に至っても後悔はしたくないところです。 そこで、迷っている人に経験上伝えたいことを述べていきます。 仕事を辞めるか辞めないかの判断では、わりと孤独な戦いになります 仕事を辞めるか辞めないか、その答えを見つける旅はわりと孤独です。 情報収集に苦労するし、在職中の転職活動となれば時間・体力ともに消耗します。 何かと余裕がなくなるのです。 なので、 自分が今後どう在りたいか、それだけは前もって明確にしておきましょう。 これからの自分が求めるもの、それが明確であればあるほど、情報を精査しやすいです。 無駄も省けます。 色んなものが判断材料となるように感じるかもしれませんが、基準は「自分が求めるもの」です。 そして、他人のアドバイスはほどほどにしましょう。 考えなしに流された結果の決断は後悔の可能性があります。 そういう人は本当に多いです。 【注意】仕事を辞めるか辞めないかに迷いすぎて、占いに頼るのはやめましょう また、仕事を辞めるか辞めないかに迷った挙句、占いに頼るのは厳禁です。 もうお分かりでしょうが、他人への依存は何の解決にもなりません。 占いも同様です。 そして、私は過去、仕事を辞めたいときに占いに行って失敗しています。 興味とお時間がある方は、下記記事にて失敗談を参考にしてみてください。 仕事を辞めるか辞めないかの判断で、深く悩まなくても大丈夫です とはいえ、あまり深く考えてもいけません。 ずっと一人で考え続けても、迷路に迷い込んでしまいます。 例え話が仕事ではなく申し訳ないのですが、少し話を。 私は、青春時代をサッカーに捧げました。 高校では、毎朝、夜遅くまで部活に励んでいました。 「ボールはともだち」ぐらいの勢いです。 高校最後の大会。 「青春ぜんぶ懸けて、ここまでやってきた…。 絶対にここでサッカー人生を終わらせたくない。 」 そんな気持ちで挑んだものの全国に行くことはできず、不完全燃焼で幕を閉じました。 大切なものを失うのは辛いです。 ただ、悲しい現実ですが、プロを目指すなんて確率が悪すぎます。 生活できません。 その後の私は、社会人サッカーすらやっていません。 つまり言いたいことは、辞めたくないほど大切なものであっても、辞めてしまえば当時の感情は薄くなっていきます。 次の行動に移ればそれなりにやることがあるので、 行動後の自分が当たり前になる、ということ。 なので、今の仕事を失う不安があったとしても、行動後の決断であれば大丈夫です。 仕事を辞めるか辞めないかは、行動しつつ考える、その上で決断しましょう 仕事を辞めるか辞めないかは、行動しつつ考えていきましょう。 その上での判断です。 なぜなら、行動の過程で判断基準はより明確になっていくからです。 「今の仕事を辞めたい」という気持ちを解消できるか。 そんな視点で物事を捉えると、その差分も見えやすいのではないでしょうか。 そして、最終的には心の声に従いましょう。 行動して考え抜いた仮説(転職後の見込み等)は、そう簡単に外れたりしません。

次の

【夢占い】仕事を辞める夢の意味10選!会社を辞める夢は疲労の表れ?

仕事辞める 占い

仕事を辞めるか辞めないかの判断は「行動」でしか答えが出ない 本題に入る前に、前提条件があります。 それは、「辞めるべき場合」が存在することです。 先にこちらを話しておきます。 【前提】仕事を辞めるか辞めないかの判断に際し、「辞めるべき場合」がある 仕事を辞めるか辞めないかの判断で迷っている暇すらない「辞めるべき場合」が存在します。 それは、「パワハラを受けている場合」と「仕事が原因でうつ病のおそれがある場合」です。 この2つは対策を講じないことで心身をむしばんでいき、働ける状態を奪ってしまいます。 私は両者を経験して休職しました。 回復するのにやはり時間を要しました。 復職制度は整っていましたが、そんな職場で長い人生を送っていく勇気なんて持てませんでした。 そういった環境で仕事を続けることは、人生において明らかに不幸です。 経験上、「辞めるべき」だと思います。 とはいえ、「すぐに辞めるべき」というわけではありません。 休職・有休・異動等のあらゆる方法を適用して、今の環境からいったん離れましょう。 その上で、次の働き方を模索すべきです。 そうしないと、先が見えない不安に悩まされます。 なので、上記2つに当てはまる場合は、「経験者が仕事を『辞めるべき』と主張する状況に置かれているんだな」と受け止めて、適切に行動しましょう。 給料が安いから?家族がいるから?仕事を辞めるか辞めないかで悩む理由は様々 仕事を辞めるか辞めないかで悩む理由は様々です。 「給料が安いから」という人もいれば、「家族がいるから自分だけで決められない」といった人、「やりがいが見いだせない」という人もいます。 収入面なのか、やりがいなのか、人間関係なのか、労働環境なのか、それぞれある悩みを解決するためには「何が最適解なのか」、これを見つけなくてはなりません。 そうすると、転職活動等を通して次の算段をある程度つけないと、辞めた方がいいのか、辞めてもいいのか、そういった基準が確立されないのです。 仕事を辞めるか辞めないかの判断で、他人に依存するのは厳禁【経験則】 仕事を辞めるか辞めないかの判断で、経験上お伝えしたいのはこれです。 他人に依存するのは厳禁、ということ。 もちろん家庭の状況は検討材料になりますが、結局は自分で決断するしかないのです。 私は、新卒入社の営業職時代に仕事を辞めたいと思ったとき、わりと多くの人にその気持ちを打ち明けていました。 「仕事内容が合わない、もう続けていけない」そう思いながらも、辞めるかどうかの決断を自分一人で下すには少々荷が重く感じていたのです。 また、引き止められそうで上司に言い出せない自分もいました。 一人で悩んでいくうちに「辞めるという選択が本当に正しいのか?」という不安は大きくなる一方でした。 そして、誰かに背中を押して欲しくなりました。 仕事を辞めるか辞めないかをさまよいながら、「今の仕事も嫌、辞めると言えない自分も嫌、しっかり決断できない自分も嫌」そうやって誰かの力を借りようとしたのです。 実際に他人の意見を多くもらいましたが主張は様々でした。 「辞めてもいいよ」という人もいれば、「続けるべき」という人も。 その度迷路に迷い込んでいました。 そして、「結局自分はどうしたいんだ?」そこに辿り着きました。 他人はあくまで他人、大事な決断を他人に依存しても自分の納得する答えはでない、むしろ不安になっていくだけ。 本当にどうしたいかの答えは自分しか持ち合わせていない、そう感じたのです。 【結論】仕事を辞めるか辞めないかの判断は、行動しないと納得の答えは出なかった 営業職のときは正直失敗でした。 長いこと悩んだ挙句、辞めたい一心で次を決めずに退職しています。 一方、在職中に転職活動をしていたときは違いました。 ここに明確な答えがありました。 仕事を辞めるか辞めないかの判断は「行動しかない」と。 なぜなら、「今と次」を対比できるからです。 結局、大事な決断をするからには他人のせいにすることはできません。 最後は自分で選択しかないのです。 他人のアドバイスどおりに生きてもその後を保障してくれる人はいないし、下手をすると他責の念に駆られます。 だから、自分が納得できる答えを出すために行動しましょう。 そのためには、「今の状況」と「次の予定」を対比できるところまで情報を浮かび上がらせる必要があります。 在職中の転職活動が最も合理的です。 何度も仕事を辞めたいと思ってきた私なりに、転職活動のエッセンス・効率的な方法を下記記事にて詰め込んでいます。 行動したい方は是非参考にしてください。 仕事を辞めるか辞めないかで迷っている人に伝えたいこと 記事の後半ではさらに深掘りしてみます。 仕事を辞めるか辞めないか、どちらの判断に至っても後悔はしたくないところです。 そこで、迷っている人に経験上伝えたいことを述べていきます。 仕事を辞めるか辞めないかの判断では、わりと孤独な戦いになります 仕事を辞めるか辞めないか、その答えを見つける旅はわりと孤独です。 情報収集に苦労するし、在職中の転職活動となれば時間・体力ともに消耗します。 何かと余裕がなくなるのです。 なので、 自分が今後どう在りたいか、それだけは前もって明確にしておきましょう。 これからの自分が求めるもの、それが明確であればあるほど、情報を精査しやすいです。 無駄も省けます。 色んなものが判断材料となるように感じるかもしれませんが、基準は「自分が求めるもの」です。 そして、他人のアドバイスはほどほどにしましょう。 考えなしに流された結果の決断は後悔の可能性があります。 そういう人は本当に多いです。 【注意】仕事を辞めるか辞めないかに迷いすぎて、占いに頼るのはやめましょう また、仕事を辞めるか辞めないかに迷った挙句、占いに頼るのは厳禁です。 もうお分かりでしょうが、他人への依存は何の解決にもなりません。 占いも同様です。 そして、私は過去、仕事を辞めたいときに占いに行って失敗しています。 興味とお時間がある方は、下記記事にて失敗談を参考にしてみてください。 仕事を辞めるか辞めないかの判断で、深く悩まなくても大丈夫です とはいえ、あまり深く考えてもいけません。 ずっと一人で考え続けても、迷路に迷い込んでしまいます。 例え話が仕事ではなく申し訳ないのですが、少し話を。 私は、青春時代をサッカーに捧げました。 高校では、毎朝、夜遅くまで部活に励んでいました。 「ボールはともだち」ぐらいの勢いです。 高校最後の大会。 「青春ぜんぶ懸けて、ここまでやってきた…。 絶対にここでサッカー人生を終わらせたくない。 」 そんな気持ちで挑んだものの全国に行くことはできず、不完全燃焼で幕を閉じました。 大切なものを失うのは辛いです。 ただ、悲しい現実ですが、プロを目指すなんて確率が悪すぎます。 生活できません。 その後の私は、社会人サッカーすらやっていません。 つまり言いたいことは、辞めたくないほど大切なものであっても、辞めてしまえば当時の感情は薄くなっていきます。 次の行動に移ればそれなりにやることがあるので、 行動後の自分が当たり前になる、ということ。 なので、今の仕事を失う不安があったとしても、行動後の決断であれば大丈夫です。 仕事を辞めるか辞めないかは、行動しつつ考える、その上で決断しましょう 仕事を辞めるか辞めないかは、行動しつつ考えていきましょう。 その上での判断です。 なぜなら、行動の過程で判断基準はより明確になっていくからです。 「今の仕事を辞めたい」という気持ちを解消できるか。 そんな視点で物事を捉えると、その差分も見えやすいのではないでしょうか。 そして、最終的には心の声に従いましょう。 行動して考え抜いた仮説(転職後の見込み等)は、そう簡単に外れたりしません。

次の