ベスト エフォート 型。 ベストエフォート型とは

ベストエフォートとは?

ベスト エフォート 型

おすすめネット回線!• NURO光• 圧倒的な回線速度でコスパは最強。 対象エリア内なら最優先で検討を• ドコモ光(GMOとくとくBB)• ドコモユーザーにおすすめ、高額キャッシュバックが魅力的!• ソフトバンク光• 家族みんなでソフトバンクスマホを使ってるなら、光回線はソフトバンク光1択!• ネット環境は欲しいけど工事や面倒な手続きはしたくない…という人はWiMAXがおすすめです• eo光• 関西で快適なインターネット環境を手に入れるなら、「顧客満足度NO. 1」のeo光!• ベストエフォートとは品質を明確に保証しない表現方法 「ベストエフォート」=「最大限の努力」という意味 ベストエフォートとは「最大限努力する」という意味です。 通常、企業が提供するサービスの品質は明確に定義することが多く、例えばピザのデリバリーでは30分以内の到着を強調していたりします。 ドミノピザでは30分を超えると、場合によっては割引クーポンをくれることもありますよね。 ベストエフォートとはその逆で、 サービスの品質レベルを常に保証せず、「最大でこのくらい」と表現する方法です。 IT関連では広告の文言にもよく登場する表現ですが、具体的にはどのような内容なのでしょうか。 インターネット回線での「ベストエフォート」は「想定の最大通信速度」 インターネット回線の話題でベストエフォート」という言葉が出てくるときは、 速度に対する言葉として使われることが多いです。 インターネット回線の通信速度は、PCの性能・同時アクセス人数など、さまざまな要因によって変化します。 回線混雑も発生するため、 常に一定の速度を保証することは不可能です。 インターネット回線の提供事業者は、混雑を解消するために設備の増強などさまざまな努力を行います。 しかし、回線速度は同時アクセス人数などの業者がコントロールできない要素にも左右されるので、速度に関して常に保証することはできません。 事業者がベストエフォート型の表現によってサービス運営を行うのはこのためです。 ベストエフォートの逆は「ギャランティ」 ベストエフォート型と逆の意味で用いられる言葉に「ギャランティ型」があります。 ギャランティとは「保障」の意味で、 サービスの品質を明示し、それを保証する仕組みを指します。 ギャランティ型の具体例としては、企業で使われる本社と支社の間を結ぶ専用回線などが挙げられます。 本社・支社以外に回線に影響を及ぼす要因がないため、混雑が生まれにくくなります。 一般消費者としても、インターネット回線の速度に関してはギャランティ型で保証してくれることが理想的です。 しかしギャランティ型にするには専用の設備を必要とするため、莫大なコストがかかります。 一般家庭でギャランティ型を実現するのは現実的ではありません。 インターネット回線の理論上の速度と実際の速度は異なる 理論値は条件がすべてそろった時が前提 インターネット回線のサービスの説明を見ると、「最大1Gbps」という文言をよく見かけますよね。 これはベストエフォート型の表現の1種であり、 1Gbpsという数字はあくまでも理論値であることに注意しなくてはなりません。 理論値とは常に再現できる数字ではなく、前提となる条件が複数あります。 要因は同時に接続しているユーザーの数、端末の性能、通信環境などさまざまです。 これらすべてが理想通りの条件になったときに出るのが理論値です。 実際の速度はユーザーの利用状況に影響される 理論値の話からご想像いただけたとおり、実際のサービスでの速度は理想通りにはいきません。 ユーザーのネット利用の状況が常に変化を続けるのに従い、実際の速度も変化します。 影響要因の1つが混雑具合です。 曜日や時間帯などによりますが、ネットの接続人数が多いタイミングでは混雑が発生し、速度は低下します。 年末年始にネットが非常に遅くなることが話題になったことがありましたが、多くのユーザーが新年の挨拶をメールで送ることが原因でした。 もう1つの大きな要因はパソコンの性能です。 パソコン自体の処理速度が速いほどネットの通信スピードも速いため、スムーズに利用できます。 とくに、ソフトを同時に複数立ち上げた際の 処理能力が優れていると、体感する通信速度も速く快適です。 プラン比較ではベストエフォートだけでなく実測値も確認すべき ベストエフォートでの速度表現は、インターネット回線のプラン選びでの一部として重要なことは確かです。 しかし、あくまでも理論値であり、鵜呑みにすることのできる数字ではありません。 実際の速度はベストエフォートでの表現よりも低いと考えるべきです。 回線比較をより適切に行うためには、色々な環境で実際に出ている速度をチェックすることが必要です。 実際の速度なんてどうやって見ればいいのだろう?と思う方も多いと思いますが、インターネット回線上で一般のユーザが計測した速度を公開しているサイトがいくつか存在します。 計測公開サイトでの実測値をいくつかチェックしてみることがおすすめです。 誰でも無料で利用できるサイトなので、入会料・手数料などは一切必要ありません。 次の章では、実測値公開サイトの利用方法について解説します。 回線速度の実測値をチェックしてみよう 回線の実測値を公開しているサイトを紹介 おすすめのサイトを2つご紹介します。 ぜひ一度どちらかのサイトで実測値を確認してみてください。 Radish おすすめサイトの1つ目は「 速度計測システム Radish」です。 株式会社Studio Radishが運営しているサイトで、複数の地点にサーバーを設置し、異なる事業者の回線を計測しています。 参考: BNRスピードテスト 2つ目のおすすめサイトは「 BNRスピードテスト」です。 こちらは下りの速度に加え、上りの速度も計測できるのが特徴。 速度計測機能の使い方も、BNRの方が簡単で便利です。 参考: 他回線での実測値をチェックしてみよう この記事を読んでいる方には、新規契約や乗り換え先のプランの実測値はどれぐらいなのか?を知りたい方も多いと思います。 「Radish」には「 」というメニューがあり、 各地に住んでいるユーザーが測定した結果を把握することができます。 契約回線やプロバイダで絞り込むことができるため、自分が検討している事業者の結果を見てみると良いでしょう。 「BNR」には「 」があり、 回線ごとの速度の統計情報を確認することができます。 この統計情報は過去からの蓄積されたデータを基にしていますが、最新の計測情報を取り込んだ結果として適宜更新されます。 「Radish」は個々のリアルな計測結果が掲載されているので、最近の他ユーザーの測定結果を知りたい場合におすすめです。 「BNR」は個々の結果を集計したデータがあるので、過去を含めた統計データを知ることができます。 速度計測もBNRのほうが簡単で便利です。 両方の計測システムはあくまでも参考値であり、絶対的な数字ではありません。 しかし、ベストエフォートの数字にプラスする情報としてかなり有益な情報ではないでしょうか。 通常は下りで1~3Mbps程度、動画鑑賞には下り10Mbps 実測値でどれだけの速度が出ればよいのかというと、 メールのやり取りやウェブサイトの閲覧だけなら1~3Mbps程度の速度で十分です。 ただし動画の鑑賞やリアルタイム通信が必要なゲームなどをするにはもう少し速度が必要で、10Mbps以上あると快適に利用鑑賞できます。 YouTubeやニコニコ動画、テレビ局のオンデマンドサービスなどをよく利用される方は、10Mbps以上を目安にしてくださいね。 まとめ ベストエフォートとは「最大限の努力」という意味であり、インターネット回線では速度についての品質を表現する方法であることがお分かりいただけたかと思います。 インターネット回線の通信速度は、同時接続人数やパソコンの処理性能など、さまざまな要因によって変動します。 サービス提供者は、常に一定の通信速度を保証することができません。 ベストエフォートで表現される速度はあくまでも理論値であり、実際のサービスで出るスピードではありません。

次の

QoSのアーキテクチャ

ベスト エフォート 型

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年11月) ベストエフォート(: best effort、最善努力)とは、最大の結果を得られるよう努力することをいう。 通常、契約等における受任者の負うべき義務を規定する場合に使われる用語で、そのような努力がなされないときは債務不履行責任を負うものの、そのような努力がなされたうえは、結果に対する責任を負わないことを定める際に用いられる。 のベストエフォートとは、利用者の操作によるデータの要求が、システムが処理できる量を超えても明示的なエラーの通知も再処理もしない方式を意味する技術用語である。 通常、能力を超えた要求は破棄される。 通信事業者 [ ] には、全ては挙げないがおおまかに以下のようなものがある。 (パソコン)• (スマートフォン・タブレットなど)• これらの契約には、「ギャランティ型」という契約者がネットワークを占有する契約と、本記事で解説する「ベストエフォート型」ではネットワークの設備が共有されるというものがある。 「ベストエフォート型」の場合、ネットワークの能力を超えたトラフィックが入力された場合に、超過分のパケット通信が捨てられる仕組みを意味する。 通信規格上の最高速度のみをする行為は、単にに反するだけではなく、(景品表示法)で禁止されるであり、顧客の期待とサービスの実態が異なるような表示となる。 電気通信サービスの広告表示に関する自主基準及びガイドライン 2003年12月には、「電気通信サービス向上推進協議会」(TELESA、事業者の協会で構成)が自主基準を策定し、宣伝広告において、ベストエフォートについてはサービス品質が環境によって変化しうることを明瞭に表示する、「最高品質」などといった場合は客観的事実に基づくよう求めた(また料金広告など)。 2007年にはこのガイドラインの改定のための案を示し、再び虚偽・誇大広告に気をつけ、客観的な事実に基づく点を示した。 しばしば改訂されている。 移動系通信事業者が提供するインターネット接続サービスの実効速度計測手法及び利用者への情報提供手法等に関するガイドライン 実効速度が事業者や地域・場所によって違うことが、トラブルとなりうる。 とりわけ、スマートフォンにおける理論上の最高速度の表示が高速化するにつれ、消費者からの苦情が増加した。 2015年までに総務省が研究会を開催し、実際の速度、「実効速度」を広告に利用するための議論がなされた。 2016年には総務省のガイドラインに従った1500地点での計測がNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクによってなされた。 これをTELESAが監督する。 消費者から寄せられた苦情は「LTEサービスで150Mbps(最高速度)とされているが、動画が遅延して表示される(実効速度の結果)」といったものである。 総務省が電気通信事業を管轄しており、苦情はや、市役所などに設置されているにも寄せられる。 下り最大150Mbps 、 実効速度 42. 5Mbps - 103Mbps。 伴って、こうした主要キャリアの回線を利用している他社は、こうした最高速度の広告宣伝をやめていった。 最大速度を宣伝したければ、、実効速度も併記するというガイドラインができたことが理由で、各社も計測の準備を行っている。 違反例 [ ] そうした中で2017年にはMVNOのが消費者庁によって命令措置を受けた。 理由は「業界最速」「販売数1位」とウェブサイトで広告したことについて、特定地点での12時台の結果であったことや、グラフの数値が異なっていたこと、特定の電気販売店での販売数であったことなど。 景品表示法への違反、優良誤認として8824万円の支払いが命じられた。 こうした苦情によって2016年にが改正され、電波のつながり具合や、契約時の説明等が不十分な場合には8日以内に契約を解除できることとなった。 2018年にはある男性がを提訴。 「ギガ放題プラン」について、契約上の速度制限について店頭説明では制限にかかったことがないかのように説明されたため契約したら、著しい速度制限があったため。 東京高等裁判所の判決により認められたことは、電気通信事業法26条における契約条件の説明義務や、4条1項1号の「不実告知」という重要事項の事実と異なる説明である。 また回線提供者のUQは契約を担当した会社ではないが、UQの広告について優良誤認を起こす可能性、消費者契約法9条によって解約金は解約による損害を上回ってはならず、UQの1万9千円は脱法的だと指摘された。 実際の通信速度 [ ] ベストエフォート型では通信設備や回線が顧客間で共有されているため、回線利用の混雑を理由に通信品質は低下する。 また回線事業提供者の根幹の設備である「バックボーン」が要求されるデータ量に足して不足すると速度低下は起こる。 2018年には10Gbpsの光回線サービスの提供が開始されている。 スマートフォンでは2017年に、NTTドコモが788Mbpsのサービスを開始している。 しかし、こうしたベストエフォート型回線サービスの最大速度の表示はあくまでもその通信規格における理論上の最高速度であり、利用者の競合がなく1人のみが使用し、信号減衰がないといった環境は実際には望めない。 記者が個人的に実測した一例• 最大10Gbps - 実行速度ダウンロード 2200. 95Mbps、アップロード 5063. 96Mbps。 最大1Gbps - 実行速度ダウンロード 618. 32Mbps、アップロード 986. 12Mbps。 またこうしたの結果よりも、実際にデータを提供しているウェブサイトからのダウンロード速度は遅くなることがある(この場合、特定のウェブサイトの読み込みが遅い)。 NTTドコモによるガイドラインに従った表記• 最大788Mbps - 実行速度は97Mbps-162Mbps。 パソコン環境 [ ] FTTHやCATV、ADSLのの回線の設備が性能不足である場合もある。 ここまでは(あるいは)までである。 モデム(ブロードバンドルーター)から利用者が使用するパソコンまたはスマートフォンまででは、の処理性能や、搭載されたやの規格上の転送性能が低い場合がある。 こうしたネットワークの途中、あるいは末端において、処理性能の低い機器が存在すれば、その処理性能を上回ることはできない。 例えば2018年時点では、10Gbpsの設備では、(10GBASE-T)のルーターと、 CAT6A 規格のケーブルが必要となる。 Wi-Fiでも、回線業者から送られてくるモデム装置は WiFi 6 の最大2. 4Gbpsに対応するが、端末側(PCやスマートフォン)の、(Wi-Fi 5、)の最大866Mbpsなど(規格により異なる)を超えることはできない。 (またこれらの規格も理論上最高速度であり、実測では劣る) 出典 [ ] []• ITMedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 次ページも含む。 永沢茂 2003年12月15日. Internet Watch. 2018年12月1日閲覧。 吉澤亨史 2007年5月22日. CNET Japan. 2018年12月1日閲覧。 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 田中聡 2016年1月5日. ITmedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 田中聡 2017年4月28日. ITmedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 ITmedia Mobile 2018年3月26日. 2018年12月1日閲覧。 国民生活センター 2016年6月6日. 2018年12月1日閲覧。 出口絢 2018年5月9日. 弁護士ドットコム. 2018年12月1日閲覧。 高橋健太郎 2018年11月30日. 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 高橋健太郎 2018年11月30日. 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 Internet Watch. 2018年11月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (電気通信サービス向上推進協議会) 自主基準に関するガイドライン等 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

QoSのアーキテクチャ

ベスト エフォート 型

目次 この記事でわかること• ベストエフォートとは ベストエフォートとは、直訳すれば「最大限の努力」ですので、 サービスを提供するときに最大限の努力をすることを表現する言葉です。 ですが、企業が顧客にサービスを提供するとき、常に最大限の努力をするのは当然のことですよね。 それをあえて「最大限の努力をします」と注釈を付けることで、 「努力はするけれども目標を到達できないこともある」と暗に示しているのです。 つまり、冒頭でも紹介しましたがベストエフォートとは、 「最大速度を実現できないこともあるけれども、最大限の努力をしているから容認して」との企業からのメッセージだともいえるのです。 ベストエフォートタイプのインターネットサービスには、次のようなメリットとデメリットがあります。 ベストエフォートのメリット ベストエフォートタイプにすることで、 企業側には「最大速度が実現できなくても損害賠償を請求されない」というメリットが生じます。 もちろん、できるだけ理論上の最大速度に近付けるようにたゆまぬ努力をする必要はありますが、目標を達ができなくても特にペナルティはないのは企業にとって大きなメリットでしょう。 もちろん、ベストエフォートタイプは利用者にとっても大きなメリットがあります。 ベストエフォートタイプと異なり品質が保証されたサービスを「ギャランティタイプ」と言いますが、 ギャランティタイプは品質が保証されている分、利用料金が高額になってしまいますので家庭用サービスとしては不向きです。 一方、 ベストエフォートタイプは月々数千円で利用でき、家計を圧迫せずに家庭でインターネットを楽しめます。 ベストエフォートのデメリット ベストエフォートタイプは、 回線を複数の利用者で利用することで個々の金銭的負担を低くする接続方法ともいえます。 しかしながら、回線を同時に利用する人数(端末機器の台数)が少なければ理論上の最大速度に近い速度で利用できますが、 回線を多人数(多くの端末機器)で同時に使用すると、理論上の最大速度からは大きく離れた低速になってしまうというデメリットもあります。 フレッツ光がベストエフォートの方式をとる理由 フレッツ光のサービスをすべての人にギャランティタイプで提供することは、ハード面にも無理があります。 しかも、 金額的にもギャランティタイプはベストエフォートタイプとくらべると高額ですので、一般家庭には利用しづらいものとなっています。 多くの人が利用できるインターネットサービスとなると、 やはり品質や速度保証がされてはいない代わりに安価に提供できる「ベストエフォートタイプ」がベストといえるでしょう。 もちろん、 NTTも理論上の速度と品質を提供するために日々努力を続けていますので、「ベストエフォートタイプだから繋がりにくい」「ベストエフォートタイプだから通信速度が遅い」という状況にはなりにくくなっています。 理論値と実測値 なお、ベストエフォートタイプで表示されている速度は「理論値」です。 理論値とは、 「インターネット通信に理想的な環境が完全に整ったときに計算上で可能だとされる通信速度」を指しています。 一方、実際に利用できる速度を「実測値」と言います。 こちらは、どのタイミングで測定するか、どのような環境(接続するケーブルや利用端末、Wi-Fiなどのルーター、同時に同じサービスでインターネットに接続する人数など)で測定するかによって変わりますので、 インターネットに繋げてみるまではわかりません。 実測値がどの程度なら問題なく使えるのか? フレッツ光の場合、スーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本 やレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ、ギガファミリー・マンションタイプ NTT東日本 といったように、さまざまなインターネットサービス業者で「ギガ通信」「ギガ速」などの言葉が使われています。 そのため、「1Gpsの速度が出ないと、インターネット通信をスムーズに楽しむことができない」と思いこんでいる人も多いです。 ですが、 実際には1Gbpsに近い速度が出なくても不便に感じることはすくないといえます。 具体的には、 次の速度が出ていたら、ほとんど不便を感じることなくインターネット通信を楽しめます。 回線速度の実測値 スムーズに利用できるサービス 1Mbps以上10Mbps未満 ・サイトの閲覧(容量が大きい画像を含む場合は若干遅くなる) ・メールの送受信 ・ブログの更新 10Mbps以上30Mbps未満 ・ファイルのダウンロード ・サイトの閲覧(容量が大きい画像を含む場合も不具合なし) ・動画の視聴 ・オンラインゲーム 30Mbps以上 ・映画などの高画質の動画の視聴 ・高速対戦ゲーム ・容量が大きなファイルのダウンロード ・容量が大きなファイルのアップロード インターネットの回線速度は回線だけの問題ではない インターネットの回線速度が理論値よりも甚だしく遅いときは、 もしかしたら回線以外にも何らかの問題が発生しているのかもしれません。 次のような理由が考えられますので、該当しているものはないか確認して見ましょう。 プロバイダが混雑している プロバイダが混雑状況にあると、インターネットを快適に楽しむことができません。 また、 プロバイダに問題が発生しているときも、インターネットの接続速度が遅くなることもあります。 あまりにも通信速度が遅い時は、プロバイダのサポートセンターにも問い合わせてみましょう。 自宅のネットワーク機器に問題がある 自宅で利用しているLANケーブルや無線LANケーブルが、高速通信対応型ではない可能性もあります。 契約しているフレッツ光の最大速度が発揮できるネットワークになっているのか、今一度確認してみましょう。 パソコンの処理速度に問題がある パソコンの規格が古いと処理速度に時間がかかりますので、せっかくの高速通信サービスを最大限に発揮できない可能性があります。 また、 1台のパソコンで同時に複数の作業を実行しているときは、処理速度が通常以上に低下してしまいます。 あまりにも速度が遅い時は、同時に2つ以上の作業を行わないようにしてみてください。 自分の回線速度を調べる方法 通信速度測定サイト上で、回線速度の実測値を調べることができます。 無料で利用できるサービスもたくさんありますので、気になった時は気軽にチェックしてみてはいかがでしょうか。 次の記事では無料で利用できる速度チェックサービスを紹介していますので、ご活用。 【関連記事】 回線速度を早くしたいなら回線変更がオススメ 光回線としてフレッツ光に契約しても、プロバイダが異なると実測値が大きく異なることがあります。 それは、 回線を複数の利用者で利用することで個々の金銭的負担を低くするベストエフォートタイプという接続方法をとっているためです。 人気の光回線はたいていがベストエフォートタイプという方式をとっていますが、そのなかでもフレッツ光は特に利用者が多く、回線が混雑しやすいというデメリットがあります。 そこでオススメなのがauひかりなど、他社の光回線です。 それでは、最後にフレッツ光よりも混雑が少なく、ベストエフォートタイプで価格も安価な回線をご紹介します! auひかり auひかりは、株式会社KDDIが運用するベストエフォートタイプの光回線で、最大速度がフレッツ光と同じ1Gbpsです。 全国約70%の箇所が対象エリアとなっています。 【関連記事】 申し込み特典として、以下のキャッシュバックサービスを受けることができます。 最大 120,000円 キャッシュバック! まとめ ベストエフォートとは、 「最大速度を実現できないこともあるけれども、最大限の努力をしているから容認して」という企業からのメッセージです。 ベストエフォートのメリットは、 品質が保証されていない・回線を複数の利用者で共有する代わりに、個々の金銭的負担が軽くなり、月々数千円で利用できる点です。 また、デメリットとして、回線を多人数(多くの端末機器)で同時に使用すると、 理論上の最大速度からは大きく離れた低速になってしまう点があげられます。 フレッツ光は利用者数が多い回線ですので、同じベストエフォートの光回線でも、 利用者数の少ないauひかり・NUROひかり・コミュファ光といった他社の光回線がオススメです。

次の