死に たい 夜 に 限っ て。 『死にたい夜にかぎって』ネタバレ感想!様々な女性と共にした半生|よなよな書房

『死にたい夜に限って』ドラマの見逃し配信や無料で動画や特別編を見る方法

死に たい 夜 に 限っ て

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。 本作は、原作者・爪切男本人のまさかの実体験のエピソード。 幼くして母に捨てられた男、小野浩史(おの・ひろし)が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、ときにぶつかり合い、たまに逃げたりしながら、少しずつ笑顔を取り戻していくという、もの悲しくもユーモアあふれる物語だ。 初恋の相手は自転車泥棒、初体験の相手は車椅子の女性。 そして浩史が人生で一番愛した女性・アスカは、変態に唾を売って生計を立てていた。 そんなどうしようもない男が、人生最愛女性アスカと過ごした6年間を中心に、過激な女性たちに振り回された、ろくでもない半生を描く。 この度、主人公の小野浩史役に、『今日から俺は!! コミカルな役からシリアスな役まで、変幻自在な演技を魅せる賀来賢人が、本作では、過激で魅惑的な女性たちに振り回される、ドラマ史上、最高にどうしようもない男という異色の役柄に挑む。 賀来賢人が不器用で女性に振り回される男の半生をどのように演じ、かつて観たことがない新たな顔を見せてくれるのか、どうぞご注目ください。 監督はドラマ『アンナチュラル』、『毒島ゆりこのせきらら日記』、『リバース』(TBS)などを演出した、村尾嘉昭(むらお・よしあき)がメガホンをとります。 ドラマ『Nのために』(TBS)で賀来賢人と培った信頼関係があり、本作をドラマ化する際、「この物語の主人公を想像した時、多彩な表情と特に笑顔がとても素敵な賀来賢人さん以外にはあり得ませんでした」と、熱い思いで監督直々にオファーし、その熱い想いに賀来賢人本人が賛同し、出演が決まりました。 脚本は『俺のスカート、どこ行った?』 NTV や舞台界でも名を馳せる、若き奇才・加藤拓也が執筆。 全くモテないが、女性への憧れが強く、女性に振り回される。 25歳のときに出会った女性・アスカが人生最愛の女性。 渋谷にあるラッパーしかいない編集社で働いている。 (賀来賢人…1989年7月3日生まれ。 東京都出身。 ) 賀来賢人 コメント 全文 この度、「死にたい夜にかぎって」小野浩史役をやらせて頂くことになりました。 20の時に、若造の私をよく叱ってくれた、当時助監督だった村尾監督。 かれこれ10年のお付き合いとなります。 お互い大人になり、やっと一緒に作品を作る機会を頂きました。 そこに、最高に切なくて笑える、爪切男さんの実体験を基にした作品。 脚本には、才能が溢れすぎている加藤拓也さん。 良い予感しかしません。 スタッフ、キャスト全員で皆様に良い作品を届けられるよう頑張ります。 主人公には悲惨な出来事ばかり起こるのに、辛いことの中にも楽しいことを見つけて笑っています。 もしかしたら主人公は新しいタイプのヒーローなのかもしれません。 カッコ良くもないしすぐ裏切るし弱いし悲惨で可愛そう。 なのにちゃんと笑って生きる姿が、もしかしたら誰かを救うかもしれない。 そう思いながらこの物語の主人公を想像した時、多彩な表情と特に笑顔がとても素敵な賀来賢人さん以外にはあり得ませんでした。 一緒にたくさん笑って最高のドラマにしたいと思います。 ドラマでしかできない表現方法を存分に使って、原作無視で好き勝手にやってください。 どれだけメチャクチャしても、私が作品の中に込めた一番大切なテーマは村尾監督が守ってくれるはずです。 そして今、好き勝手やらせたら日本で一番面白いであろう賀来賢人さんが主演です。 もう期待しかないです。 <ドラマ全体あらすじ> 「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。 カナブンとかの裏側みたい」 当時、高校で1番かわいい女の子からそう言われた小野浩史(賀来賢人)は、この日を境にうまく笑えなくなったー。 母親には幼くして捨てられ、初恋の相手は自転車泥棒。 女性に様々なトラウマを抱えた浩史が、橋本アスカと出会ったのは、音楽系のチャットルームだった。 アスカが入室してくるたびに高揚する浩史の気持ち。 その日から、人生最愛の彼女との最高で最低の6年間が始まったー。 加えてレンタル更新料が無料となります。

次の

死にたい夜に限って

死に たい 夜 に 限っ て

「え、これが実話?」____と ドン引きするほど壮絶な、とある男の半生を描いたこの物語…。 登場する女性の全てがその裏側に強烈な個性を抱えています。 想像ではなく、リアルに彼女らが繰り出してくるエピソードは驚きと衝撃に満ちたものばかり。 それを…まさか実写化するとは!? 何が凄いって、主演が 怪演で知られる賀来賢人。 【死にたい夜にかぎって】のキャストやあらすじは? 母親に捨てられた無残な幼少期から、女性に対してろくな思い出がないという非モテ男・小野浩史(賀来賢人)。 音楽系のチャットで知り合った彼女と同棲し、ライターとして文章を書いて生計を立てるという仕事にもありつけて、 やっと幸せを掴めるかと思ったら、アスカに首を絞められ…そして 彼女自身も鬱や不安障害で朽ちるように壊れていくという悲劇が…。 そんな浩史の今と、過去が交錯し、彼の女性にまつわる悲劇的な人生が綴られていくのでした。 とにかくお肉が美味しそう! 一人客にも優しいらしく、ファンが多い様子もうかがえます。 そんなほのぼのした場所で展開する破壊的なアスカの言葉が凄まじく…それにドン引きしながらも惹かれる浩史のこれまでの人生の来たし方にも衝撃を受けてしまった…。 海近すぎた。 屋上寒すぎた。 〒294-0037 千葉県館山市 長須賀155.

次の

ドラマイズム「死にたい夜にかぎって」

死に たい 夜 に 限っ て

MBSで20年2月23日スタート(毎週日曜 24時50分~)、TBSで20年2月25日スタート(毎週火曜 25時28分~)にて放送され、TBSでの放送終了後から、TSUTAYAプレミアムにて独占配信も決定しました。 連続ドラマ化を記念して文庫本、また単行本も好評発売中です! 「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。 その中でも特に人気の高かった「恋愛エピソード」を中心に、大幅加筆修正のうえ再構築したのが、この『死にたい夜にかぎって』だ。 出会い系サイトに生きる車椅子の女、カルト宗教を信仰する女、新宿で唾を売って生計を立てる女etc. 幼くして母に捨てられた男は、さまざまな女たちとの出会いを通じ、ときにぶつかり合い、たまに逃げたりしながら、少しずつ笑顔を取り戻していく……。 作者である爪切男は、同人誌即売会・文学フリマでは『夫のちんぽが入らない』主婦こだまらと「A4しんちゃん」というユニットを組んで活動。 頒布した同人誌『なし水』やブログ本は、それを求める人々が行列をなすほどの人気ぶりだった。 という一文から始まるこの本『死にたい夜にかぎって』は、著者の爪切男さんのかつての恋愛について書かれたデビュー作になる。 読み終わった時には帯文を銀杏BOYZの峯田さんが書いていることの意味がよくわかった。 僕の脳裏には銀杏BOYZの『東京』と、クリープハイプの『愛の標識』が本を読んでる間、ずっと交互に鳴り響いていた。 中学の同級生で可愛くて、家柄もよく誰からも好かれている完璧な美少女に言われた、「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。 カナブンとかの裏側みたい」という核爆発級の一言。 そんな、思春期のニキビ面の少年を殺せる圧倒的な破壊力を持つ言葉を浴びさせられても主人公は耐える、いや耐えるしかなかった。 無視されるよりは虫でいいのだと自分に言い聞かせる。 そんな思春期の痛くてきつい出来事も、大人になって、様々な花から花へとセックスという甘い蜜を求めて飛び回るようになったら、甘やかで大切な思い出にすらなってしまう。 男ってほんとバカだ。 でも、バカでも許してほしい。 ずっとバカです、すみません。 2011年、あの震災以降に6年間付き合っていた、AV女優だった神谷沙織に似ていた彼女のアスカと別れることになった著者は、思春期から彼が関わってきた女性たちのことを回顧しながら、同棲を解消して出ていく愛おしい女性との思い出を綴る。 恋愛経験もなく、キスもしたことがない主人公はいきなり飛び級をして出会い系で出会った女性と初体験をすることになる。 しかし、やってきたその女性はあるプロレスラーにそっくりな車椅子の女性だったという童貞を襲う超A級の無理難題。 高校時代には中学時代に初恋の相手だった少女が、自分の駐めていた自転車の鍵を壊して盗もうとしていた。 彼は知らないフリをして自分の自転車を窃盗した彼女と二人乗りをして絵に描いたような思春期のシーンを味わうが、最後には、笑えなくて切なくなってしまう展開が待っている。 著者の爪切男さんが出会ってきた女性との思い出の数々は不意に笑ってしまうが、無性に心に突き刺さるものがあって、読み手の心をかき乱していく。 読者はその突き刺さった先に自分のダメすぎたかつての恋愛だったり、好きな人とのエピソードや完全に忘れてしまったはずの黒歴史の扉を開くことになる。 ダメだった自分と好きだった女の子たち、これは女性の読者でも同じことだろう。 好きだった男の子に間違えまくったアプローチや失敗談を、顔から火が出るような気持ちで思い出すことになる。 しかし、それは今もなんとか生きてる僕たちにとっては、救いようがなくて愛しかった日々だ。 大事な人がいなくなっても日々は続くし、生きていくのがこの日常だということをこの本は教えてくれる。 爪切男さんは本書の中で様々な女性との出来事を書いているが、彼の家庭環境が大きく影響しているのがよくわかる。 借金で大変だった実家には祖母と父と自分しかいなく、母は兄を連れて出て行った。 体育会系の父には鉄拳制裁で育てられ、母への思いが女性に求めるものの基盤になっているために、彼は女性に翻弄される運命を歩むことになる。 彼はそれらをこうやって文章にすることで相対化して、すべてを受け止めているみたいだ。 著者はどんなにひどいことがやってきても、虫の裏側に似ている笑顔で「まあいいか」と笑っている。 その大らかさは絶望ばっかりなこんな日々において、生き抜いていく圧倒的な武器になると思う。 あなたにとって、アスカだった人のことを思い出すことになる一冊。 死にたくなる夜にかぎって、夜空には煌びやかな星々が見える。 とてもやさしくて残酷、それでも、まあ、なんとか僕らはやっていくしかない。 碇本学 ふざけた表現や、意図的に汚らしく書かれる文章からここまでピュアで感傷的な物語が紡がれているとは思いませんでした。 「死にたい夜にかぎって」よかったです。 爪さんの話はずいぶん特殊な家庭環境とか、いろいろ変わった女性との関係とかが目立ってしまいますが、根本には青春小説だと思いました。 若くて、恥ずかしくて、思うようにいかない、そんな青春。 ふざけた表現や、意図的に汚らしく書かれる文章からここまでピュアで感傷的な物語が紡がれているとは思いませんでした。 印象的な言葉 「笑った顔が虫の裏側に似ている」など がそこかしこにちりばめられていることもあり、独身男性には大きく響く私小説だと思います。 今後、書店店頭で「青春」というフェアをするなら入れたい作品です。 というか、近日そういうフェアをしようと思います。 伊野尾書店 伊野尾宏之さん 「死にたい夜にかぎって」はまさに文学のサドゥーだ ヒンドゥー教の苦行僧をサドゥーという。 サドゥーは苦行により人々のカルマを打ち払うとも。 「死にたい夜にかぎって」はまさに文学のサドゥーだ。 赤裸々に性遍歴を抉り出しながら、綴り、そして祓う。 吐き出した伏線をすべて回収し最後に解脱し昇華する。 とてもここには書けない自らのカルマを思い。 少しいびつなサドゥーに託す。 どうしようもなく情けなくって、あきれるほど正直で綺麗な文章。 おめでとうございます! 私小説としては、哀しい物語なのだろうが、何せポジティブな主人公なので、むしろ笑って癒されてしまう。 男には小4病、中2病というのがあって、その時代で思考の成長が止まってしまう事例は多々あるのだが、彼はどちらの症例でもなく、敢えて病名をつけるのなら「ガム飲み込み病」三つ子の魂百までだ、一生治りそうに無い。 決して善人ではない、かといって凡人では無い主人公。 ドラマ化によって彼の人生がまた面白哀しく転がって行くのが今から目に見えるようだ。 爪切男に乾杯と合掌。 大垣書店豊中緑丘店 井上哲也さん こんな一文で恋のときめきを思い描かせることができる人をわたしは他に知りません。 重い内容なのに、愛した人たちはもちろん、読者のわたしさえも辛くならないように、むしろ楽しませようとしてくれる爪切男さんの優しさとサービス精神に気がついて笑いながら泣きました。 この本にはパワーワードがたくさん散りばめられていますが、一番印象に残ったのは「恋は便意を超える」です。 こんな一文で恋のときめきを思い描かせることができる人をわたしは他に知りません。 早朝、というシチュエーションもあってか、まるで朝日に照らされているかのようにこの一文だけがキラキラ輝いて見えました。 不思議だ。 あと嬉しかったのは文庫版のあとがき。 ほっとしたのと切ないのとで、ここでもしっかり泣かされましたが、どこまでもライトな爪切男さんの文章で心が軽くなりました。

次の