鶏 レバー レシピ 人気。 レバーパテの人気レシピ!【鶏・豚】簡単プロの味!アレンジも紹介

レバーパテの人気レシピ!【鶏・豚】簡単プロの味!アレンジも紹介

鶏 レバー レシピ 人気

【材料】• 豚レバー:500g• 豚挽き肉:250g• ラード:100g• 魚醤:適量• 砂糖:小匙1• スパイスパウダー:小匙5• コショウ:小匙1• 味の素:少々• 油:適量• にんにく:1片• 紫玉ねぎ:5個• 調味料種子:小匙1 【作り方】• 豚レバーはザクロ型に切ります。 ボウルに1と生乳を入れて、40分間浸しておきます。 別のボウルにラードと豚挽き肉と魚醤を入れます。 3に砂糖・スパイスパウダー・コショウ・味の素を加えて混ぜ合わせます。 ちぎったパンを生乳に浸します。 フライパンに油をひいて温め、みじん切にしたにんにくと紫玉ねぎを入れます。 香りが出たら4・2・5と調味料種子を入れて、炒めながら混ぜ合わせます。 型に油を塗って8を入れます。 型からはずしたらレバーペーストの完成です。 【材料】• 鶏レバー:300g• にんにく:1片• 赤ワイン:150ml• バター:10~50g• 塩コショウ:少々• 鶏ガラスープの素:適量• オリーブオイル サラダ油でも可 :適量 【作り方】• レバーの血や血管を洗い取って、牛乳に漬けて冷蔵庫に15〜30分置きます。 人参と玉ねぎをみじん切りにします。 油をひいてニンニクの香りを出したら、人参と玉ねぎをよく炒めます。 レバーを投入して火を通し、ワインと牛乳で煮込みます。 水気が無くなったら最後にバターを入れて仕上げます。 5をフードプロセッサーなどで細かくしたら盛り付けて完成です。 【材料】• ガーナ ブラックチョコレート:1枚• 鶏レバー:200g• 玉ねぎ:1個• にんにく:1片• バター:16g• 赤ワイン:100cc• 生クリーム:100cc• 塩コショウ:少々 【作り方】• 鶏レバーは流水で血合いなどをキレイに洗い、牛乳に浸しておきます。 ローズマリーは手で枝から葉を取っておきます。 にんにくと玉ねぎは薄くスライスします。 1をザルに上げ、レバーの水気を拭き取ります。 フライパンにバターとにんにくを入れて、火をつけます。 香りが立ったら玉ねぎを入れて炒めます。 玉ねぎが透明になったらレバーを加え、レバーの色が変わるまで炒めます。 7に塩コショウ・ローズマリー・赤ワインを加えて、蓋をして3分間煮込みます。 8にブラックチョコレートを入れます。 チョコレートが溶けたら9をミキサーに入れます。 10に冷たい生クリームを加えて、滑らかになるまでミキサーを回します。 お好みの器にミルキーレバーパテを入れます。 冷蔵庫で2時間冷やしたら完成です。 【材料】• にんにく:1片• 鶏レバー:150g• ブランデー:50cc• バター10g• カレー粉:大匙1• 塩:適量• 豚ロース肉 挽き肉でも可 :600g• カボチャの種:10g• ナツメグパウダー:適量• ガーリックパウダー:適量• ローリエ:2枚• CABANグローブ:2粒• ベーコン:150g 【作り方】• フライパンを熱してバターを溶かします。 玉ねぎとにんにくのみじん切りを入れ、弱火でじっくり炒めます。 玉ねぎが茶色くなったら、水気を切ったレバーを加えます。 ブランデーを加えて蓋をして、しばらく蒸し煮にします。 レバーにほぼ火が通ったら蓋を開け、塩とカレー粉を加えます。 煮詰めながら木べらでレバーを粗く潰し、取り出して冷まします。 豚ロース肉を細かく刻みます。 挽き肉を使用してもOK• ボウルに6のレバーパテと7とカボチャの種・ナツメグ・ガーリック・塩を入れます。 全体に味が馴染むように、しっかりと混ぜます。 型に油を塗ってローリエを置き、ベーコンを敷き詰めます。 10の中に9をギュッと詰め込みます。 上からベーコンで蓋をするように敷き、その上にローリエとグローブをのせます。 アルミホイルで12を包んで、50~60分蒸します。 冷蔵庫で1晩冷やして取り出し、食べやすい大きさにカットしたら完成です。

次の

フォアグラみたいな鶏レバー

鶏 レバー レシピ 人気

5 g — タンパク質 15. 7 g 体重 x 1. 5 g 脂質 7. 6 g — 食物繊維 0. 0 g 20 g 以上 カリウム 275 mg 3500 mg 以上 カルシウム 4. 2 mg 650 mg 以上 マグネシウム 16 mg 350 mg 以上 鉄分 7. 5 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 2. 7 mg 10 mg 以上 《手順》 鶏レバーの下処理 鶏レバーの血筋や血の固まりを流水で洗い流し、牛乳に浸して冷蔵庫で1~2時間置く。 フリーザーバッグに投入 浸し終えた鶏レバーを流水で洗い流し、水気を切る。 鶏レバーが重ならないようにフリーザーバッグに入れてごま油を加え、空気を抜いて密封する。 フリーザーバッグの密封方法: BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 氷水で急冷する BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、そのまま氷水で急冷する。 仕上げ 鶏レバーが冷えたら水気を切り、ごま油と醤油を合わせたものやお好みでおろししょうがを添えて、出来上がり。 《作る際のポイント》 鶏レバーは国産の新鮮な物を用意しましょう。 レバーの臭みが好きな方は牛乳に浸す時間を30分程にしてください。 また、臭みに敏感な方は1日浸けてください。 《作った感想》 レバーはきちんと火が入っていないと「危ない」イメージがあるため、家庭で調理するとどうしても火が入り過ぎてしまいがちです。 どのレバーも火が入り過ぎると、モサモサして美味しくありません。 BONIQを使って鶏肉を安全レベルまで加熱殺菌することで、安心して食べられる美味しいレバーが簡単にできあがります。 一口食べた瞬間にとろっとクリーミー、フォアグラみたいな食感です。 BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス 鶏レバーはビタミンAを豊富に含みます。 ビタミンAは、目の網膜にある視覚の情報を伝えるタンパク質の成分として目の健康を守ったり、皮膚や粘膜にある細胞をつくるのに必要で、皮膚や粘膜を乾燥や細菌から守る栄養素として知られています。 食品全体から見てビタミンAが特に多く含まれているのがレバーですが、その中でも牛レバーや豚レバーを抑えて鶏レバーがトップの含有量を誇ります。 ビタミンAは脂溶性で、脂質に溶けて体内に蓄えられるため、毎日の大量摂取には気をつけましょう。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。

次の

鶏レバーの甘辛煮(しぐれ煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鶏 レバー レシピ 人気

鶏レバーの下ごしらえ 鶏レバーは 水にさらす&さっと湯がいて霜降りするという2つの下ごしらえをすることが大切です。 まず、鶏レバーは大きめのひと口大に切り分けます。 続いて 水に10~15分ほどさらします(暑い時期、水がぬるければ氷も少し入れて)。 ハツは下ごしらえして(下の工程3参照)半分に切ったものを水で洗っておき、レバーと一緒に霜降りしてください。 水にさらし終えたらざるに上げ、鍋にお湯を沸かします。 レバーを入れて20~30秒ほどゆでて(霜降りして)からざる上げします。 また、生姜は皮をむいてせん切りにしておきます(詳しいやり方はから)• 鍋に水気を切ったレバーと生姜を入れ、Aの調味料類をすべて加えます。 沸いたらアクがたくさん出てくるので、火加減を少し落として お玉で丁寧にアクをすくい取ります。 アクをすくい終えたら、弱火と中火の中間くらいの火加減(煮汁がしっかり沸いている状態)を保って、 15~20分かけて煮詰めます。 15~20分を目安に、 煮汁が鍋底一面にうっすら残るくらいまで煮詰めます。

次の